海外居住のタグまとめ

海外居住」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには海外居住に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「海外居住」タグの記事(19)

  1. Plant Pattern Autoumn - Kiki (Chrysanthemum)  菊 - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    Plant Pattern Autoumn - Kik...

    トロントも今週ぐらいから、朝晩の冷え込みが零下となり、いよいよ秋も終わりふゆになります。秋から冬にかけての日本の代表的な花は菊です。元来、菊は、延命長寿の霊草として珍重されていた中国から渡来した植物で、桐に代わって皇室の紋章に用いられるなど、上流社会の象徴となりました。また、桃山時代には、秋を代表するはなでもあったようです。Fundamentally speaking, Chrysanthe...

  2. 終活 - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    終活

    私たち夫婦は、今年の7月と8月にそれぞれに79歳となった。日本人の平均寿命までまだ少しあるが、平均健康年齢はすぎており、寝たきり、介護の生活でないことに感謝している。昭和36年、1961年の11月4日に結婚、今年で57年になる。この頃はなんとなく終活について思いを巡らせることが多い。今、日産のアルチマに乗っているが、エンジンスターターが一発でかからなくなったので、修理に出した。バッテリーが寿...

  3. Remembrance Day 英霊記念日 - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    Remembrance Day 英霊記念日

    11月11日はRemembrance Dayである。昨日、War Requiem, OP.66 鎮魂歌の演奏を聴いた。Toronto Symphony, Toronto Mendelssohn Choir(128名), Toronto Children`s Chorus(68名), Soprano, Tenor そして Baritone による演奏は圧巻であった。今年のRemembranc...

  4. MAHLER SYMPHONY 5 - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    MAHLER SYMPHONY 5

    久しぶりに、シンフォニーを聴いてきた。マーラーの第5番でした。感動の演奏でした。以前に、マーラーの第6を聴いた時も大変感動しました。京都在住のブロガーが“人生アラカルト”に関西の大学生の選抜によるオーケストラーの演奏に思いを書かれています。blog.goo.ne.jp/aoimatsuri9-1935

  5. 3冊の本 - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    3冊の本

    父が死んでから三冊の本を見つけた。それらは私の興味を引いた。一冊は、戦後に発刊されたもので、ビルマ戦線の生き残り兵隊の手記集である。インパール作戦の過酷な様子が赤裸々に描かれていた。父はインパール作戦に従事したかどうかは聞いていなかったが、父の話の内容は手記と類似していた。きっと後世に残そうと思って購入したと思われる。二冊目は、戦前に発行された朝日新聞の縮刷版であり、南京陥落の記事があった。...

  6. マンゴー - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    マンゴー

    マンゴーで思い出すのが父である。父は第二次世界大戦はビルマ方面に出征をしていた。子どもの頃復員の苦労話を聞かされた。ビルマ戦線の酷さは戦中派の人はよくご存じの事と思うが、父の戦線撤退にまつわる話は忘れられない。食料がなく、草木、カエル、蛇などを食べながら撤退したそうである。途中多くの兵隊がマラリアと飢えで死んでいったそうである。そんな時に、ジャングルで食べたマンゴーの美味しかったことが忘れら...

  7. シンフォニーと父の日 - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    シンフォニーと父の日

    6月の音楽鑑賞は、スカンジナビアのシンフォニーを聴いた。父の日は、家族全員が集まりハーバーフロントの高級チャイニーズレストランで食事をした。その時の写真です。

  8. Shoppers Drug Mart - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    Shoppers Drug Mart

    昨日は、Shoppers Drug Mart へ行った。毎週木曜日は、 65歳以上の老人割引きの日で、20%引きになる。ワイフは、化粧品をこの日に買っている。単価が高いので馬鹿にできない割引である。ところが、当時、ホルトレンフルと言うデパートの2店のみでしか販売されていなっかった。しかも、片道1時間近くかかった。このコンドミニアムに引っ越しして、近くのShoppers Drug Mart...

  9. 5月23日トレイル歩き - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    5月23日トレイル歩き

    今日はいい天気だ。トレイルを歩いてきた。4km新しく出来た休憩場で撮った写真です。

  10. ホームドクター - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    ホームドクター

    ホームドクターDr. Mina Tasharofi Kia の検診を受けた。血糖値:3か月間横ばい状態変更なし。ヘモグロビン値:低いが今のところOK.前立腺肥大 :(prostate) : Prostate Health Vitamin の服用、Flomax CR 0.4MG Tablet の服用。6か月後血液検査。検診前の血糖値測定結果 ...

  11. 5月21日トレイルを歩く - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    5月21日トレイルを歩く

    今日はビクトリアデーいい天気だった。久しぶりにトレイルを歩いてきた。往復4km。1kmと2kmのノ所が整備されて休憩場が出来ていた。次回からトレイル歩きに用意するもの帽子、水筒、リアクチン、痛み止めクリーム、サポーター、日焼け止めクリーム。明日は、ドクターアポイントメント9時半だ。

  12. コンサートに行ってきました - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    コンサートに行ってきました

    4月から5月にかけて、三つのコンサートのいってきました。

  13. バロックミュージック - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    バロックミュージック

    コンサートに行ってきました。今回はバロックミュージックです。演奏はトロントで40年ほど活躍しているらしいバロックオーケストラとチャンバークワイアTAFELMUSIKでした。バッハの小曲をオーケストラ、合唱、ソロで歌う教会音楽でした。バロックミュージックを生演奏で聞くのは初めてでした。

  14. トロントシンフォニー - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    トロントシンフォニー

    トロントシンフォニーを聴いてきた。指揮はサーアンドレデービスでした。彼は現在トロントシンフォニーの名誉指揮者です。そして、1975年から1988年ノ間音楽監督をしていた。その頃、ワイフが年間サブスクライブをしていて良く聴きに行きました。また2年位私の働いていた会社がスポンサーをして時折販売店のかたを招待しました。ロイトムソンホールが完成したのもその頃でした。コンサートはロシアの曲3曲で、メイ...

  15. 運転免許証返納 - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    運転免許証返納

    徘徊ブログの一つに”まさやんの負けるが負け”がある。このブログを毎日楽しみにしている。今日、’大冒険”と言う記事を読んだ。運転免許証返納にまつわるバスの利用の事についてである、78歳になったので、運転には気をつけるようにしている。2年半前にコンドミニアムに引っ越しをしたのを機に、1.物見遊山などの長距離運転はやめる。2.ショッピングセンターなどが近くになったので遠くまで買い出しに出ることをや...

  16. 音楽鑑賞 - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    音楽鑑賞

    昨夜は、トロントシンフォニーを聴きに行った。モーツアルトは、1756年1月の生まれで生誕262年になる。トロントシンフォニーは、今月生誕262年フェスティバルと名を打ちコンサートを行っていて昨夜は、セレナードNO.10とシンフォニーNO.39であった。35年の短い生涯であったが、まろやかな数多くの作曲をした天才だ。後、2回分のコンサートのチッケットを買った。連続でコンサートに行けるのでワイフ...

  17. 寒い冬です。 - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    寒い冬です。

    クリスマスの前後から寒い日が続いてとでている。明日金曜日5日は最低気温がー22度、最高気温がー15度の予報だ。土曜日は最低がー19度、最高がー17度になるとのこと。今年は例年よりかなり寒い。冷たい睨み合いが続いているアメリカと北朝鮮だが、ここ1週間あまり話し合いの兆しが感じられる。何とかしてオリンピックを機会に前に進んでほしいと思うが。。。。安倍総理は北朝鮮対策に軍備を強化すると正月早々に、...

  18. 音楽鑑賞 - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    音楽鑑賞

    私は歌を歌うことが苦手である。と云うよりは下手なのだ。その代わりに、音楽を聴くのは好きである。但し余りに騒々しいものは聴かない。そして下手な若いタレントも御免だ。小学生以前に音楽を聴いた記憶が残っていない。戦前だったからか?記憶に残っているのは、小学生の2-3年生頃に聴いた流行歌である。異国の丘、帰り船、、リンゴの唄等々。そして、当時のラジオドラマ鐘の鳴る丘が思い出させる。続く

  19. MESSIAH - トロントに住む後期高齢者のひとり言

    MESSIAH

    トロントシンフォニーとトロントメンデルソーン合唱団共演によるメサイアを聴いてまいりました。久々に聴く生の歌声がホールに響く迫力に魅せられました。運良く、今回はオーケストラ席の前から4席目の中央の席が取れましたので、ソプラノ、メゾソプラノ、テナー、バリトン歌手の息ずかいまで感じられました。ハレルヤの合唱の時は、客席も総立ちで圧巻でした。最寄りの地下鉄駅からロイトムソンホールまでの間地下連絡路が...

総件数:19 件

似ているタグ