洲本市のタグまとめ

洲本市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには洲本市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「洲本市」タグの記事(31)

  1. #89 AiAii AWAJISHIMA - チッキィのおいしい淡路島

    #89 AiAii AWAJISHIMA

    海岸通にリニューアルオープン!藍染体験工房 and ショップ「AiAii AWAJISHIMA」洲本市の街中に突如現れた、鮮やかな外観が目を引くお店。今年6月にリニューアルオープンした、藍染ショップ「AiAii AWAJISHIMA」です。ロンドンから移住された岡田淳一さん・サリーさんご夫妻が運営するこちらのお店では、オリジナル藍染製品の購入や、天然染液を使用した藍染体験ができます。ちなみに...

  2. #88 素麺とちりめんのベトナム風にゅうめん - チッキィのおいしい淡路島

    #88 素麺とちりめんのベトナム風にゅうめん

    淡路島は梅雨入りしてからもカラッとした空気が続いています。夏野菜が産直にはお目見えしはじめました。実は淡路島は素麺の産地であることをご存知でしょうか。今日はこの淡路島の素麺を使ったベトナムふうのにゅうめんレシピをご紹介します。島の人たちも日常的に手にしているのが、淡じ糸という素麺。淡路島ではスーパーでも売っています。一般的な素麺製造では、機械化がすすんでいますが、この淡じ糸は手作業でつくられ...

  3. #87 あわじ花山水 - チッキィのおいしい淡路島

    #87 あわじ花山水

    毎年、梅雨の時期に見ごろを迎えるあじさい。あわじ花山水の「あじさい園」は、今年も6日に開園しました。集落の過疎化を危惧したオーナーの”自然の原風景を生かした憩いの場を作りたい”という思いからはじまった「あじさい園」は、今年で14年目を迎えます。およそ70種・4000株のあじさいを見に、毎年多くの観光客が来園しています。現在は山あじさいが見ごろ。6月下旬になると、全ての品種が満開を迎えます。花...

  4. #86 たねさん窯焼きチャーシューと中国茶 - チッキィのおいしい淡路島

    #86 たねさん窯焼きチャーシューと中国茶

    窯焼きチャーシューと中国茶のお店、たねさん。本格的なチャーシューを味わえる、赤い暖簾が目印のお店です!兵庫県淡路島産の「えびすもち豚」を使用した、チャーシューをつかったさまざまなメニューが用意されています。テイクアウトのメニューも充実!今回は、人気の麻婆豆腐以外と他のメニューもあわせて3種類をお持ち帰りしてみました。たねさんのロゴマークがうれしいテイクアウトカップ。「熱々なので気をつけてくだ...

  5. #80 なるとオレンジの季節 - チッキィのおいしい淡路島

    #80 なるとオレンジの季節

    淡路島の春を告げる、なるとオレンジの季節がやってきました。なるとオレンジは、ダイダイの変種で約300年前に淡路島で見つかった原種の柑橘です。爽やかな香りと酸味、ほろ苦さが特徴の柑橘で、和製グレープフルーツとも言えるオレンジです。樹々の樹齢はながく150歳を超えるものも。他の柑橘と交配していないこともあって品種改良もほどこされていないので、樹の高さもかなりあります。なるとオレンジの収穫は2月末...

  6. #78 ジャムの森テラス - チッキィのおいしい淡路島

    #78 ジャムの森テラス

    旬のジャムとお料理が楽しめるファームカフェ2019年9月2日、五色町鮎原にオープンした「ジャムの森テラス」は、旬のランチ&スイーツを楽しめるカフェと、ジャム作り体験ができるスタジオが完備された"ファームカフェ”。店内には、愛犬と過ごせるスペースもあります。今回は、クイーン淡路が旬のいちごを使ったジャム作り体験に挑戦します…!スタジオでは、いちごやイチジク、ぶどうや鳴門オレンジなど、...

  7. #76 海のホテル島花レジデンスヴィラオープン! - チッキィのおいしい淡路島

    #76 海のホテル島花レジデンスヴィラオープン!

    淡路島の東海岸に1日5組限定のヴィラがお目見え淡路島の東海岸のヨットハーバー、サントピアマリーナ内に、2019年12月24日、海のホテル島花の別荘「レジデンスヴィラ」が開業しました。「グランヴィラ」と「ガーデンヴィラ」の2棟は1日限定5組。コンセプトは「淡路島の東海岸に第二の我が家」。自由気ままに休日を過ごせる、別荘のようにリラックスして過ごしてすごせるようにとさまざまな工夫が施されています...

  8. 立川水仙郷のスイセン2020 - 時の流れに身を任せ…

    立川水仙郷のスイセン2020

    越前海岸(福井県)、鋸南町(千葉県)と並ぶ日本三大水仙群生地、淡路島の紀淡海峡を望む約6haの敷地に、3か月にわたり400万本ものスイセンが咲き乱れます。12月から2月はガリル(ヨーロッパ産)やニホンスイセン、ヤエスイセン、キブサスイセンなどが次々と咲き揃い、3月になるとラッパスイセンも見られるようになります。近隣の灘黒岩水仙郷とあわせて、ひと足早い春の景観を目当てに多くの観光客が訪れます。...

  9. #74 AWAJISHIMA shishika - チッキィのおいしい淡路島

    #74 AWAJISHIMA shishika

    淡路島のイノシシとシカのジビエ肉のブランド「AWAJISHIMAshishika」。(写真:amritan)「AWAJISHIMAshishika」は、洲本市がとりくむ鳥獣害被害対策の一環。島のイノシシとシカのブランド化を進めています。淡路島の豊かな自然のなかでそだったイノシシとシカは、他の肉にはない天然の味とうまみがあり、しっかりとした肉質が特徴です。AWAJISHIMA shishika...

  10. #72 中原水産 - チッキィのおいしい淡路島

    #72 中原水産

    淡路島のおいしいもの!といえば玉ねぎや牛肉、タコやわかめ。中でも老若男女から人気をほこる食材が「しらす」です。今回はしらすの加工から食堂までを手掛けながら、全国各地の食通をうならせる中原水産さんにお邪魔しました!中原水産さんは、2代目の社長と奥さん、3代目の息子さん(中原健太郎さん)が店を切り盛りする水産加工屋さん。目の前は海!まさに目の前に泳いでいたしらすがここで加工されていきます。しらす...

  11. 第72回淡路島まつり花火大会 - 時の流れに身を任せ…

    第72回淡路島まつり花火大会

    兵庫県下で最大級とされる「淡路島まつり花火大会」が、2019年で第72回を迎え開催されます。洲本大浜海岸間近で打ち上げられる迫力満点の花火は、夜空と水面を同時に埋め尽くし、辺り一面に幻想的な世界が広がります。定番となった尺玉は、全国各地の有名花火師から取り寄せたものから、厳選して打ち上げられます。直径約320mに開く花火は、五感で感じることができるほどの大迫力です。ミュージック花火のほか、約...

  12. #61 うみぞら映画祭 - チッキィのおいしい淡路島

    #61 うみぞら映画祭

    2019年5月25日-26日にかけて、洲本市の大浜海岸で「うみぞら映画祭2019」が開催されました。うみぞら映画祭は2017年からはじまった、海の上に大きなスクリーンを浮かべて砂浜から映画を楽しむ映画祭。淡路島が舞台となった映画や、海が舞台となった映画が、洲本のあちこちで上映されます。会場となった大浜海岸の松原には、グルメブースも多数!初夏の爽やかな気候に多くの人が集いました。今回のグルメブ...

  13. #59 里山で春の味覚を味わう「田舎暮らし交流会」 - チッキィのおいしい淡路島

    #59 里山で春の味覚を味わう「田舎暮らし交流会」

    春の味覚を味わいながら移住希望者と語らう4月14日(日)、洲本市にある里山アップフィールドでは、「春の田舎暮らし交流会」が開催されました。この交流会は、淡路島へ移住を考えている方と、すでに淡路島で暮らしている先輩移住者たちの交流が目的。主催するのは、平成21年秋に‟移住相談窓口”を開設し、移住希望者の相談・サポートを行うNPOあわじFANクラブです。これまでFANクラブでは、300件以上の移...

  14. #51 寒さ吹き飛ぶスパイス料理教室 - チッキィのおいしい淡路島

    #51 寒さ吹き飛ぶスパイス料理教室

    スパイスマイスターが教える‟本格チキンカレー”12月9日、洲本中央公民館の調理室で、スパイス料理教室が行われました。講師は洲本市にあるカレー屋「真異端流カレーるつぼや」の店主・馬崎泰成さんです。馬崎さんは、スパイスインストラクター、スパイス香辛料アドバイザーの資格をお持ちです。そんなスパイスのプロが教える第一回目のスパイス料理は、ご家庭でも簡単に作れる「本格チキンカレー」。スパイスも比較的手...

  15. #50 御食菜采館 冬のおすすめ素材! - チッキィのおいしい淡路島

    #50 御食菜采館 冬のおすすめ素材!

    洲本市の中心地、市役所のおとなりに4月にオープンした御食菜采館。洲本市を中心に、淡路島の各地から新鮮な野菜が届くことで、地元の人にも人気の産直です。お店に入店すると、にぎやかな玉ねぎたちがご挨拶。あちこちに楽しく買い物ができるPOPが目に入ってきます。店内は広々、野菜以外にも島のお店のお菓子やパンがならんで賑やかな雰囲気です。お土産にも自分用にも買いたくなる、ちょっとしたお土産も。ずらりと並...

  16. 立川水仙郷のスイセン2018 - 時の流れに身を任せ…

    立川水仙郷のスイセン2018

    越前海岸(福井県)、鋸南町(千葉県)と並ぶ日本三大水仙群生地、淡路島の紀淡海峡を望む約6haの敷地に、3か月にわたり400万本ものスイセンが咲き乱れます。12月から2月はガリル(ヨーロッパ産)やニホンスイセン、ヤエスイセン、キブサスイセンなどが次々と咲き揃い、3月になるとラッパスイセンも見られるようになります。近隣の灘黒岩水仙郷とあわせて、ひと足早い春の景観を目当てに多くの観光客が訪れます。...

  17. #48 島のレモン - チッキィのおいしい淡路島

    #48 島のレモン

    島の日差しを浴びたフレッシュレモンでつくるレモンのバターケーキ夏によく使うレモンですが、実は9月から収穫が始まることをご存知でしたか?まさに今、みのりの季節を迎えたレモンの木々には、青々としたレモンを目にすることができます。今日はそんな、旬のレモンをつかって香りを楽しむレモンケーキをつくってみましょう。半分にカットするだけでも、キッチンにレモンの香りが広がります。今回使用するアレンユーレカと...

  18. #46 海産物問屋 出口商店 - チッキィのおいしい淡路島

    #46 海産物問屋 出口商店

    おいしく身体にやさしい食卓を目指して、百年余年。島の幸をとどける海産物問屋。万延元年、1860年創業の海産物問屋の出口商店さん。160年近くの歴史をもつお店が洲本のコモード56商店街にあります。現在店主を務めるのは5代目の出口雅也さんです。店内に入るとすぐに目に入ってくるのが、創業以来ずっと販売を続ける煮干しいりこです。初代が淡路島でとれる煮干しいわしの卸問屋を創業。以来、島のちりめんじゃこ...

  19. #43 バー エトワールの夏季限定かき氷 - チッキィのおいしい淡路島

    #43 バー エトワールの夏季限定かき氷

    バーテンダーのこだわりが光る、夏季限定かき氷洲本市にある観光名所、「洲本レトロこみち」。そこは、懐かしいレトロな街並みと、風情ある古民家を活かしたお店がたくさん立ち並ぶ小路。そこで夏季限定のかき氷を提供する、地元民からも人気のBarがありました。その名も、「Bar etoil (バー エトワール) 」。夜の営業だけでなく、日中は淡路島の食材を使った手作りクレープと、夏季限定のかき氷をいただく...

  20. 高田屋嘉兵衛まつり花火大会2018 - 時の流れに身を任せ…

    高田屋嘉兵衛まつり花火大会2018

    「高田屋嘉兵衛まつり」のフィナーレを飾る花火大会が、都志港湾を舞台に開催されます。スターマイン、6号玉など、色とりどりの美しい花火が打ち上げられ、夏の夜空を彩ります。「高田屋嘉兵衛まつり」は洲本市が生んだ幕末の豪商、高田屋嘉兵衛の偉業を称えて行われ、ステージイベントなどが催されます。※五色健康村から無料シャトルバス運行臨時トイレ8基、既設トイレ1か所所在地:〒656-1304兵庫県洲本市五色...

総件数:31 件

似ているタグ