湿原のタグまとめ

湿原」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには湿原に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「湿原」タグの記事(88)

  1. 白駒湿原 - 風の彩りー3

    白駒湿原

    北八ヶ岳に戻ります。原生林~白駒池一周~原生林に戻って帰る人が多い中、「この先、地図上に『湿原』と書かれている」と相棒。向きを変えて向かってみると、ほとんど人も居なくて、降りてくる人に聞いてもはっきりと分からないままに、とにかく先へと行ってみました。そして出会った小さな湿原「白駒湿原」です(^^♪まだ修復されたばかりのような木道と、両側に広がる湿原!(^^)!木道を歩くのは大好きです^^少し...

  2. 池の平湿原を歩く#3雲上の丘を経て - 風の彩りー3

    池の平湿原を歩く#3雲上の丘を経て

    三方ケ峰を過ぎて緩い登り坂。下には湿原がさらに小さく見えました。見えているのは湿原のおよそ半分。最初に時計回りで樹林のへりに沿って歩いたのでした。さらに歩いて「雲上の丘」に着きました!確かに周囲、見下ろすように雲が広がっています。私たちはここでバンザイをして記念写真を撮りましたよ\(^o^)/気になる夏雲^^こちらも♪黒斑山の向こうに浅間山がちょっとだけ顔を出していました。可憐な山野草たちも...

  3. 池の平湿原を歩く#2コマクサ咲く峰 - 風の彩りー3

    池の平湿原を歩く#2コマクサ咲く峰

    左回りに木道を歩いて山の入り口に着きましたが、山に入るともう湿原を歩けなくなるので、下に見えている木道を往復してきましたよ~^^これは順路の中央を貫いている木道なのです。その後で池の平湿原唯一の池糠である「鏡池」に行ったらびっくり!今までつながっていた池に中洲ができていて、二つに分かれていたのです!左側はこんなに小さくて・・私の好きな白樺の映り込む右側も、様子がずいぶん変わりました。手前には...

  4. 池の平湿原を歩く#1霧の上がる湿原 - 風の彩りー3

    池の平湿原を歩く#1霧の上がる湿原

    湿原の大好きな私。尾瀬にも行けないこのごろ、どうしても湿原を歩きたい気持ちが募り、思い立って池の平湿原に行ってきました!駐車場から歩いて間もなく湿原に降り立つと、懐かしい風景が迎えてくれました^^深呼吸して、これから歩く湿原を一望します。ちょうど霧が上がっていくところを見ることができました!木道を歩き始めます。周囲の風景をゆっくりと眺めながら・・雲の影が動いて日が射します。空には気持のよい雲...

  5. 野反湖夏雲輝く - 風の彩りー3

    野反湖夏雲輝く

    野反湖のハイキングコースを下り、だんだん湖面に近づいています。梅雨の合間の夏雲が、ニッコウキスゲと呼応して輝いていましたよ♪以前撮ったこの木と湖面の漣。木がずいぶん大きくなったような気がします^^湖面をバックにキスゲの花とたくさんのつぼみが可愛い♪そして湖畔に降り立ちました。周囲の積乱雲が少しずつ発達しています。少し先に行くとコバイケイソウの群生が・・白樺の白とよく似合っていました^^岸の反...

  6. 富士見町入笠山の花々その3 - 日本あちこち撮り歩記

    富士見町入笠山の花々その3

    撮影日2021年6月21日今日から湿原で見かけた花から、登山道で見かけた花になります。したがって入笠湿原から入笠山と題名を変えました。その一番手はベニバナイチヤクソウ。イチヤクソウは花が白いらしいです。紅い花はそのためにベニバナと言う名前をふるようですね。薬草としては主に利尿、脚気に効用が高いそうです。もっとも今の時代に陰干しにして、さらに水量の三分の一まで煮詰めるなんてことするより、科学的...

  7.  富士見町入笠湿原新緑の輝き - 日本あちこち撮り歩記

    富士見町入笠湿原新緑の輝き

    撮影日2021年6月21日入笠湿原のまわりは広葉樹の樹林帯です。陽に輝く新緑が奇麗だったのでちょいとパシャリ!これもお天気が良ければのカットです。良く晴れてくれました(*^_^*)写真はポップアップで拡大出来るようにしました。グーブログ並みの1000ピクセル写真がクリックすれば飛び出します。にほんブログ村↑これを押してね〜v(^-^)

  8. 富士見町入笠湿原ラスト - 日本あちこち撮り歩記

    富士見町入笠湿原ラスト

    撮影日2021年6月21日湿原でのんびり写真なんぞ撮っていたらあっと言う間に時間が過ぎました。お昼を過ぎると雲も多くなり、陽射しが少なくなってきました。まあ、梅雨の期間ですからこれだけ晴れてくれただけで充分ですけど。湿原は人も少なくなり雲の流れも早くなってきました。これからは頂上に向かった人達が帰ってくる頃です。来る人はほとんどいなくなります。明日からは入笠湿原の花の数々を中心にアップしてい...

  9. 富士見町入笠湿原その4 - 日本あちこち撮り歩記

    富士見町入笠湿原その4

    撮影日2021年6月21日中央交差点を過ぎて振り返ると、湿原全体が見渡せます。今回は近道を通ったので、湿原最上部から降りてきました。斜面はニホンスズランの群生地、交差点付近はウマノアシガタの群生地、そして交差点を右に曲がって登って行けば入笠山の頂上に行けます。そしてここ突き当たり近辺は、白樺とレンゲツツジの取り合わせが奇麗なところです。そしてなんとクリンソウも咲いていました。群生にはほど遠い...

  10.  富士見町入笠湿原その2 - 日本あちこち撮り歩記

    富士見町入笠湿原その2

    撮影日2021年6月21日ニホンスズランの群生地帯を下ると湿原中央部にある遊歩道交差点に着きます。交差点ですのでちょっと広い作りになっていて、ゆっくりと写真の撮れる位置がとれます。そして見れば、目の前にズミの花が咲いてました。まあ、終盤なんですがなんとか咲いてる状態の木が数本見かけられました。奥日光の戦場ヶ原がズミの並木で有名ですが、こちらも結構な本数ありますがさすが花が見られるのは数本でし...

  11.  富士見町入笠湿原その1 - 日本あちこち撮り歩記

    富士見町入笠湿原その1

    撮影日2021年6月21日昨年とは違って湿原に行く道は、近い方を選びました。昨年は樹林帯の中を抜けて行ったので違う道をと・・・・途中までは広い道、そしてやはり樹林帯の中に入って行くのですがすぐゲートに到着。鹿除けの鉄製のゲートを開けて湿原に入ります。こちらは日本スズランの群生地帯の上に出ました。素晴らしい光景が目の前に広がります。そしてスズランですが、みんな向こうを向いている(T_T)そして...

  12. 遥かな尾瀬~遠いそら♪ - 伊集院 万作

    遥かな尾瀬~遠いそら♪

    今日の1枚。「遥かなる湿原」遠かった。家を出てから現地の入り口に着いたのが8時間後関東からのアクセスは良いのに…車を飛ばしてもなかなか着かない着かないでもジャストタイミングまさに水芭蕉の見時でした天候もまずまず日頃の行いが違いますネwなんてね^^ミズバショウって見たことはあったけどこんなに大きかったかなぁ次回も少しだけ続けますボチボチと復帰いたします観て頂きありがとうございました

  13. 水芭蕉咲く尾瀬#4 - 風の彩りー3

    水芭蕉咲く尾瀬#4

    水芭蕉群生地の絶景スポットを撮ってから、私たちは仲間の待つ地点へと引き返しました。今度は前方に至仏山を目指して歩きます。↓湿原の中に時々こんなぬかるみがあります。「鹿のヌタ場」と言って、鹿が泥の中を転げまわり、体の虫を払ったり泥水を浴びたりする場所とのこと。約8000年もかけて積もってきた尾瀬ヶ原の地層が深刻なダメージを受けるのです。↓画面左下から山の方に向かって鹿の移動した跡が見て取れます...

  14. 水芭蕉咲く尾瀬#3 - 風の彩りー3

    水芭蕉咲く尾瀬#3

    逆さ燧ケ岳のフォトスポットを過ぎて、私たちはまた木道を歩き始めました。ご覧の通りの気持ち良い晴れの日でした^^黙々と歩きつつ、出会った人にはお互い「こんにちは~」と声を掛け合います。途中、牛首分岐点というところにベンチがあるので、そこでお弁当にしました。尾瀬ヶ原の真ん中ほどのところです^^「この先、水芭蕉と流れと至仏山の絶景がある」とのリーダーの言葉にも、「もういいからここで待っている」とい...

  15. 水芭蕉咲く尾瀬#2 - 風の彩りー3

    水芭蕉咲く尾瀬#2

    美しい尾瀬ヶ原の湿原風景を見ながら、燧ケ岳の方向に向かっています。雪解け水で湿原が潤っているので、水芭蕉も生き生きと咲いているように思えます。まだ小さくて、ちょうど見頃の水芭蕉^^水中化もたくさん見られましたよ~^^水面の揺れる光に熱中しました^^振り返ると至仏山が見えて、池塘と木道の、いかにも尾瀬らしい風景ですよ^^進んでいくと少しずつ風景も変わります。ここはたくさんの池塘が見られました。...

  16. 水芭蕉咲く尾瀬#1 - 風の彩りー3

    水芭蕉咲く尾瀬#1

    "夏が来~れば思い出す~♪”尾瀬では、今頃の時季に水芭蕉が咲きますよ~5月末(2014年)の尾瀬の風景をお届けしますね(^^♪初めての方も、懐かしい方も、今は中々行けなくなってしまった尾瀬の美しい風景をご覧くださいね^^鳩待峠から山の鼻(尾瀬ヶ原の至仏山側の入り口)に向かって、峠道を下りました。まだ芽吹いたばかりの新緑この時は所属していた自然保護団体のメンバーと一緒です。山道でたく...

  17. ココロは尾瀬へ - 伊集院 万作

    ココロは尾瀬へ

    夏が来れば思い出す遥かな尾瀬遠い空*夏の思い出 作詞:江間章子 作曲:中田喜直 尾瀬ヶ原は約1万年前に形成された多層湿原だそうです。Wikipediaによれば福島県・新潟県・群馬県の3県にまたがる盆地状の高原とのこと。標高1400Mあるので夏も涼しい!関東からはアクセスがいいのですが私が住んでいる中部からだと移動だけで片道で半日くらいかかりますでもでも尾瀬の中で滞在すると尚更深く尾瀬の自然を...

  18. マクンベツ湿原 - 小さなお庭のある家4

    マクンベツ湿原

    パソコンが言うことを聞かないので、途中ですが、このままブログをアップします。皆様のところへのご訪問は明日になりますこと、ご容赦ください。石狩川 ハンの木

  19. 浄土平湿原 - くろちゃんの写真

    浄土平湿原

    撮影日令和2年10月6日X-T4 XF16-55mmF2.8 R LM WR facebook

  20. 凍てつく水映えのカラマツ林 - As it is

    凍てつく水映えのカラマツ林

総件数:88 件

似ているタグ