煎茶道具のタグまとめ

煎茶道具」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには煎茶道具に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「煎茶道具」タグの記事(16)

  1. 7月21日 「自然公園の日」・「青山元不動」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    7月21日 「自然公園の日」・「青山元不動」

    1957年(昭和32年)の今日は、日本を代表する優れた自然の風景地を保護し、そして利用を高める為に、「自然公園法」が制定された日です。一昨日、蝉の脱け殻を見つけ、昨日の朝は、蝉が泣き始めていることに気づきました。学校も夏休みに入り、いよいよ、夏本番になったことを実感致します今日の禅語は、「青山元不動(せいざん もと うごかず)」。7月の禅語として、大変好まれる句で、『五灯会元』からの出典です...

  2. 7月12日 「蓮始開」・「泥中之蓮」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    7月12日 「蓮始開」・「泥中之蓮」

    今日は、七十二候の32候目「蓮始めて開く」という日。今年は、春の花々も早く咲きましたが、蓮も例年より早いようです。「蓮始開」につきましては、昨年の7月12日ブログに「愛蓮説」とともに詳細を、また蓮の花については7月4日ブログに記載しております今日の四字熟語は、「泥中之蓮(でいちゅうのはす)」『大乗仏教経典』の「維摩経(ゆいまきょう)」に由来するもので、「譬如高原陸地不生蓮華 卑濕淤泥之生此華...

  3. 7月10日 「四万六千日の日」・「無功徳」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    7月10日 「四万六千日の日」・「無功徳」

    今日の日に参詣すると、四万六千日参詣したのと同じ功徳やご利益があるとされる、7月10日は「四万六千日の日」。浅草や護国寺には、毎年沢山の方がご参詣されますが、今年はいかがでしょうか今日の禅語は、「無功徳(むくどく)」。『碧巌録』からの出典で、禅宗の初祖と称される菩提達磨(ぼだい だるま)が残した言葉と言われています。南インド国の香至国(こうしこく)の第3王子として生まれたとされる達磨大師は、...

  4. 7月7日 「七夕」・「温風至」・「星河清涼風」・「織姫渡銀河」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    7月7日 「七夕」・「温風至」・「星河清涼風」・「織姫...

    今日は、二十四節気では「小暑」、七十二候の31候目「温風(あつかぜ)至る」という日。温かい南風が吹いてくる頃という意味で、梅雨明け頃に吹く南風は、「白南風(しろはえ、しらはえ)」と呼ばれますそして、今日は「七夕」の日。短冊にお願い事は書かれたでしょうか。「七夕」に関しましては、昨年のブログに記載しております今日の禅語は、「星河清涼風」(せいか せいりょうのかぜ)、(せいが りょうふうきよし)...

  5. 6月14日  「五輪旗制定記念日」・「非風非幡」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    6月14日 「五輪旗制定記念日」・「非風非幡」

    1914年(大正3年)の今日は、オリンピック復興20周年を記念して、五輪旗が決定された日だそうです。旗と言えば、煎茶道では、茶席を設ける時に、茶室の外に「茶旗(ちゃばた)」を掛けます。石川丈山に続き、煎茶道の中興の祖とされる「売茶翁 高遊外(ばいさおう こうゆうがい)」は、京都東山に旗を掲げて「通仙亭」を構え、お茶をふるまっていたと言われています。写真の旗は、黄檗山萬福寺56代管長・禅梁の筆...

  6. 2月10日  「観劇の日」・「一」について - 煎茶道方円流~東京東支部~

    2月10日 「観劇の日」・「一」について

    1911年(明治44年)の今日、日本で初めての洋風劇場である帝国劇場(1897人収容)が完成しました。開場したのは3月1日で、柿(こけら)落とし公演は3月4日が初日で、「頼朝」・「羽衣」等が演目だったとのこと。現在の建物は、1966年に建て替えられました数について書いて参りましたのも最後の「一」となり、四字熟語で「一」のつくものはとても沢山有ります。よく使われるものでは、◎「一意専心」他に心...

  7. 2月7日 「長野オリンピック」の日・「三」について - 煎茶道方円流~東京東支部~

    2月7日 「長野オリンピック」の日・「三」について

    1998年の今日、午前11時から、長野オリンピック開会式が行われました。20世紀最後の冬季オリンピックには、72の国から選手2300人余りが集まり、2月7日から22日まで開催されました。冬季の歴代開催地としては、長野は最も南に位置する緯度の地域だったそうです数字について書いて参りましたが、今日は「三」について。「三」は、日本人に好まれている数字の一つで、「三」で何かをくくる事が多くあります。...

  8. 2月5日 「長崎26聖人殉教の日」・四について - 煎茶道方円流~東京東支部~

    2月5日 「長崎26聖人殉教の日」・四について

    1597年(慶長元年)の今日は、長崎で、フランシスコ派の宣教師6名と日本人信徒20人が、豊臣秀吉の命により処刑された日。殉教地であった小高い丘は公園になり、昭和31年に長崎県の史跡に指定され、その後、26聖人の等身大のブロンズ像がはめ込まれた記念碑と記念館が建てられました。カトリック教徒の公式巡礼地と定められています今日は「四」について写真は、初代三浦竹泉作・一対の「四方急須」。四方型は珍し...

  9. 2月1日 「重ね正月」・「五」について - 煎茶道方円流~東京東支部~

    2月1日 「重ね正月」・「五」について

    いよいよ二月に入り、今日は、お正月が終わって最初の朔日。「重ね正月」は、二度目の正月として、厄年の人に仮に一つ歳をとらせ、早く厄年をやり過ごそうとする知恵で、お正月に年齢が変わる数え年の風習によるものです写真は、「山呼萬歳聲」中国山西省の五台県にある、古くからの霊山である「五臺山(五台山)」を描いた軸で、私が中国の黄檗山萬福寺総本山を訪ねました折りに、書いて頂いた軸です今日は、「五」について...

  10. 1月28日 「著作権条約公布の日」・「八」について - 煎茶道方円流~東京東支部~

    1月28日 「著作権条約公布の日」・「八」について

    今日は、1956年(昭和31年)1月28日に、万国著作権条約が日本で公布された日。また、毎月28日は、「不動明王」の日です。不動明王は、五大明王の中心の明王で、真言宗、天台宗、禅宗、日蓮宗などの日本仏教で広く信仰されています。今日・1月28日は、新年初めての「初不動」の日とされるそうですが、感染防止の為に、屋台が出る事はなく、静かな「初不動」の日になるのでしょうか28日の「八」のは、下の方が...

  11. 1月27日「国旗制定記念日」・「国旗茶碗」・金柑 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    1月27日「国旗制定記念日」・「国旗茶碗」・金柑

    1870年(明治3年)の今日は、太政官布告の商船規則により、日の丸のデザインと規格が示されたことに由来する「国旗制定記念日」写真は、二代三浦竹泉作、「国旗茶碗」です。白地に日の丸の紅色が映えておめでたく、お祝いの茶席に何度か使ったお茶碗です。お茶托は、私のお気に入りの古い根来で、大変仕上がりの良い仕立て箱に入っており、更紗のお仕服(仕覆)に仕舞われ、古い時代に、文人や煎茶を嗜む方が大切にされ...

  12. 1月24日 「水沢腹堅」という日・天保九如について - 煎茶道方円流~東京東支部~

    1月24日 「水沢腹堅」という日・天保九如について

    今日は、七十二候の71候目の「水沢腹堅(すいたくふくけん)」・「水沢腹く堅し「みずさわ あつくかたし」」という日。川を流れる水が凍るほど寒いという候です。一年で一番寒いこの時期ですが、これから少しずつ陽射しが長くなり、春のおとずれが待たれます先日(22日)のブログで、長寿祝いについて書きました。私が長寿祝いで、まず思い起こしますのが、「天保九如(てんぽうきゅうじょ)」です。「天保九如」とは、...

  13. 1月17日「冬の土用入り」・煎茶道具について - 煎茶道方円流~東京東支部~

    1月17日「冬の土用入り」・煎茶道具について

    土用は、「土旺用事(どおうようじ)」の略で、夏だけでなく、各季節に有ります。陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし、「土」を各季節の終わりの18日間に当てはめた事から、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間を土用といいます。土用の最初の日を「土用入り」、最後の日を「土用明け」と言いますが、入りの日によっては18日間でない場合も有ります。2021年の冬土用は、今日1月17日から...

  14. 12月10日  大田垣蓮月の忌日 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    12月10日 大田垣蓮月の忌日

    今日は、煎茶道具・茶道具に多くの作品を残した、大田垣蓮月の忌日。蓮月は、生後すぐに京都知恩院の寺士の家に養女となり、少女期には亀岡城に奉公したそうです。17才の時に、大田垣家の養子と結婚しますが、三人の子供を亡くし、夫の放蕩もあり、離縁して知恩院のそばに住みました。29才の時に再婚し、一女を授かりますが、すぐに夫が病没し、養父とともに知恩院で剃髪し、蓮月を名乗るようになりました。しかし、続け...

  15. 10月9日   「道具の日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    10月9日 「道具の日」

    今日10月9日は、「10」と「9」の語呂合わせから、「道具の日」。調理用具を中心とした専門街として知られる東京・浅草のかっぱ橋道具街が制定した日だそうです道具と言えば、茶道具私ども煎茶道の茶具の一部をご紹介致します。写真・上「煎茶手前」左から、螺鈿四方棚(古い唐物)、その上段に、錫の茶壺、竹の茶量(茶葉を量るもの)、袱紗(茶量を清める時に使います)棚の下段に有るのは水注(すいちゅう、手前座の...

  16. 茶の湯の美、煎茶の美 - 歴史と、自然と、芸術と

    茶の湯の美、煎茶の美

    [副題]リニューアルオープン展第2弾[見学日]2016年2月26日(金)[会場]静嘉堂文庫文庫美術館 以前当館を訪れた時に見た茶道具に大きな感銘を受けたので、情報を得た時点で表記展覧会はぜひ見たいと思った。特に気に入った野々村仁清作【数茶入十八口揃】が出展される日程を電話で照会し、スケジュールを組んだ。当日は見学前に少しだが庭園を見学、急な坂を下りて咲き誇った梅に抱かれ、芳しい香りに癒された...

総件数:16 件

似ているタグ