漢方薬のタグまとめ

漢方薬」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには漢方薬に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「漢方薬」タグの記事(9)

  1. 漢方でヘモグロビン値が下がる - 昭和薬局ブログ

    漢方でヘモグロビン値が下がる

    漢方でヘモグロビン値が下がる                                                     2017.9.22先日、漢方薬を買いに来られた方から、嬉しいことをうかがいました。この方(年配の男性)は、元々糖尿病を患い、「血糖値(この方の場合は、HbA1cをさしています。)が、下がらない。」とのことで、来店しました。当然、薬は飲んでいますが、一向に下がら...

  2. 城崎温泉と丹後半島 その1 - 昭和薬局ブログ

    城崎温泉と丹後半島 その1

    城崎温泉と丹後半島 その1                                                      2017.9岐阜羽島駅、三方五湖(みかたごこ)今年の夏休みには、二泊三日(2017.8.12~8.14)の「城崎温泉と丹後半島ぐるっと絶景めぐり」の旅に行ってきました。初日は、東京駅から乗車し、岐阜羽島で下車しました。それから、三日目の夕方まで、バスで移動しま...

  3. 漢方薬と鍼灸について(岡) - 柚の森の仲間たち

    漢方薬と鍼灸について(岡)

    日曜日は北辰会の勉強会でした。午前中は方剤学という分野で、芍薬についての説明でした。正直、漢方薬は小難しい、とっつきにくい、というイメージがありましたが、今回芍薬というひとつの原料に焦点を当てることで、とっつきにくい漢方薬というものが何かグーンと親しみを持てた感じがしました。何故に鍼灸師が漢方薬を学ばねばならないのかと思ったりもしたのですが、鍼灸も漢方薬も東洋医学であり治療の原理は同じで、鍼...

  4. 残暑 - いぬ猫フェレット&人間

    残暑

    今日は朝から快晴で蒸し暑いけれど、どうも午後から悪天になるそうな。台風の影響とのこと。西洋医学による薬が、どれも副作用で使えなかったけれど、漢方薬で加味逍遙散(かみしょうようさん。ツムラ。更年期障害薬。)と六君子湯(りっくんしとう。ツムラ。胃薬。)とかの有名な養命酒を日に3回服薬で調子良くなった。とは言っても、右脚の付け根からふくらはぎ半ばまで内側と膝のビリビリ痺れ(痛み)は相変わらず。腰痛...

  5. 夏と言えば - 見えてたころの私。見えなくなってからの私。~一日でも長く幸せでいれるように

    夏と言えば

    何となく毎回ちょこちょこ見てしまう、24時間テレビ。今年もやっておりますね。昨日の夜、はじめてのおつかいスペシャルで、女の子が目の見えないママのおつかいをしていました。自分の目のことを話すときは微動だにしない可愛げのない私ですが、他人のこととなると、おいおい泣いてしまう私w昨日も最後、女の子が願い事に「ママの目が見えるようになりますように」と書いていたというシーンでこらえきれませんでした…(...

  6. 虚弱体質者の夏 - いぬ猫フェレット&人間

    虚弱体質者の夏

    今日は最高気温が30℃以下という、ここ数年としては珍しい夏の日。しかし湿度が高く、蒸し蒸しし、不快指数は高く、結果熱中症になりやすいから注意!とのこと。私の体調も悪い。しかし、娘曰く「母は毎年夏はそう言ってるから、そういうもんだ、で心配する気になれない。」確かに。去年か一昨年は湿疹できてカユカユだったっけ。薬で何かと副作用が強く出て生活に支障が出てしまうことから、昨日からしばし漢方薬を試して...

  7. どくだみの花言葉 - 自然からの贈り物/草木染め

    どくだみの花言葉

    暑い一日でした。汗をいっぱいかいたのでお水をいっぱい飲みました。水場のそばにはどくだみの花。花言葉は「野生」です。野生の植物を使って草木染をしている私にはぴったりの花。でも、花のように見えるあの白い部分、あれって花びらではないらしい。花ビラの無い花にも花言葉はありました。それにしても今日は木陰が嬉しい午後でした。ものづくりを、仕事に。クリエイターの集い

  8. 漢方薬について・・・ - 日本の心(団塊の世代)

    漢方薬について・・・

     新天地で、漢方薬を思った様に使わせてもらってます。  又、以下の私の書いた「漢方薬について」の内容を、外来に置かせてもらっています。 漢方薬の使用量が近年増加傾向にあります。  何故でしょうか?・・・→患者さんからの要望があったり、医師が実際に使用して、いいと思ったケースが増えているからではないでしょうか?!  それに、(よく罹患する)感冒に使用すると、医療費が確かに抑えられますし、その上...

  9. 不妊相談の方針 - 昭和薬局ブログ

    不妊相談の方針

    不妊相談の方針                       2017.6不妊の相談にあたっては、当店では、2週間から1ヶ月に一度は、ご来店頂くようにしています。これには、重大な意味があります。同じ漢方薬を続けた方が良い場合と、変えたりする方が良い場合とがあります。また、不妊に悩んでいる方のうちには、精神的な不安(周囲からの圧力など)があることが少なくありません。悩みについて、話をすることも重...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ