洋書のタグまとめ

洋書」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには洋書に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「洋書」タグの記事(10)

  1. 海辺の本棚『Family Houses by the Sea』 - 海の古書店

    海辺の本棚『Family Houses by the ...

    夏の気配が日毎に濃くなってまいりました。海街では日差しも強く、そろそろ周りでは海支度が始まっています。湘南の達人の言葉によりますと、夏が近づくとマダムたちは足の手入れに余念がなくなられるとのこと。サンダルが似合う指先に。なるほど。バアバはこれから踵の手入れなどゴリゴリと。そしてそろそろビーサンをとり出さねば。『Family Houses by the Sea』も以前ご紹介していますね。でもこ...

  2. Pachinko: Min Jin Lee - 春巻雑記帳

    Pachinko: Min Jin Lee

    表紙のデザインが何種類かあるのですが、下の写真のデザインがとてもよくて、出版時にこの本が気になる気になると騒いでいたくせに一年以上経ってようやく読んだ。とてもよい本で、これは邦訳が出なかったらおかしい。『Pachinko』Min Jin Lee著、Grand Central Publishing在日韓国人の家族の4世代にわたる年代記。1910年の日本統治下の韓国から第1部が始まる。釜山の影島...

  3. Mirror Mage - 今日の足跡

    Mirror Mage

    By Linsey Hall    249pThe huntress bookシリーズ2作目。ヒロインCassの記憶が、仲間と出会った頃のことまではよみがえる。この記憶が悲惨。ヒーローAdianの過去も暗い。ロマンスは比重軽く、仲間との友情が厚い。他に類を見ない世界設定で面白いのだけれど、ハラハラ、ドキドキしないといけない話。基本、ヒロインは戦ってばかりいる。冒険小説が好きな人向け。残り3冊...

  4. Ancient Magic - 今日の足跡

    Ancient Magic

    By Linsey Hall  267p    Fantasy作家になる前は考古学者だったという著者の紹介と、評価の高さに惹かれて購入。unlimitedの対象にもなっているシリーズ、1作目。インディージョーンズの世界と魔法世界がミックスされた作品。ヒロインCassは何故か記憶がなく、彼女を追いかけている者が何者かが少し分かるまでがこの1作目。ヒーローAidanが出てくるまで...

  5. 『French Joe』(Somerset Maugham, Penguin Books) - 晴読雨読ときどき韓国語

    『French Joe』(Somerset Maugh...

    本作は1963年に4巻本として発行された短編集の第4巻に収録されている。(今回読んだのは1980年代発行の版。)舞台はオーストラリア領の木曜島。ニュージーランド島とオーストラリアの間にあるトレス海峡に位置する小島で、キャプテン・クックが木曜日に発見したことから名付けられたという。語り手はその島が「神の作った最後の土地」だと聞いて、シドニーから日本の貨物船「シカ丸」に乗って出かけて行った。「何...

  6. Alice:血まみれでバイオレンスな戦うアリスの話 - 春巻雑記帳

    Alice:血まみれでバイオレンスな戦うアリスの話

    だいぶ前に読んだ本だけど、悪夢的なイメージが強い印象として残っていてたまに思い出すので、感想書いとこう。『Alice』Christina Henry著、Ace『不思議の国のアリス』をモチーフにしているのですが、最初に断っておくと、かなり血まみれバイオレンスで、レイプや殺人や虐待の描写も多く、そんなわけで万人にはおすすめしません。しかし、虐げられた人々のために戦うアリスの話です。子どもの頃「ウ...

  7. 古書玉椿 さんのフェア始まりました。 -  ヴォーグ学園名古屋校ブログ  ~Happy Life With Handmade~

    古書玉椿 さんのフェア始まりました。

    ヴォーグ学園名古屋校です。今日は、ともて冷える一日でしたね寒い中、ホットなお知らせです!!!1月22日より、『旅する本屋 古書玉椿』さんのフェアが始まりました。北欧・バルト三国・東欧をはじめとした懐かしくて新しい、手芸本❤刺繍、編物、レース、クラフト、絵本、アートブック、雑貨etc貴重な古書を実際に手に取ってご覧いただけるチャンスです!!!この機会を お見逃しなく♪場所は、ヴォーグ学園名古屋...

  8. ヤング・アダルト・ブックス - 英語道

    ヤング・アダルト・ブックス

    しばらくものすごく忙しくしていて、すっかり本に飢えていた。いまはまさに反動といっていい状態。文字なら何でもいいのかもしれない。手当たりしだい読んでる。 久しぶりに図書館に行ったら、ヤングアダルトというコーナーができていることに気づいた。へえ・・・なんて思いながら書棚を眺めていて見つけたのが、『wonder』。ちょっと話題作だったし本国アメリカでもヤングアダルト向けで出されていたから英語でもい...

  9. 私の10冊(2017年) - 晴読雨読ときどき韓国語

    私の10冊(2017年)

    ☆この1年に読んだ本の中から特に気に入った本を選んで、「私の10冊」としてまとめてみました。また、「私の10冊」の選から漏れた本を「お勧めの10冊」として挙げてみました。☆画像は「ふたつの海のあいだで」です。 「私の10冊」聖ペテロの雪(レオ・ペレック、訳=垂野創一郎、国書刊行会)イザベルに 曼荼羅(アントニオ・タブッキ、訳=和田忠彦、河出書房新社)植物たちの私生活(李承雨、訳=金順姫、藤原...

  10. 2017年これを読まずして年は越せないで賞 受賞作! - 春巻雑記帳

    2017年これを読まずして年は越せないで賞 受賞作!

    今年の「これを読まずして年は越せないで賞」も無事決定いたしました!候補作のリストはこちらをどうぞ。そしてツイッターで話し合った結果は……I. YA 最優秀作品: 『The Hate U Give』Angie ThomasYAの最優秀作品は、「ブラック・ライブズ・マター」や、日常の差別や偏見についてがテーマの作品。こちらは私、感想書いてました。児童書については来年の2月に審査を行う予定です。I...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ