湯ノ館山のタグまとめ

湯ノ館山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには湯ノ館山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「湯ノ館山」タグの記事(6)

  1. 湯ノ舘山・357m~直登 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    湯ノ舘山・357m~直登

    盛岡市繋の、つなぎ温泉の裏手の山~湯ノ館山・357mを登った。湯ノ館山・357mつなぎ温泉神社から、登山開始裏手に回って登山道荒れている。藪漕ぎとなる。ベンチあり。踏み後を見付ける。藪が深い。尾根筋となる。クルマユリ発見。急登開始。石柱・・共済連とある。何故??キノコ急登幹が分かれたブナ西側にトラバース毒キノコだろう。サルノコシカケ山頂付近山頂標識三等三角点釣鐘ニンジン休まずに、下山開始マー...

  2. 湯ノ館山・357m~冬の直登・・5 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    湯ノ館山・357m~冬の直登・・5

    湯ノ館山・357m~冬の直登~最終回。急斜面を下る。御所湖を見ながら下りる。急傾斜。ホテル紫苑の上にまで下りた。尾根筋を戻る。笹薮を漕ぐ。登り返し。見晴らし峠。雫石スキー場。御所湖。見晴らし峠から下りる。つなぎ温泉の直上。愛真館。愛真館;職員寮。無事に下山。つなぎ温泉・源泉。御所湖と岩手山。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上で、湯ノ館山・357m~冬の直登の項、終了。

  3. 湯ノ館山・357m~冬の直登・・3 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    湯ノ館山・357m~冬の直登・・3

    湯ノ館山~直登のVol3、ホテル紫苑の直上まで進む。御所湖とホテル紫苑が透けて見える。直登開始だ。湯ノ館山の南斜面。文字通り、真っ直ぐに登る。傾斜角は40度もあるだろう。面白いブナの幹を発見。こういう写真を撮影する時が、束の間の休憩になる。急登。滑落が怖い。疲れるし、息切れ、アキレス腱痛で、三重苦~。朝陽が見えた。元気を貰う。山頂は近い~。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

  4. 湯ノ館山・357m~冬の直登・・4 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    湯ノ館山・357m~冬の直登・・4

    盛岡市のつなぎ温泉の奥、湯ノ館山・357m、冬の直登~vol4.朝陽に向かって、最後の急登。湯ノ館山・357m~山頂。山頂標識。登頂記念写真。箱ヶ森と太陽。三角点があったはずだが、山頂周囲を探し回るが見つからない。山頂。山頂標識。箱ヶ森方面。三角点が見付からず、諦める。御所湖が見える。下山開始。急斜面を滑らないように慎重に下りる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下、次回に

  5. 湯ノ館山・357m~冬の直登・・2 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    湯ノ館山・357m~冬の直登・・2

    湯ノ館山・357m~冬の直登の記録のvol2.つなぎ温泉神社から見晴らし峠に行く途中、見えた、湯ノ館山・357m。見晴らし峠に到着。御所湖、見えたぁ。七ツ森方面も~。尾根伝いに藪漕ぎする。途中から、笹薮が濃くなる。ここから直登を開始だぁ。ここ、、ホテル紫苑の直上です。建物と御所湖が林間に透けて見える。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下、次回にします。小出しにするのが、小...

  6. 湯ノ館山・357m~冬の直登・・1 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    湯ノ館山・357m~冬の直登・・1

    盛岡市のつなぎ温泉の裏手にある、湯ノ館山・357m~につなぎ温泉からの直登に挑戦。これも、藪を嫌って冬しかやりたくない。日の出前に自宅を出発。御所湖から見た、湯ノ館山・357m。つなぎ温泉。菅旅館の駐車場に愛車を置かせてもらう。つなぎ温泉神社入り口。つなぎ温泉の源泉を引いてある。アッタカイねぇ。鳥居と階段。つなぎ温泉神社鳥居。ご本殿。裏手に回り、急登を歩く。急登。南東方向に見える、湯ノ館山・...

総件数:6 件

似ているタグ