演奏家のタグまとめ

演奏家」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには演奏家に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「演奏家」タグの記事(20)

  1. [家でできる事]演奏家の皆様のステイホーム - 東京ディズニーリポート

    [家でできる事]演奏家の皆様のステイホーム

    こんにちはいつもご覧いただきありがとうございます東京ディズニーリゾートの情報と攻略をお送りしています。エキサイト公式platinumブログ鋼鉄の嘴です。Twitter・Instagramはこちら,読者登録手順はこちらです。昨日、本橋隼人さんの公式サイトでブログ更新動画のアップがありました。チューバを健康に、お掃除のお話。このお話を踏まえて、演奏を聴くとさらに色々楽しいです。私的にはかなりツボ...

  2. [姿勢]美しい演奏家さんたち - 東京ディズニーリポート

    [姿勢]美しい演奏家さんたち

    こんにちはいつもご覧いただきありがとうございます東京ディズニーリゾートの情報と攻略をお送りしています。エキサイト公式platinumブログ鋼鉄の嘴です。Twitter・Instagramはこちら,読者登録手順はこちらです。私のブログを古くからご覧の方はご存じかと思いますが、私は立ち姿の美しい演奏家さんが好きです。演奏する姿勢が綺麗な人。遠くから見てもその人だって分かる美しさって別格。音色も当...

  3. オーケストラフェスティバル2019の練習8/24・25 - Yesterday

    オーケストラフェスティバル2019の練習8/24・25

    定期演奏会後、富山シティフィルハーモニー管弦楽団は11/3にオーバードホールで富山県オーケストラ連盟の主催で開催されるオーケストラフェスティバル2019の練習に取り組んでいます。このフェスティバルでは、大学生と社会人が合同でオーケストラを組みますが、今回はボロディンの「ダッタン人の踊り」、ベルリオーズの幻想交響曲を取り上げます。指揮は初顔合わせとなる中堅指揮者、新通英洋氏となっています。私は...

  4. VIENNA HORNS - Yesterday

    VIENNA HORNS

    「VIENNAHORNS」はウィーンで活躍する奏者が集ったウインナホルンだけのアンサンブルの名前です。最初に聴いた1枚がすばらしかったので、残りもすべて入手してしまいました。この3枚のアルバムは、ホルン吹き及びホルンファンには必聴ものです。特に普通のホルンとウインナホルンの音の違いがわかる人には極上の音による至福の時を提供してくれます。ウインナホルンの音ってなんてすばらしいんだと思ってもらえ...

  5. とやま音楽文化協会設立記念 会員のつどい 2/17 - Yesterday

    とやま音楽文化協会設立記念 会員のつどい 2/17

    2/17(日)に北日本新聞社ホールで行われたとやま音楽文化協会の設立記念の会員のつどいに行ってきました。(富山シティフィルハーモニー管弦楽団の団長も実行委員として参画しており、私はその団員という立場で参加してきました。)この協会には、県内のプロの演奏家はもとより、指導者、アマチュアの演奏団体等も会員として名を連ねているそうです。写真のような立派なロゴマークもあるんですよ。(グラフィックデザイ...

  6. 第46回定期演奏会 2/10 in 富山県民会館 - Yesterday

    第46回定期演奏会 2/10 in 富山県民会館

    厳寒の中、富山県民会館において富山シティフィルハーモニー管弦楽団第46回定期演奏会が行われました。会場の都合でオーバードホールではなく、富山県民会館での演奏会となったわけですが、入場者数は900名を超え、この会場のキャパとこの季節を考えると大入りだったと思います。足下の悪い中、ご来場の皆様に感謝申し上げるとともに、指揮者の土井浩先生や運営の皆さんも労いたいと思います。どうもありがとうございま...

  7. 桐朋アカデミー・オーケストラ 第57回定期演奏会 11/18 - Yesterday

    桐朋アカデミー・オーケストラ 第57回定期演奏会 11/18

    今回ももう1ヶ月以上も前の出来事ですが、桐朋アカデミー・オーケストラの定期演奏会を聴きに行きました。来夏の富山シティpoのメイン曲になっているブラームスの交響曲第4番を聴く目的でに行ったのですが、シューマンのピアノ協奏曲を仲道郁代が弾くとあって、満員に近い客席でした。(それにしても何故こんなにと思うくらい年配の方が多かったという印象です…)指揮者の飯守泰次郎の指揮も初めて聴きましたが、なかな...

  8. 丸山美由紀 ピアノリサイタル201812/15北日本新聞ホール - Yesterday

    丸山美由紀 ピアノリサイタル201812/15北日本新...

    富山シティフィルとは何度も共演している丸山美由紀さんのリサイタルにご招待を受け聴きに出かけて参りました。今月初めには、富山県オペラ協会の副会長として、喜歌劇「こうもり」公演で事務方として、コレペティトァとして獅子奮迅のご活躍でした。でもって同月内での本リサイタルの開催(なかなか大変なプログラムなのに)ととても精力的に活動しておられます。今回のプログラムは以下の通りでした。モーツァルトピアノソ...

  9. 新着図書:レオポルド・アウアー自伝 - シェルマン アートワークス 蓄音機blog

    新着図書:レオポルド・アウアー自伝

    エルマン、ハイフェッツ、ジンバリストをはじめとする錚々たるヴァイオリニストたちを育てた名教師、レオポルド・アウアー(1845~1930)の自伝が刊行されました。生い立ちやアウアーの門下生たちのエピソードばかりでなく、チャイコフスキーやブラームス、ルビンシテイン、サラサーテやヴィエニヤフスキといった同時代の音楽家たちとの交流がなどが、当事者の証言として生き生きと描かれています。後半は80ページ...

  10. 福川伸陽ホルン・リサイタル  6/17立山町民会館 - Yesterday

    福川伸陽ホルン・リサイタル 6/17立山町民会館

    オーケストラの練習が降り番でお休みでしたので、立山町で行われたNHK交響楽団の首席奏者の福川伸陽のホルン・リサイタルに出かけてきました。ホルンの音、技術を堪能できたすばらしいコンサートでした。町教育委員会その他のお力により立山町で開催されたことに感謝いたします。当日は県内の吹奏楽関係の行事があり、ぜひ聴いてもらいたい中高生が少なかったのが残念でしたが、ほぼ満員の盛況でした。また、ホルンにあま...

  11. 第13回名水の里第九コンサートin黒部市国際文化センター コラーレ - Yesterday

    第13回名水の里第九コンサートin黒部市国際文化センタ...

    それにしても、ロマンティックな第九でした。ベートーヴェンが伝えたかったであろうこの曲にかける熱い思いが、マエストロ横島勝人氏の棒の下で渾然一体となって表現されていました。大きな振幅をもつテンポの揺れ、時間が止まったかのような空気感を感じさせる間の取り方、広大なダイナミックレンジをもつ強弱の幅、終結部のPrestissimoの疾走感、どれをとっても演奏者が第九という音楽に没入していける表現だっ...

  12. 第45回定期演奏会と第九コンサートの練習 - Yesterday

    第45回定期演奏会と第九コンサートの練習

    3/10には第55回定期演奏会(6/30)の指揮者である米崎栄和先生と、翌週3/17には4月の名水の里第九コンサートの指揮者である横島勝人先生とそれぞれ初練習を行いました。2週続けて違う演奏会の初練習というのは、今まで経験がないような気がしますが、とにかく両方ともオーケストラ音楽の本質に迫る(と私は思った…)楽しい練習でした。まず、米崎先生との練習ですが、前週に私がこうもり序曲とハイドン・バ...

  13. 安念千重子が歌うマーラー大地の歌 - Yesterday

    安念千重子が歌うマーラー大地の歌

    定期演奏会の翌日でしたが、楽しみにしていたの演奏会を聴きに行くために北日本新聞社ホールへ出かけてきました。今回の出演者は以下の通りです。 メゾソプラノ:安念千重子テノール:牧川修一ピアノ:丸山美由紀演出・解説:中村敬一今回の演奏会は、演奏に先立って演出家の中村氏によるスライドを使った作曲者と曲目の解説がありました。富山ではあまり演奏されたことのないこの曲を楽しむにはとてもよい企画だったと思い...

  14. Blu-rayオーディオ vs SACD - Yesterday

    Blu-rayオーディオ vs SACD

    少なからず手間とお金をかけてBlu-rayオーディオの再生が出来るようになりましたが、これが我が家で聴ける最高音質のアイテムかどうか、SACDと比べて検証してみたくなるところ。どちらの方式もそれなりにソフトは値が張るので、どれでもというわけにいきませんが、昨年末に紹介した若き日のキョンファ・チョンとプレヴィン/ロンドンsoによるチャイコフスキー、シベリウスのヴァイオリン協奏曲を思い切って両方...

  15. ラフマニノフピアノ協奏曲第2番&第3番solo ブニアティシヴィリ - Yesterday

    ラフマニノフピアノ協奏曲第2番&第3番solo ブニア...

    ジョージア(グルジア)出身の若手ピアニスト、カティア・ブニアティシヴィリによるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番と第3番は、今までの私のこの曲に対するイメージを一変させるほどの強烈な個性を持った演奏でした。特に昨年演奏した協奏曲第2番、30分間集中してこの曲を聴けたのはどれだけぶりだろうか…。まず、特筆すべきは、疾走するテンポ感です。とにかく、速い、速い!こんな快速なこの曲の演奏は聴いたことが...

  16. ドヴォルザーク 交響曲全集、協奏曲集 ビエロフラーヴェク/チェコフィル - Yesterday

    ドヴォルザーク 交響曲全集、協奏曲集 ビエロフラーヴェ...

    ビエロフラーヴェクといえば、以前から名前を聞くキャリアのある指揮者ですが、私の中ではたくさんいる指揮者の一人くらいの認識でしたが、このドヴォルザークの交響曲全集(2012~13年録音)を聴いて、評価が一変しました。そのくらい素晴らしい演奏なのです。また、チェコフィルも今までのスプラフォン録音では、どちらかというとハイ上がりなイメージでしたが、今回はDECCA録音のためか、今までのチェコフィル...

  17. 演奏家ドゥブラフカ・トムシッチ(ピアノ) - 前から後ろから!

    演奏家ドゥブラフカ・トムシッチ(ピアノ)

    Beethoven: Sonatas For PianoDubravka Tomsic (Piano)(春之介のコメント)デアゴスティーニ(DeAGOSTINI)の「The Classic Collection」の付属CDがブックオフにあった。ご承知のように、もう20年以上前に完結し販売はされていない。付属CDのみで買おうにも演奏者がケースの外からでは分からないし怪しさプンプンである。調べて...

  18. 第42回定期演奏会 in オーバードホール1/15 - Yesterday

    第42回定期演奏会 in オーバードホール1/15

    週末寒波のため雪景色となった富山県内でしたが、そうした足下の悪い中、1000人近くのお客様に来ていただいた今回の第42回定期演奏会は大成功と言っていいのではないでしょうか。これもいつも私たちを熱心に指導してくださる常任指揮者の土井浩先生や運営の皆様のおかげだと思っています。感謝いたします。それではコンサートを振り返ってみましょう…。今回のオープニング曲であるエロールのザンパ序曲ですが、往年の...

  19. 第42回定期演奏会の練習1/7 - Yesterday

    第42回定期演奏会の練習1/7

    第42回定期演奏会が来たる1/15(日)にオーバードホールにて開催されます。今回の演奏会は名誉団長・常任指揮者の土井浩先生に指揮をしていただきます。富山シティフィルとは創団以来指導を受けていますので、もうお互い手の内がわかった者同士での演奏会となります。が、メイン曲で今回本オーケストラとしては初めて取り上げるドヴォルザークの交響曲第7番に意外に苦労させられているのであります。(今回の演奏会で...

  20. 2017 ウィーンpoニューイヤーコンサート - Yesterday

    2017 ウィーンpoニューイヤーコンサート

    新年明けましておめでとうございます。今年も富山シティフィルハーモニー管弦楽団 & MORE TOYAMA CITY PHILHARMONY をよろしくお願いします。さて、今年も全く雪のない穏やかなお正月でしたが、今日1月4日は仕事始めでした。よく食べてよく飲んだ年末から正月三が日の余韻がまだ残っていますが、何とか初日を過ごして参りました。恒例のウィーンpoニューイヤーコンサートを録画...

総件数:20 件

似ているタグ