温泉巡りのタグまとめ

温泉巡り」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには温泉巡りに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「温泉巡り」タグの記事(86)

  1. 花巻温泉・ホテル紅葉館で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    花巻温泉・ホテル紅葉館で入浴

    1年以上、行っていなかった、花巻温泉・ホテル紅葉館。入浴して来ました。宿泊無しで、日帰り入浴専門の小生です。花巻温泉・ホテル紅葉館。館内。岩手では一応トップクラスの温泉ホテル。それなりに立派ですよ。入浴料金;800円。pH7,8源泉温度;58,7℃。単純温泉。源泉は台温泉から引き込んでいる温泉です。内湯。まぁ、それなりに立派。馬油も置いてあるし、満足ね。ここの露天風呂は、大満足。広くて、気持...

  2. 台温泉・観光荘~で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    台温泉・観光荘~で入浴

    岩手県で最古の温泉、台温泉。開湯・1200年という。久し振りに訪問、観光荘へ。台温泉・観光荘。入浴料金;400円。自販機で入浴券を買う。受付け。休憩所。男子は3階に行く。狭い廊下で入り組んでいる。火災があったら大変だぁ。脱衣場。pH8,2源泉温度;71,3℃ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。100%掛け流し。内湯のみ、露天風呂なし。お湯はかなり熱い。浴槽が2つで狭い。入浴客が多数で、写真は全く撮...

  3. 花巻温泉・廣美亭で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    花巻温泉・廣美亭で入浴

    花巻市の「廣美亭」にて日帰り入浴。「廣美亭」。入浴料金;500円。清潔な脱衣場。pH7,8源泉温度;34,8℃ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。お湯は無味無臭。これといった特徴はないが、清潔なのが嬉しい。露天風呂は無い。

  4. 薬師堂温泉(奥州市水沢)で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    薬師堂温泉(奥州市水沢)で入浴

    2019年になりました。新年、おめでとうございます。拙いBlogですが、今後もどうぞ宜しく~。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奥州市水沢佐倉河の、薬師堂温泉。以前にも掲載した記憶があります。薬師堂温泉。駐車場が狭くて困ります(一応、苦情)。水沢は阿弖流為の里、阿弖流為(アテルイ)に関しては、検索をお願いします。受付け。入浴料金;600円。T-pointが有効です、珍しい。温泉成分分析...

  5. 大沢温泉(南花巻温泉峡)にて - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    大沢温泉(南花巻温泉峡)にて

    花巻市の南花巻温泉峡の1つ、大沢温泉で入浴。宮沢賢治や高村光太郎に所縁の温泉である。大沢温泉。入浴料金;600円~日帰り温泉の本持参で半額になる。温泉成分分析表。pH9,0源泉温度51,2℃アルカリ性単純温泉。豊沢の湯と称する。以上、豊沢の湯。夏場には仕切りを取り、半露天風呂となる。豪快な浴槽である。薬師の湯。薬師の湯、浴槽。混浴大露天風呂。こちらは、TVの宣伝にもよく使われるもの。泉質がい...

  6. 奥中山高原温泉・朝朱の湯~で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    奥中山高原温泉・朝朱の湯~で入浴

    一戸町奥中山の奥中山高原温泉・朝朱の湯にて入浴。奥中山高原温泉・朝朱の湯。館内。入浴料金;520円。pH7,7源泉温度;59,4℃ナトリウム-炭酸水素塩泉。内湯。露天風呂。無色透明の癖の無いお湯である。外はもう雪景色だった。盛岡の自宅から50km強。来た甲斐があった~。

  7. 森の湯・東八幡平温泉郷 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    森の湯・東八幡平温泉郷

    八幡平市の東八幡平温泉郷、「森の湯」に10数年振りで訪問。森の湯。日帰り入浴専門の入浴施設で、人気がある。入浴料金;600円、本持参で100円割引。pH4,4源泉温度69,6℃酸性硫黄泉、掛け流し。内湯、入浴客が多くで撮影出来ず~。露天風呂。久々の入浴で忘れかけていた記憶が甦った。

  8. 駒子の湯の写真 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    駒子の湯の写真

    前回、掲載不能だった、駒子の湯の写真を2枚。文章の次に写真を挿入出来ず~。一番最初に入ってしまう。原因不明。写真は2枚。1枚は温泉巡りの本からの転載です。

  9. 金ヶ崎温泉・駒子の湯~で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    金ヶ崎温泉・駒子の湯~で入浴

    今回も温泉巡りの記録。金ヶ崎町の、金ヶ崎温泉・駒子の湯~で入浴。駒子の湯。駒子の湯~の名前の由来はここが、駒ヶ岳の山麓であるから~であろう。入浴料金;450円pH7,2源泉温度;59℃高張性中性高温泉、ややアブラ臭あり。100%掛け流しである。露天風呂はない。この温泉に初めて訪問したのは10年前、駒ヶ岳登山の後であった。それ以来、毎年一度は行く温泉である。ここで写真の掲載が上手く行かなくなる...

  10. 東和温泉で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    東和温泉で入浴

    花巻市東和町にある、東和温泉で入浴。東和温泉。館内。入浴料金;600円、本提示で100円割引。温泉成分分析表。pH8,1源泉温度;25,2℃ナトリウムー炭酸水素塩泉。沸かし湯であり、循環濾過・塩素消毒。混んでいて、内湯は撮影不可能。写真は本から転載。露天風呂もあるが、残念ながら冬期は閉鎖中。お湯が入っていなかった。露天風呂は5月の連休から10月末までとのこと。ウ~ン、残念。

  11. 真湯温泉センター(一関市)で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    真湯温泉センター(一関市)で入浴

    一関市厳美町の真湯温泉センターで入浴。真湯温泉センター・温泉交流館。受付け、入浴料金;600円が本提示で300円になる。温泉成分分析表。ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉。源泉温度;51,2℃。pH7,8内湯は無色透明。熱い!!!露天風呂、pH7,3の濁り湯、掛け流しである。鉄分の酸化の為の濁りである。泉質の違う2つのお湯を楽しめるので、この温泉は好きである。この後、150kmを盛岡まで帰る。

  12. 温泉・「ゆぽぽ」(秋田県仙北市)で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    温泉・「ゆぽぽ」(秋田県仙北市)で入浴

    秋田県仙北市の温泉・「ゆぽぽ」。岩手の日帰り温泉の本を提示で、何と無料!!!入浴しないのは勿体ない。劇団わらび座に隣接した施設。温泉・ゆぽぽ。pH7,6ナトリウム-硫酸塩泉、密度が1を超えるので、高張性温泉である。これは、分析表の表示が間違い。大浴場もあるが、入浴客の居ない小浴場へ~。緑色の重厚な泉質。これは素晴らしい。少々、硫黄臭のようなものを感じる。盛岡から50km強、運転して行く価値は...

  13. ハイルザーム栗駒にて入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ハイルザーム栗駒にて入浴

    栗駒山の宮城県側の登山口~いわかがみ平の手前、ハイルザーム栗駒に入浴に行く。盛岡からだと160kmくらいの距離か。日帰り入浴の本を利用すれば、「無料」で入浴出来るから、行かないというのは勿体ない。600円→0円、こりゃあお得だわな。ハイルザーム栗駒。ここは、標高620mで栗駒山麓の高原地帯だ。受付け、本を提示してハンコを貰うだけ。温泉成分分析表、pH7,6ナトリウム-硫酸塩泉。源泉温度;85...

  14. 願叶乃湯(一関市)にて入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    願叶乃湯(一関市)にて入浴

    県南の一関市にて、市街地にある、「願叶乃湯」に立ち寄る。俗に言う、街中温泉という部類であろう。願叶乃湯。「がんがのゆ」って発音らしい。pH8,9源泉温度;27℃ナトリウム-塩化物泉源泉温度が25℃未満は冷鉱泉であるから、辛うじて温泉だね。街中温泉には珍しい、露天風呂。岩風呂である。内湯。お湯は黄色透明。一関地区の温泉は、ナトリウム-塩化物泉が多くて身体が暖まるので好ましい。

  15. 健考館(花巻市石鳥谷)で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    健考館(花巻市石鳥谷)で入浴

    花巻市石鳥谷の温泉、「健考館」で入浴。温泉の本を提示で、800円の入浴料が半額になる。「健考館」。受付け。pH9,1源泉温度47℃低張性アルカリ性高温泉。掛け流しではない。歩行浴浴槽。温度の違う浴槽が2つ。寝湯。この温泉のお湯は滑り易い。数年前、ここで転倒してしこたま頸部を打撲した・・・要注意である。

  16. マインサイドスパ・たねいち~入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    マインサイドスパ・たねいち~入浴

    岩手県最北の町、洋野町。旧・種市町である。「マリンサイドスパ・たねいち」で入浴した。「マリンサイドスパ・たねいち」。玄関入浴料金;400円。冷鉱泉である。pH7,5源泉温度;13,8℃普通のお湯と薬湯がある。薬湯の方が、温泉らしい気分に浸れた。温湯。露天風呂は無い。晴天なら太平洋がキレイに見渡せるのだが、生憎の雨模様で、視界不良だったのは残念。

  17. 瀬美温泉で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    瀬美温泉で入浴

    北上市の瀬美(せみ)温泉に行く。瀬美温泉。夢の湯、ここは内湯だけの小さなお風呂。pH8,8源泉温度42,5℃掛け流し夢の湯はこんな感じ。長寿の湯。長寿の湯、内風呂。長寿の湯、露天風呂。十分に温泉を堪能した。瀬美温泉には、他にも「美人の湯」があるが、今回は入浴せず・・・。

  18. 焼石岳温泉・ひめかゆ~入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    焼石岳温泉・ひめかゆ~入浴

    奥州市の焼石岳温泉・ひめかゆ~に行く。焼石岳温泉・ひめかゆ入浴料金;600円pH7,0の高張性中性高温泉ナトリウムと塩素の濃度が高くてショッパイねぇ。独特の緑色のお湯。内湯。露天風呂。ここは個性的で面白い。

  19. 東鳴子温泉・ホテルニューあらお~入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    東鳴子温泉・ホテルニューあらお~入浴

    東鳴子温泉は、伊達藩の御殿湯であるという。今回、「ホテルニューあらお」を訪問。「ホテルニューあらお」入浴料金;600円浴場入口。温泉分析表pH8,1源泉温度61℃黒いお湯である。アブラ臭がして、個性的である。勿論、100%掛け流し。露天風呂ここも、好ましい岩風呂であった。大満足。混んでいなくて、写真を撮影出来て、luckyであった。

  20. 焼走り温泉・いこいの村岩手~入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    焼走り温泉・いこいの村岩手~入浴

    趣味の一つの温泉巡り。今回は、焼走り温泉・いこいの村岩手に行った。いこいの村岩手Reception入浴料金;550円。JAF会員証提示で100円割引。pH7,8源泉温度は30℃。沸かし湯ですな。単純泉の分類で、循環濾過と塩素消毒。内湯のみで、露天風呂はない。あれば、それなりに推薦出来るのだけれど。お湯は無色透明、無味無臭である。ここには、資生堂のBRAVASを置いてあるのがいい。HairTo...

総件数:86 件

似ているタグ