火打山のタグまとめ

火打山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには火打山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「火打山」タグの記事(22)

  1. 20201027 【今日の天気】秋晴れ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20201027 【今日の天気】秋晴れ

    太陽が妙高山・火打山を照らしています。今朝のわが家、二階の窓から。24日から25日にかけて降った雪が、まだ残っています。隣の火打山は、さらに白い

  2. 火打山登山2020年8月10日 - 追分日乗

    火打山登山2020年8月10日

    「山の日」と言うことで火打山(標高2462m 百名山)に上りました。チングルマ咲き乱れる「天狗の庭」と呼ばれる神秘的な湿原に心癒されます。新潟県になりますが、上信越自動車道妙高インターから、笹ヶ峰の登山口まで約30分、追分からですと一時間半強の場所です。笹ヶ峰の標高は1300メートル程度あり、登山での標高差は1155メートル、累積で1254メートルで、日帰りで行けるぎりきりの行程です。実績は...

  3. 20200326 【今日の天気】妙高山・火打山がきれい - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200326 【今日の天気】妙高山・火打山がきれい

    良く晴れた青空に、妙高山と火打山が、くっきりと。

  4. 20200207 【今日の天気】頸城三山がくっきりと - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20200207 【今日の天気】頸城三山がくっきりと

    朝からすごく良い天気でした。午前中に牧区まで用事があったので、「妙高の写真を撮りたい」と思い、カメラを積んで出かけました。案の定。街並みを外れ、農道に入ると、素晴らしい山なみが見えてきました。田んぼには稲の株があらわです。1枚には入りきらないので、何枚か撮影し、つないでみました。左から、左端にちょっと見えているのは飯綱山、そこから右へ黒姫山、妙高山、火打山、焼山、右端は大毛無山です。

  5. 雪の火打山~妙高山、縦走 - モルゲンロート

    雪の火打山~妙高山、縦走

    この前、昔の山仲間O君の誕生日に、フェイスブックに「おめでとう」のメッセージとともに何か思い出の写真を添えようとアルバムをめくっていて、1988年5月の雪の火打山~妙高山縦走の1枚をスキャンし、送りました。で、懐かしくなって、この機会に、他の写真もスキャンし、デジタル化して残すことにしました。5月27日、夜行「きたぐに」で大阪を発ち、28日朝、妙高高原駅からタクシーで登山口、笹ヶ峰へ。だいぶ...

  6. 20191214 【快晴】妙高山と火打山 - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20191214 【快晴】妙高山と火打山

    電柱に取り付けられている防犯灯。その蛍光灯が切れてしまったので、LED灯に取り換えることにしました。市に補助金を申請するために写真を撮りに行きました。少し足を延ばして稲田橋まで行ってみました。白雪をまとった妙高山と火打山が、青空に映えていました。

  7. 20190927 【自然】朝焼けの妙高山 - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20190927 【自然】朝焼けの妙高山

    昨日26日の朝です。『しんぶん赤旗』を配り終え、カメラを持って、稲田橋へ行きました。風はなく、水面に、妙高山、火打山が逆さに映っていました。慌てて飛び出したため、望遠レンズのままでした。3枚を結合してみました。つながりが残ってしまいました。

  8. 火打北面横断電車ツアー - ura-sasa 妙高裏ササ日記

    火打北面横断電車ツアー

    足慣らしも済んで自分なりの小さなGW(とはいっても2連休)最終日は火打北面へどこに行こうか考えていたところにタイミングよくヤッチから山に行きましょうの連絡が入ったので前からやってみたかった笹ヶ峰から火打を越えて笹倉へ行って電車を使って戻る日帰りツアーに挑戦ヤッチの目標は火打の北面で僕の目標は笹倉に降りてからスムーズにバスと新幹線とときめき鉄道で帰ってくること!意気揚々と豊富に雪が残る笹ヶ峰を...

  9. 20181213 【火打山】入域料徴収 - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20181213 【火打山】入域料徴収

    10月1日から21日まで行われた火打山・妙高山での入域料徴収実験の結果が公表され、上越タイムス紙に掲載されました。記事によると、3459人が入山し、2963人が協力し、約146万円が徴収されたとのこと。徴収した入域料の使い道に、関心があることもうかがえます。

  10. 20180703 【登山】火打山 - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20180703 【登山】火打山

    登山口の駐車場には、平日のためか7~8台が停まっていただけだった。登山届けを出して歩きだす。朝だというのに、すでに蒸し暑い。黒沢橋で休んでいると、以前高谷池ヒュッテの管理人をしていた築田氏が「やあ」といって追い越していった。彼のスピードにはついていけない。十二曲のいやな階段を登り、アオモリトドマツの林に入るが、涼しくならない。富士見平で降りてくる人と会う。黒沢岳の巻道の笹藪で「ガサガサッ」と...

  11. 夏到来!涼を求めて火打山 - ☆  Happy Photo Life ☆

    夏到来!涼を求めて火打山

    火打山の裾野にある天狗の庭夏になると一面をピンクに染めるハクサンコザクラが有名とか。そんなピンクのジュータン見たさに登ってきました。

  12. 20180703 【登山】高山植物たち-2 - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20180703 【登山】高山植物たち-2

    天狗の庭の池塘ではまだ早かったが、そこへ降りる所は、コバイケイの花園だった。ベニバナイチヤクソウハクサンシャクナゲミヤマキンポウゲツマトリソウイワイチョウ

  13. 20180703 【登山】高山植物たち - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20180703 【登山】高山植物たち

    笹ヶ峰から高谷池までの間には、たくさんの花々が見られる。コケイランヨツバムグラユキザサウラジロヨウラクミツバオーレンベニバナイチゴサンカヨウオオバミゾホウズキ高谷池のミズバショウ

  14. 20180703 【登山】ハクサンコザクラ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20180703 【登山】ハクサンコザクラ

    天狗の庭周辺では、ハクサンコザクラが見ごろを迎えていた。写真を撮るときは見過ごしてきたのだが、背景にアオノツガザクラが映っていた。

  15. 20180703 【登山】火打山のキヌガサソウ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20180703 【登山】火打山のキヌガサソウ

    2日の火打山登山は、敗退退却したが、目的の一つでもあった高山植物たちにたくさん出会うことができた。高谷池・天狗の庭周辺のキヌガサソウは大好きな花だ。

  16. 20180703 【火打山】敗退 - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20180703 【火打山】敗退

    遊歩会の行事が中止になったので、2日はまるまる空くことになった。「今年はまだ一度も登ってないなあ」ということで、火打山に行ってきた。一日中、うだるような暑さで、閉口した。最終的には、頂上直下の急登の手前で、左足が痙攣し、しばらく動けなくなり、敗退・退却してきた。今から考えると「熱中症」の症状だったのかも知れない。

  17. 火打山♪ - refalt blog

    火打山♪

    2017.9.25嫁さんと二人で火打山♪とても良い天気♪ってことで、子供達を学校に送り届け、そのまま火打へGO!!ここ最近の寒さで、まさかの紅葉♪9月中にこんなに綺麗に紅葉してるなんて、めっちゃ綺麗でした♪自分、大好きスポット天狗の庭に到着。火打の頂上付近はあいにくの天気。雲がかかっていたので、山頂アタックは中止。天狗の庭に戻り、二人でお弁当を食べて帰宅しました♪次回リベンジっす♪過去の店主...

  18. シーズンの締めは火打で - ura-sasa 妙高裏ササ日記

    シーズンの締めは火打で

    6月に入ったらスキーシーズンも終了ということで例年なら5月後半から北アルプスで遊んでフィナーレもその辺で・・・ということにするのですが今季はつくづく天気が合わないようで不完全燃焼のまま6月今日もそっちのほうに行ってラストにしようかと思っていましたが、シーズン振り返ってみるとホームの山のピークを今季は一度も踏んでいないことに気が付きました。焼山はしょうがないとしても、妙高・火打登らずでは不完全...

  19. 容雅山から大毛無山が本日のメインイベント - ura-sasa 妙高裏ササ日記

    容雅山から大毛無山が本日のメインイベント

    澄川を降りて1300mきった位のところから容雅山からの稜線にとりつくことに稜線からボロボロと落っこちた大きい雪の塊の間を抜けてサクッと稜線に・・・と行きたいところでしたが、下から見えた藪は小さめでしたが、実際はめんどくさい大きさで雪が切れてる区間もちょっと多すぎおまけに山頂直下も思いっきり空いていて、苦労しそうというか登れなさそうなんで進路変更で容雅山の山腹を巻いて大毛無側に回り込むことに稜...

  20. まずは火打から澄川へ - ura-sasa 妙高裏ササ日記

    まずは火打から澄川へ

    いざ火打から澄川へのツアー行くことになって、悩みどころは下山口。朝、本日の相棒マークとコンビニで待ち合わせして第一希望の旧ARAIを見に行くと結構下の方は雪が無い。ゲレンデも旧ナイターゲレンデの上半分くらいまで。かなり歩くじゃない・・・ということで第3発電所側出口の岡沢へ向かいましたが、当然、こちらは通行止めになってる林道の除雪が進んでいるようで、数日前にここを降りたというマークが一言「ここ...

総件数:22 件

似ているタグ