炭鉱のタグまとめ

炭鉱」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには炭鉱に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「炭鉱」タグの記事(120)

  1. 2018.10.21 大夕張④千年町散策 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.10.21 大夕張④千年町散策

    千年町駅付近の旧道坂の手前の右側に住んでた家が有りました千年町バス通り土蔵の基礎がしっかり残っています南部小や鹿島橋に続く道砂利道になった所で湖の中に階段も残っています木製の擁壁も残っています青葉荘が有った辺りです母校東小も水の中旧道のアイドルキリ助今日も静かに千年町を見守ってくれています常盤町の紅葉が綺麗ですね交通安全都市夕張市遠くにキリ助が見えます来年また来るね

  2. 2015.10.21 真谷地と清水沢 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2015.10.21 真谷地と清水沢

    真谷地の街並みも少なくなって来たねえ一時期木炭を作ってたらしい清水沢駅無人化になって後は廃線を待つばかり三菱大夕張鉄道の始発駅でした清水沢ダム発電所跡が良く見えます湖水には紅葉が似合いますね

  3. 産炭地研究シンポジウム - Lens Life Blog

    産炭地研究シンポジウム

    2018.12.15(SAT)今年もあと2週間しかありませんが皆様お元気ですか?ちょっとした誤診で、(マジ勘弁して)人生を諦めかけそうになった、ゆんぐです。(´Д`;)取り敢えずホッとしたところで、シンポジウムを拝聴に行きました。立坑ヤード見学の方達が戻ってこられたところで、市長の開催宣言とご挨拶でした。会場はこの後、満員御礼状態。市内在住の方も多く、関心の高さを伺えます。H30年度北海道み...

  4. 80年代夕張136・炭山祭り - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    80年代夕張136・炭山祭り

    炭住街をまわる子供神輿。社光の子供神輿はこの年が最後となったと記憶している。夕張市社光で1983年写す。

  5. 2018.08.17 遠幌と沼ノ沢 北海道一周72 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 遠幌と沼ノ沢 北海道一周72

    遠幌保育園大夕張時代の我が母校で唯一残っている建物です昔は炭鉱の事務所だったらしい沼ノ沢駅のレストランおーやまさん残念ながら夜の営業はお休みでした松本零士さんのポスターを見る事が出来ましたこのホームに列車が来るのは後僅か

  6. 2018.08.17 大夕張② 北海道一周71 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 大夕張② 北海道一周71

    鹿島小グランドにお帰りなさい大夕張仲間と訪問しました鹿島小の門大夕張を愛した仲間ここに眠るビールでお供え又来ますよ旭沢橋梁が顔を出してましたふるさと大夕張の碑我が学びやも水の中

  7. 2018.08.17 南大夕張 北海道一周69 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 南大夕張 北海道一周69

    三菱大夕張鉄道保存車両後方には美鉄バスも保存されてます先頭はラッセル車雪深い大夕張で活躍していました客車内も当時のまま保存されてますそば天国村は残念ながら営業をやめてしまった様です

  8. 2018.08.17 大夕張① 北海道一周68 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 大夕張① 北海道一周68

    三夕トンネル抜けると大夕張最初に寄るのはこの橋重構桁と言って旧陸軍の可搬橋を使った橋です大夕張に何箇所か有るんですが許可無しで見れるのはココだけです鹿島小グランドのイタヤカエデ黄色い旗がお帰りなさいと言ってます千年町のキリ助元気で安心しました旧道の坂の手前に家が有りました千年町バス通り鹿島東小はダム湖の中ですが変わらず有る夕張岳は住んでいた当時と変りません

  9. 2018.08.17 住友奔別立坑 北海道一周66 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 住友奔別立坑 北海道一周66

    夏の時期に行われる特別公開住友奔別立坑この場所に普段は入れません豪雨の影響で水が凄い事になっていますその奥に有る巨大な建物中に入れます石炭積み出し用のホッパー貨車が3列入る大規模な施設です崩れた壁から立坑が見えます途中で増築された様で形状が変わってますここから眺めるのも夏の一時の楽しみです

  10. 2018.08.17 美唄炭鉱 北海道一周64 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 美唄炭鉱 北海道一周64

    炭鉱メモリアル森林公園立坑が綺麗に並んだ風景は珍しい片方から空気を入れ、もう片方から排気していたそうです三菱美唄炭鉱ホッパーも残っています途中石炭が見えます露天掘りを続けている様です今でも火力発電用に使われているそうです三菱美唄記念館小じんまりした展示です救護班の制服はどの炭鉱でも白ですね三菱大夕張炭鉱の美唄鉱業所だった時期も有る様です最後の方でしょうか

  11. 2018.08.17 郷土館ゆめつむぎ 北海道一周61 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 郷土館ゆめつむぎ 北海道一周61

    歌志内の郷土館ゆめつむぎ懐かしのスバル360後ろのマネキンが着てるのは東京オリンピックの公式衣裳懐かしいグッズが多いのでゆっくりしたい場所ですフラッシャー付き自転車も懐かしい地下には炭鉱の展示が坑内で活躍したブルトーザ炭車やバッテリー機関車炭鉱の様々な機械が置いて有ります救護班装備カッペやコールピックコンパクトな展示ですが見応え有りますよ開館日が少ないので注意が必要ですホームページはhttp...

  12. 2018.08.17 赤平立坑見学④ 北海道一周59 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 赤平立坑見学④ 北海道一周59

    自走枠工場手前の強そうな機械はロードヘッダ坑道を掘り進むのに使われます赤平は三井系なので三井三池製です自走枠とドラムカッター実際の採炭現場ではもっと沢山の自走枠が並びます自走枠は落盤しない様に天井を支える器具で水圧や油圧で作動しますドラムカッターで石炭を掘り出した後の空間に枠が1か所ずつ前方に(写真では右に)移動する事が出来効率が高い採炭方法です現在でも釧路コールマインで使われているそうです...

  13. 2018.08.17 赤平立坑見学③ 北海道一周58 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 赤平立坑見学③ 北海道一周58

    立坑建屋に戻ります立坑から出された炭車はこの先の選炭場へ運ばれます線路に勾配が付いているので自動で動いて行きます一番低い位置から炭車を引き上げる装置後はジェットコースターの様に線路の下り勾配で自走します反対側に有るのは巨大なシリンダーコレで炭車を押し返して立坑方向に送ります炭車を制御する制御室が2組設けられています壁にケージが立てかけて有ります手前の物は曲がってますけど4段の構造が解り易いで...

  14. 2018.08.17 赤平立坑見学① 北海道一周56 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 赤平立坑見学① 北海道一周56

    赤平市炭鉱遺産」ガイダンス施設で申し込むと立坑見学が出来ます施設内で立坑の説明を聞いてガイドさんの後を付いて立坑建屋へ立坑で石炭を運搬する炭車のレールが残っています立坑本体立坑内を上下するケージの中にも入れます炭車用ですが人間の輸送にも使っていましたケージは縦に4段有り乗り込む時には2段ずつ乗り込んで時間短縮していたそうです現役時は自動で炭車が送り出される設備になっていて当時最新鋭の炭鉱だっ...

  15. 2018.08.17 赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設 北海道一周55 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設 北...

    赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設今年出来たての施設です住友赤平立坑の横に有り立坑内部のツアーも行われています場違いな大夕張Tシャツで潜入赤平は住友ですが大夕張は三菱です施設内の展示は充実してますね看板に電気関係の展示炭鉱員の制服救護班装備坑内表示や斜坑で使った器具でしょうか坑道の立体模型看板各種立坑設備は三菱がライセンス生産した物私よりちょっと先輩です綺麗な石炭光輝くその姿から黒ダイヤと呼ばれて...

  16. 2018.08.17 上砂川炭鉱と空知炭鉱 北海道一周54 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.17 上砂川炭鉱と空知炭鉱 北海道一周54

    JAMIC悲別駅上砂川の風景です空知炭鉱は歌志内に有ります変わったマークですね後ろの山はズリ山に見えます残念ながら立ち入り禁止立坑がそのまま残っているのは羨ましい悲別ロマン座さんはやってないでした

  17. 2018.08.16 羽幌町郷土資料館 北海道一周50 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.16 羽幌町郷土資料館 北海道一周50

    羽幌町郷土資料館羽幌町の歴史が残されていますタンチャンがお出迎え別バージョンのタンチャンも有ったんですね立坑のパンフレット貴重な資料が一杯置いて有ります鉄道も有ります炭坑に興味が有るなら寄るべき場所ですね

  18. 2018.08.16 羽幌炭鉱 北海道一周49 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.08.16 羽幌炭鉱 北海道一周49

    羽幌炭鉱運搬立坑と選炭場ホッパーホッパーの中にも入れますジムニーじゃ無いので探索は無し選炭工場は木に隠れて見えないですね運搬立坑の上に木が生えて来てます少しずつ自然に帰って行きますここから奥に行く道の通行止めは解除されていました問題無く通って羽幌市内方面に行けました

  19. 80年代夕張134・石炭拾い - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    80年代夕張134・石炭拾い

    ズリ山から使える石炭を拾う人の姿も見られた。1983年、夕張市社光で写す。

  20. SNOWY・三井美唄炭鉱 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    SNOWY・三井美唄炭鉱

    連日暑いのでSNOWYの未発表写真から、三井美唄炭鉱の冬景色。美唄市で写す。

総件数:120 件

似ているタグ