津軽のタグまとめ

津軽」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには津軽に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「津軽」タグの記事(35)

  1. 小説青森 - Hirakoba's Blog

    小説青森

    青森の蟹田まで電車で輪行してそこから竜飛岬まで自転車で走った。その時今別で太宰治の「津軽」の中に出てくる家の前の看板を写した。それ以来小説「津軽」を読みたいと思っていた。横浜電子図書館で見つけた。早速借りてみた。太宰が地元でありながら行ってみたことのない津軽を酒飲んで回るなんてことないエッセイだが自分で走ったことがあるので書いてあることが良くわかる。

  2. JAアオレン×UHA味覚糖 - Mt.Blue Rice Shop。

    JAアオレン×UHA味覚糖

    UHA味覚糖よりJAアオレンのりんごジュースをイメージしたりんごグミが登場しました。

  3. 吹雪の日に津軽の雪女を見た - 花の写真手帳

    吹雪の日に津軽の雪女を見た

    2004年冬の日弘前のまちはいちめんの吹雪であった。駅に降り立った旅人は、大通りをイトーヨーカドーまでゆくと、いつのまにか小学校の敷地に入ってしまった。あたりは地図のないまちに変貌し、上下左右がなく方向感覚を喪った。雪の中でまどろむ感覚はどこか甘美だった。雪化粧のまちをWindowの中のマヌカンのような細身の女性が颯爽と歩いてゆく。たまたま見つけた美容室で道をきいてレトロな時計台を望みつつ紀...

  4. 津軽のりんご🍎 - 笑顔がいちばん ♪

    津軽のりんご🍎

    今日は所用で新宿へ行きました。コロナ禍で、すっかり感染者の多い街のイメージがついてしまった歌舞伎町近くの区役所まで。午前中のせいか、街往く人は少なくてホームレスの姿ばかりが目につきました。失業者や自殺者も増えていて、犯罪も増えるかもしれません。なんだか閑散とした新宿の街を歩いていると暗く、辛い気持ちになってしまいました。一日も早くコロナが終息して、明るい日々が戻ってくることを願うばかりです。...

  5. 津軽から - Bibury Court Blog

    津軽から

    こんにちはBibury Court 下間です。津軽にあるテーラードの縫製工場(株)サンラインさんから素敵なジャケットが届きました。津軽と聞いて私が真っ先に連想したのが太宰治の「津軽」だったので恐れ多くもまずは、一緒に記念撮影!ハイチ~ズ今回のジャケットはSHETLAND WOOLで織り上げられた独特なハリ感と光沢のあるとても英国らしいツイード素材で仕立てました。従来のツイードに比べ、コンパク...

  6. 「津軽」と「憂国」どっちもコント - 憂き世忘れ

    「津軽」と「憂国」どっちもコント

    「津軽」の「序編」だけ読んだ。笑ったねー。〈私には、また別の専門科目があるのだ。世人は仮りにその科目を愛と呼んでいる。人の心と人の心の触れ合いを研究する科目である。〉「愛」にツボりました。落語みたいです。で、「憂国」を思い出したのでーす。「柱にゴン」の場面。ほとんどの人が「深刻な純文学」と洗脳されて読み始めるわけですよ。と、この場面で笑えない。名付けて「葬式のオナラ現象」「憂国」は深沢が代筆...

  7. 隠れ里の鳥居 - ぎゃらりー竹斎堂

    隠れ里の鳥居

    江戸時代には、ほとんど知られることのなかった集落。江戸時代の紀行作家 菅江真澄は、山道をそれて奥山へ分け入る不審な男をつけていったところ、隠れ里に入り込んだという。昔は山の中に集落があったようだ。昭和40年代、わたしも そこに分け入った。ひと山越えると小泊である。

  8. 雪国の鳥居を遠く望む - ぎゃらりー竹斎堂

    雪国の鳥居を遠く望む

    “逢いたくて恋しくて泣きたくなる夜そばにいて少しでも話を聞いて追いかけて追いかけて追いかけて雪国”吉 幾三の故郷にて撮影。吉さんがデビューしたころの写真です。吉さんの詩では、「俺ら東京さ行ぐだ」が オラ好きだ。

  9. お友達をおもてなし2日目 - 小さな幸せにっき

    お友達をおもてなし2日目

    フレンチディナーをいただいた翌日、ホテルまで迎えに行って、お出かけ。東京行き最終便で帰るとのことで、時間はたっぷり。いいお天気だったのでまずはリンゴ公園へ。収穫体験もできる。1人2個まで。収穫したリンゴは持ち帰ることができる。2個なら200円ぐらいかな。車を走らせて五所川原へ。立佞武多の館のラウンジで、お昼。しじみラーメン。これ、おいしいのよ。その後山車を眺める。岩木山神社へ。その後嶽温泉で...

  10. 鶴の舞橋 - 小さな幸せにっき

    鶴の舞橋

    フルーツ狩りのあと向かったのは、鶴田町の「鶴の舞橋」農業用のため池にかけられている木造の3連太鼓橋。結構ポスターなどに使われている。池の水は少なかったけど。渡る橋というよりは、眺める橋かな。

  11. レストラン東北牧場 - Mt.Blue Rice Shop。

    レストラン東北牧場

    レストラン東北牧場は「ホテルコンチネンタル」に併設しているバイキングタイプのレストランです。青森県東北町にある東北牧場で育てた野菜や卵、津軽郡外ヶ浜でとれた魚介類を使った料理が食べ放題です。東北牧場のホームページ

  12. チャックドセットとは - ちいさな農家 ひろさと舎

    チャックドセットとは

    コロナウィルスの感染拡大の影響で青森でもねぶた祭りの中止やさくら祭りの中止、出ようと思っていたイベントの中止、お土産品や農家の加工品などの行き場を失い、当園でもジャムやジュースがどうなっていくのだろう・・・。困ったな・・・。と思っていました。私はじっとしていられないタイプなので、居ても立っても居られずすぐに、スキー仲間2人にメールをしました。「行き場を失った在庫過多になってしまった商品を集め...

  13. 春の弾丸東北ツアー - 四季(色) 彩への想い

    春の弾丸東北ツアー

    コロナ肺炎で全国の春行事が自粛になり、どうしようもない状況ですが短期間で東北を覗いてきました。北上展勝地ここも閉鎖中武家屋敷の枝垂れ桜観光はご遠慮下さい菜の花と桜ロードここは通常通り弘前公園閉鎖中芦野公園閉鎖中来年は大丈夫かな?

  14. ■津軽風土紀■ - ちょこっと陶芸

    ■津軽風土紀■

    ■初代高橋竹山没後20年・映画「津軽のカマリ」上映記念■「國風雲竹流津軽民謡・高橋竹山流津軽三味線コンサート」■■津軽風土紀■■ゲスト:須藤雲栄・高橋栄山・二代目須藤雲栄 高橋竹仙・山本竹勇・高橋昌山 高橋栄水・高橋栄香 高橋竹春(津軽手踊り)主催:須藤雲雀(翔田ひかり)・須藤雲桜(麻生みどり) 翔田ひかり音楽学...

  15. 津軽石はなぜ津軽石なのか? - 山猫を探す人Ⅱ

    津軽石はなぜ津軽石なのか?

    新駅「八木沢・宮古短大」の次は「津軽石」以前、まがってみたことがあったので比較的容易に辿り着きました。ミドルネームは「鮭の町」そう近隣を流れる津軽石川は鮭の遡上が多いことで知られている。なにやら小ざっぱりしていますね・・・以前の絵と比べると、いろいろ変化していますね。あの高架道路は無かったよね~駅舎もリヌーアルされていましたね。JRのにほひを完全に抹殺するつもりですね、三鉄さん今更ですがプラ...

  16. 太宰治と津軽の雪 - 折々の記

    太宰治と津軽の雪

    今週は寒い日が続きます。千葉や茨城方面では雪が降ったのですが、横浜はほとんど降らずでした。津軽の金木(現在は五所川原市)生まれの太宰治は、故郷を離れて10数年後に、出版社の編集者からの勧めもあり、3週間かけて津軽半島を一周し、「津軽」を書き上げた。その冒頭に出てくるのが、津軽地方で降るという7種類の雪。津軽の雪:こな雪、つぶ雪、わた雪、みづ雪、かた雪、ざらめ雪、こほり雪(東奥年鑑より)津軽の...

  17. 小説『津軽』の太宰治の鯛を調理した人が判明!? - 遠い空の向こうへ

    小説『津軽』の太宰治の鯛を調理した人が判明!?

    太宰治の新たな情報が入った。なんでも小説『津軽』で太宰が自分で購入した鯛を宿で調理してもらった人が判明したのだという。というのも、『津軽』を読んだ人なら分かるが、太宰は故郷・津軽についての小説を書くためにN君、Mさんと一緒に歩いてまわっていた。途中、リヤカーにいっぱい積まれた魚を見て、二尺くらいある鯛を一円七十銭で、つい買ってしまった。つまらんものを買ったねえとN君たちに軽蔑されながらも歩き...

  18. 年の瀬の神様 - Edo-CoCo

    年の瀬の神様

    あっという間に年の瀬も近くなり、大掃除も何とかしなくちゃ・・・と思うこの時期。わが故郷・青森県の津軽地方では、おせち料理よりも、大晦日の「お年越し」のほうが大事な行事で、お年越し(大晦日)の夕方4時頃には、お膳が次々運ばれ、いつもの茶の間ではなく、座敷にお膳を並べます。 もちろんそれまでに、おせち料理を全部お重につめ終わり、 年越し蕎麦の準備も万端にします。 お膳を並べ終えると、女衆(おなご...

  19. 津軽の音と匂い映画「津軽のカマリ」 - 梟通信~ホンの戯言

    津軽の音と匂い映画「津軽のカマリ」

    カラカラっと缶の音に目が覚めると、イケネ、7時15分、雨の朝とはいえ寝坊をしてしまった。よく寝てる僕を起こさないようにとカミさんが資源ゴミを捨てに行ったのだ、すまん。朝のFM「音楽遊覧飛行」は、子供の歌うクリスマスソング。せんじつスタバで聴いていやになった、大人のひねくった歌い方じゃないから、懐かしく聴けた。そのあとの、せんげつ76歳で亡くなったアレサフランクリン特集もよい。雨の朝、ぜいたく...

  20. 新芸座公演「カミサマの恋」舞台写真14 - 劇団新芸座ブログ

    新芸座公演「カミサマの恋」舞台写真14

    撮影小林万里

総件数:35 件

似ているタグ