漁具のタグまとめ

漁具」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには漁具に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「漁具」タグの記事(6)

  1. 今では普通・・・ウケのかえし - Beachcomber's Logbook

    今では普通・・・ウケのかえし

     とんがりコーンの形状、黒くて網目…これは韓国でアナゴ漁に使われるウケのかえし部分で、日本海側ではいたるところで見られます。福井の三里浜砂丘、冬場には草木の枯れた砂丘の斜面を風に押されて、かえしが登るのですよ! さて、そんな日本海側に多かったかえしが、このごろでは太平洋側でも見られます。太平洋側での韓国製品は5年ほど前から目立ち始めました。漂着物の多い夏場、もう太平洋側でも韓国のかえしが珍し...

  2. 黒いカエル玉 - Beachcomber's Logbook

    黒いカエル玉

     球形の浮きで耳が二つ上部にあるものをカエル浮きなどと呼ぶことがあります。このタイプで直径が30㎝ほど、そして艶消しのマットブラック(黒)のモノは、ほとんどが中国製です。 日本では日本海側でも、太平洋側でもよく見られるもので、誰もそんなに気に留めないものです。オレも普段はカメラを向けることがありませんが、日の出直後の太陽が雲間から顔を出したので撮ってみました。この日、この浮きをおよそ20個ほ...

  3. お盆明けの三里浜・3 - Beachcomber's Logbook

    お盆明けの三里浜・3

     三里浜で打ち上げラインの奥でこんな木切れを見つけました。何だか分かるかな? そう、これは漁具、竿を使わない一本釣りのテグスを巻いておく、大型の糸巻きですね。手でつかんでいるあたりがハンドル、こんな自作の漁具を見つけると,こんなので漁をしている老人を思い浮かべてしまいます。.

  4. 網がけ - Beachcomber's Logbook

    網がけ

     かってガラス玉がメインに使われていた時代、球型のガラス玉に漁師さんらは網がけをして使っていました。まぁ網がけも漁師のロープワークの一つだったのですね。 そんな網がけも一体成型で作られるプラスチック製のウキに取って代わられました。プラスチック製では、ロープを通す耳をつけたりすることで網がけの手間を省こうとしたのです。けれども一部では球型のものもあり、そうしたウキではこのように網がけが施されて...

  5. 古い蛸壺 - Beachcomber's Logbook

    古い蛸壺

     渥美半島表浜、豊橋市の小松原海岸に蛸壺の漂着がありました。その蛸壺は欠片ですが、赤茶けた素焼きのもので、口の一部が残っていました。 蛸壺、現在では蓋の付いたものになっていますが、古くは蓋の無い壺でした。知多半島では常滑で焼かれた赤物といわれる蛸壺を使っていました。渥美地方では古くからの窯跡もあるので、この地域で焼かれたものかもしれません。 第二次大戦後、三河の高浜で焼かれた落し蓋のあるもの...

  6. ルアー、怖いよ! - Beachcomber's Logbook

    ルアー、怖いよ!

     表浜の伊古部でルアーを見つけました。けっこう新しい感じで、アマモの中にまぎれてましたが、キラキラ感は強くて,オレを惹きつけました。まさにルアー! 本体を持ち上げ、アマモを振り払おうとしたところ、フックが手にひっかかり・・・ヤラれちゃいました。きっとお魚もこんな感じで引っかかるのでしょうか?これから浜辺で遊ぶ人も多くなります。こんなルアーには気をつけてね。.

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ