温泉街のタグまとめ

温泉街」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには温泉街に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「温泉街」タグの記事(26)

  1. 湯の山温泉街・・・蒼滝の帰り - いつもの空の下で・・・・

    湯の山温泉街・・・蒼滝の帰り

    蒼滝の帰りに、少し廻り道をして湯の山温泉を見てきました。湯の山温泉は、かつて大いに賑わった温泉街であると聞いていますが、今は観光客は少なくなってきているようで、いくつもの廃墟となったホテルがあるようです。もちろん、ちゃんと営業されているところもあるので、負の面ばかり取り上げるのは問題ではありますが、しかしそれが現実でもあります。今回は、蒼滝からの帰りに寄ったのですが、途中から雨が降ってきてし...

  2. 手持ち夜景写真^^ - Today's action

    手持ち夜景写真^^

    ついこの間・・こんな写真撮ってきまして・・@@されココ何処?だかお判りでしょうか・・東北の温泉街で夜景としての写真では有名なスポットです・・この一枚手持ちのシャッタースピード1/2なのでブレてます^^大きくして見たら一目瞭然で眠たい写真でっす^^雪がザンザン降りしきる中、レンズへの雪付着が激しくて、レンズを拭き拭き撮影してましたが、もう無理と断念\\引き上げる途中、ふと振り返ったら、お~この...

  3. ニャンニャン・パラダイス - 写心食堂

    ニャンニャン・パラダイス

    夕暮れ時のとある温泉街を探検しました。裏路地を歩いていると・・・猫たちが出迎えてくれました。猫は柄や毛色によって性格が違うらしい?興味津々に近づいてきたこの猫は・・・警戒心が強いけど好奇心旺盛カメラをじっと見つめるこの猫は・・・フレンドリーで楽天家見事な肢体を見せてくれたこの猫は・・・うぬぼれ屋で自己顕示欲強しここはまさにニャンニャン・パラダイスでした。コロ姫も神社前で狛犬アピールをしました...

  4. 加賀 - 新・旅百景道百景

    加賀

    6日前の石川県加賀市あまり温泉街っぽくない山中温泉この温泉街の名所『あやとりはし』橋から見下ろす大聖寺川は鶴仙渓と呼ばれる美しい渓谷

  5. 長野そぞろ歩き・上山田温泉:温泉街 - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き・上山田温泉:温泉街

    2019年の職場の忘年会は、上山田温泉でした。翌朝、温泉街を歩いてみました。足湯もあります。静まり返った朝の繁華街。上山田温泉は、戦後、昭和24年(1949)の善光寺御開帳と長野県で平和博覧会が開催されたことを契機に発展。信州観光ホテル。善光寺参りの湯治客を目当てに、昭和26年(1951)に創業。高度経済成長期の波にも乗り、増改築を繰り返しますが、平成9年(1997)に破産。長らく、廃墟でし...

  6. 長野そぞろ歩き:スノーモンキーからの帰り - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き:スノーモンキーからの帰り

    地獄谷野猿公苑から、再び、渋温泉へ。今回は、じっくり巡れませんが、狭い路地が魅力的。山中の温泉街で、なぜか、海。この風変わりな感じが、個人的には好きです。湯田中駅前まで、戻ってきました。駅前にある温泉に浸かって、疲れを癒します。旧・湯田中駅舎。お疲れさまでした。特急・スノーモンキーで、長野に帰ります。探訪日:2019.12.15

  7. 修禅寺の町を歩く - レトロな建物を訪ねて

    修禅寺の町を歩く

    夕暮れ時の修善寺の町を散策しました。12月の中旬。紅葉の季節は終わってしまったのが残念でしたが、その時期はなかなか宿が取れません。撮影:2019.12.15桂川の北岸に少し紅葉が残っていました。向こうに見えるのは桂橋。以前、見学した新井旅館の横を通過。土産物店が並んでいます。山の中なのに干物というのは不思議ですが、ここは伊豆半島なのでした。工芸品の店。これは別の店ですが、ショーウィンドウが楽...

  8. 長野そぞろ歩き:スノーモンキーに会いに行く(その2) - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き:スノーモンキーに会いに行く(その2)

    湯田中温泉から渋温泉へ。外湯の安代温泉。道の反対側には、こんな廃墟も。射的屋。夜はやっていそうです。温泉には、入っていませんが…。狭い路地も魅力的。「千と千尋の神隠し」のモデルと言われる金具屋さん。今回は、上りませんでした。温泉道祖神。外湯の渋大湯。道路から一段下にあります。ここは、誰でも入れます。おおー、スターウォーズ・帝国軍の四つ足。スノーモンキーパークまで、あと4km。ココも、今回は、...

  9. 長野そぞろ歩き:スノーモンキーに会いに行く(その1) - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き:スノーモンキーに会いに行く(その1)

    年の瀬、12月中旬の日曜日、街道を歩く会で、スノーモンキーに会いに出かけました。長野駅から、長野電鉄で湯田中駅へ。長野電鉄長野駅は、実にローカル。朝から、行きます!湯田中駅に到着。湯田中温泉を歩きます。足湯もありました。これは、体育館…?倉庫として使われているようですが、廃墟に近いです。平和観音。参道の階段。雪はありませんが、雪囲い。これが、平和観音。多言語の工事看板、初めて見ました。つづく...

  10. 山口市の湯田温泉 - レトロな建物を訪ねて

    山口市の湯田温泉

    山口駅から南へ1駅のところに湯田温泉駅があります。さすがに乗降客が多いのか、ここは有人駅で、電車のドアはすべて開きます。湯田温泉は大型ホテルや旅館、ビジネスホテルなどがいくつもあります。撮影:2019.10.15山陽路にはあまり温泉街はありませんので山陽路随一の温泉街といえます。市の中心部から近いことから、山口市のいわゆる繁華街・歓楽街でもあり、飲食店なども数多いようです。JR湯田温泉駅山口...

  11. 昭和レトロな洞川温泉街「どろがわ」と呼びます - たんぶーらんの戯言

    昭和レトロな洞川温泉街「どろがわ」と呼びます

    大峯山・山上ヶ岳や女人大峯・稲村ヶ岳の登山口にして、標高約820m余りの高地の冷涼な山里に位置する洞川温泉。 山上川を挟んだ対岸の行者さん通りに、歴史ある純和風木造建築の旅館、民宿などの宿泊施設が20数軒のほか、土産物店、陀羅尼介丸の製造販売店、その他商店が軒を連ねています。 う~ん、昭和レトロで、不思議な居心地の良さ。 大峯山は女人禁制の修験の山であり、門前町として夏期には山上ヶ岳の蔵王堂...

  12. 銀山温泉 - 一瞬をみつめて

    銀山温泉

    小さな川を挟んで温泉街が連なる揚げナスおろし蕎麦美味しかった~お店の片隅に置いてあったもの気になって撮ったけど荷物になるからと購入せず今になって飲んでみたかったと思う^^;左官彫刻(鏝絵こてえ)古山閣という建物の壁に10枚の季節の風物詩が描かれている銀山温泉もともと銀山として栄えたところです銀が取れなくなった後も湯治場として栄えました温泉街は、車両の通行禁止のんびりとした風情雨が降ってしまっ...

  13. 遊里を歩く 別府 - 万訪のニッポンあの町この町

    遊里を歩く 別府

    (大分県別府市鉄輪温泉)別府。国際的な温泉保養地として超有名であり、その巨大な温泉街は「泉都」と呼ばれています。源泉数は2100箇所で全国の源泉のなんと1/10、総湯量も全国一。歴史を語れば何ページも書き下ろすことになりますのでwiki などに任せるとして、受け売りになりますがポイントだけおさらいしましょう。柴石温泉が平安時代から、別府温泉と鉄輪温泉が鎌倉時代から、浜脇温泉も八幡朝見神社の門...

  14. 大土集落山中温泉街 - 光のなかでつかまえて

    大土集落山中温泉街

    加賀の大土集落へ行ってきました。作業をしておられた人にあいさつをして、眺望ポイントへの道を教えていただきました。雪があってどこに道がついているのかわからないので助かりました。山より集落を見下ろす。中央の広場を囲むようにして家があります。画面左手の斜面には段々畑。蔵家帰りに寄り道をして、山中温泉街を散策しました。こおろぎばしあやとり橋アパートメント。タコ部屋感が強くて良い。射的場はなかったけど...

  15. 四万温泉 - 光のなかでつかまえて

    四万温泉

    正月休みは四万(しま)温泉の散策に行きました。日本各地に平家落人伝説があるようにして、温泉街各地には千と千尋モデル建築伝説があります。渋温泉、銀山温泉、道後温泉エトセトラ。そしてこちら四万の積善館もその一つであります。渡り廊下。右がメインストリート。1日にハイライト2箱の泉重千代だ!と思って近づいて説明書きを見ると違う人でした。四万で人気の被写体。メインストリートを右に折れて落合通り。路地。...

  16. 晩秋の鶴仙渓を歩く6 - 空 -Sora-

    晩秋の鶴仙渓を歩く6

    11月22日、山中温泉鶴仙渓へ行ってきました。(晩秋の鶴仙渓を歩く5からの続きです。)雨がどんどん強くなる中、道を引き返します。川の水位を気にしながら足早に歩いて行きました。さっき通ったジブリの世界の場所にきました。何度見ても美しいなあ。この橋を渡ると、対岸に並ぶホテル群に行けそうです。写真には入っていませんが、対岸の川沿いには温泉旅館やホテルが立ち並んでいるのです。いつかあそこに泊まりたい...

  17. 晩秋の鶴仙渓を歩く5 - 空 -Sora-

    晩秋の鶴仙渓を歩く5

    11月22日、山中温泉鶴仙渓へ行ってきました。(晩秋の鶴仙渓を歩く4からの続きです。)目的は達したのであとは引き返すだけでしたが、芭蕉堂から石段を上がったところに神社があるということで、ちょっと行ってみることにしました。黒谷橋の場所から今来た道を戻ります。雨が強くなってきました。左手に傘、右手にカメラ。用心して撮ります。鳥居の先の道を上っていきます。振り返ってみました。苔が美しいですね。滑ら...

  18. 晩秋の鶴仙渓を歩く4 - 空 -Sora-

    晩秋の鶴仙渓を歩く4

    11月22日、山中温泉鶴仙渓へ行ってきました。(晩秋の鶴仙渓を歩く3からの続きです。)芭蕉堂を散策していると、風情のある小さな石の橋がありました。この橋を渡らずに右へ行くと、神社へ続くようです。橋を渡って階段を上ると、今回の目的地の一つ「黒谷橋」に出ます。まず黒谷橋へ行くことにしました。「黒谷橋」にでました。緑の川に映える紅葉。雨の日でも色鮮やかな様子に、もし今、日が差すと、どんなにきれいな...

  19. 晩秋の鶴仙渓を歩く3 - 空 -Sora-

    晩秋の鶴仙渓を歩く3

    11月22日、山中温泉鶴仙渓へ行ってきました。(晩秋の鶴仙渓を歩く2からの続きです。)鶴仙渓には三つの橋があります。重厚な木作りの「こおろぎ橋」鉄骨のカーブが美しい「あやとりはし」おしゃれな石作りの「黒谷橋」「こおろぎ橋」と「あやとりはし」の二つは過去に散策しているので、今回はまだ行っていない「黒谷橋」と、その側にある「芭蕉堂」を目指すことにしました。時間の関係上、「こおろぎ橋」と「あやとり...

  20. 晩秋の鶴仙渓を歩く2 - 空 -Sora-

    晩秋の鶴仙渓を歩く2

    11月22日、山中温泉鶴仙渓へ行ってきました。(晩秋の鶴仙渓を歩く1からの続きです。)散策道を少し上がると別世界が広がっていました。先月みた同じ場所とは思えない風景。まるでジブリの世界にいるようです。^^雨と苔と石段と落ち葉と緑の色すべてが美しい風景でした。川の真ん中で鷺を発見。先月、道案内をしてくれた鷺かな。きっとそうに違いない。雨の中での立ち姿が凛としていて神々しい。大丈夫かな・・・と気...

総件数:26 件

似ているタグ