火葬のタグまとめ

火葬」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには火葬に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「火葬」タグの記事(13)

  1. 納骨 - 後の祭り

    納骨

    式場から霊柩車で火葬場(斎場とも言う)に炉の前に運ばれたN市は緑の中の新しい葬祭場だった職員が故人の確認を行って棺の蓋を閉じる足元から耐火シャッターのうちに入れられ扉が閉じられる僧を伴ってもいないし僧の読経も頼んでいない化粧扉が閉じられ、職員が恭しく宣告する合掌して・・それが点火の合図になる喪主が点火のボタンを押す演出がある足元先端部のバーナーの火が棺と遺体全体に回っている筈だ片足がないし、...

  2. キリスト教の火葬式の葬儀社費用と天国や地獄などの死生観とは? - キリスト教葬儀の喪主&参列者向けおすすめ情報!

    キリスト教の火葬式の葬儀社費用と天国や地獄などの死生観とは?

    キリスト教の火葬式の葬儀社費用と天国や地獄などの死生観とは?クリスチャンの直葬・密葬にかかる葬儀社費用は、20万円前後が相場です。世界のエンディングには、全ての人類が生き返らされて、最後のジャッジメントを迎えることになると神の御ことばで記述されている。決して、体と分断されたことではございません。イスラエルのオリーブ山では、ジーザスのセカンドカミングが来た時に即刻に死者の中から甦らされて、キリ...

  3. かめちゃんの旅立ち - 木洩れ日のリビング。

    かめちゃんの旅立ち

    2018年12月27日午前8時30分我が家のかめちゃんが天へ旅立ちました。余命半年宣言から、13カ月、体調が優れない日々を何とか乗り越えて、二日前には、活発に動いていたので、まだ、まだ、先なんじゃないかと期待してたので、残念でなりません。いつもの朝、少し遅く起きた私をかめちゃんは、水中からちょっと、顔を出して待ってました。かめちゃんを餌の前に、移動してあげて餌を食べようとした瞬間、力が抜けて...

  4. 葬式のレール⒁墓守 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⒁墓守

    墓守の仕事に興味を持ったのは、第3の仕事を求めての話であった実はハローワークを通じて初めての面接だった、樹木葬の企画会社だった面接の後すぐに丁寧に断られた、2年も前の話である詮無いながらもそういうことにも勉強させていただいた埋葬(納骨)の形は様々であるが、ここの遺骨はお寺の庭で手厚く祀られる大きな石の墓標はないが、寺の中である、本物感?はある火葬ゆえに出来ることである、納骨の墓に近い方法だと...

  5. 葬式のレール⑿焼却炉 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑿焼却炉

    京都のロストル式焼却炉は火床の下に受け皿煉瓦がある骨(灰)は受け皿に落下、遺骨が崩壊する少し冷却の時間をおく下半分の耐火シャッターを上げて受け皿煉瓦を引き出す頭蓋骨と腕や脚の骨の形が残っている程度磁石で金属を除去して参列者が骨壺に収骨する・・この間、約1時間であるそのための技術は生半可なものではない・・・ということだロストルというのは火がよく燃えるように炉やストーブの下部に設けた鉄製の火格子...

  6. 葬式のレール⑺僧侶の役割 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑺僧侶の役割

    人は皆、数多くの葬式を見てきているひょっとしたら自分の時の参考になるかもしれないと思うだから、葬儀は進化してきた葬儀屋に言わせれば客の望みに近づけてきたその気持ちはお寺さんと言われた僧侶も同じだろう僧侶の数が故人の偉大さを代弁するとはだれも思っていないが、引導役の僧侶の位や衣装が葬式の演出をしてきた逆にその気持ちは葬儀屋も同じだろう大きな祭壇ほど熱が入るのは当然である火葬式や直葬で戒名や引導...

  7. 葬式のレール⑹葬式は誰のため - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑹葬式は誰のため

    葬儀の自由度という言葉は本人(故人)の気持ちである例えば小生の父はそのことを言い残さなかった小生は自分の意思で父の葬儀をした葬儀屋の会場の都合もあった大きな葬儀ではあったが・・父の住まいから距離があった体の調子の悪い父の友人たちの参列が少なくなった親族の他は多く私の仕事の関係者であっただが、あらかじめ下あたりした地元の寺院は宗旨の違いで断られていた父も私も付き合いがなかったのだから仕方がない...

  8. 葬式のレール⑸終活 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑸終活

    告別式会場から霊柩車で火葬場(斎場とも言う)に炉の前に運ばれた遺体は火夫が故人の確認を行って棺の蓋を閉じる足元から耐火シャッターのうちに入れられ、炉の扉が閉じられる化粧扉が閉じられ、僧が読経を行うそれが点火の合図になる足元先端部のバーナーの火が棺と遺体全体に回る「火葬」を省略できないのが葬式であるだから、言い換えれば火葬を行うために付随したものが葬式ということになる人の死に対して火葬の儀式だ...

  9. 葬式のレール⑶無縁死 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑶無縁死

    孤独死のもう一つの寂しさは葬式であるいわゆる"直葬”になる火葬のみである「チチキトクスグカエレ」、遅れて死に目に会えなかったというような文学の世界ではないむしろ、腐敗した屍として他人に発見される生物学の世界である"行きだおれ"ということもあるかもしれない身元が分からなければ「行旅死病人」として自治体のお世話にならなければならないそこまで行くと身内に葬式をしてくれ...

  10. 葬式のレール⑴火葬 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑴火葬

    葬式は辛いものだしかし、葬式を成し遂げることで自分の死という別の辛さを感じることができる、という今の葬式は火葬という極めて厳粛なしかも化学的な酸化によって肉体の処理をする現代では誰もが避けて通ることのできないことになっている魂は気化し、他人には捕えられない宇宙哲学の世界に入ってしまう地獄で裁かれるのは仕方がないとしても肉体がさいなまれることは実感がない火葬の一番の利点は地獄まで肉体を持って行...

  11. お礼 - アイマグブログ― らいおん動物病院 らいおん先生

    お礼

    今日は午前中の診察が終わったあと、愛猫のあずきを火葬しに霊園に行きました。なかなか火葬に行く時間もなく今まで冷蔵庫で保管してました。その間、昔のスタッフ達が挨拶に来てくれました。みんなに愛されていたあずき。ふと患者さんからお花が届きました。前回のブログをみて送ってきてもらったと思われます。この場を借りてお礼申し上げます。とても綺麗なお花でしょ。火葬の時もっと涙が出るのかと思ってたんですが意外...

  12. 墓があってもはかない/樹木葬④ - 鯵庵の京都事情

    墓があってもはかない/樹木葬④

    ある墓地の宣伝で、〝自分のお墓のないことははかないことです″と言うのがあったジョークにしてはインパクトがある名文句だと思うまた、一方ある宗教グループは「お墓は無くてもいい」という運動をしたりしている肉体は火葬したら、それで終わる各地の自治体の条例では、もちろん火葬後すぐに遺骨は引き取られるものとなっている前回に述べたが、わが京都市も慣習は部分収骨である実際、火葬場に残された灰は丁寧に処理され...

  13. 寿命は延びたか?納棺体験の話 - ひだまりすずめ 中山寒稀のブログ

    寿命は延びたか?納棺体験の話

    こんにちは。そろそろ、コートじゃ暑いかなあと感じるようになってきました。春だなあ……さて、少し前の話になりますが、とあるイベントで納棺体験をしました。生前納棺は寿命が延びると言われており、人気の終活イベントのひとつ。実は、私は閉所恐怖症。ぜーったい無理!と思っていましたが、いつも大人気の納棺体験に人がいないのを見て、好奇心に勝てず、チャレンジ。用意されていたのは、白木のシンプルな棺。しかし、...

総件数:13 件

似ているタグ