浅川のタグまとめ

浅川」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには浅川に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「浅川」タグの記事(106)

  1. 八丁目宿散策からの帰り道~水雲神社③ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    八丁目宿散策からの帰り道~水雲神社③

    宮の前集落から山道を進んで、この神社に辿り着いたのは神社の脇だ。境内には、ここから入った。昨日使用の写真は鳥居越しに神社が写っているが、これは境内に入った後に回り込んで撮ったものだ。「金谷川のあゆみ」に、この神社にかかわるおおよそ次のような話が紹介される。この話には、神社に辿り着いて直ぐに撮ったこちらの写真が似合っているように思う。この地が米沢藩の領域であった頃、この明神付近一帯に巨竹が繁茂...

  2. 八丁目宿散策からの帰り道~水雲神社② - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    八丁目宿散策からの帰り道~水雲神社②

    途中の道筋に竹が延びていたりして不安になるが、しばらく進むと神社らしき建物が見えてくる。結構大きな神社だ。 「金谷川のあゆみ」によれば、鳥居には「昭和2年石工石川今朝松」と記され、傍らの石碑には世話人五十人の名が刻まれているとのことだが、確認しなかった。この水雲神社の祭神は、天水分大神で浅川村最古の守護神大竹森明神とのことだ。「ウィキペディア」で「分水神(みくまりのかみ)」を確認すると、水...

  3. 八丁目宿散策からの帰り道~水雲神社 - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    八丁目宿散策からの帰り道~水雲神社

    旧国道は、水晶沢を通って奥州街道に接続する。しかし、旧国道開通以前、その北側から八丁目宿の方向には舌状に延びた台地がその行き先を阻んでいたという風景だったはずだ。その見え方でその風景を眺めてみると、結構奥まったところにある水雲神社がいつも気になっていた。ただ、立ち寄ってみようというところまではいかなかったのだが、今回の八丁目宿の散策の帰りに、そこに向かってみることにした。浅目前から西に向かう...

  4. カワセミ・・・台風接近中・・浅川(日野) - 浅川野鳥散歩

    カワセミ・・・台風接近中・・浅川(日野)

    浅川(日野)台風12号の接近で週末の散歩はあきらめていたが、昼過ぎ晴れ間が見え近所を少しだけ散歩した。カワセミ水門付近をテリトリーとする割と人慣れした♂かなり近い正面からカメラを向けても逃げない。日野アカホシマダラ口から黄色い管が出ていてアスファルトの上の雨水を吸っていた。調べてみたら「要注意外来種」だった。神社の境内樹齢300年以上という椋木堂々としていて神々しい。

  5. キアシシギ・イカルチドリ・・・浅川(八王子) - 浅川野鳥散歩

    キアシシギ・イカルチドリ・・・浅川(八王子)

    浅川(八王子)キアシシギイカルチドリ

  6. ラブラブなハト - 浅川野鳥散歩

    ラブラブなハト

    動画浅川(八王子)ラブラブなハト♡情熱的なキスを何度も・・♡♡

  7. 浅川、松川散策の写真メモから37 - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    浅川、松川散策の写真メモから37

    浅川地区の散歩資料で、「浅川と喜熨三太郎秀房一座」とかかわるとされる辺りを散策したところだ。この辺りを、旧浅川村とのかかわりで眺めれば、中沢屋敷とかかわる辺りだろうか。「浅川、松川散策の写真メモから⑤~舟橋地区④:船橋観音堂」でもふれたように、旧浅川村の起こりは、5軒在家なそうで、古浅川村と呼ばれるそうだ。そのうちの宮屋敷、中屋敷、舟橋屋敷(尾形若狭)、古浅川屋敷辺りについては、ごく一部では...

  8. カワセミ・・・浅川(八王子) - 浅川野鳥散歩

    カワセミ・・・浅川(八王子)

    浅川(八王子)カワセミ♀最近朝の探鳥散歩コースを変えてるので、浅川では約2週間ぶりのカワセミちゃんです。野鳥観察ランキング

  9. ベニマシコ♀の水飲み場・・・浅川(八王子) - 浅川野鳥散歩

    ベニマシコ♀の水飲み場・・・浅川(八王子)

    浅川(八王子)ベニマシコ♀ベニマシコのメスが水を飲みにやって来る・・という情報を得ました。ポイントへ着くと顔見知りの先輩がいて「今日はまだ来てない」と聞きこれから来る可能性が高い・・と思い待ちました。30分程待ってたら・・やって来ました!ゴクゴクはぁー・・美味しいもう一羽やって来ましたセイタカアワダチソウの実をたくさん食べてノドが乾くのでしょうか・・もう一度・・ゴクゴクはぁ・・ベニマシコ・・...

  10. カワセミ・モズ・ノラ猫・・・浅川(八王子) - 浅川野鳥散歩

    カワセミ・モズ・ノラ猫・・・浅川(八王子)

    浅川(八王子)<12/5 撮影>カワセミ♂モズ♀メスはオスと比べてあんまり鳴かないで静かで、もやさしい顔です。モズ♂モズもこの時期、ナワバリが決まったようで割とおとなしいですね。ノラ猫実に気持ち良さそうに寝てます。屋根付きのツリーハウスまで作ってもらって、ゴハンもたっぷりもらってるみたいで食べ残していて・・ノラながら贅沢で優雅な暮らしぶりです。野鳥観察ランキング

  11. カワウ・・・浅川(八王子) - 浅川野鳥散歩

    カワウ・・・浅川(八王子)

    浅川(八王子)カワウカワウがこのように羽根を乾かしていることがありますが、カワウの羽根は潜水し易いように水を弾かないように出来てるので乾きにくいから・・だそうです。野鳥観察ランキング

  12. モズ・カワウ・・浅川(日野) - 浅川野鳥散歩

    モズ・カワウ・・浅川(日野)

    <11/3 撮影>浅川(日野)モズカワウスズメ野鳥観察ランキング

  13. 浅川、松川散策の写真メモから⑧~富士浅間神社 - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    浅川、松川散策の写真メモから⑧~富士浅間神社

    旧浅川村は、平地は浅川水系の耕地で、その北側の高地に集落があり、耕地と高地の間に道が開けるという土地利用の風景だ。黒沼神社から、その耕地と高地の間に開けた道を西進し、まもなく旧国道4号線に出るという辺りで集落の高まりが切れる。「『浅川黒沼神社』と示現(慈現)太郎神社③」でふれた境内に建つ改修記念碑の「大渠」は、「信達二郡村誌」の記述と照らし合わせるとこの辺りから道沿いに耕地に保給されているよ...

  14. モズとカワセミの豪快な食事・・浅川(八王子) - 浅川野鳥散歩

    モズとカワセミの豪快な食事・・浅川(八王子)

    浅川(八王子)<10/31撮影>モズ木の枝にカマキリか何か昆虫を突き刺しています(赤丸)モズは大型の猛禽類のように足で獲物をしっかり掴むことが出来ないので、このように枝(写真は枝のトゲに刺してる)に刺し固定してから食べる、というのは知識として知ってましたが見たのは初めてです。頭から・・むしゃむしゃ・・豪快です。<11/1 撮影>カワセミ「こんな大きな魚食べれるの?」と思うくらい大きな魚です...

  15. 浅川、松川散策の写真メモから⑦~金谷川道路元標 - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    浅川、松川散策の写真メモから⑦~金谷川道路元標

    現福島市南体育館は、旧金谷川小学校跡地とされるようだ。その入り口の南側の草地に金谷川村道路元標が建つ。ここの現地名は字笠松のようだが、大正時代の字幸道30の位置なのかもしれない。というのは、現福島市南体育館は字笠松だが、金谷川小学校の沿革を確認すると、旧金谷川小学校も字幸道になっているからだ。多少の移動があったのかどうかは分からないが、ほぼ現在の位置だったのではないかと想像する。金谷川小学校...

  16. 浅川、松川散策の写真メモから⑥~今回の散策と小林氏の奥州合戦石那坂防御ラインとのかかわり - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    浅川、松川散策の写真メモから⑥~今回の散策と小林氏の奥...

    今回、阿武隈川沿いの示現(慈現)太郎神社から浅川沿いに、浅川黒沼神社を経由して、船橋観音堂から宇佐八幡社まで整理してきた。途中、小さなかかわりから脱線しながら整理してきたが、大きく脱線したのは宇都宮の信仰とのかかわりで、柳田国男ワールドの「神を助けた話(柳田国男)」の入り口まで飛んでしまった。この散策とかかわらせたいことが、もう一つある。それは、小林氏が紀行された地元誌に寄稿された説をもとに...

  17. 浅川、松川散策の写真メモから⑤~舟橋地区④:船橋観音堂③→宇佐八幡社 - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    浅川、松川散策の写真メモから⑤~舟橋地区④:船橋観音堂...

    半沢氏の「歴史地図」に案内された「和算額」を確認することで、金谷川村の最上流宗統派の和算に辿り着いたところだが、「信夫新西国三十三観音第十六番札所」については確認できていない。手持ち資料では、信夫新西国三十三観音第十六番札所は、松川町諏訪山の常光寺で、今回は立ち寄らなかった浅川平石の観音堂が第十七番札所だとされている。変更なのか、常光寺とかかわるという事なのかは今のところ分からない。「線刻三...

  18. 浅川、松川散策の写真メモから⑤~舟橋地区④:船橋観音堂② - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    浅川、松川散策の写真メモから⑤~舟橋地区④:船橋観音堂②

    船橋観音堂は、黒沼神社同様開放的な管理なので、案内にあった「船橋十一面正観世音」も見ることができた。しかし、半沢氏の「歴史地図」に案内された「和算額」は見逃した。軽くそう思っただけだったが、確認してみると、この見逃しは黒沼神社の和算額の見逃しと共に結構大きいかもしれないとも思えてきた。「金谷川のむかしと今」の地元年表を確認すると、この明治2年の和算額については、「最上流四伝丹治明斉門人が眩斎...

  19. 浅川、松川散策の写真メモから⑤~舟橋地区④:船橋観音堂 - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    浅川、松川散策の写真メモから⑤~舟橋地区④:船橋観音堂

    「福島市史」では、「浅川村」について次のように紹介する。「浅川村の起こりは5軒在家で古浅川村と呼ばれ、沢の深い中沢屋敷・黒沼神社を勧進した宮屋敷・尾形和泉の中屋敷・黒沼に船橋を架けて通行したという舟橋屋敷(尾形若狭)と古浅川屋敷からなっていたという」その黒沼に船橋を架けて通行したという舟橋屋敷(尾形若狭)に建つこの「船橋観音堂」は、「浅川地区の名所旧跡ちょっこら旅」で紹介される「船橋十一面正...

  20. 浅川、松川散策の写真メモから⑤~舟橋地区③ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    浅川、松川散策の写真メモから⑤~舟橋地区③

    浅川沿いの道筋に沿って散策をしてきたが、黒沼神社辺りから浅川村の原風景のようなものを感じてきている。それは、「浅川」という水系にかかわって開けた耕地があって、その高地に集落があるという山村集落特有の特徴で、その集落と集落を結ぶ道に沿って散策しているという事だ。舟橋地区も同じような感じなのだが、「船橋観音堂」が案内される地点は、その浅川と集落を結ぶ道筋がクロスする。この写真は、「船橋観音堂」が...

総件数:106 件

似ているタグ