浮世絵のタグまとめ

浮世絵」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには浮世絵に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「浮世絵」タグの記事(48)

  1. 江戸浮世絵「東海道五十三次の内 日本橋品川の間 高輪 大星力弥」三代目歌川豊国 画  嘉永5年 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「東海道五十三次の内 日本橋品川の間 高輪 ...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵 写真タイトル 江戸浮世絵「東海道五十三次の内 日本橋品川の間 高輪 大星力弥」三代目歌川豊国 画  嘉永5年(1852)撮影者所蔵 三代目歌川豊国の[役者見立東海道五十三駅]、通称「役者東海道」の日本橋品川の間 高輪です。 かな手本忠臣蔵の大星由良助義金の息子、大星力弥です。©吉成白水-imagenaviで販売中-

  2. 追記:国芳の”鼠よけの猫”と”猫飼好五十三疋”の絵図 - nazunaニッキ

    追記:国芳の”鼠よけの猫”と”猫飼好五十三疋”の絵図

    前回の記事:2018年 01月 30日”浮世絵 国芳の猫から暁斉、妖怪絵まで”で、記述していた国芳の猫絵。ポストカードをスキャンしたので、画像をアップ。これは上野の国立博物館のギャラリーショップで見つけた国芳の「鼠よけの猫」のカード。国芳の名作”猫飼好五十三疋”のカードは没後150年記念の展覧会のあった森美術館で。 お気に入りの猫や動物のカードが増えてきて、カードケースがたまって...

  3. [ゴッホ展・巡りゆく日本の夢] 京都国立近代美術館にて開催中。 -  「幾一里のブログ」 京都から ・・・

    [ゴッホ展・巡りゆく日本の夢] 京都国立近代美術館にて...

    ・いま京都岡崎・国立近代美術館では、世界中で絶大な人気を誇っているご存知、画家の「ゴッホ展」を開催中。会期は3月4日まで。金曜・土曜日は夜の8時まで開館(入場は午後7時半まで)・・嬉しいことです。(有料、詳細HPを)・サブタイトルは「巡りゆく日本の夢」。ゴッホ(1853~1890)は「新たな表現形式を模索する中で、浮世絵や日本に関する文献資料が重要な役割を果たしました。日本に芸術的、社会的、...

  4. 江戸本物浮世絵「東海道五十三次の内 沼津 荷物平作」三代目歌川豊国(初代歌川国貞 - マルシェ ナチュレル

    江戸本物浮世絵「東海道五十三次の内 沼津 荷物平作」三...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵 写真タイトル 江戸本物浮世絵「東海道五十三次の内 沼津 荷物平作」三代目歌川豊国(初代歌川国貞)画  嘉永5年(1852)撮影者所蔵 三代目歌川豊国の[役者見立東海道五十三駅]、通称「役者東海道」の沼津です。 東海道五十三次の沼津、歌舞伎演目の「伊賀越道中双六~沼津」の一場面。沼津でのストーリーです。。©吉成白水-imag...

  5. 江戸浮世絵「紫式部げんじかるた七 紅葉の賀」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「紫式部げんじかるた七 紅葉の賀」四代目歌川...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵写真タイトル江戸浮世絵「紫式部げんじかるた七 紅葉の賀」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  安政4(1857)撮影者所蔵二代歌川国貞の「紫式部げんじかるた」のシリーズです。タイトルは紫式部の源氏物語です。描かれている風俗は庶民が考える江戸城の様子などです。©吉成白水-imagenaviで販売中-

  6. 浮世絵 国芳の猫から暁斉、妖怪絵まで - nazunaニッキ

    浮世絵 国芳の猫から暁斉、妖怪絵まで

    2011年、没後150年歌川国芳の展覧会で国芳ブームに。これまでは原宿にある浮世絵の美術館など小さなギャラリーで、間近に版画がゆったり余裕で観覧できたけど、大人気の今では大きな美術館で、版画などの小さな作品を、押し合いへしあいで観覧するようになってきた。豊洲のギャラリーでの国芳の猫絵の展覧会も楽しかった。猫人形の作家さんの作品も一緒に展示されてたり、当時購入した図録もお気に入り。猫展はギャラ...

  7. 江戸浮世絵「紫式部げんじかるた八 花のえん」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「紫式部げんじかるた八 花のえん」四代目歌川...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵写真タイトル江戸浮世絵「紫式部げんじかるた八 花のえん」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  安政4(1857)撮影者所蔵二代歌川国貞の「紫式部げんじかるた」のシリーズです。タイトルは紫式部の源氏物語です。描かれている風俗は庶民が考える江戸城の様子などです。©吉成白水-imagenaviで販売中-

  8. 江戸浮世絵「紫式部げんじかるた五 若紫」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「紫式部げんじかるた五 若紫」四代目歌川豊国...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵写真タイトル江戸浮世絵「紫式部げんじかるた五 若紫」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  安政4(1857)撮影者所蔵二代歌川国貞の「紫式部げんじかるた」のシリーズです。タイトルは紫式部の源氏物語です。描かれている風俗は庶民が考える江戸城の様子などです。©吉成白水-imagenaviで販売中-

  9. 菱川師宣、北斎・落雁図の4円切手 、・・いろいろ - 貴金属のいろいろ、投資のいろいろ

    菱川師宣、北斎・落雁図の4円切手 、・・いろいろ

    菱川師宣・・・浮世絵を確立した人物といわれます。しばしば「浮世絵の祖」と称されるんだとか。「見返り美人図」でも知られる江戸初期に活動した浮世絵師です。見返り美人図は切手のデザインにも採用されていますし、各所で目にする機会がある有名な作品です。ほかにも「歌舞伎図屏風」、「北楼及び演劇図巻」など数々の作品があります。北斎・落雁図の4円切手 ・・・・前年に同じデザインで1円30銭切手が発行されてい...

  10. めでたい北斎~まるっとまるごと福づくし~ 後期 - 歴史と、自然と、芸術と

    めでたい北斎~まるっとまるごと福づくし~ 後期

    [見学日] 2018年1月2日(火) [会 場] すみだ北斎美術館  2018年最初の美術館見学は、すみだ北斎美術館開館一周年記念の表記展覧会、昨年中に前期を鑑賞しているが、一年のスタートとなった企画展なので、元旦後本年最初のレポとしたいと思います。今年は年末より複数の身内が体調を崩したこともあり、休みに入ってからは年末の締めや年明けの用事などでほとんど家にいた。しかし展覧会くらいは行きたい...

  11. 江戸浮世絵「紫式部げんじかるた 四十六 椎がもと」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「紫式部げんじかるた 四十六 椎がもと」四代...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵写真タイトル江戸浮世絵「紫式部げんじかるた 四十六 椎がもと」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  安政4(1857)撮影者所蔵二代歌川国貞の「紫式部げんじかるた」のシリーズです。タイトルは紫式部の源氏物語です。描かれている風俗は庶民が考える江戸城の様子などです。 ©吉成白水-imagenaviで販売中-

  12. 本の話 林美一著『江戸の枕絵師』河出文庫。真面目な本です。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    本の話 林美一著『江戸の枕絵師』河出文庫。真面目な本です。

    林美一著『江戸の枕絵師』河出文庫 1988年 昭和63年 葛飾北斎の娘・葛飾応為に興味を持ち、応為に関する本を検索していると、浮世絵の枕絵(春画)の研究者として高名な林美一が、「英泉と応為」の枕絵に関する著書を発表していることを知りました。 林美一(はやし よしかず、1922年2月12日 - 1999年3月31日)は、日本の美術史家、浮世絵研究家、時代考証家。大阪府大阪市生まれ。大映京都撮影...

  13. 江戸浮世絵「紫式部げんじかるた五十二 かげろふ」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「紫式部げんじかるた五十二 かげろふ」四代目...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵写真タイトル江戸浮世絵「紫式部げんじかるた五十二 かげろふ」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  安政4(1857)撮影者所蔵二代歌川国貞の「紫式部げんじかるた」のシリーズです。タイトルは紫式部の源氏物語です。描かれている風俗は庶民が考える江戸城の様子などです。©吉成白水-imagenaviで販売中-

  14. 江戸浮世絵「紫式部げんじかるた三十二 梅がえ」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「紫式部げんじかるた三十二 梅がえ」四代目歌...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵写真タイトル江戸浮世絵「紫式部げんじかるた三十二 梅がえ」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  安政4(1857)撮影者所蔵二代歌川国貞の「紫式部げんじかるた」のシリーズです。タイトルは紫式部の源氏物語です。描かれている風俗は庶民が考える江戸城の様子などです。©吉成白水-imagenaviで販売中-

  15. 『 浮世絵とやきものの美術館 』 - 花と夢遊び

    『 浮世絵とやきものの美術館 』

    先週の日曜日、萩へ行きました。萩美術館・浦上記念館へ寄りまして、ちょうど「茶陶の現在ー2018萩」をやってまして、120名の萩焼作家さんの作品を一堂に展示されてありました。色んな萩焼があるんですね。感嘆しました。展示はその日(8日)までで、間に合ってよかったです。ここは、“浮世絵、やきものの美術館”なので、浮世絵も常設展示されてあります。茶室もあります。昨年末に、「アート年賀状」の一般募集が...

  16. 江戸浮世絵「紫式部げんじかるた五十四 夢の浮はし」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「紫式部げんじかるた五十四 夢の浮はし」四代...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵写真タイトル江戸浮世絵「紫式部げんじかるた五十四 夢の浮はし」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  安政4(1857)撮影者所蔵二代歌川国貞の「紫式部げんじかるた」のシリーズです。タイトルは紫式部の源氏物語です。描かれている風俗は庶民が考える江戸城の様子などです。©吉成白水-imagenaviで販売中-

  17. 江戸浮世絵「其姿紫の写し絵二十三」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  嘉永5年 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「其姿紫の写し絵二十三」四代目歌川豊国(二代...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵写真タイトル江戸浮世絵「其姿紫の写し絵二十三」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  嘉永5年(1852)撮影者所蔵二代歌川国貞の「其姿紫の写し絵」のシリーズです。そのタイトルから紫式部の源氏物語を連想しがちですが、庶民が考える江戸城などの様子です。©吉成白水-imagenaviで販売中-

  18. 江戸浮世絵「其姿紫の写し絵二十四」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  嘉永5年 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「其姿紫の写し絵二十四」四代目歌川豊国(二代...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵写真タイトル江戸浮世絵「其姿紫の写し絵二十四」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  嘉永5年(1852)撮影者所蔵二代歌川国貞の「其姿紫の写し絵」のシリーズです。そのタイトルから紫式部の源氏物語を連想しがちですが、庶民が考える江戸城などの様子です。©吉成白水-imagenaviで販売中-

  19. 江戸浮世絵「其姿紫の写し絵二十六」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  嘉永5年 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「其姿紫の写し絵二十六」四代目歌川豊国(二代...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵写真タイトル江戸浮世絵「其姿紫の写し絵二十六」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  嘉永5年(1852)撮影者所蔵二代歌川国貞の「其姿紫の写し絵」のシリーズです。そのタイトルから紫式部の源氏物語を連想しがちですが、庶民が考える江戸城などの様子です。©吉成白水-imagenaviで販売中-

  20. 江戸浮世絵「其姿紫の写し絵三十」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  嘉永5年 - マルシェ ナチュレル

    江戸浮世絵「其姿紫の写し絵三十」四代目歌川豊国(二代歌...

    フォトグラファー H.YOSHINARIの浮世絵美術北枝の浮世絵写真タイトル江戸浮世絵「其姿紫の写し絵三十」四代目歌川豊国(二代歌川国貞)画  嘉永5年(1852)撮影者所蔵二代歌川国貞の「其姿紫の写し絵」のシリーズです。そのタイトルから紫式部の源氏物語を連想しがちですが、庶民が考える江戸城などの様子です。©吉成白水-imagenaviで販売中-

1 - 20 / 総件数:48 件

似ているタグ