深谷のタグまとめ

深谷」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには深谷に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「深谷」タグの記事(48)

  1. 大河ドラマを楽しむ - from the nest

    大河ドラマを楽しむ

    美味しいお酒が飲めないというだけでテンション低めな週末、気分を替えて埼玉県深谷方面にドライブ。深谷シネマに映画を観にたまに訪れる深谷ですが、今日は渋沢栄一巡りのドライブです。大河ドラマファンなのでもちろん今回も欠かさずドラマはチェックしていますが、近代・現代史になると急にリアルに感じます。写真や映像、子孫の存在などがあるからでしょうか。まずは「深谷大河ドラマ館」。あくまでもドラマ館なのでドラ...

  2. 清風亭(せいふうてい)(渋沢栄一ゆかりの地20) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    清風亭(せいふうてい)(渋沢栄一ゆかりの地20)

    清風亭(せいふうてい)(渋沢栄一ゆかりの地20) 以前、渋沢栄一ゆかりの地で誠之堂をご案内しましたが、誠之堂の隣に「清風亭」」があります。下写真が清風亭外観です。屋根は、スペイン風の瓦葺き屋根となっていますが、当時流行っていた「南欧田園趣味」を採りいれたもの、外壁は「人造石掻落し仕上」と呼ばれる白壁に、黒いスクラッチタイルと黒褐色の煉瓦によってアクセントがつけられています。 清風亭は大正...

  3. 誠之堂(渋沢栄一ゆかりの地19) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    誠之堂(渋沢栄一ゆかりの地19)

    誠之堂(渋沢栄一ゆかりの地19) 今日は、深谷にある誠之堂のご案内をします。誠之堂は、大正5年、渋沢栄一の喜寿(77歳)を祝って第一銀行の行員たちにより建築された建物です。JR深谷駅からは4キロありますので歩くのはちょっと大変だと思います。、タクシーで15分程度の大寄公民館の敷地内にあります。下写真は、北東方向からみた外観です。 渋沢栄一は、民間の実業家として活動するため明治6年に大蔵省を...

  4. 栄一と藍番付表(「青天を衝け」20) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    栄一と藍番付表(「青天を衝け」20)

    栄一と藍番付表(「青天を衝け」20) 「青天を衝け」第4話では、藍葉の出来具合によって席順を決めるという新しい方法で栄一が藍農家を接待するシーンがありました。現代で言えば、従来の年功序列主義でなく能力主義で席順を決めるという方式です。「青天を衝け」では、前頭に位置付けられた老年の農民が発奮するストーリーとなって「めでたし!めでたし!」のハッピーエンドでした。 この話は史実で、栄一の自伝「雨夜...

  5. 【今夜は「青天を衝け」なので深谷ねぎを買ってみた】 - お散歩アルバム・・紫陽花の頃

    【今夜は「青天を衝け」なので深谷ねぎを買ってみた】

    クイーンズ伊勢丹にふっかちゃん印の深谷ねぎを見つけたので、買ってみたのですが、冷蔵庫に片付けたまま忘れてしまい、あらららら期限を見るとギリギリセーフなので慌てて食べるネギ🤣ネギよりもワカメがどさ〜〜りでして、、、半分こしてちょうど良い量でした。。朝ごはんだか昼ごはんだか不明のブランチ野菜ばっかり😅味噌汁は豚汁です。この正体不明のものは、フライパ...

  6. 【渋沢栄一の生家、深谷の「なかんち」にアンドロイド!】大河ドラマ開始間近 - お散歩アルバム・・紫陽花の頃

    【渋沢栄一の生家、深谷の「なかんち」にアンドロイド!】...

    2018年1月リアル過ぎてちょっと怖いアンドロイドだ❣️深谷までわざわざ訪ねて行ったのは2018年の一月なので、3年前のことですが、その時はまさか渋沢栄一がお札になったり、大河ドラマの主人公になるだなんて思いもよらずなんと先見の明があるんだろう‼️私‼️なんちゃって🤗😅アンドロイドが座っているお部屋も写真を撮っておいて良かったです。何でも撮って...

  7. お昼ご飯 - Jazz Saxophonist

    お昼ご飯

    お昼に「豚バラと深谷ネギ、白菜」の炒め物かけご飯。コロナ前、毎月深谷に演奏しに行っていた頃が懐かしい。「とんとん市場」で買っていた本物の深谷ネギは美味しかった・・・。

  8. 血洗島の地名の由来 - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    血洗島の地名の由来

    血洗島の地名の由来 渋沢栄一の生地は血洗島といいます。この血洗島というのは、非常に物騒な名前でもあり、血生臭い名前であり、怖い名前なので、なぜこうした地名がついたのかと昔から疑問に思っていましたので、その地名の由来を調べてみました。後程詳しく説明しますが、その由来には諸説があり、定説はありません。しかし、諸説の中で、地元で妥当と考えらられている説は、この地は、利根川の洪水が多く、地が洗われた...

  9. 中の家(なかんち)その2 - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    中の家(なかんち)その2

    中の家(なかんち)その2 今回は、中の家(なかんち)の敷地内に銅像や石碑等のご案内をします。渋沢栄一銅像正門を入ると右手に池と庭園があります。その池のほとりに渋沢栄一の銅像があります。台座には「若き日の栄一」と刻まれています。明治元年(1868年)にパリに向かった時の栄一がモデルとなっています。この銅像は、中の家(なかんち)が渋沢国際学園の施設として利用されていた時代に建立されたものだそう...

  10. JR FUKAYA STATION - Desire

    JR FUKAYA STATION

    X-T100、XC16-50mmF3.5-5.6

  11. | 20373 | - RUM MENTHOL 3rd

    | 20373 |

  12. | 20367 | - RUM MENTHOL 3rd

    | 20367 |

  13. | 20366 | - RUM MENTHOL 3rd

    | 20366 |

  14. | 20365 | - RUM MENTHOL 3rd

    | 20365 |

  15. | 20364 | - RUM MENTHOL 3rd

    | 20364 |

  16. | 20363 | - RUM MENTHOL 3rd

    | 20363 |

  17. | 20362 | - RUM MENTHOL 3rd

    | 20362 |

  18. | 20361 | - RUM MENTHOL 3rd

    | 20361 |

  19. | 20360 | - RUM MENTHOL 3rd

    | 20360 |

    あたしの食事中、同じテーブルの斜向かいに大柄のデブな兄ちゃんが席に座り、豚カツ定食とラーメンを注文をした。あたしにはちょっと醤油辛いと思っていたラーメンを、斜向かいの兄ちゃんは一口啜ると醤油を一回しかけた。そしてまた一口啜ると、今度は醤油を3周回しかけた。味覚障害でデフってるんだよっ!と、心の中で突っ込んでみたが、今思い出してみれば武漢肺炎の症状だと気付き、ゾッとする。斜向いで助かった。のか...

  20. 深谷散策2 - きのう・今日・あした

    深谷散策2

    冬うらら郷愁誘ふ赤煉瓦ふゆうららきょうしゅうさそうあかれんが「七ツ梅酒造跡地」と「ふっかちゃん横丁」一歩足を踏み入れると独特なレトロな雰囲気が漂ってきます。中でも「深谷シネマ」現在も上映しています。熱燗や横丁酒場似合ひけりあつかんやよこちょうさかばにあいけり熱燗:冬生活煉瓦造り土蔵紅葉散る風見鶏あるパティオかな紅葉散る:冬植物もみじちるかざみどりあるぱてぃおかなパティオ:スペイン風中庭誠之堂...

総件数:48 件

似ているタグ