濱口竜介のタグまとめ

濱口竜介」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには濱口竜介に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「濱口竜介」タグの記事(9)

  1. 「ドライブ・マイ・カー」監督 濱口竜介 - 絵手紙 with 都々逸

    「ドライブ・マイ・カー」監督 濱口竜介

    撃沈です。私にはこの映画の良さが分かりませんでした。カンヌ国際映画祭で脚本賞ほか4冠に輝いた作品。村上春樹の短編「ドライブ・マイ・カー」を原作としています。俳優・演出家である家福悠介(西島秀俊)は、脚本家の妻・音(霧島れいか)を病により突然亡くします。家福は、妻が以前から複数の男性と関係を持っていたことを知っていました。深い喪失感から物語は2年後となり、ここでスタッフロールが流れ出します。家...

  2. 「ドライブ・マイ・カー」2021年日本(@TOHOシネマズ日比谷) - haruharuy劇場

    「ドライブ・マイ・カー」2021年日本(@TOHOシネ...

    「ドライブ・マイ・カー」2021年日本(@TOHOシネマズ日比谷)村上春樹の短編小説が原作。村上春樹ファンは行かなきゃという想いと、カンヌで脚本賞を受賞した濱口竜介監督の劇映画とはどんなものなのか?をちゃんと映画館で見て見たいという想いから9月1日の映画の日(今はファーストデーと言うみたいですね)に、チケットを予約して見に行った。実はこれを書くために濱口監督のことを調べていたら山形の国際ドキ...

  3. Drive My Car - 5W - www.fivew.jp

    Drive My Car

    村上春樹さんの短編小説「女のいない男たち」の「ドライブ・マイ・カー」の映画を見ました監督:濱口竜介

  4. 「ドライブ・マイ・カー」パリ13区の映画館にてプレミア上映鑑賞しました。 - keiko's paris journal                                                        <パリ通信 - KSL>

    「ドライブ・マイ・カー」パリ13区の映画館にてプレミア...

    2021年8月17日濱口竜介監督映画「ドライブ・マイ・カー」がパリ13区のMK2 Bibliothèque にて先行上映されました。翌日18日(水)の全国公開に先駆けて、パリのいくつかの映画館で17日(火)20時から先行上映があり13区に住む私もこれを活用したわけです。私にとっては、コロナ禍以降初の映画館。現在フランスは映画館や美術館、レストラン等の施設に入る前に衛生パスか、PCR検査の陰性...

  5. パリの広告塔に濱口竜介監督「ドライブマイカー」映画ポスター日仏比較 - keiko's paris journal                                                        <パリ通信 - KSL>

    パリの広告塔に濱口竜介監督「ドライブマイカー」映画ポス...

    2021年8月14日土曜日早朝ポンデザール(芸術橋)脇の広告塔に濱口竜介監督作品「ドライブマイカー」のポスターが。日本のポスターとだいぶ違います。このポスターを見て村上春樹短編集「回転木馬のデッドヒート」の中の一編「タクシーに乗った男」を思い出しました。今年のカンヌ映画祭で脚本賞を受賞した本作!来週水曜日8月17日フランスで公開されます!3時間の大作だと聞いています。待ちに待った本作、フラン...

  6. 9月、青い、珊瑚礁。 - わたなべこうへいのすきなもの手帖

    9月、青い、珊瑚礁。

    9月20日、雨。吉祥寺のスタパで山本精一さんと柴谷聡子さんのライブ。なぜか山本精一さんがスタパでライブをする時は雨率が高いような気がする。山本精一さん、羅針盤の「かえりのうた」を演奏してくれてうれしかった。「いくら水を飲んでも眠れない」の部分が好き。あとは「もの投げるなや」、山本精一PHEWの「そら」、「まっすぐにみちをはずすわたしには」もやってくれたっけな。柴田聡子さんは「リスが来た」と「...

  7. 100 ans de cinéma japonais滝口竜介監督作品『親密さ』上映とアフタートーク@パリ日本文化会館 / 日本映画の100年 - keiko's paris journal                                                        <パリ通信 - KSL>

    100 ans de cinéma japonais滝...

    2019年2月23日パリ日本文化会館にて、濱口竜介監督映画『親密さ』が上映されました。ジャポニスム2018のプログラムの一つ、『日本映画の100年』にて実現。フランスには大勢の濱口竜介監督ファンがいます。現在フランス全土で上映中の新作『寝ても覚めても』は去年のカンヌ映画祭で大絶賛されました。しかもちょうどこのカンヌ映画祭と重なるタイミングで、2015年の作品『ハッピーアワー』も、フランス初公...

  8. 9月某日、 - わたなべこうへいのすきなもの手帖

    9月某日、

    9月某日、その後地下鉄乗って映画館へ。濱口竜介監督、「寝ても覚めても」へ。さすが「ハッピーアワー」の監督の作品だった。もしかしてこれは全部岡崎伸行(渡辺大知)が見た夢だったんではないかという風に思った。帰りは小雨だった。9月某日、ファミマで買い物をしているといきなり「ボアダムス」とアナウンスが流れたのでビクッとしたが朝霧JAMの宣伝だった。ヒミズ2巻読んだ。

  9. 映画『ハッピーアワー』濱口竜介監督作品 - keiko's paris journal                                                        <パリ通信 - KSL>

    映画『ハッピーアワー』濱口竜介監督作品

    今年5月、カンヌ映画祭と同時期にフランスで劇場公開された日本映画『SENSES』。濱口竜介監督の、2015年の作品。原題は『ハッピーアワー』です。この映画が公開されていた5月、濱口監督は、ちょうどカンヌ映画祭コンペ部門に新作『寝ても覚めても』を発表していました。その監督の、3年前の作品がなぜか今頃、フランス全土で劇場公開。不思議でした。なんでも、『SENSES』はスイスのロカルノ国際映画祭で...

総件数:9 件

似ているタグ