火の鳥のタグまとめ

火の鳥」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには火の鳥に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「火の鳥」タグの記事(18)

  1. 羅針盤。 - N-style

    羅針盤。

    皆さま、こんにちは~(。◕ ∀ ◕。)一番寒い時期…大寒になりました。暦通り、こちらもだいぶ寒くて…おうちおこもりです。昨日は、Naoさん、実は、年末に受けた検査の結果を受け取りに外出致しました。この状況なので、車で安心なお出かけです。院内は、検温もあって、平常に機能しておりました。結果、無事に異常なしのお墨付きをいただいて、ホッと一安心です。さて。本日は…昨年末くらいから、少しずつ読んでお...

  2. 1泊2日輪行旅行③ - 服部産業株式会社サイクリング部(3冊目)

    1泊2日輪行旅行③

    ここからは輪行編揖斐駅は養老鉄道 の始発駅となり大垣駅乗り換えで桑名駅まで走っています。今回はサイクルトレインに一度乗ってみたくて、この旅を計画したのです!揖斐駅~播磨駅(桑名の1つ手前)まで自転車を車両にそのまま載せれるサイクルトレインは休日には全車両で実施しています。駅員さんに聞くと桑名駅までは行けないとの事。播磨駅で降り桑名駅まで走る事も考えましたが時間のロスもあるので乗り換えの大垣駅...

  3. 姉さん(小4)の価値観と、なるほど鋭い意見。 - 続。徒然、フム店長。

    姉さん(小4)の価値観と、なるほど鋭い意見。

    姉さん(小4)10歳。小さいころの天真爛漫さはとうに薄れ、正しい事・悪い事の分別がつき、その上で「価値観」のフレームが出来てきた印象。姉さんの意見は「なるほど!」と言わしめる、鋭い視点で。これが結構おもしろくて。最近は、ポスト安倍総理のおじさん候補3人がテレビに映ったとき「なんで女性は首相にならないの?」「日本は女性が首相にならないんだよね、なんで?」大人のワンピースが一万円で売っていて、母...

  4. 火の鳥の宿るベンチ5台目51話~ - 羊と猫と私

    火の鳥の宿るベンチ5台目51話~

    イラスト:黒田征太郎氏(朝日新聞デジタルよりお借りしています〈あらすじ〉…その回までのあらすじです。朝日新聞のあらすじをそのままコピーしています。51話〈四章東京その六大震災の日〉の続き。1931年、関東大震災時の事故で記憶を失った要造は、妻・夕顔の死にも無感動なのだった。やがて満州で鉄道が爆破されるが、關東軍の自作自演が露見、石原莞爾ら首謀者は左遷、スパイとして川島芳子は獄中死する。3年後...

  5. アカショウビン - 四季の鳥達歌

    アカショウビン

    アカショウビン今年も営巣2ツガイ夫婦共同作業家造り中今季は何羽の雛が巣立つのか?

  6. 火の鳥の宿るベンチ4台目41~50 - 羊と猫と私

    火の鳥の宿るベンチ4台目41~50

    イラスト:黒田征太郎氏(朝日新聞デジタルよりお借りしています)〈あらすじ〉…その回までのあらすじ(1週遅れ)です。朝日新聞のあらすじをそのままコピーしています。41話〈四章東京その四〉の続き。日露戦争のさなか、海軍の東郷平八郎は鳳凰機関こと要造に、未来視を要求。バルチック艦隊が通るのは、対馬海峡か、津軽海峡か。要造は当てずっぽうで選び、はずれたら時間を巻き戻す算段をした。42話〈四章東京その...

  7. 火の鳥の宿るベンチ3台目31~40 - 羊と猫と私

    火の鳥の宿るベンチ3台目31~40

    イラスト:黒田征太郎氏(朝日新聞デジタルよりお借りしています)〈あらすじ〉…その回までのあらすじ(1週遅れ)です。朝日新聞のあらすじをそのままコピーしています。40話 緑。赤、いや緑?〈四章東京その四〉の続き。海軍の東郷平八郎に未来視を命じられた要造は、大滝に代わる火の鳥調査隊の派遣を軍に求める。日露開戦後、出番がないまま、バルチック艦隊が出発との情報が。1905年になり、要造は東郷に呼び出...

  8. ストラヴィンスキーに酔った夜 - 梟通信~ホンの戯言

    ストラヴィンスキーに酔った夜

    雨天順延した大掃除、寝坊したけれどカミさんが手伝ってくれたのでずいぶん気持ち的にも楽だった。きのう町を歩きながら、亡妻に、正月といえば職場から10人も20人も客を連れてきて大御馳走をふるまわせた(ぼくの手伝いは買い物と部屋の掃除くらい)ことを思いだして、大変だったろうなと半世紀ごしのいたたまれない後悔をしていたのだった。歯医者に行く途中、知らない道に入ってみたら、「天然はちみつ」という幟が立...

  9. 「火の鳥」の宿るベンチ  2台目21話~30話 - 羊と猫と私

    「火の鳥」の宿るベンチ 2台目21話~30話

    イラスト:黒田征太郎氏(朝日新聞デジタルよりお借りしています)〈あらすじ〉…その回までのあらすじ(1週遅れ)です。朝日新聞のあらすじをそのままコピーしています。21話 芳子といっしょにいたくても…きっとまた楼蘭の王女マリアの語るところによれば、日本軍よって楼蘭から火の鳥の首が何度も奪われ、そのたびに歴史が改変されているという。外界と隔絶した「永遠の一日」が続く楼蘭は、火の鳥の首が持ち出される...

  10. 「火の鳥」の宿るベンチ - 羊と猫と私

    「火の鳥」の宿るベンチ

    〈あらすじ〉(朝日新聞デジタルさんのアラスジをコピペしてます。朝日新聞さんありがとうございます)

  11. 火の鳥 - 開けゴマ!

    火の鳥

    昨日、仕事の打ち合わせの最中唐突に火の鳥さんが来ました笑おー、火の鳥かぁ〜とその場でさくっとメモだけしてそしたら今日、エナさんとりんこさんが「破壊と再生」の話しててねするするする〜と不死鳥さんの話が現れました。ここ1ヶ月よそ見してる暇もないくらい仕事が忙しかったのに不死鳥さんたら急に今日絵を描く時間を作ってくれました笑創造の時間をありがとうエナさんもりんこさんも書いてたけど、火の鳥、不死鳥が...

  12. ステラの本棚『L'Oiseau de feu』 - 海の古書店

    ステラの本棚『L'Oiseau de feu』

    去年の夏、初めてブンブンさんの夏のお茶会に参加させていただきました時、主にフランスの絵本をご覧いただきました。海外の美しい絵本がもっと日本に紹介されればと願って、機会を得るたびに繰り返してきた活動でした。来週末のステライベントに新しいお客様から絵本をご覧になりたいとの嬉しいリクエストをいただきました。これから絵本の取り組みをしてゆかれる方からのリクエストでした。ストラヴィンスキーのバレエ曲『...

  13.  アカショウビン・・・ブナの森の火の鳥 - フォト エチュード  Photo-Etudes

    アカショウビン・・・ブナの森の火の鳥

    梅雨の季節らしい梅雨の今年、合間を見つけて遠出のドライブ=「八東の森」に7年ぶりに出かけた。きっかけは、昨年11月の「ジャパンバードフェスティバル 2018」のイベントで、高田館長の「無料宿泊券」が当たったこと。『きれいな写真さえ撮れたら自己満足、おまけに写真仲間にほめてもらえれは大満足で、被写体がその後生きようと死のうと彼らにとってはどうでもよいことらしい。自分が無理やり撮影したためにその...

  14. あずにゃんのとなり「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」 - ゴチログ GOTTHI-LOG

    あずにゃんのとなり「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」

    こんばんは、ゴッチです。ザ・コナミという感じの横スクロールアクションただいま本棚に飾ってあるファミコンソフトは「火の鳥 鳳凰編 我王の冒険」。手塚治虫の未完の名作「火の鳥」の中から「鳳凰編」をゲームにしたもの。発売された頃に火の鳥のアニメ映画がありましたが、それのゲーム版ってことかな。ノミを投げて妖怪を倒し、火の鳥の彫刻を集めていきます。現在、太古、来世と時間をも飛び越え、火の鳥を完成させる...

  15. ラスト・フェニックス - 浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

    ラスト・フェニックス

    「鹿児島ゆかりの作品」展本日終了しました。右「フェニックス/浜本隆司」です。「フェニックス」2018 4-8お越し頂いた皆様ありがとうございました。今回、来られた方々から、素敵な感想やアドバイスを頂いて、嬉しかったです。よく言われることですが、たかが絵、されど絵の精神で自分のありったけのものを込めて、高い山に登って行こうと思います。楽しみの中に苦しみ、苦しみの中に楽しみ、喰わねど高楊枝、諸行...

  16. [WORKSHOP + ART DIRECTION] 火の鳥に呼ばれるコネクションとインスピレーションとクリエイション - maki+saegusa

    [WORKSHOP + ART DIRECTION] ...

    嘘みたいなミラクルが日常茶飯事で。「まさかそんなことあるだなんて!!」のハッピーなイベントの連続式な私の人生。近頃は、フェニックスにまつわるシンクロが止めどなく。ワクワクとその流れを楽しんでいたら、まさかまさか、ほんとに不死鳥に呼ばれたらしく『火の鳥』の町(⇒)からオファーが到来!こうして、ビューンと関西へ。嬉々として繋がり織り重なるコネクションと、インスピレーションと、クリエイション!うわ...

  17. 新宿スナップ - 1日1ん!

    新宿スナップ

    雪の日以来、風邪をひいて絶不調だったのですが、昨夜は久々に飲み会で新宿まで出かけました。中学の同窓会なので、よりピンポイントに子供の頃の記憶が蘇ります。西郷どんの舞台になってる鹿児島。しばらく忘れていた懐かしい風景に、また無性に戻りたくなりました。写真は新宿の街でのショットです。

  18. アカショウビン - とりんちゅう

    アカショウビン

総件数:18 件

似ているタグ