温泉巡りのタグまとめ

温泉巡り」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには温泉巡りに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「温泉巡り」タグの記事(86)

  1. 延年閣(宮城・金成)で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    延年閣(宮城・金成)で入浴

    宮城県栗原市金成の温泉・延年閣に行く。延年閣混み合う温泉施設。いつも入浴客でいっぱい。施設内入浴料金;500円源泉温度;26℃単純温泉pH8,1特徴のあるお湯という訳ではない。内湯露天風呂。晴れていれば、栗駒山も望めるという。この日は見えなくて残念。じっくりと暖まる。その後、国道4号線を2時間掛けて盛岡まで戻る。

  2. みちのく城址温泉(金ヶ崎町)で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    みちのく城址温泉(金ヶ崎町)で入浴

    「みちのく城址温泉」は、かつては「サンピア金ヶ崎」と言った。厚生年金の関連施設であったのだろう。金ヶ崎町と水沢の境界部に近い。みちのく城址温泉。受付け、温泉本で、入浴料金が600円から500円になる。pH7,8源泉温度39℃食塩泉である。内湯露天風呂温泉での写真撮影には苦労する。入浴客が多いとNGになる。

  3. 三本柳温泉(弘前市)で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    三本柳温泉(弘前市)で入浴

    本で見掛けて、名前だけは知っていた、「三本柳温泉」。盛岡にも、「三本柳」という地名があるから親しみが湧く。温泉に入りに、わざわざ盛岡から弘前まで出掛ける人もそうは居ないであろう。入浴して帰るだけで弘前まで、自動車道で行くってのもいいではないか!!!「三本柳温泉」、弘前市郊外の、やや田舎にある鄙びた温泉である。入浴料金は、たったの300円であった。銭湯よりも安い、恐縮した。露天風呂はない。やや...

  4. 薬師堂温泉(奥州市水沢)で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    薬師堂温泉(奥州市水沢)で入浴

    奥州市水沢にある、薬師堂温泉。市街地から近いので、何時も混んでいる。駐車が面倒なのが短所。薬師堂温泉入浴料金;600円男女入れ替えなし。食塩泉である。源泉温度が低いので、沸かし湯、循環濾過。以上、露天風呂。かなりの塩分濃度で、しょっぱい!!!内風呂は混んでいて、写真は無理だったぁ・・・・

  5. 夏油温泉観光ホテルで入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    夏油温泉観光ホテルで入浴

    北上市の夏油温泉は冬期には閉鎖の山奥の秘湯である。久々に行ってみた。盛岡からは遠いねぇ。夏油温泉・観光ホテル受付け、温泉本で半額の300円で日帰り入浴。pH6,5源泉温度は65℃である。甕風呂お湯は、掛け流し。熱くて、長湯はとても不可能。江戸時代には東の横綱とまで言われた名湯である。いいねぇ、温泉は。

  6. 大扇別館(湯川温泉)で入浴 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    大扇別館(湯川温泉)で入浴

    西和賀町の湯川温泉の一角、大扇別館。大扇別館の入り口。入浴料金は300円と安い。温泉成分分析表。湯川温泉は源泉温度が高く、掛け流しである。内湯。階段を下りて露天風呂。露天風呂は混浴である。兎に角、熱い!!長湯は無理である。湯川温泉の泉質の良さは気に入っている。

総件数:86 件

似ているタグ