洋風のタグまとめ

洋風」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには洋風に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「洋風」タグの記事(252)

  1. 甘鯛の松笠焼き(ポワレ)・バルサミコソース添え&トビウオのお茶漬け - やせっぽちソプラノのキッチン2

    甘鯛の松笠焼き(ポワレ)・バルサミコソース添え&トビウ...

    今回の甘鯛は鱗付き。三枚におろすとき、包丁の入る側面だけ鱗を取ると良いと知りました。確かに包丁が入りやすかったです。この日の甘鯛はフレンチ。まずはバルサミコソースを作ります。バルサミコ酢を鍋に入れたところで、ポートワインを加えることを思い立ちました。バルサミコ酢の5分の1くらいの量のポートワインを加えて、中火と弱火の間くらいの火加減で半量になるまで煮詰めて出来上がり。冷めると固くなるので要注...

  2. 蛍烏賊のアヒージョ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    蛍烏賊のアヒージョ

    オイル漬けにしたホタルイカの最後の料理はアヒージョ。ホタルイカと一緒に漬けた胡桃とガーリックを取り出し、大匙6までオリーブオイルを足し、小鍋で煮立てます。塩を少量加え、アスパラガスと蛍烏賊、胡桃、ガーリックを入れたら蓋をして20秒。すぐに食卓に運んでしまっても大丈夫です。でも、油が跳ねますから要注意。グツグツしている油が収まったら蓋をとって、アツアツを戴きます。ホタルイカは酢味噌和えかアヒー...

  3. イサキのポワレとカルパッチョ&蛍烏賊とアスパラのバター醤油 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    イサキのポワレとカルパッチョ&蛍烏賊とアスパラのバター醤油

    お取り寄せの魚二日目はイサキ。この日は洋風に仕立てたく、ポワレとカルパッチョにしました。頭を外し、三枚におろした皮のついた半身をポワレ、もう一方の半身は皮を引いてカルパッチョ。頭で出汁をとり、ポワレのソースに使いました。煮詰めた出し汁に生クリームと粒マスタードを加えたソースで、添えたジャガ芋のガレット共に、とても美味しくできました。ポワレはこの方のYouTubeを参考にしました。カルパッチョ...

  4. 新しいインテリア - 世界暮らし歩き (旧 芦谷有香 な日々)

    新しいインテリア

    昨年10月、9年ぶりに日本での自分の家を持ち、オタマから家具まで全てのものを一気に揃えた。何しろ「オタマ」からだし(笑)、コロナ禍ゆえできるだけ外での買い物を控えたので、3ヶ月はかかった。この写真は、玄関から廊下を通ってきてリビングに向かった正面のもの。床を入居前に全てリノベして大理石風にしたので、それをベースに家具を揃えていった。ヒョウ柄のクッションカバーは自分で作ったし、飾っている写真は...

  5. ピンチョス風の夕食 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ピンチョス風の夕食

    カンパーニュを焼いた日の夕食はパンを使ったピンチョス風。お刺身で食べられる冷凍帆立は解凍して、横に二つに切り、片面をバーナーで炙り、塩胡椒。自家製オレンジジャムを白ワインで伸ばしてトッピング。市販のオレンジマーマレードでは甘すぎるので、使わない方が良いかもしれません。先日頂いたオレンジの一種、ハニーベルはとても美味しく、調子に乗って1個食べてしまったら、案の定持病の逆流性食道炎が悪化しました...

  6. スーヴィードでローストした豚肉のフィレ&近所の花 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    スーヴィードでローストした豚肉のフィレ&近所の花

    豚肉は真ん中の温度が60度C(140度F)になれば大丈夫です。フライパンやオーブンで調理すると、温度計を使っても難しいものです。でも、スーヴィードだったら、失敗することはありません。フィレの半分は塩胡椒、ロズマリー、タイムをまぶし、残りの半分は酒と醤油、潰したガーリックの中でマリネして、別々の真空パックにして、60度C(140度F)で1時間。袋から取り出したら、水分をふき、少量のサラダオイル...

  7. スー・ヴィードで調理したリブアイステーキ&ワクチンの接種 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    スー・ヴィードで調理したリブアイステーキ&ワクチンの接種

    時間はかかるけれども美味しくできた豚肉と鶏肉のスー・ヴィード調理。今回はリブアイのステーキを試してみました。レシピはクリスマスの時に作ったスパイシーなリブアイ・ステーキ。こちらがクリスマスにフライパンで焼いたステーキ。こちらは125F度(52C)で1時間スー・ヴィードで調理した後、水分をふき、フライパンにオイルをひき、全面に1分ずつ焼き色をつけたものです。45秒でレアーなので、ミデイアムレア...

  8. 帆立のカルパッチョ&蕪とハムのスープ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    帆立のカルパッチョ&蕪とハムのスープ

    お刺身にできる冷凍ホタテもお魚と一緒にお取り寄せしました。本当は最初は和風で戴きたかったのですが、この日はカンパーニュを焼いたので、洋風に。春菊、貝割れ、ミニトマトと一緒に。ホタテはさっと火を入れた方が甘みが出るらしいので、横半分に切って、片面だけバーナーで炙りました。クッキングバーナーはとても使い出があり、火力も強いので、良い買い物でした。ドレッシングはライム汁、白バルサミコ酢、少量の蜂蜜...

  9. ノドグロのアクアパッツァ&お刺身サラダ&百合根のホイル焼き - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ノドグロのアクアパッツァ&お刺身サラダ&百合根のホイル焼き

    最後の1尾のノドグロ。さて、どんな風に調理しましょう。丸のままの塩焼き、揚げ物、蒸し物。なんだかピンと来ません。最後は洋風にしたい。アクアパッツァは良いけれど、いつも入れるアサリの買い置きも冷凍もありません。以前作ったアサリ入りのレシピはこちら⭐️です。ネットで調べると、アサリを入れる必要のないレシピが見つかりました。アクアパッツァの直訳は「狂った水」または「奇妙な(風変わりな)水」。尾頭付...

  10. バーボンでマリネした豚肉のスー・ヴィード調理(オーブンでも可) - やせっぽちソプラノのキッチン2

    バーボンでマリネした豚肉のスー・ヴィード調理(オーブン...

    すっかりハマってしまったスー・ヴィード調理。骨つきのポークチョップをオーダーしたつもりが、届いたのは骨なしで、しかもあまり脂身のない部分。スー・ヴィードのブランドのアプリにあるレシピにはなかなか気に入ったものがなかったので、Dorie Greenspanさんのオーブンローストのレシピを拝借しました。豚肉にバーボン、マスタード、蜂蜜、ブラウンシュガー、シラチャ、塩胡椒に2−3時間マリネしての調...

  11. 鰹のてこね寿司・キビナゴの酢の物&金目鯛と墨烏賊のカルパッチョ等 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鰹のてこね寿司・キビナゴの酢の物&金目鯛と墨烏賊のカル...

    前日の鰹の塩締めを3分の1ほど残しておいたので、次の日のお昼はてこね寿司にしました。酢飯に白胡麻、大葉の千切り(水につけてアクを取ります。)を混ぜます。一方薄くスライスした鰹は酒、味醂、醤油の汁に5分ほど浸けておきます。割合は私はほぼ同量ですが、味見をしながら好みの味付けにしてください。塩締めしているので浸けるのは短くて良いです。下味がない場合は15分ほど浸けた方が良いでしょう。浸けた鰹の半...

  12. フライパンで作る豚フィレ肉のロースト・無花果のチャツネ添え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    フライパンで作る豚フィレ肉のロースト・無花果のチャツネ添え

    自分で考えた美味しいレシピなのに、すっかり忘れていることがあります。自分のブログ内を検索して、へー、そんなの作ったんだと自分でびっくりしたのが、表題の料理です。ガーリックの薄切りを数枚豚肉に埋め込み、塩、胡椒、ロズマリー、クミンをまぶしてフライパンでローストしたものです。詳しいレシピはここ⭐️をご覧ください。今回はリンゴのチャツネではなく、作ってあった無花果のチャツネを添えました。今回もとて...

  13. 最近三日間の夕食♪遅まきながら夏野菜を使って♪ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    最近三日間の夕食♪遅まきながら夏野菜を使って♪

    今年はコロナのせいでスーパーに行く回数が減り、夏野菜を思う存分食べられずに過ごしました。茄子や胡瓜や万願寺唐辛子を沢山食べたくなり、3週間ぶりに日本食料品店に出かけました。日本食料品店に来たからにはお刺身も買おうとコーナーを覗くと、マグロとハマチしかありません。マグロはお取り寄せを冷凍したタタキをよく食べているので却下。ハマチはそれほど好きなお刺身ではありませんが、酢の物ならと思い買って来ま...

  14. 鮟鱇のソテー・赤ワインとトマトソース&梅酒の寒天ゼリー - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鮟鱇のソテー・赤ワインとトマトソース&梅酒の寒天ゼリー

    冷凍庫の中身が減ってきて、下に隠れていたものが出てきました。鮟鱇のフィレです。すっかり忘れていましたが、ビニール袋には「あんこう5/29/20」と自分の字で書かれていますから、紛れもなく鮟鱇です。冷凍したトマトソースも解凍して、赤ワインと一緒に料理しました。レシピは下に書きましたが、なかなか美味しい鮟鱇の料理です。前菜は生ハムと無花果。無花果は十字に切り込みを入れ、中にチーズを詰めて、くるみ...

  15. メロンとポートワイン&鴨とオレンジソース - やせっぽちソプラノのキッチン2

    メロンとポートワイン&鴨とオレンジソース

    メロンはいつも冷製スープにしますが、たまには違うものをと思い、ポートワインにつけてみました。これは南フランスで採れるcavaillonという種類のメロンを使って、前菜としてよく出されるそうで、果肉の色が似ているアメリカのカンタロープを使いました。メロンボーラーでくり抜いたメロン、取り残した果肉はブレンダーでピュレにし、ポートワインを加えます。そのピュレの中にメロンボールを浸けて、しっかり冷や...

  16. ローフブレッド&鮪のタルタルと鮭のリエット - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ローフブレッド&鮪のタルタルと鮭のリエット

    最近パンといえばカンパーニュばかり焼いているので、たまには違うものが食べたくなり、ローフブレッド、いわゆる食パンを作ってみました。生地は以前作ったちぎりパンと同じで、成形の段階でパウンドケーキの型に入れます。このレシピはスタンドミキサーを使ってこねるので、とても簡単で、しかも作り始めてから焼きあがるまで3時間半で出来ます。薄くスライスしてカリッとトースト。上には鮪のタルタルと鮭のリエットを乗...

  17. イナダのカルパッチョ・帆立とオレンジキャラメルソース・ガスパチョ・無花果のアイスクリーム - やせっぽちソプラノのキッチン2

    イナダのカルパッチョ・帆立とオレンジキャラメルソース・...

    一日塩締めにしたイナダはたっぷりの野菜とカルパッチョ。使った野菜はサラダミックス、水に晒した紫玉ねぎ、ミニトマト、カリフラワー。イナダはそぎ切りにしましたが、身が地味な色なので、野菜でカラフルにしてみました。レモン汁と塩とオリーブオイルをかけて。片面1分ずつソテーした帆立はオレンジキャラメルソースで。(レシピはここ↓です。)オレンジキャラメルソースは鶏肉などにも合いますが、やはり帆立が一番。...

  18. 無花果&蛸の夕食 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    無花果&蛸の夕食

    年に1回受けている健康診断で、コレステロール値を低くするためにチーズ御法度を言い渡されたのは2年前。そんなに沢山食べているわけではないのに、大好きなチーズをすっかりやめました。そして、魚料理を週3回から4回にしました。そうしたら、本当に総コレステロール値も悪玉もかなり減ったのです。これには自分自身びっくりしました。今年はコロナのこともあるので健康診断は受けないと思っていたのですが、video...

  19. 簡単ローストビーフ&ローストビーフのサラダ・ニソアーズ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    簡単ローストビーフ&ローストビーフのサラダ・ニソアーズ

    たまには牛フィレ肉のステーキを張り込もうと勢い込んでスーパーに行ったものの、1ポンド(450g) $30の値札を見て急に気持ちが萎え、1ポンド当たり10ドル安いリブアイになりました。それでもdry agedでこの厚さ、4cm近くあります。室温にしたお肉はしっかり水分を拭き取り、自家製乾燥ハーブ(オレガノ、タイム、ロズマリー)と黒胡椒を両面に。塩は焼く寸前にふります。熱くしたフライパン(オーブ...

  20. 買い物前日の夕食は。。。♪サルモレホ&鶏肉のサフランシチュー♪ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    買い物前日の夕食は。。。♪サルモレホ&鶏肉のサフランシ...

    3月中旬以来食料品の買い出しは2週間に1度。アメリカのスーパー、Whole Foodsと日本食料品店を交互に訪れます。肉や魚は冷凍できますが、野菜や果物はどうしてもフレッシュなものが欲しいので2週間が限度です。買い物前日の冷蔵庫を見ると、人参1本、玉葱1個、じゃが芋2個、万願寺唐辛子1パックと赤いスイート唐辛子数本。そして、鉢植えからもいだ真っ赤なトマト2個。果物に至っては一口大に切ってラム...

総件数:252 件

似ているタグ