海辺の住認たちのタグまとめ

海辺の住認たち」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには海辺の住認たちに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「海辺の住認たち」タグの記事(9)

  1. みぞれ 舞う & 返り討ち - 野山の住認たちⅡ

    みぞれ 舞う & 返り討ち

    昨日は寒い一日でした。本来ですと家でじっとしているのですが、墓参りがあったので・・・自宅近くは雨でしたが、次第にみぞれから雪模様へとしだれ桜に、みぞれ舞う・・・コブシは見事に花を付けて不意の雪模様に花たちも戸惑ったことでしょう帰路、スカナゴッソ(地元野菜直売所)にて春キャベツを調達。今日の夕食、アサリと春キャベツのパスタ 美味しくいただきました。そして、キャベツ畑をひと回りこんな寒空にも春の...

  2. ウミウ & ヒメウ - 野山の住認たちⅡ

    ウミウ & ヒメウ

    自笑プライベートビーチでのハジロカイツブリやアカエリカイツブリ待ちの合間に撮りためた鳥たちの第一弾になります。「ウミウ」ちょっと面白かったので、思い切りトリミング・・・この時期、婚姻色(繁殖羽)に着飾った個体がほとんどでした。飛沫の中で佇み頭部の変化の他には脇腹が一点白くなります。ひときわ目立つエメラルドグリーンの瞳には魅了されます。只今、伴侶募集中と言ったところでしょうか?婚姻色と言っても...

  3. ハジロカイツブリ ほぼ夏羽 - 野山の住認たちⅡ

    ハジロカイツブリ ほぼ夏羽

    前述にて、「ハジロカイツブリ」の夏羽への熱き想い伝わったでしょうか(笑)昨日は、そんな想いが通じたのでしょうか? 嬉しい誤算になりました。所々に潮目による明暗のある 穏やかな海でした。前述の冬羽と比べると、別の鳥のようですね。メリハリのきいた顔立ち。色々な視点から・・・お尻の純白のボンボン羽もお洒落です暫く潜水漁法を繰り返しながら、護岸に平行に移動してくれました。魚を咥えたところがワンカット...

  4. ハジロ & アカエリ カイツブリ - 野山の住認たちⅡ

    ハジロ & アカエリ カイツブリ

    今日(14日)、やっと 「 ハジロカイツブリ ・ ほぼ夏羽 」 にご対面が叶いました。とりあえずの一枚です。以下、まさか今日夏羽に会えるとは思っていなかったこともあり、昨夜に途中経過と言うことで下書きをしておいた文面のため、おかしな部分もありますが夏羽の出会いまでの前3日間の張り込み(笑)経緯と言うことで・・・― 3月10日 ―3月のプライベートビーチ ( 大津漁港~走水海岸 ) での懸案「...

  5. お魚たち の 春冒険 ♪ - 野山の住認たちⅡ

    お魚たち の 春冒険 ♪

    毎日同々、水の中・・・たまには外の世界も見て観たい・・・そんな お魚たちの春の冒険、水の上・・・思い切って・・・イチ・ニッ・サン ♪ ♪ (上の写真のトリミングです)『 うわぁ~ 眩しい 』『 こんな世界もあったんだぁ! 』“ なんだこいつは、空飛ぶ魚??? ” ” 俺のそばで飛ばなくてもいいだろう ”アカエリカイツブリもビックリ! 戦意喪失( もっと驚くと思っていましたが、実際は動じる...

  6. プライベートビーチ にて - 野山の住認たちⅡ

    プライベートビーチ にて

    一度は使ってみたい大富豪言葉(笑)ただ近いだけで使うのは意に反しているかも知れませんが子供のころから慣れ親しんだ昨日の走水海岸より3月の声を聴き、過去実績から気になるのが夏羽の兆しが見え始める ハジロカイツブリ と アカエリカイツブリ「 アカエリカイツブリ 」はるか遠くに発見(〇印)以下、思い切りのトリミング今季は久里浜の岸壁で何度も見かけました。同一個体かは分かりませんが、こころなし名前の...

  7. ウミアイサ 事情 (1) - 野山の住認たちⅡ

    ウミアイサ 事情 (1)

    今季、ウミアイサの♂と♀が一緒に行動をしているところはまだ見たことがありません。 どのような事情があるのでしょうね。たまたまだと思うのですが、そんな事情はさておき・・・最初にいつも一羽の♂特集と言うことに・・・― 1/16日 観音崎にて ―14日以来、当海域では2回目ですが、この日も♂が一羽だけでした近くでヒメウが盛んに漁に励んでいました。漁の成果、小さかったり大きかったり両方とも、ギンポの...

  8. MFの海にも ウミアイサ - 野山の住認たちⅡ

    MFの海にも ウミアイサ

    真冬の海のアクセント、好きな鳥のひとつ「ウミアイサ」ですが相模湾側では既に11月の中頃から何度か見かけましたが、東京湾側では縁のない日々が続いていました。本日やっと出会うことが出来ました。♂が一羽ですが、MF観音崎で(嬉)「ウミウ」と擦れ違い・・・互いに挨拶するでもなくやや大きな波が時々やって来ます。そんなん波に揺られながらそして、採餌を繰り返しながら(はっきり解像せず、魚の特定には至りませ...

  9. 市内のシノリガモ ・ ♂初見 - 野山の住認たちⅡ

    市内のシノリガモ ・ ♂初見

    オシドリ同様、こちらも昨年末からの懸案でした。11月に相模湾側で初見、その後11月末には東京湾側のいつものテトラポットで2羽を確認しましたが、いずれも♀ばかりでした。そんなこともあり、♂が見たくて年末から今年にかけて数回足を運んでみましたが♂どころかシノリガモそのものが留守の日々が続いていましたが・・・一昨日、3羽(注1)がテトラポットで休んでいました。毎年恒例、変わり映へのしないの光景なの...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ