洋画のタグまとめ

洋画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには洋画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「洋画」タグの記事(104)

  1. 荻達魚展-狂想社会の窓- - OTO - BLOG 履歴

    荻達魚展-狂想社会の窓-

    荻達魚展-狂想社会の窓-2018年10月3日(水)〜10月10日(水) 会期中無休10月6日(土)15時〜パーティ!「ふぁんしー 1」28×28cm 板にアクリル・ペンめくるめくパラノイアイメージの渦中に蠢くシリアステイストの作品群。昔日のモチーフもふんだんに登場しアニメーションと云うより漫画寄りである。現代ARTに飽きた美術愛好家の方々にも御薦めのアーティストとも言えるだろう。乙画廊、初個...

  2. レディ・プレイヤー1 - 二丁目の鉄人29号

    レディ・プレイヤー1

    アクションというかRPGというかアドベンチャーというかロマンスというか。それらを全部ぶちこんで、マニアックなキャラクターや言葉で彩られた映画。もはやゲームなのか映画なのかもよくわからず、ある意味スゴイ。で、面白かったです。単純明快。主人公、あっさりクリアできすぎ。

  3. デッドプール2 - 二丁目の鉄人29号

    デッドプール2

    前作は面白かった。比べると、この「2」はちょっと下品でふざけすぎという感じ。なんか早口で面白いことを言ってるみたいなんだが、意味が分からないので笑えない。分かる人は何倍も楽しめるんだろうけど、私には単なるにおしゃべりで軽薄な主人公にしかみえない。下ネタも含めて、それがこのキャラクターの個性、魅力なんでしょうね。忽那汐里が魅力的でビックリ。

  4. やっぱりウキウキした「マンマ・ミーア2」~♪ - 続☆今日が一番・・・♪

    やっぱりウキウキした「マンマ・ミーア2」~♪

    今朝5時ちょっと前ですが外からガシャ~ンという音が。これは接触事故か?窓を開けて見下ろした所、案の定でした。(野次馬根性丸出し💦)当てられた?白い車が片側車線に停まり、ドライバーが外に出てきました。当てた方の、反対側車線の黒いタクシーはソロソロとバックして、白い車の方へ近づくかと思いきや!なんとそのままUターンして車線を逆走しつつ交差点を突っ切っていきました。「おい、...

  5. 【マンマ・ミーア!ヒァ・ウィー・ゴー】 - お散歩アルバム・・Sandwich Days

    【マンマ・ミーア!ヒァ・ウィー・ゴー】

    ということで、食パンで満腹になった後、慌てて4階の109シネマズ(今年で20年)に駆け上がり、マンマミーアhere we go!を見てきました。1の方、ただのマンマミーアもレンタルビデオかなんぞで見たような気がするのですが、自信がありません。船着き場のイメージだけが残っているのです。不思議。公式サイトです:Mamma mia! here we go!

  6. 7月の映画覚書 - 続 ひとりごと

    7月の映画覚書

    「ウインド・リバー」監督 脚本 テイラー・シェリダン出演 ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ジョン・バーンサル、ジル・バーミンガムワイオミング州、ウインド・リバーにあるネイティブアメリカン居留地での事件。FWS(野生生物局)職員のコリー/ジェレミー・レナーがFBIの若き職員/エリザベス・オルセンに依頼されともに捜査にあたる。そもそも、ネイティブアメリカン居留地とはなんぞやと検索してい...

  7. ラ・ラ・ランド - 主婦のつぶやき

    ラ・ラ・ランド

    映画や、ドラマ、アニメなどを観るために、AmazonプライムとNetflixと契約している。(たまに、NetflixとHuluが入れ替わることはあるけれど)今回、公開の時から気になっていた、ミュージカル映画の「ラ・ラ・ランド」の配信が始まり、早速、鑑賞〜。楽しくて、面白かった〜♪最後までの感想を書くと、やはりネタバレになるので、書けないけれど、リアリティもあり、楽しく観れた。ラ・ラ・ランド ...

  8. ミッション:インポッシブル / フォールアウト - きょうのできごと

    ミッション:インポッシブル / フォールアウト

    ミッション:インポッシブル / フォールアウト5点満点出演トムクルーズサイモン・ペックウィング・レイムズレベッカ・ファーガソンアレック・ボールドウェン見てきました~~トムが大好きなので満点~~~(命張って映画撮ってますもん)飛行機かなりの上空からダイビングしたりバイク・車をフルスロットルで乗り回し、高層建築の屋上を全速力で駆け抜けビルからビルへ飛び移り飛び立とうとしているヘリの綱からよじ登っ...

  9. Glory of Death (PART 2) - デンマンのブログ

    Glory of Death (PART 2)

    Glory of Death (PART 2)【Himiko's Monologue】(himiko22.gif)If you're interested in the above movie, you might just as well borrow the DVD from your nearest library.In any case, you might be...

  10. シネマで気分転換 - 心紋様

    シネマで気分転換

    体調悪くても洋画好きな少女(昔の話)は夜横になって鑑賞します。#BSプレミアムではアカデミー受賞作や話題作を網羅してあるの!大好きなブラピ!「ジェーシー・ジェームズの暗殺」観たばかりなのに贅沢です!演技派アル・パチーノ!伊達男NO1のジョジー・クルーニー!寝苦しい・・・熱帯夜も・・・やり過ごせるわ。

  11. ワンダー君は太陽 - きょうのできごと

    ワンダー君は太陽

    ワンダー君は太陽4.3出演ジュリア・ロバーツジェイコブ・トレンブレインオーウェン・ウイルソンやっと見てきました主人公オギー(10才)は生まれた時から遺伝子疾患(トリーチャーコリンズ症候群)で顔が変形しているため何十回も整形手術をうけており10才にしてやっと学校に通うことに・・・顔が変形しているためオギーが学校になじめるか、いじめられるんじゃないか・・・と両親はものすごく心配しますオギーが学校...

  12. 巽千沙都展 ~Sugar pink~ 7.6〜14 - OTO - BLOG 履歴

    巽千沙都展 ~Sugar pink~ 7.6〜14

    巽千沙都展 ~Sugar pink~7月6日(金)〜14日(土)11時〜18時(土曜~17時)かわいいとは何だろう私の信じるかわいいで部屋を埋める

  13. 描いた絵を見て楽しんでいます - 洋画を楽しむ

    描いた絵を見て楽しんでいます

    過去の洋画

  14. 描いた絵を見て楽しんでいます - 洋画を楽しむ

    描いた絵を見て楽しんでいます

    過去の洋画

  15. セント・オブ・ウーマン / 夢の香り - きょうのできごと

    セント・オブ・ウーマン / 夢の香り

    セント・オブ・ウーマン / 夢の香り(1992年制作)4.3主演:アル・パチーノクリス・オドネル昔から見たいな、と思ってたのに見そびれていた作品25年も前の作品なんですね!!!今日BSプレミアムで放送していましたアルパチーノは失明した退役軍人役です頑固で意地悪でエロおやじで近寄りがたい存在なんですが彼のお守り?介護のアルバイトを始めた苦学生と過ごすうちに徐々に変わっていきますストーリー、感動...

  16. 5月の映画覚書 - 続 ひとりごと

    5月の映画覚書

    5月の映画覚書「君の名前で僕を呼んで」監督 ルカ・グァダニーノ出演 アーミー・ハマー、ティモシー・シャラメ、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサール1980年のイタリア、17歳の青年が家族で過ごす避暑地に大学教授の父が招いた24歳の大学院生が訪れひと夏を過ごす。ピアノ演奏、ギリシア彫刻、風の音や水のせせらぎ、静寂、抑制しきれない感情とせつなさ。アーミー・ハマーの美しさと、ティモシー・シャラ...

  17. 嵯峨美術大学油画研究室展 - Artのある暮らし!

    嵯峨美術大学油画研究室展

    嵯峨美術大学油画研究室展思考する視線2018 des regards qui pensent6月12日(火)~6月24日(日)AM11:00~PM6:00 (最終日は17:00まで) ※6月18日(月)休廊

  18. 萌木ひろみ 個展 2018.6.8〜16 - OTO - BLOG 履歴

    萌木ひろみ 個展 2018.6.8〜16

    萌木ひろみ 個展「痴人たちの愛~ beyond~」2018/06/08(fri)-06/16(sat) 会期中無休11:00-18:00(最終日は17:00まで)レセプションパーティ:2018/06/09(sat)16:00〜昨年好評を博した谷崎潤一郎文学をリスペクトし、独自の解釈で描かれた耽美主義的2次元表現の極み。自らの内に秘めた情念や、心の傷跡を作品に込め、赤裸々に描き出して来た表現と...

  19. 好きだった「未来世紀ブラジル」、「真夜中のカーボーイ」 - mohariza12メモ

    好きだった「未来世紀ブラジル」、「真夜中のカーボーイ」

    (180506メモ、補記、追記)この頃は、映画館で観ることが無くなった洋画で、私が好きだった映画は多々あるが、「未来世紀ブラジル」や「真夜中のカーボーイ」は、その題名も良く、映画の主題を物語る良い日本語の名訳の題名だ、と 思う。過去の洋画の邦題は、中々 粋(いき)だった、と 思う。近未来映画「未来世紀ブラジル」は、単に原題は「Brazil(ブラジル)」だったし、ダスティーン・ホフマンが名演し...

  20. 7人展- joyful - - Artのある暮らし!

    7人展- joyful -

    7人展- joyful -5月15日(火)~5月24日(木)奥田 耕司上仲 竜太川崎 洋百武 尚美洪 亜沙まきみち山本 彩

総件数:104 件

似ているタグ