漆器のタグまとめ

漆器」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには漆器に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「漆器」タグの記事(87)

  1. たまには - warble22ya

    たまには

    血糖値気にせず、ガンと甘いやつぅ。ぜんざい、相当上げるよね血糖値。お餅に小豆に砂糖もたっぷりよなぁ。気にしてるやん(笑)冷凍庫にお正月に母が持ってきたお餅がゴロゴロ。強制餅状態。昨日、結局ほぼ終日11:30~17:30過ぎまで、玄関のドア開けっぱなしで在宅の刑でしたので、色々片付けておりました。不在にしていて失礼いたしました。ご来店いただき色々お選びいただいたようで、ありがとうございました。...

  2. 角萬漆器のワークショップ - 治華な那覇暮らし

    角萬漆器のワークショップ

    現在、7代目が継いでいらっしゃるという、歴史ある琉球漆器店、角萬漆器。こちらで行われるワークショップに、妹&私&娘で、参加。漆器の、加飾方法のひとつ、堆錦(ついきん)に挑戦。子どもの頃、口にした駄菓子に、こういうのがあったな、と。切り絵のごとく、この3色の部分を、切り抜いていくのです。手袋をしているのは、漆にかぶれることがあるから。この色の部分は、今回二層になっていて、色の下には、茶っぽい色...

  3. ゆるかわの小皿 - うららフェルトライフ

    ゆるかわの小皿

    先日骨董ジャンボリーに行ってきました骨董ジャンボリーも長く通っていますが次第に見ている物が変遷してきました着物を見ていた時代ヴィンテージバッグや布を見ていた時代アクセサリーを見ていた時代人形用の資材を見ていた時代最近はよいものが減ってきたな~と思っていたら前回あたりから塗りの面白い物に出会うようになりました前回は新潟の村上堆朱の果物柄の茶たくでした今回は塗り物には見たことがないようなゆるかわ...

  4. まる汁椀 - warble22ya

    まる汁椀

    よいでしょ。このフォルム。しっかりとした高台にポコンと丸い腰。女性らしさというか、温かみを感じます。で、このベンガラの赤色!画像ではうまく伝えられておりませんが、とてもきれいなのです。ぜひ実物をご覧いただきたいなと思います。まる汁椀、サイズ展開しています。子供椀(口径10.5cn×高さ7cm、130ml):4500円+税ふつう(口径11cn×高さ7.5cm、150ml):6000円+税大きめ...

  5. 365日のそばちょこ展齋藤正明さんの木のそば猪口 - くわみつの和み時間

    365日のそばちょこ展齋藤正明さんの木のそば猪口

    齋藤正明さんの木のそば猪口です。木と漆ならではの趣があります。とてもあたたかいうつわ・・・。365日のそば猪口展2019年11/14(木)~11/26(火)11:00~18:00会期中無休お蕎麦を食べてもよし!コヒーを飲んでもよし!あったかスープもよし!サラダもよし!デザートもよし!酒もよし!サラダもよし!おかずもよし!花器にもよし!小物入れにもよし!そば猪口は小ぶりで可愛いけれどとても頼り...

  6. 紅葉狩り - ダイアリー

    紅葉狩り

    庭の紅葉したモミジの葉を拾い集め輪島の盆にのせて紅色と漆黒のコントラストを楽しむ私流の紅葉狩り 今日はお気に入りの漆器に頂き物のくるみ餅をのせて 大ぶりの茶碗は萩で求めたもの店で気に入った全ての茶碗は非売品と言われて泣く泣く買える物を妥協して我が家に連れてきたという思い出の品使う度何処か気持...

  7. 手提重箱 - Sparrow House diary

    手提重箱

    取り扱いの面倒さから現代では敬遠されがちな木の漆器。冷蔵庫に入れてはダメ、粗いスポンジはダメ、濡れたまま放置してはダメなのはもちろん、使わないのもダメで、長期間使わないでいると、乾燥のあまり漆が剥がれたり木が割れたりすることも。とまあ、こんなことなので、古い漆器が出てきても傷みが深くどうしようもないものが大半だったりします。箱の蓋の裏に「昭和十二年十二月」と書かれた越前塗の重箱は、傷みがほと...

  8. 小林慎二漆展二日目 - うつわ楓店主たより

    小林慎二漆展二日目

    小林慎二漆展 二日目です定番のお椀四種類を並べました。色はこちらの朱の他に黒と赤溜の3種類あります左から価格は全て税込表記です汁椀大口径125xh70ミリ13200円汁椀小口径115xh60ミリ11000円飯碗大口径125xh75ミリ13200円飯碗小口径115xh68ミリ11000円汁椀・飯碗は決まりがあるわけではありません。手に持って使う器ですので、ご自宅のうつわたちと合わせやすかったり...

  9. 小林慎二漆展始まりました - うつわ楓店主たより

    小林慎二漆展始まりました

    秋晴れの中、小林慎二漆展が始まりました。120番縁のある折敷は、ランチョンマットのようにも大きな正方皿とにしてもお使い頂けます。前田麻美さんの灰青釉ダリア皿と蓋つきの黒いお椀をセットすると、少し改まった雰囲気になりました264番仙才椀の黒です。蓋は小皿としてお使い下さい22番赤いまゆ椀小と白い豆鉢漆の上品な赤は愛らしく華やかです229番径が33センチの根来大平皿です昨日の搬入日は雨が降り続い...

  10. ギャラリー蓮依さんとキムチっ子のコラボイベント - 今日も食べようキムチっ子クラブ (料理研究家 結城奈佳の韓国料理教室)

    ギャラリー蓮依さんとキムチっ子のコラボイベント

    「韓国料理に合わせる漆の器」というタイトルで、北鎌倉のギャラリー蓮依さんでイベントを行います。漆器作家の中野知昭さんの器に、キムチっ子が盛り付けます。なんてモダンで素敵な漆器♡あああ~~楽しみでなりません。当日、何を作ろうかとっても悩みましたが、、、、、冬の始まりです。*季節のお粥を白玉と共に*韓国の豆をコムル(まぶし粉)にした素朴で味わい深いお餅*手作り韓国茶と、ここまでは決まったのですが...

  11. 自分へのプレゼント - ミセス サファイア 静けさの中で

    自分へのプレゼント

    自分へのプレゼント漆今蒔絵大切にしていきたい一品です。

  12. nikhaknarオリジナルお重鉢 今年度お渡し分あと少しです - warble22ya

    nikhaknarオリジナルお重鉢 今年度お渡し分あと...

    (しばらく、この記事が先にきます。日々の更新はこの下へ)nikhaknarお重鉢は、naraさん★、白灯さん★、22家、3店舗の共同企画オリジナル商品です。ご来店が難しい方はオンラインショップでも承っております。→★通販可能。受取のみご来店の場合は受取店のご指定もいただけます。3店舗ご都合のよい店舗でご予約受取していただけます。詳細など過去の記事はコチラ★

  13. 漆の木 - 池内建築図案室 通信

    漆の木

    塩尻市 T 家土蔵再生工事先日、以前に設計監理させて頂いた木曾平沢のTさんのお宅へメンテナンスでお邪魔しました。前回の工事では施工しなかった漆喰塗の外壁が傷んできてそれの部分的な補修となります。Tさんのお宅は代々、漆器職を営んでおりそのための土蔵があります。裏の坪庭には漆の木が2本植わっており、私はこの漆の木の葉や樹形が好きで以前の工事のときも気に入ってよく眺めていました。他の木よりもいち早...

  14. 金蒔絵の箱 - ダイアリー

    金蒔絵の箱

    好きな物が数え切れないくらい有る。全部所有できるわけでは無いが、私の手の届く範囲のコレクション眺めているだけで、何とも言えないホッとした気持ちにさせてくれる物秋を感じ、そろそろ桐の箱から出して飾る前に眺める。近ずいてみたり、遠退いてみたり、ぐるりと周ってみたり、手に触れてみたりそして、蓋を開けてみたり

  15. ガラスの器で、立秋... - Blanc de Blancs

    ガラスの器で、立秋...

    今宵は、Jazz と 泡...

  16. お棗 - カエルのバヴァルダージュな時間

    お棗

    何年が前に木曽の山加荻村漆器店で出会った白漆のお棗白漆に青紅葉が描かれたお棗に庭の青紅葉を添えて…朝の一服大切な時間…

  17. 2019年5月に予定しております企画展のご案内 - 工房IKUKOの日々

    2019年5月に予定しております企画展のご案内

    令和元年新しい年号が発表されてからあっという間に迎えた今日。ゴールデンウイーク中ということもあり休日を楽しまれている方も多いかと。いえいえ、いつもと変わらずお仕事です!という方も多いかと…笑兎にも角にも節目の一日。みなさまいかがお過ごしでしょうか?さて工房IKUKO、令和元年最初の企画展は現在開催中の「いきとしいけるもの…Ⅱ」です。その後も様々な企画展を予定しております。みなさまのお越しを心...

  18. お粥御前とニシンの卵 - 満足満腹  お茶とごはん

    お粥御前とニシンの卵

    一人で時間に余裕がある時に楽しんでいるお粥御膳今回はこんな漆器を出してみました小皿二枚は、器を購入した時にオマケでいただいたものこんなにきれいな器をいただいていいのかと恐縮しつつも、もちろん嬉しくて喜んでいただきました(笑)本日の御膳黒米のお粥もっちり仕上がりましたこちらはニシンの卵を醤油漬けにして焼いたもの思い付きの調理だったんですが、すごく美味しくてびっくりぷちぷちとした食感と醤油のしょ...

  19. 2019 春の会津工芸新生会展 - うさぎ山の四季

    2019 春の会津工芸新生会展

    春の会津工芸新生会展開催干支地蔵うさぎの武者人形うさぎのオーケストラ小皿とカップ片口観光客の方々がたくさんおいでになる施設なので、カジュアルな小物をたくさん見て頂きたいと思います。楽しい気持ちになって頂ければ幸いです。施設入場料300円かかりますが、日本伝統の商家のおもむきは一見の価値ありかと思います。

  20. テーブルウェアフェスティバル2019(お買い物 - A partir d’une seule piece  カルトナージュで私だけの空間創り

    テーブルウェアフェスティバル2019(お買い物

    テーブルウェアフェスティバル2019今年のお買い物は↑です今年は、随分お友達と漆器を探し歩きました(^^;)普段使いでも・・・大きさ、色、デザインなど更にお値段もね!気にしながら探し歩いて写真の大き目なお椀とランチ用スプーンそして、毎年少しずつ集めているアトリエジュンコさんのドングリシリーズのデザート用フォークです先に果物用フォークを購入してあったのでよっと迷ってしまったけど揃えることにしま...

総件数:87 件

似ているタグ