烏賊のタグまとめ

烏賊」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには烏賊に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「烏賊」タグの記事(16)

  1. 烏賊の唐揚げ乗せ海苔弁 - これ旨いのか?

    烏賊の唐揚げ乗せ海苔弁

    今日の連れ合い用弁当はのり弁風。冷凍の烏賊唐揚げをオーブン加熱して海苔ごはんの上に乗せる。隙間には南瓜の煮付けとピーマンの雑魚と塩昆布和えを添えて。他に汁物、果物は梨(にっこり)と筆柿、おやつに葛餅を。作っていたら自分も海苔弁食べたくなってきた。私が好きな海苔弁は出来立てではなくて時間が経って海苔がしっとりなった頃。海苔と醤油の香りがご飯に移った頃合いがたまらないんですよねー。今度は自分用の...

  2. 358漬その3 - Petit à petit(プチ・タ・プチ)

    358漬その3

    358漬の床がすっかり出来上がったところで、他のタネを漬けてみることに。野菜と違い、肉や魚を漬けたら一度しか使えないのだそうです。そこで床をスプーンで取り出し、味噌を加えることにしました。最初に漬けた床から少し取出して味噌を加えましたこれは鳥のもも肉カツ用の豚肉もそして烏賊(内臓はきれいに取ってあるものを買いました)1日漬けてから焼いて実は鶏肉も豚肉もとっても美味しかったんですが、写真を撮り...

  3. 【限定】烏賊の冷やし塩ラーメン@創作らーめん style林 塚本本店 - 黒帽子日記2

    【限定】烏賊の冷やし塩ラーメン@創作らーめん styl...

    自粛後にスタイル林さんを訪問するのは初となります。お店が出来てから、10度目の訪問となります。お店の前まで来てみると・・・様々なPOPが貼りだされています。TAKEOUTも実施されているようです。コロナ患者が増えてきているので、TAKEOUT生活も また、考えなくてはならないかもしれませんね。どのメニューにしようか悩ましいところです(;^_^Aマヨウ~♪とりあえず店内に入り、久々だったので、...

  4. イカと芽キャベツソテー - 好食好日

    イカと芽キャベツソテー

    今日の日勤弁当は、烏賊と芽キャベツのソテー芽キャベツなんて可愛いんだ

  5. イカと竹輪のカレー炒め - 好食好日

    イカと竹輪のカレー炒め

    今日の夜勤弁当は、イカと竹輪のカレー炒めとても美味しく出来ました(* ̄∇ ̄*)

  6. 烏賊と三つ葉とキャベツの柚子ぽん和え - Petit à petit(プチ・タ・プチ)

    烏賊と三つ葉とキャベツの柚子ぽん和え

    昨年あたりから烏賊が随分お高いですよね~。お刺身にした残りは、どうしてます?我が家ではサッと茹でて柚子ポンで和えて、夕食の一品に。和える時に少しだけ砂糖を加えると、マイルドな味になります。サッと烏賊、キャベツ、三つ葉をレンジ茹でしました市販の柚子ポンで手軽にアッと言う間に出来上がり!シャキシャキ感を残したキャベツの旨さは最高👇ここをポチットお願い出来たら嬉しいです!に...

  7. きのこと烏賊のオイル漬け - 地上50mでも野菜はできました、そして3mへ

    きのこと烏賊のオイル漬け

    ファッロのサラダと一緒に、きのこと烏賊のオイル漬けをいただきました。小ぶりなスルメイカをつかったので、大変柔らか♪サラダにオイルを使わなかった分、こちらはなみなみオイル^^;そして烏賊は皮を剥かずに使ったので、全体に薄桃色になりました。ブナピー、エリンギ、一口大に切ったスルメイカ、にんにくスライス、ローズマリーを鍋にセット、塩を振って火にかけ、きのこの水分で蒸し煮にしてます。ジップロックコン...

  8. 2019.4.13桜・イカ・ツーリング - おじんライダー66

    2019.4.13桜・イカ・ツーリング

  9. 2019年1月◯◯日 烏賊 - 駅西の小さなご飯屋

    2019年1月◯◯日 烏賊

    もうすぐ浅い春がやってくる。1年前は今日のような日が訪れるなんて思いもしなかった。今日は旅行会社にお勤めの空さんが、同僚と3人で来てくださることになっていた。他に女性の予約が1組入っていたので、梶谷農園さんのハーブで女性好みのメニューを用意する。「ママ、お花が氷の中に閉じ込められてるみたい。これ烏賊ですよね」「はい、烏賊を薄く削いでエディブルフラワーを挟んでカルパッチョにしてみたんですよ」空...

  10. 2018年11月◯日 カワハギ - 駅西の小さなご飯屋

    2018年11月◯日 カワハギ

    山法師のわくら葉哀しみや虚しさや微かな希望や色んな思いがない混ぜのままだけど、取りあえず前に進んでみようと思っていた。ご主人に「ちょっとお休みしてて…」と言って、いつもの魚屋で仕入れをして店に向かう。「焼き鳥・岩」の前を通りかかると、えっちゃんが走り出てきて「おねえさん、また今日からお店開けるんじゃね。よかった~。訊ねられたお客さんには『なんか親戚で手の要ることがあったみたいで手伝いにいって...

  11. 2018年10月◯◯日 烏賊 - 駅西の小さなご飯屋

    2018年10月◯◯日 烏賊

    野薔薇の実花開いたものは実を結び、次の世代に命を繋ぎ新しい時間を紡いでいく。私はきちんと実を育むような人生を送ってきたのだろうか。まだ空ろな時間だけが意味もなく空回りをしていた。今日は烏賊たっぷりのメニューをお出しする。烏賊が嫌いという人がいるのかなぁと思うほど万人に親しまれている味だけれど、その中でもこの烏賊は別格。はるばる海を渡って対馬からやってきたクエとたくさんの烏賊、このこりこり感、...

  12. 2018年7月◯◯日 オクラ - 駅西の小さなご飯屋

    2018年7月◯◯日 オクラ

    真夏の間は時間を前倒しにして朝早く仕入れに行く。それでも夏の太陽はてかてかと薄ら笑いのように照りつけ、私は日陰を探して自転車をこぐ。青い草いきれがむせぶように心にのしかかり、遠い記憶のあれやこれやを呼び覚ます。「今は全てのものが無秩序に拡散していく時代なんだ」といつかひろが言っていた。「拡散し続けるとどうなるの?」「う~ん、風船がはじけるように破れてしまうか、収束に向かうかどっちなんだろう」...

  13. 2018年7月◯◯日 烏賊 - 駅西の小さなご飯屋

    2018年7月◯◯日 烏賊

    蝉は鳴く神さまが竜頭をお巻きになっただけ蝉は忙しいのだ夏が行ってしまわないうちにぜんまいがすっかりほどけるように蝉が鳴いている私はそれを聞きながらつぎつぎに昔のことを思い出すそれもおおかたは悲しいことああこれではいけない三好達治夜も9時を回ったころ結子から携帯がかかってきた。「これから行っても大丈夫?近くにいるんだけど」「いいわよ、さっきのお客さんが帰られてから誰もいないし片付けようかなぁと...

  14. 2018年7月◯日 ルッコラジェノベーゼ - 駅西の小さなご飯屋

    2018年7月◯日 ルッコラジェノベーゼ

    水鏡のような青空に刷毛で刷いたような雲が流れる。やがて暑く長い夏がやってくるのだ。「今日は魚がないんじゃ。仕方がないけん養殖ものも仕入れとるけど、それはいらんじゃろう。薦められるもん言うたら天然の車海老と烏賊ぐらいじゃのう」と大谷鮮魚のご主人。「仕方ないですよねぇ、あんなひどい天気だったんだもん。じゃあ車海老と烏賊とニシ貝をください」車海老は立派な大きさの天然ものなので、手を加えないで刺身か...

  15. 2018年6月◯◯日 烏骨鶏の卵 - 駅西の小さなご飯屋

    2018年6月◯◯日 烏骨鶏の卵

    何て小さくて可愛いんだろう。対馬から烏賊と一緒にやってきた烏骨鶏の卵、普通の卵の半分くらいの大きさ。黒い羽毛に包まれたお母さん鶏の温もりを掌に乗せる。頭をつんつんと前後に動かしながらコッココッコと鳴いて、島の大地と潮風の中でのびのびと生きているんだなぁと思う。烏賊は綺麗に処理をされ、皮はまだピンクの水玉模様がしっかりと残っている。お刺身は両面細かく隠し包丁を入れたものと、裏側だけに入れたもの...

  16. 2018年6月◯◯日 赤雲丹 - 駅西の小さなご飯屋

    2018年6月◯◯日 赤雲丹

    青い空から柔らかな光が降り注いでいる。山波の緑は幾重にも層をなし、昨日の雨をいっぱいに含んで微笑むようにしっとりとしている。魚介類も夏の彩りが増してきた。まだ少し早いけれど瀬戸の赤雲丹も入荷している。赤雲丹はバフン雲丹やムラサキ雲丹に比べると極端に漁獲量が少なく「幻の雲丹」とも呼ばれる。とてもデリケートな雲丹で傷つき易く保存が難しいため、他県への出荷は少なく地元で消費されることが多い。他の雲...

総件数:16 件

似ているタグ