渋沢栄一のタグまとめ

渋沢栄一」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには渋沢栄一に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「渋沢栄一」タグの記事(54)

  1. 坂下門外の変(「青天を衝け」50) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    坂下門外の変(「青天を衝け」50)

    坂下門外の変(「青天を衝け」50) 「青天を衝け」第10回では坂下門外の変が描かれていました。坂下門外の変そのものは短時間で終わってしまいましたが、この坂下門外の変は栄一周辺に大きな影響を与えます。そこで、今日は、坂下門外の変について書いていきます。坂下門外の変とは、文久2年(1862)1月15日、水戸浪士たちが、江戸城坂下門外で、老中安藤信正(対馬守)を襲撃し負傷させた事件です。安藤信正は...

  2. 青天を衝け第8話「栄一の祝言」~井伊直弼と徳川慶喜の対面~ - 坂の上のサインボード

    青天を衝け第8話「栄一の祝言」~井伊直弼と徳川慶喜の対面~

    安政5年4月23日(1858年6月4日)、彦根藩主の井伊直弼が幕府大老職に就任します。そのきかっけは、アメリカ総領事のタウンゼント・ハリスからの日米修好通商条約の調印を求められ、孝明天皇(第121代天皇)からの条約勅許を得るために上洛していた老中首座の堀田正睦が、調印に反対する攘夷派公卿らの抵抗によって何の成果もあげられずに4月21日に江戸に戻り、第14代将軍・徳川家定に報告した際、堀田は越...

  3. 栄一と漢詩「内山峡」②(「青天を衝け」32) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    栄一と漢詩「内山峡」②(「青天を衝け」32)

    栄一と漢詩「内山峡」②(「青天を衝け」32) 昨日は、栄一が詠んだ漢詩「内山峡」の読み下し文を紹介しましたが、読み下し文でも、まだまだ理解しがたいものがあります。しかし、江戸時代に農民とした栄一や尾高惇忠は、やすやすとこうした漢字だらけの詩を読んでいることに驚かされました。そこで、研究者がどう評価しているか探してみました。そして、これについて、山本七平が「近代の創造渋沢栄一の思想と行動」に書...

  4. 清風亭(せいふうてい)(渋沢栄一ゆかりの地20) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    清風亭(せいふうてい)(渋沢栄一ゆかりの地20)

    清風亭(せいふうてい)(渋沢栄一ゆかりの地20) 以前、渋沢栄一ゆかりの地で誠之堂をご案内しましたが、誠之堂の隣に「清風亭」」があります。下写真が清風亭外観です。屋根は、スペイン風の瓦葺き屋根となっていますが、当時流行っていた「南欧田園趣味」を採りいれたもの、外壁は「人造石掻落し仕上」と呼ばれる白壁に、黒いスクラッチタイルと黒褐色の煉瓦によってアクセントがつけられています。 清風亭は大正...

  5. 誠之堂(渋沢栄一ゆかりの地19) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    誠之堂(渋沢栄一ゆかりの地19)

    誠之堂(渋沢栄一ゆかりの地19) 今日は、深谷にある誠之堂のご案内をします。誠之堂は、大正5年、渋沢栄一の喜寿(77歳)を祝って第一銀行の行員たちにより建築された建物です。JR深谷駅からは4キロありますので歩くのはちょっと大変だと思います。、タクシーで15分程度の大寄公民館の敷地内にあります。下写真は、北東方向からみた外観です。 渋沢栄一は、民間の実業家として活動するため明治6年に大蔵省を...

  6. 青天を衝け第5話「栄一、揺れる」~なかの狐憑き話と安政の大地震~ - 坂の上のサインボード

    青天を衝け第5話「栄一、揺れる」~なかの狐憑き話と安政...

    今回は渋沢栄一の姉・なかの狐憑きの話でしたが、この話も栄一の自伝『雨夜譚』で語られた話で、実話とみていいのでしょう。もっとも、『雨夜譚』では、姉の名は書かれておらず、縁談が破れた話も出てきません。ところが、栄一の息子・渋沢秀雄の著書『父 渋沢栄一』には、姉の名をお仲といい、縁談が破談になった話も書かれています。今回のドラマは、『父 渋沢栄一』にほぼ忠実に描かれていたので、ここでも、同書を参考...

  7. 合理的思考の持ち主! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    合理的思考の持ち主!

    14日のNHK大河ドラマ『青天を衝け』を見ていると、吉沢亮扮する主人公渋沢栄一が、姉の縁談が「憑き物がいる」との迷信的な理由で反対されふさぎ込み、心配した親戚が修験者を呼んでお祓いをしようとするとき、合理的な思考のもと、栄一がそのインチキを見破るという、実に痛快なシーンがあった。直ちに思ったのが「これは実話なのか」ということである。何故なら、ときは1855年。栄一15歳である。さてその70年...

  8. 栄一の迷信打破(青天を衝け24) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    栄一の迷信打破(青天を衝け24)

    栄一の迷信打破(青天を衝け24) 「青天を衝け」第5回では、栄一の姉なかが気鬱になり、それは無縁仏の祟りだという祈祷師を懲らしめるという話が時間をかけて丁寧に描かれました。栄一が見事に祈祷師をやっつけるので喝采を叫んだ方も多かったのではないでしょうか。そして、あまりにも見事なので、このストーリーは創作されたものだと思った人も多かったのではないでしょうか。しかし、実は、この話は実話に基づくもの...

  9. 栄一と藍番付表(「青天を衝け」20) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    栄一と藍番付表(「青天を衝け」20)

    栄一と藍番付表(「青天を衝け」20) 「青天を衝け」第4話では、藍葉の出来具合によって席順を決めるという新しい方法で栄一が藍農家を接待するシーンがありました。現代で言えば、従来の年功序列主義でなく能力主義で席順を決めるという方式です。「青天を衝け」では、前頭に位置付けられた老年の農民が発奮するストーリーとなって「めでたし!めでたし!」のハッピーエンドでした。 この話は史実で、栄一の自伝「雨夜...

  10. 青天を衝け第4話「栄一、怒る」~栄一、代官に反抗、円四郎、慶喜に出仕~ - 坂の上のサインボード

    青天を衝け第4話「栄一、怒る」~栄一、代官に反抗、円四...

    渋沢栄一の生まれ育った血洗村の領主は2万250石の小大名・安部摂津守の所領で、その陣屋は血洗村から一里(約4km)ほど離れた現在の埼玉県深谷市岡部町にありました。幕末のこの時代、幕府も諸侯も財政が困窮し、しばしば領民から御用金と称して臨時金の上納を命じました。岡部候は小大名だったため、何万両といった大金を徴することはなかったようですが、「お姫様のお嫁入り」だとか、「若殿様が御乗り出し」だとか...

  11. 栄一と岡部の代官(「青天を衝け」18) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    栄一と岡部の代官(「青天を衝け」18)

    栄一と岡部の代官(「青天を衝け」18) 今日の「青天を衝け」のタイトルは「栄一怒る」ですが、何について怒ったのかというと「岡部藩の代官の理不尽な態度」に怒ったということでした。下写真は深谷市岡部にある「高島秋帆幽囚の地」記念碑ですが、この辺り一帯に岡部藩の陣屋がありました。 中の家(なかんち)や東の家(ひがしんち)は、岡部藩の御用達となっていて、先祖の法要・若殿様の元服・お姫様の嫁入りなど...

  12. 藤田八束の新型コロナ対策、NHK大河ドラマと渋沢栄一、時代が教えてくれる国民の幸せの形、幸せの礎は良き指導者に恵まれること - 藤田八束の日記

    藤田八束の新型コロナ対策、NHK大河ドラマと渋沢栄一、...

    藤田八束の新型コロナ対策、NHK大河ドラマと渋沢栄一、時代が教えてくれる国民の幸せの形、幸せの礎は良き指導者に恵まれること大阪、兵庫、京都では緊急事態宣言が解除されました。解除されると気持ちが緩んで感染拡大が一段と広がるのではないかと心配する声が多いようですが、私はもう心配することはないと思います。春はそのためにやってきます。春か近くなるとどんな気持ちになりますか、花が蕾を持ち、開こうとして...

  13. 春爛漫の帝国ホテルロビーと、それを見守る渋沢栄一翁 - K's Sweet Kitchen

    春爛漫の帝国ホテルロビーと、それを見守る渋沢栄一翁

    良く晴れた平日の昼下がり。帝国ホテルのロビーは、落ち着いた静けさが漂っていました。近年は、賑やかを通り越して、喧噪と言ったほうが良いくらいの混雑でしたので、お客様方がゆったり行き来する今のこの雰囲気のほうが、どちらかと言えば、私は好きです。ただ、静かなさざめきの中に、異国のことばがほとんど聞こえてこないことだけは、寂しく思いました。いま、ロビー装花は、桜の花盛り。添えられたピンク色のスイート...

  14. 青天を衝け第3話「栄一、仕事はじめ」~栄一のはじめてのおつかいと、将軍・徳川家慶の死~ - 坂の上のサインボード

    青天を衝け第3話「栄一、仕事はじめ」~栄一のはじめての...

    渋沢栄一が父・市郎右衛門に連れられて初めて江戸見物をしたのは嘉永6年(1853年)、14歳のとき。あの黒船来航の2ヵ月前のことでした。後年、栄一はそのときの印象を、「江戸の町がまぶしいように見えた」と語っています。 その年は関東地方一帯に日照り続きだったため旱魃で、一番藍は不作でしたが、二番藍は豊作だったそうです。そのため、栄一の父・市郎右衛門はこれをなるべく多く買い入れたかったのですが、ち...

  15. 【尾高惇忠氏の訃報】渋沢栄一の曾孫 - お散歩アルバム・・春日和バラ日和

    【尾高惇忠氏の訃報】渋沢栄一の曾孫

    作曲家の尾高惇忠氏死去2/21(日) 19:57配信時事通信尾高惇忠氏(おだか・あつただ=作曲家)16日午前3時58分、大腸がんのため東京都内の病院で死去、76歳。東京都出身。葬儀は近親者で行った。喪主は長男直浩(なおひろ)氏。東京芸大卒業後、フランスのパリ国立高等音楽院で学んだ。主な作品に「オルガンとオーケストラのための幻想曲」など。弟は指揮者の忠明氏。実業家の渋沢栄一は曽祖父にあたる。*...

  16. <2021年2月>【北区探訪】①:渋沢栄一に所縁深い「王子・飛鳥山」編 - ローリングウエスト(^-^)>♪逍遥日記

    <2021年2月>【北区探訪】①:渋沢栄一に所縁深い「...

    ★大河ドラマ「青天を衝く」がスタート!日本資本主義の父「渋沢栄一」の生涯日本経済の礎を築いた明治期の実業家「渋沢栄一」の活躍を描くNHK大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からいよいよ始まりました。前作の「麒麟がくる」終了がコロナ禍影響で2月7日にずれ込んだため変則のスタートでしたが、視聴率は20%を記録して好調発進のようです。.....(左) 大河ドラマ「青天を衝け」の主人公「渋沢栄一」(...

  17. 栄一の一橋家仕官の理由と尾高長七郎(「青天を衝け」5) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    栄一の一橋家仕官の理由と尾高長七郎(「青天を衝け」5)

    栄一の一橋家仕官の理由と尾高長七郎(「青天を衝け」5) 渋沢栄一と徳川慶喜の最初の出会いについては、先日書いた下記記事で説明しました。渋沢栄一と徳川慶喜の最初の出会い(「青天を衝け」2) 今日は、栄一と喜作がどうして一橋家に仕官するようになったかについて説明します。二人が一橋家に仕官するにあたっては、尾高長七郎が大きく影響しています。尾高長七郎は、尾高惇忠の弟で、栄一より2歳年上の従兄でした...

  18. 青天を衝け第1話「栄一、目覚める」~栄一と慶喜の少年期~ - 坂の上のサインボード

    青天を衝け第1話「栄一、目覚める」~栄一と慶喜の少年期~

    さて、異例の2月スタートとなった今年の大河ドラマ『青天を衝け』が始まりましたね。後世に「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一を主人公とする物語ですが、その冒頭は、いきなり栄一と従兄弟の渋沢喜作が徳川(一橋)慶喜に謁見するシーンから始まりました。この出会いが栄一の人生を大きく変えることになるのですが、この出来事は元治元年(1864年)2月、栄一24歳のときですから、物語の進行ではまだ先の話です...

  19. 【好評な出だしの「青天を衝け」】大河ドラマ - お散歩アルバム・・春日和バラ日和

    【好評な出だしの「青天を衝け」】大河ドラマ

    思ったよりも評判の良さそうな出だしでしたね。北大路欣也の今晩はで始まる、なんて😅草彅君の慶喜将軍も、顔つきがご本人に似ているよね、頰の辺りが、なんて思いました。学校ではよしのぶと習いますが、普段はけいきと呼ばれていたようですよ。徳川家の子ども部屋を読んだので、婆さんは色々詳しいのだ🤣その中にも飛鳥山の渋沢邸に招待された話や写真がありましたもの。...

  20. 【渋沢栄一の生家、深谷の「なかんち」にアンドロイド!】大河ドラマ開始間近 - お散歩アルバム・・春日和バラ日和

    【渋沢栄一の生家、深谷の「なかんち」にアンドロイド!】...

    2018年1月リアル過ぎてちょっと怖いアンドロイドだ❣️深谷までわざわざ訪ねて行ったのは2018年の一月なので、3年前のことですが、その時はまさか渋沢栄一がお札になったり、大河ドラマの主人公になるだなんて思いもよらずなんと先見の明があるんだろう‼️私‼️なんちゃって🤗😅アンドロイドが座っているお部屋も写真を撮っておいて良かったです。何でも撮って...

総件数:54 件

似ているタグ