浄真寺のタグまとめ

浄真寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには浄真寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「浄真寺」タグの記事(19)

  1. 12月30日 「取引所納会」の日・「室礼(しつらい))」とは、、、 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    12月30日 「取引所納会」の日・「室礼(しつらい))...

    今日は、証券取引所での、一年最後の立会いの日。証券業界の業績不振から、営業日を少しでも増やす為に、納会は30日に延ばされ、大発会は1月4日に早まったそうですいよいよ、今年も残すところ、今日と明日のみとなりました。クリスマスが終わり、お正月の「室礼」をあれこれ考えているうちに、今日になってしまいました。29日は“二重苦”の語呂合わせから嫌われ、また、31日は一夜飾りで年神様に失礼にあたる事から...

  2. 浄真寺の龍護殿 - あだっちゃんの花鳥風月

    浄真寺の龍護殿

    九品仏の浄真寺に来ています。龍護殿の前に来ました。イチョウの木です。もうだいぶ葉が落ちた後でした。入口から、釈迦如来像が見えます。釈迦如来像。龍護殿の中。庭を見る。石仏。楓はまだ青い。青い楓に中に散った紅葉した葉。少ししかない紅葉を撮る。

  3. 浄真寺の九品阿弥陀仏 - あだっちゃんの花鳥風月

    浄真寺の九品阿弥陀仏

    九品仏の浄真寺に来ました。仁王門を入って左側に梵鐘があります。周りの景色に少し秋が感じられます。奥に行くと九体の阿弥陀仏が三体ずつ、お堂に祭られています。一番左側が下品堂(げぼんどう)で、一体の仏さまは修理中のようです。真ん中のお堂が上品堂(じょうぼんどう)で、一番鮮やかな色合いです。左側の阿弥陀仏。右側の阿弥陀仏。上品堂前の紅葉。逆光から撮影。中品堂(ちゅうぼんどう)の阿弥陀仏。左側の阿弥...

  4. 九品仏・浄真寺の仁王像 - あだっちゃんの花鳥風月

    九品仏・浄真寺の仁王像

    11月の三連休が終わってから、九品仏・浄真寺に行ってみました。このお寺は、楓の木が多く、紅葉を期待して行きました。家の周りの紅葉の気配から、紅葉してると思っていました。かなり紅葉を期待して写真を撮りに来てるカメラマンがいました。浄真寺の総門。総門を入って、右側にあるお地蔵さま。落ち葉がたくさんあって、秋らしい。背景の楓はまだ青いまま。総門を入って左側にある閻魔堂。閻魔像。閻魔像の左にある、奪...

  5. 11月30日  「年金の日」・写経について - 煎茶道方円流~東京東支部~

    11月30日 「年金の日」・写経について

    今日、11月30日は、1(い)、1(い)、3(み)、0(らい)の語呂合わせから、「年金の日」と、2014年(平成26年)に厚生労働省が定めたそうです。本当に、「良い未来」が来ることを願います願い事と言えば、「写経」があります。「写経」は、古くは経典を広める為に行われましたが、時代を経て、願い事や供養の為になされるようになりました。お経は、読むことで、観ることで、さらに書き写すことで、より功徳...

  6. 11月19日  小林一茶の忌日 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    11月19日 小林一茶の忌日

    今日は俳諧師・小林一茶の忌日です1827年(文政10年)の11月19日、享年64才で、庵号は二六庵と称しました。松尾芭蕉、与謝蕪村とともに、江戸の三大俳諧師と言われ、「一茶調」と呼ばれる独自の俳風を確立しました。一茶の亡くなった後も、俳句界ではその名声は落ちる事は有りませんでしたが、門下の中から一茶の後継者は現れず、「一茶調」を引き継ぐ者もなく、当時の俳句界においては、一茶の影響力は小さいも...

  7. 11月16日  「いい色の日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    11月16日 「いい色の日」

    今日は、11月16日の1、1、1、6の語呂合わせで、「いい色の日」。愛知県の塗装と塗料に関係する業界の団体「愛知昭和会」が1991年に制定したそうです写真は、昨年の12月初めに撮影しました九品仏・浄真寺の紅葉です。本当に美しくて、私は京都や奈良へ行かなくても充分と思ってしまいます。浄真寺の紅葉はこれからで、今年の状況はまだ分かりませんが、今夏は猛暑が長引いたので心配です写真は昨日の、本堂横の...

  8. 9月19日   「彼岸入」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    9月19日 「彼岸入」

    彼岸とは、日本の雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間で、この期間に行う仏事を彼岸会と呼びます。春分の日と秋分の日は、国立天文台が発行する官報での公表をもって、翌年の日程が決められる事になっています。国立天文台は、歴象年表により、天文学的な春分日と秋分日を割り出しているのです。彼岸の意味は、煩悩を脱した悟りの境地の事で、煩悩とは、心身を悩ませ、乱し、煩わせ、汚す、すな...

  9. 8月6日   「広島平和記念日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    8月6日 「広島平和記念日」

    1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、米軍のB29爆撃機が、広島市の上空約9600メートルから、原子爆弾を投下し、上空約600メートルで爆発しました。広島市街は壊滅し、約14万人の方の命が奪われました。この歴史的な悲劇から、人類は目をそむける事なく、犠牲となった多くの人々の霊を慰め、恒久的な世界平和を祈る日として、広島市では8月6日を「平和記念日」とし、原爆慰霊碑の前で「平和記念式...

  10. 7月16日  「閻魔賽日」・「薮入り」の日 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    7月16日 「閻魔賽日」・「薮入り」の日

    1月16日と、7月16日は閻魔賽日(えんまさいじつ)と言い、地獄の釜の蓋が開いて、鬼も亡者も休むとされる日。また、寺院で十王図や地獄図を拝んだり、閻魔堂に参詣したりする日です十王とは、地獄にいて亡くなった人の罪を裁く10人の裁判官のことで、特に閻魔王のことを指します。閻魔王は、地獄などの冥界をつかさどる鬼神の王で、「地蔵菩薩発心因縁十王経」には、冥界で亡者の罪を裁くとされています。十人の王が...

  11. 九品仏(浄真寺)さんの仏像 - 四季彩の部屋Ⅱ

    九品仏(浄真寺)さんの仏像

    (1)何だかコロナ、コロナで精神的に疲れている方も多いと思います。九品仏さんの九躰(九品)の阿弥陀佛様に現世を救っていただきたい気分です。何だかなぁ!って気分ですね(;'∀')お約束ですから、九品仏さんの阿弥陀佛(一部)とその他のものの画像のみ掲載しますm(__)m

  12. 九品仏浄真寺に咲く桜 - 四季彩の部屋Ⅱ

    九品仏浄真寺に咲く桜

    (1)世田谷区奥沢に九品仏(くほんぶつ)の正式名称は「 九品山 唯在念佛院 淨眞寺(浄真寺) 」です。九躰(九品)の阿弥陀佛を安置している事から「九品仏」として知られ、親しまれています。春は桜の花が咲き、晩秋には紅葉が境内を美しく彩ります。今は春ですからソメイヨシノの花が彩りを添えてくれます。これは本堂より山門を眺めたところで、石庭が殊の外美しく感じられますね。

  13. 【11/28】まるで都心の京都「九品仏浄真寺」&豪徳寺と都会のオアシス等々力渓谷絶景紅葉狩りバスツアー - 日帰りツアー・社会見学・東京観光・体験イベン

    【11/28】まるで都心の京都「九品仏浄真寺」&豪徳寺...

    【11/28】まるで都心の京都「九品仏浄真寺」&豪徳寺と都会のオアシス等々力渓谷絶景紅葉狩りバスツアー奥沢城の城跡を江戸時代の名主が寺地として請い受け、1678年に開山されたお寺。9体の阿弥陀如来像が安置されていることから「九品仏」と呼ばれています。都内の隠れた紅葉の名所として知られ、風格漂う総門をくぐれば、紅葉のトンネルが迎えてくれます。まるで京都にいるような美しい秋の景色をゆっくりお楽し...

  14. 浄真寺・三十三観音 - あだっちゃんの花鳥風月

    浄真寺・三十三観音

    九品仏・浄真寺です。木立ちの静かなたたずまいの中に、石仏の三十三観音がありました。心が落ち着く場所です。石仏にひかれて、写真を撮りました。サギソウをあしらった浄水がありました。

  15. サギソウと浄真寺の九体阿弥陀像 - あだっちゃんの花鳥風月

    サギソウと浄真寺の九体阿弥陀像

    九品仏・浄真寺です。境内の小さい池にあるサギソウは、まだ咲いている花が少なかった。これからが本番のようです。花に近づけないので、望遠レンズで撮りました。鐘楼。3ヶ所の阿弥陀様が収められてるお堂は、まだ空いていませんでした。レンズのフードを外し、ガラス窓にレンズをピッタリ付けて撮影しました。下品堂の3体の阿弥陀像。上品堂の3体の阿弥陀像。中品堂の2体の阿弥陀像。此処には2体しかありませんでした...

  16. 九品仏・浄真寺の仁王像 - あだっちゃんの花鳥風月

    九品仏・浄真寺の仁王像

    あまりに暑くて、家にいる事が多かったのですが、久々に出掛けました。朝6時半頃に家を出て、九品仏の浄真寺に出掛けました。このお寺の境内に咲く、サギソウを撮りたいと思い出掛けました。浄真寺の総門。総門を入って直ぐに六地蔵があり、その脇に地蔵像や石仏があります。焔魔堂は開いていませんでした。九品山寺務所。仁王門。仁王像。コンデジで、柵の間から、仁王像の全身を撮りました。

  17. 浄真寺・龍護殿の釈迦如来像 - あだっちゃんの花鳥風月

    浄真寺・龍護殿の釈迦如来像

    浄真寺です。大きなカヤの木がありました。境内は緑がたくさんあります。上品堂が良く見えます。龍護殿に拝殿し、釈迦如来を拝みました。五劫思惟像。天井絵。龍護殿で、お札を買いました。龍護殿の庭。石仏。

  18. 浄真寺の九体の阿弥陀如来像 - あだっちゃんの花鳥風月

    浄真寺の九体の阿弥陀如来像

    浄真寺の九体の阿弥陀如来像です。仁王門から入って、左側が下品堂です。三体の阿弥陀如来像があります。三体の真ん中の阿弥陀如来像。左側の阿弥陀如来像。右側の阿弥陀如来像。真ん中の御堂は、上品堂です。真ん中の阿弥陀如来像。左側の阿弥陀如来像。右側の阿弥陀如来像。右側のお堂は、中品堂です。真ん中の阿弥陀如来像。左側の阿弥陀如来像は、まだ修理中のようです。右側の阿弥陀如来像。

  19. 九品仏浄真寺の桜が満開に・・・ - 四季彩の部屋Ⅱ

    九品仏浄真寺の桜が満開に・・・

    (1)東京都世田谷区奥沢にある九品仏浄真寺の桜が満開となりました。一昨年より何度か訪れていますが、広い境内は四季折々の表情を見せてくれます。拝観料は特に必要ありませんが、お賽銭を忘れないようにね♬

総件数:19 件

似ているタグ