海岸のタグまとめ

海岸」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには海岸に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「海岸」タグの記事(113)

  1. 浜辺を覗いてごらん - ほほえみ

    浜辺を覗いてごらん

    天気の悪い日も夕方ちょっとでもピンク色の光を感じたらじっとしていられなくなり、チャリを漕ぐ海が私を呼んでいるさもない日常のほんの一コマ雨上がりの一瞬神様が私をからかうのだ

  2. ユリカモメ - Qu'est-ce que c'est

    ユリカモメ

    冬鳥として、全国の河、河口、湖沼、海岸に至る水辺に来ます。赤いくちばしと足がきれいな小型のカモメの仲間です。

  3. ~暖かな昼下がり~ - My  Photo  Life

    ~暖かな昼下がり~

    毎日良いお天気が続き、日中の暖かな時間を選んで、自転車運動で2時間、散策で10000歩・8000歩と生活のリズムも戻ってきました。久しぶりに海岸へ・・・特に珍しい野鳥には出会えず・・・いつものイソヒヨドリ♂釣り人の傍、お日様のぬくもりで気持ちよさそう。木々の奥には・・・いつものジョウビタキ♀今日は、ゆっくり撮らせてくれない。すぐに隠れてしまった。浜辺を移動して、車を止めると、大きな魚を掴んだ...

  4. ダイサギ - Qu'est-ce que c'est

    ダイサギ

    酔っ払いではありません、強風に耐えています。

  5. 衝突しないのかな~~ - Qu'est-ce que c'est

    衝突しないのかな~~

    ユリカモメの季節になりました。沢山飛来していますが衝突はしないのでしょうか?

  6. きらきらと遠ざかっていく余韻の中で|異形の人々 - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    きらきらと遠ざかっていく余韻の中で|異形の人々

    きらきらと遠ざかっていく余韻の中で異形の人々のことを思う冬の日。冬晴れの野比海岸を少し散歩する。きらきらした波の光に思わず目をとめる。思想家の梅原猛さん、建築家の六角鬼丈さん、それに俳優の市原悦子さんが亡くなったことをたてつづけに知る。六角鬼丈については、学生時代に雑誌でみた、根っこがついたままの荒々しい大木が家を貫いている住宅の印象が強い。とにかく異形だった。私自身が勤務した磯崎新アトリエ...

  7. 本日の鵠沼海岸 - 湘南藤沢 猫ものの店と小さなギャラリー  山猫屋

    本日の鵠沼海岸

    年末年始、忙しいとか寒いとか雨が降ったとかでサボっていた海岸歩きを再開しました。小一時間、スタスタと歩きます。今朝の鵠沼海岸は波がよくのびていて、何度も濡れそうになりました。いつもとちょっと違う場所からの富士山。太陽ふたつ?焚き火をしている人たちがいて、よく見たらどんど焼きでした。最近、町中ではできなくなりましたからね~空がきれい~!

  8. 静岡そぞろ歩き:久能海岸 - 日本庭園的生活

    静岡そぞろ歩き:久能海岸

    正月の静岡は天気が良かったので、2日、日の出を見に行きました。石垣イチゴ狩りで有名な久能海岸へ。家を出るのが少し遅くなり、ぎりぎりセーフ。雲の中に。日の出、2度、楽しめました。探訪日:2019.01.02

  9. 鳶・トビ - Qu'est-ce que c'est

    鳶・トビ

    港や海沿いで、ピーヒョロロロと鳴きながら気持ちよく空を飛ぶトビの姿がよく見られます。トビはワシタカ類の一種ですが、ごみ漁りなどもするため、食べるものにはあまり困りません。そのため数が多く、日本の猛禽類では唯一、絶滅危惧種に指定されていません。比較的よく見つかる鳥で、日本で最も数が多いワシタカ類です。主に上昇気流を利用して輪を描くように滑空し、羽ばたくことは少ない。視力が非常に優れていると言わ...

  10. ユリカモメ - Qu'est-ce que c'est

    ユリカモメ

    日本全国の河、河口、湖沼、海岸に至る水辺に飛来する冬のカモメでは一番数数が多い。嘴と足が赤く、目つきはやさしい。体の上の面はうすい青灰色。詩や和歌では「みやこどり」とうたわれている。

  11. 荒津大橋{付近}・(福岡市中央区) - ウエスタンビュー ★九州の路線バス沿線風景サイト★

    荒津大橋{付近}・(福岡市中央区)

    ▲やがて消えゆくものとよみがえったもの西日本鉄道創立110周年記念の期間限定として、いま福岡市内を、懐かしの復刻カラー”青バス”が走っています。その後継として長らく市民に親しまれた”赤バス”も新しいデザインの”スマートループ”にバトンタッチし、ゆっくりと、しかし確実に数を減らしつつあります。◎読み・・・あらつおおはし■運行・・・西日本鉄道株式会社市内各自動車営業所□路線・・・博多駅・天神~...

  12. 木更津市江川海岸の海中電柱と夜景ラスト - 日本あちこち撮り歩記

    木更津市江川海岸の海中電柱と夜景ラスト

    撮影日平成30年11月23日さて海岸が夕闇に覆われてきました。あれだけ賑わっていた海岸も一人減り、また一人減りで寂しくなってきましたね〜これからの時間は携帯では写せない時間帯、本格的なカメラマンの世界となります。対岸は住金さんの工場だと思いますが、終夜稼働は摩訶不思議な風景を醸し出しますね〜そして久津間側は都心部の夜景でしょうか・・・・いよいよラストのショットです。同じカットの10分後、5時...

  13. 木更津市江川海岸の海中電柱と夜景2 - 日本あちこち撮り歩記

    木更津市江川海岸の海中電柱と夜景2

    撮影日平成30年11月23日雲がどんどん厚くなる江川海岸です。東京方面はどうやら良い天気の模様ですが・・・・さらに時間が経過した江川海岸でもうちょっと左側に寄って撮影です。少しづつインスタのみのカップルが消えていきます。三脚の空きが結構出来てきたのでのんびりと長時間露光を楽しみました。久津間海岸方面を見ると羽田離着陸のジェットの光跡が写ります。にほんブログ村↑これを押してね〜v(^-^)

  14. 木更津市江川海岸の海中電柱と夜景1 - 日本あちこち撮り歩記

    木更津市江川海岸の海中電柱と夜景1

    撮影日平成30年11月23日さて、いよいよこの日最後の撮影地です。9月に続いて再訪となる潮干狩り会場として有名な江川海岸です。確か子供の頃に小学校の遠足として潮干狩りに来ましたが、うろ覚えながらここではなく岩井海岸じゃなかったかな?そんな事考えながら三脚を立てました。しかし休日ともなると凄い人出です(-_-#)皆さん携帯持っての自我撮り、そしてカップル撮りばっか!まあ、そんなことはさておいて...

  15. 南房総市富浦町原岡海岸の木製桟橋 - 日本あちこち撮り歩記

    南房総市富浦町原岡海岸の木製桟橋

    撮影日平成30年11月23日さて館山が最南端の訪問地。いまは夕方が早くなったので、帰り道ながらの寄り道ということでまずは本年3回目の訪問となる富浦町。ここで昼食予定の「漁協さん直営の食堂」に行ったのですが残念ながら本日売り切れという事で閉店になってました(^_^;)ここ数年は休日の撮影行はしてなくて、ついつい混雑の概念が無くなっていました・・・(T_T)やはり休日はどこも混むんですね〜ならば...

  16. 館山市洲崎神社この日は富士山の見えない鳥居 - 日本あちこち撮り歩記

    館山市洲崎神社この日は富士山の見えない鳥居

    撮影日平成30年11月23日さて勘違いした洲崎灯台からすぐの所にある洲崎神社に行きました。鳥居の中央に富士山が入るという事で有名な神社さんです。駐車場に停めてまずは社務所に。お守りを購入して神主さんに聞くと、階段を上って海沿いに行くとその鳥居があるとの事、でも本日は残念ながら雲が多くて見えません(^_^;)とのことでした。まあ来たからには確かめに・・・う〜ん、確かに見えませんでした。まあ仕方...

  17. 館山市洲崎灯台 - 日本あちこち撮り歩記

    館山市洲崎灯台

    撮影日平成30年11月23日さて朝の撮影が終了すると、日中は観光とシャレ込みました。今シーズンは台風と異常気象のせいか千葉の紅葉もイマイチでおまけに時期も早い(^_^;)ならば、たまには撮影を忘れて観光客として房総半島を廻ることに。まずは館山の洲崎灯台。実は白いベンチのある灯台と思って行ったのですが勘違い(T_T)海に向かって丘の上にある白いベンチのある灯台って、お隣町の白浜町・野島崎灯台で...

  18. 屋久島はどちらを向いても絶景ばかり - スポック艦長のPhoto Diary

    屋久島はどちらを向いても絶景ばかり

    屋久島は隣の種子島と違って全島岩石でできていますだから海岸はほぼ絶壁の岩場が多い砂浜はほんの少ししかありません上のショットはホテルから見える海岸シャッター速度は1秒で撮影今日は波が静かでおとなしい風景海岸線はこのような岩石が多いです2枚目はホテルのそばの尾之間漁港屋久杉もこのような岩場に成長しているので根をしっかり張って成長もゆっくりと屋久島はちょっと国内とは思えないような異空間の絶景が至る...

  19. 亡骸 - 森と水の記憶

    亡骸

    海岸を歩いていたら骨と皮になった魚を見つけました。多分、鮭だと思います。

  20. 木更津市江川海岸の海中電柱ラスト - 日本あちこち撮り歩記

    木更津市江川海岸の海中電柱ラスト

    撮影日平成30年9月14日さて、夕闇も迫り暗くなってきました。あいにくの雨模様の天候のために綺麗な夜景が望めません。まずは江川海岸での京浜工業地帯をバックにしてのカットです。うまい具合に煙突から炎が吹き出しました・・・・・そして久津間側の電柱です。いつ無くなるか分かりませんが冬に再訪するつもりです。これでこの日の撮影は終了です。雨にたたられ散々でしたが冬の撮影のための下調べもあってまあまあで...

総件数:113 件

似ているタグ