津坂陽介のタグまとめ

津坂陽介」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには津坂陽介に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「津坂陽介」タグの記事(12)

  1. 6寸くらいの硝子鉢 - うつわshizenブログ

    6寸くらいの硝子鉢

    津坂陽介さんの硝子鉢です。中央の蒼い鉢が直径19cm、高さ6.5cmです。それぞれ6,912円です。6寸くらいの鉢は、サラダや煮物など副菜を盛りつけたり麺やパスタをどんぶりのようにいただいたり、日々出番の多いうつわです。硝子になると、なおかろやか。きいろの鉢に、シーザーサラダごはん。暑い日でもさっぱりいただけます。平岡正弘さんのスッカラと。蒼い鉢に、冷やしおでんを。トマトやとうもろこしが入っ...

  2. 書籍掲載のご案内~TOKYU ROYAL CLUBMEMBER‘SMAGAZINEFino - うつわshizenブログ

    書籍掲載のご案内~TOKYU ROYAL CLUBME...

    TOKYU ROYAL CLUBMEMBER’SMAGAZINEFinoの「涼を感じる夏のガラス」特集ページにshizenをご掲載いただきました。先日二人展をしていただいた津坂陽介さん、久保裕子さんの工房も訪ねられたページがあります。メンバーズマガジンなので、書店には並んでいませんがshizen店頭でどうぞご覧ください。(T)

  3. 津坂陽介・久保裕子ガラス二人展6 - うつわshizenブログ

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展6

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展、5日目です。陽介さんの茶碗福織で贅沢冷やし茶漬けを。ピッチャーに冷茶を。よい夏になりそうです。安西淳さんの盆に。お箸置も津坂陽介さん、お箸は佐川岳彦さん作です。津坂陽介・久保裕子ガラス二人展は、明日17時までです。(T)

  4. 津坂陽介・久保裕子ガラス二人展4 - うつわshizenブログ

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展4

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展、3日目です。今日も麺のおひるです。辛子明太子と大葉のうどん。陽介さんのレースガラス蕎麦猪口に、ちょこっとずつ盛りつけて。落合芝地さんの一文字盆にずらり。締めの一口炭水化物にどうぞ。陽介さんの茶碗光彩の福織でお抹茶を。裕子さんのミズノワに牛乳寒天とわらび餅の盛り合わせ。うっとり。光と影を映しとったため息の出るうつくしさのお茶碗です。水面にお菓子を浮かべられるだな...

  5. 津坂陽介・久保裕子ガラス二人展3 - うつわshizenブログ

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展3

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展、2日目です。陽介さんのうつわでおひるごはんです。すず音の鉢三つ脚5寸でちょこっと冷やし中華を。たれをダイヤの片口に。お箸は佐川岳彦さん、お盆は大橋保隆さん作です。金属と竹とガラスの組み合わせ、夏の眼福です。(T)

  6. 津坂陽介・久保裕子ガラス二人展4 - うつわshizenブログ

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展4

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展、5日目です。陽介さんのレースカップに杏仁豆腐の枇杷コンポートのせ。田中俊介さんのまるざらに。平岡正弘さんのティースプーンを添えました。レースカップ、蕎麦猪口のようにお使いいただけます。アイスコーヒーに、冷茶に赤ワイン。冷たいスープも。白いレースの柄が引き立ちます。広口なので、大きな氷も入ります。津坂陽介・久保裕子ガラス二人展は、明日17時までです。(T)

  7. 津坂陽介・久保裕子ガラス二人展3 - うつわshizenブログ

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展3

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展、2日目です。ガラスと異素材の組み合わせ、おすすめです。お互いのよさをそれぞれ引き立て合います。佐川岳彦さんの籠に、陽介さんのボトルのような花器とひな菊のお猪口を。梅酒をボトルのような花器に入れて、冷凍庫に入れて置いたものをしゃりしゃりとひな菊のお猪口に入れていただいたり。濃く入れた珈琲をボトルのような花器に入れて冷やしておいて、お食後に冷たいエスプレッソ気分で...

  8. 津坂陽介・久保裕子ガラス二人展3 - うつわshizenブログ

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展3

    中華のおひるごはん。津坂陽介さんのモールドグラスに杏仁豆腐とぶどう、KINTAさんのクルミ皿にごはんと焼売、蒸しキャベツ、鶏肉と野菜の中華サラダ。ポン酢を平野日奈子さんの菱形小皿黒に。スプーンは平岡正弘さん、お箸は藤野雅也さん、お箸置きは、津坂陽介さん作です。24日(土)、25日(日)は、陽介さん、裕子さんが在廊してくださいます。(T)

  9. 津坂陽介・久保裕子ガラス二人展のご案内 - うつわshizenブログ

    津坂陽介・久保裕子ガラス二人展のご案内

    明日21日(水)からは、津坂陽介・久保裕子ガラス二人展が始まります。案内状の写真です。ご夫婦で富山市内にガラス工房を構え、作品をつくられています。陽介さんの作品のご紹介です。津坂陽介1.ダイヤのコップ¥3,024Φ7×H82.ダイヤのロックグラス¥3,780 Φ7.5×H8.53.ダイヤのロックグラス(銀)¥4,320 Φ7.5×H8.54.ダイヤのロックグラス(金)¥5,400 Φ7.5×...

  10. 津坂陽介さんのすず音の鉢三つ脚(5寸) - うつわshizenブログ

    津坂陽介さんのすず音の鉢三つ脚(5寸)

    富山県で製作されている津坂陽介さんのすず音の鉢のご紹介です。すず音の鉢三つ脚(5寸)、直径15.5㎝×高さ6㎝、5,400円。弾けた銀箔が涼やかで、名前のとおりちりちりと鈴音が鳴りそうです。ところてんとトマト。酢醤油の酸味にトマトが甘く感じます。八王子のところてん、薬味は辛子ではなく青のりと胡麻と唐辛子粉です。佐川岳彦さんの箸置きと藤野雅也さんのミズメの箸と。熱いガラスを竿に巻き付けた後に銀...

  11. -いきとしいけるもの-より…津坂陽介作品紹介 - 工房IKUKOの日々

    -いきとしいけるもの-より…津坂陽介作品紹介

    現在開催中の津坂陽介(硝子)/久保裕子(硝子)/ヘンク・フレイスン(金工)お三方による展覧会、―いきとしいけるもの―。それぞれの素材から生まれる動植物の営み。まずは、津坂さんによる作品の数々ご紹介させて頂きます。目をよくよく凝らして見てみると硝子の中に閉じ込められた複雑で繊細な無数の線。この1本1本が、一筋の硝子というのはただただ驚きでしかありません。まるで細い細い絹糸を丁寧に織り上げて生ま...

  12. ー津坂陽介/久保裕子/ヘンク・フレイスン三人展ー明日から開催致します - 工房IKUKOの日々

    ー津坂陽介/久保裕子/ヘンク・フレイスン三人展ー明日か...

    明日から工房IKUKOでは硝子作家、津坂陽介さん・久保裕子さん金工作家、ヘンク・フレイスンさんによる三人展「いきとしいけるもの」を開催致します。タイトル通り本展ではそれぞれの素材から生まれる動植物の営みをテーマにしたオブジェや器が並びます。この機会にお楽しみ頂ければ幸いです。お誘いあわせの上、ぜひぜひお出かけください。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。津坂陽介硝子/久保裕子硝子/...

総件数:12 件

似ているタグ