焼酎のタグまとめ

焼酎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには焼酎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「焼酎」タグの記事(28)

  1. 『松露』25度 - サマースノーはすごいよ!!

    『松露』25度

    今呑んでいる焼酎は、宮崎県串間市の「松露酒造」が醸すその名もずばり『松露』という芋焼酎です。「松露酒造」の年間生産量は2,000石強と言いますから、中堅クラスの蔵元さんですね。※松露酒造(ストリートビュー)この『松露』には20度・25度・35度と3種類のアルコール度数がありますが、購入したのは25度のものです。※1,851円(1,800㎖、税込)この焼酎は、他の多くの芋焼酎と同じく「黄金千貫...

  2. 『西郷どんの夢』 - サマースノーはすごいよ!!

    『西郷どんの夢』

    今呑んでいる焼酎は、鹿児島土産で買った『西郷どんの夢』という芋焼酎です。 この焼酎の前に呑んでいた『赤兎馬』でお馴染みの「濱田酒造」の焼酎ですね。現在、鹿児島は西郷どんブームにあやかっていろんな商品が売り出されていますが、これもそのうちの一つなのでしょうね。「もし、西郷が現代に生きていたらきっとこんな焼酎を造ったのではないかという思いを馳せながら造りました」と蔵元は説明しています。この焼酎は...

  3. 焼酎のちょこれーとぼんぼん - 音古痴新

    焼酎のちょこれーとぼんぼん

    美味しいよ

  4. 『赤兎馬』紫芋 - サマースノーはすごいよ!!

    『赤兎馬』紫芋

    今、呑んでいる焼酎は、鹿児島県いちき串木野市の「濱田酒造」が醸す芋焼酎『赤兎馬』の紫芋バージョンです。※濱田酒造(ストリートビュー)※2,863円(税込)この焼酎は、その名の通り、原材料に「黄金千貫」の他に「紫芋」も使っていますので、元々芋臭さはない上にさらに甘みが増しているように思えます。 とにかくたいへん呑みやすく美味しいので、あっという間になくなること必定です。

  5. 『宝山 白豊印』 蒸撰シリーズ 発売中! - 宮下重雄酒店便り‼️

    『宝山 白豊印』 蒸撰シリーズ 発売中!

    【数量限定商品】真っ白な果肉で、蒸すとミルクのような甘さを味わえる「白豊」を使用しました。軽やかな口当たりでありながら、「白豊」の持つ独特の重厚かつ深みのある味わいの旨みが舌の上にひろがり、キレが良いのが特徴です。2011年モンドセレクション 金賞受賞1,800ml 3,003円(税込) 720ml 1,523円(税込)

  6. あて - 老いの小文

    あて

     夕飯時焼酎をいただきます。酒飲みは‶あて”(近畿地方の方言らしい。酒の肴あるいはつまみのこと。)が無くても飲めるというが、たしなむ程度(当人がそう申しております)の身は、何か食べながら飲むことになる。 先日知人が掘りたてのタケノコを沢山届けてくれた。このところのあては、煮付けに炒め、スープに味噌汁、炊き込みご飯とタケノコ尽くし。春の味を堪能しています。ポチッと ↓ お願いしますにほんブログ村

  7. 大口でまったりな土曜日 - 実録!夜の放し飼い (横浜酒処系)

    大口でまったりな土曜日

     大口あけぼの通り商店街の中華料理店「寺尾屋」からスタートになります。6個150円の餃子と100円のメンマをいただいて、生ビールを飲み始めました。今日は空腹だったので、生ビールをもう1杯に、揚げやきそばもいただいてみました。このやきそば、たっぷりと具が乗っていて、つまみにもぴったりであります。3種類あるラーメンやサンマーメンも安くて美味そうなのですが、まだ終了というわけにいかないので、今回は...

  8. 『富乃宝山』 - サマースノーはすごいよ!!

    『富乃宝山』

    今、呑んでいる焼酎は、ご存じ鹿児島県日置市の「西酒造」が醸す『富乃宝山』です。ここでアップしておかないと、もうすぐ空になってしまいそうなので、慌てて、呑みながらこの記事を書いています。※西酒造(ヤフー画像より)日本酒同様、焼酎も芋焼酎を中心にしてあれこれと呑んでいますが、なんだかんだ言っても結局、ここに戻ってくるんですね。 なんだか古女房のようです。

  9. 焼酎を求めて - Tea's room  あっと Japan

    焼酎を求めて

    鹿児島で、焼酎のための一日が始まりました。私は、朝寝坊を希望。その間に 主人は一人で朝風呂に。徒歩で『霧島温泉』に行ったそうで、「すごく良い湯だった。熱かった。」天文館にあるレトロな温泉銭湯は、390円。良かったね。『かごっま温泉』の方に行ったのかと思ったよ。鉄輪温泉でも、主人は一人で温泉に出かけ、私は部屋で本を読んだり…。一人の時間がケンカの予防。全然関係ないけれど、神社の”ご朱印帳”のよ...

  10. 今回の焼酎たち - Tea's room  あっと Japan

    今回の焼酎たち

    この旅の収穫。右から、『白楽』かめ壺仕込み 薩摩の薫 薩摩芋発祥の地、徳光(とっこう)で育った黄金千貫を創業当時からの和甕に白麹で仕込む。25度。田村合名会社鹿児島県指宿市山川成川『夕 せき』常圧単式蒸留薩摩芋(鹿児島県産黄金千貫)、米麹25度。西酒造(株)創業弘化二年(鹿児島県日置市吹上町)☆☆☆フワッと広がる香りと癖のない澄んだ味。女性にも絶対喜ばれる芋焼酎。『獺祭』を初めて飲んだときの...

  11. いきなり「○豊」から - 実録!夜の放し飼い (横浜酒処系)

    いきなり「○豊」から

     今夜は、早くも都橋商店街「○豊」になります。まずはオーソドックスに生ビール、それから木ムチ豚巻きにポテトサラダをもらいました。野毛の常連の関心は、早くも開き始めた桜であります。今週末には川沿いに屋台も出るようですが、大岡川桜まつりは4月9日10日でありまして、かなり厳しい情勢となってまいりました。そんなことを喋っているうち、いつの間にやら、さらにジンジャーエール割2杯であります。 このあと...

  12. 裏横浜の「まるう商店」へ - 実録!夜の放し飼い (横浜酒処系)

    裏横浜の「まるう商店」へ

     久しぶりの顔触れが揃っての飲み会でありまして、会場は高島町の「まるう商店」となりました。この界隈、ある時期から「裏横浜」と称して有名になったところで、細い路地になかなか小洒落た店が並んでいます。「まるう商店」は、そんな裏横浜でも最もわかりづらい路地の奥にあります。店内は、野毛の支店と同じように、フロア狭しとテーブル席が並ぶ、昔ながらの賑やかな居酒屋スタイルであります。お通しのもやしナムルで...

  13. 鹿児島焼酎フェスに行ってきましたー☆ - 自由なゆるーいブログ

    鹿児島焼酎フェスに行ってきましたー☆

    東京都恵比寿にある EBiS303 イベントホールで行われた、鹿児島焼酎フェスに行ってきましたーこの写真は一部の焼酎ですが、全69の蔵元が出店しており、様々な焼酎を振る舞っていましたこのイベントは飲み放題で、心行くまで焼酎を堪能することができ、焼酎に詳しくない方は受付時に初心者の旨伝えると、初心者マークの名札を渡され、それを持っていると各蔵元の方が、焼酎について説明してくれるという、初心者に...

  14. 『亀山(きざん)』 - サマースノーはすごいよ!!

    『亀山(きざん)』

    今、呑んでいる焼酎は、大分県日田市の「クンチョウ酒造」が醸す『亀山(きざん)』という芋焼酎です。※クンチョウ酒造(グーグルアースストリートビュー)大分と聞けば、普通は麦焼酎の本場としてそちらを思い浮かべるのですが、これは珍しいことに芋焼酎なんですね。※2,535円(1800㎖、税込)この焼酎は、原材料に「黄金千貫」を使い、アルコール分は25度と、芋焼酎にあってはもっともポピュラーな仕上がりに...

  15. 『甕雫』 - サマースノーはすごいよ!!

    『甕雫』

    今呑んでいる焼酎は宮崎県日南市の「京屋酒造」が醸す『甕雫』という芋焼酎です。 これも以前から呑んでみたいと思っていた焼酎で、先日、高島屋に行った折に購入したものです。「京屋酒造」の創業は天保五年(1834年)と言いますから、180年以上の伝統があるわけですね。※京屋酒造本店(同社のサイトより)こちらは、日南市郊外にある「桜ヶ丘の蔵」ですが、実際に焼酎造りをしているのは、本店の方ではなく蔵のあ...

  16. どこも盛況の上大岡で - 実録!夜の放し飼い (横浜酒処系)

    どこも盛況の上大岡で

     上大岡のやきとり「いづ屋」にやってまいりました。カウンター席混み合っていましたが、幸い1席空いていました。厨房内、なかなか忙しそうなので、すかさず生ビールと金目鯛刺しをいただくことにします。さらに串焼きは、トマト巻、しそ巻き、エノキ巻き、トンとろそれにニンニクの芽とパワフルな面々、第二次はタレで皮2本と致します。ここの中ジョッキは、470円ですが、割とデカめのジョッキでもらえます。2杯目か...

  17. 飲んだもん勝ちの井土ヶ谷 - 実録!夜の放し飼い (横浜酒処系)

    飲んだもん勝ちの井土ヶ谷

     井土ヶ谷「太すけ」にやってきました。正面のカウンター5席中、早くも4席が埋まっている状況で、明らかに今日は出来上がっている感があります。特にテンションの高いお客さんは、昼12時半から始めてると言っていました。しかも、先ほどは椅子ごと後ろにコケたとのことで、マスターも次の酒を出すかどうか迷っています。他のお客さんたちも強力なキャラの持ち主ばかりで、こりゃあ、かなり濃いめの夜になりそうです。そ...

  18. 上大岡・燦々横丁初見参 - 実録!夜の放し飼い (横浜酒処系)

    上大岡・燦々横丁初見参

     上大岡にしばらく前にオープンした「燦々(さんさん)横丁」に初めて入ってみました。ここは、野毛小路「たて飲み横丁」と同じオムニバスグループの経営だそうで、系列の「まるき」もここに入っています。横丁と呼称してはいるものの、それはフェイクなので、内部は周回できるようになっています。一周してみると、各店愛想良く迎えてくれます。そう広くはないスペースに8店舗収まっているので、1軒あたりのエリアが狭く...

  19. 『莫祢氏(あくねし)』 - サマースノーはすごいよ!!

    『莫祢氏(あくねし)』

    今呑んでいる焼酎は、鹿児島県阿久根市の「大石酒造」が醸す、市名通りの『莫祢氏(あくねし)』という芋焼酎です。『莫祢氏』という銘柄は、平安時代末期から安土桃山時代のころまで、現在の阿久根市地方一帯を治めた豪族の名前からきているそうです。※大石酒造(グーグルアースストリートビュー)大石酒造については、先に同蔵の代表銘柄である『鶴見』を呑んでいますが、手頃な価格ながらたいへん呑みやすくおいしい焼酎...

  20. ホッピーの似合う西口五番街 - 実録!夜の放し飼い (横浜酒処系)

    ホッピーの似合う西口五番街

     昭和の香りを色濃く残す横浜駅相鉄口の五番街「とん太」にやってきました。店内でも、今どき珍しいAMのニッポン放送が流れています。カウンターの隅で飲み始めることにします。ホッピーに豚串焼き、さらに全品300円の黒板メニュウから、おつまみメンチカツをセレクトしました。ホッピーには、追加用の氷が付いてきます。飲み終えそうなタイミングになると、巡回中の店員さんが声を掛けてくれ、すかさずキンミヤ焼酎が...

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ