源氏物語のタグまとめ

源氏物語」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには源氏物語に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「源氏物語」タグの記事(176)

  1. 「源氏物語」の「御法」今頃 Σ(°Д°υ) - 憂き世忘れ

    「源氏物語」の「御法」今頃 Σ(°Д°υ)

    「御法」は「みのり」と読む。「源氏物語」は各章が「死因」を表している。「御法」は「タヌキ」。エキノコックスです。なぜタヌキかってゆうと「みのり」=「民の利」の「た」が抜けている。あーあ。御法=ごほう=五方Σ(°Д°υ)今頃気づきました。東西南北天の繁栄を祈る。式部姐さんは当然思っていたでしょ。「おいおい、天じゃなく民だろ!」\(゚ロ゚ )バカタレ!

  2. 源氏物語 千年の謎 - 日本の古典について適当に纏めております だから売りに戻る必要があったんですね

    源氏物語 千年の謎

    源氏物語 千年の謎 豪華版 [ 生田斗真 ]価格:5207円(税込、送料無料) (2021/4/7時点)楽天で購入

  3. 『源氏物語』紫式部 - 日本の古典について適当に纏めております だから売りに戻る必要があったんですね

    『源氏物語』紫式部

  4. 『逆源氏物語』Ciagram CO., LTD. - 日本の古典について適当に纏めております だから売りに戻る必要があったんですね

    『逆源氏物語』Ciagram CO., LTD.

  5. 『源氏物語~男女逆転恋唄~』anipani - 日本の古典について適当に纏めております だから売りに戻る必要があったんですね

    『源氏物語~男女逆転恋唄~』anipani

  6. 『源氏恋絵巻』QuinRose - 日本の古典について適当に纏めております だから売りに戻る必要があったんですね

    『源氏恋絵巻』QuinRose

  7. 『源氏物語玉の小櫛』本居宣長 - 日本の古典について適当に纏めております だから売りに戻る必要があったんですね

    『源氏物語玉の小櫛』本居宣長

    そのかみのこゝろたづねてみだれたるすぢときわくる玉のをぐしぞ

  8. 『紫文要領』本居宣長 - 日本の古典について適当に纏めております だから売りに戻る必要があったんですね

    『紫文要領』本居宣長

    おおよそこの物語五十四帖は、物の哀れを知るという一言にて尽きぬべし。

  9. 与謝野晶子の源氏物語についての和歌 - 日本の古典について適当に纏めております だから売りに戻る必要があったんですね

    与謝野晶子の源氏物語についての和歌

    桐壺 紫のかがやく花と日の光思ひあはざることわりもなし 帚木 中川の皐月の水に人似たりかたればむせびよればわななく 空蝉 うつせみのわがうすごろも風流男に馴れてぬるやとあぢきなきころ 夕顔 うき夜半の悪夢と共になつかしきゆめもあとなく消えにけるかな 若紫 春の野のうらわか草に親しみていとおほどかに恋もなりぬる 末摘花 皮ごろも上に着たれば我妹子は聞くことのみな身に沁まぬらし 紅葉賀 青海の波...

  10. 『反省の文学源氏物語』折口信夫 - 日本の古典について適当に纏めております だから売りに戻る必要があったんですね

    『反省の文学源氏物語』折口信夫

    源氏物語は何時頃書かれたかと言う事も大事だが、其よりもっと大切な事は、何時の時代を書いたか、と言う事である。源氏物語は、男女の恋愛ばかりを扱っているように思われているだろうけれど、我々は此物語から、人間が大きな苦しみに耐え通してゆく姿と、人間として向上してゆく過程を学ばなければならぬ。

  11. 『美しい日本の私』川端康成 - 日本の古典について適当に纏めております だから売りに戻る必要があったんですね

    『美しい日本の私』川端康成

    殊に「源氏物語」は古今を通じて、日本の最高の小説で、現代にもこれに及ぶ小説はまだなく、十世紀に、このように近代的でもある長編小説が書かれたのは、世界の奇蹟として、海外にも広く知られています。

  12. 『美の存在と発見』川端康成 - 日本の古典について適当に纏めております だから売りに戻る必要があったんですね

    『美の存在と発見』川端康成

    遠い昔の『源氏物語』は今なお、タゴールがここに言う民族の義務を、私達よりも見事に果たしていて、将来も果たし続けるだろうと思いますのは、喜ぶべきことであると共に、哀しむべきことでありましょうか。

  13. 「源氏物語」着想の石山寺西国三十三ヶ所巡り第十三番札所 - SAMとバイクとpastime

    「源氏物語」着想の石山寺西国三十三ヶ所巡り第十三番札所

    岩間寺を後にして、我が家から一番近い西国三十三ヶ所札所石山寺到着。 この寺全体が大きな岩の上に建つ霊山で、いたるところにむき出しの巨岩は圧巻。奥に見えるのは国宝の多聞塔。 滋賀県内最古の木造建造物の国宝本堂は清水寺や長谷寺と同じ舞台造り。 平安時代に貴族の女性たちの石山詣でが流行したそうで、そのうちのひとりでもあった紫式部は「源氏物語」の着想を得たと伝えられている。ちなみの清少納言や和泉式...

  14. 「源氏物語」と「日本国紀」 - 憂き世忘れ

    「源氏物語」と「日本国紀」

    そういえばと思って「日本国紀」をパラパラ。コラムに「源氏物語」と紫式部、清少納言について書いてある。どちらもペンネームで、式部、少納言は父親の役職だそうです。一読しかしていませんが、そんときは、「三島由紀夫の真相」を秘めているのではという先入観で読んだ。シッポを捕まえるためのヨミです。シッポ掴めずで、このシリーズは、いまだ読めていない。ただ、磯野家のふにゃふにゃ家系図には反応しました。お后が...

  15. 「枕草子」姐さん、ヒネりすぎです (ーー゛)?? - 憂き世忘れ

    「枕草子」姐さん、ヒネりすぎです (ーー゛)??

    「五十三」(岩波文庫の番号)雑色、随身は、すこし痩せて、ほそやかなるぞよき。男はなほわかき程は、さるかたなるぞよき。いたく肥えたるは、ねぶたからんとみゆ。前記事に書いたように、死ぬほど難しかった。自慢するわけじゃなくて、千年間で読めた人、何人くらいいるんだろう。雑色、随身は警護役みたいな人。すらっとしている方がいい。若い男にもいえることだけど。あまりデブだと、眠たそうに見える。では、いきまー...

  16. これはすごいスピンオフ - T's Taste

    これはすごいスピンオフ

    映画の封切りの頃ちょうど読み終わるなと思っていたこちらの原作…読み終わった途端とんでもないニュースが飛び込んできてえっ(*´Д`)まさかお蔵入りになる~?!と心配しましたが無事に封切られるようです。なにしろ、この映画には伊勢谷友介も出ているので監督の黒木瞳さんもほっとしていることでしょう。原作、面白かったです!!現代に生きる青年が「源氏物語」の世界にワープしてしまうというかなり現実離れした内...

  17. The Tale of Genji - IL EST TROP TARD 時は過ぎゆく ... 2

    The Tale of Genji

    ー古典の日ー日本を代表する古典文学である「源氏物語」その作者である紫式部が「紫式部日記」の中でこの物語について記している日があるその日が 1008年11月1日・・・藤原公任という人が祝宴で酔っ払い、「このあたりに若紫は居られませんか」と紫式部に戯れにたずねたという内容で若紫とは、源氏物語の登場人物を指す・・・源氏物語が歴史上初めて記録されたこの11月1日が「古典の日」として国の制定する記念日...

  18. 「枕草子」ホントに随筆か...(~_~;) - 憂き世忘れ

    「枕草子」ホントに随筆か...(~_~;)

    「枕草子」少し読んだ。随筆ってことだけど、「九、うへにさぶらふ御猫は」コレ、ホントの話?猫、犬は、まあいいとして「馬の命婦」って……センセー(^。^)/「創作」だと思いまーす。

  19. 「カプセルの中の桃太郎」頭でっかち - 憂き世忘れ

    「カプセルの中の桃太郎」頭でっかち

    「優しいサヨク」と一緒に載っていた「カプセルの中の桃太郎」ついでに再読。前に読んだ時は「内容」はどうでもよくて「源氏アイテム」が入っているかどうかのみだった。「カプセルの中の桃太郎」ってガシャポンの中のフィギュアだよね。こんな解りやすいことも、視点を違えて読んだら気づかない。読むとナルヘソ、「頭でっかち」な若者を描いている。かなりデフォルメしているようでもあり……いやいや、こうゆう人たちいる...

  20. 9月6日  在原行平の忌日 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    9月6日 在原行平の忌日

    893年(寛平5年)の今日は、平安時代初期から前期にかけての公卿・歌人である在原行平の忌日。「立ち別れ いなばの山の みねにおふる まつとし聞かば 今帰り来む」(小倉百人一首 第16番)これでお別れです。でも因幡の国の山に生える松のように ここでずっと待っていると言うならば、今すぐに帰って来ましょうこの歌は、855年正月に、行平が従四位下に叙せられると同時に因幡守に任ぜられ、地方官に転じるに...

総件数:176 件

似ているタグ