煎茶のタグまとめ

煎茶」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには煎茶に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「煎茶」タグの記事(89)

  1. 2021叶(かなう) - 茶論 Salon du JAPON MAEDA

    2021叶(かなう)

    みなさんおはようございます。茶論Salon du JAPON MAEDA のスタッフの山縣です。限定祈願茶 叶(かなう)の販売を開始しました!限定祈願茶 叶80g ¥1,000(税抜)昨日から全国共通テストがスタートして本格的に受験シーズンに突入しました。受験生、そしてご家族の皆さん、手洗い、うがいだけでなくカテキンが含まれている緑茶を毎日飲むことをオススメします。ぜひ目標を叶えるために新...

  2. 2021 極上蔵出し煎茶 - 茶論 Salon du JAPON MAEDA

    2021 極上蔵出し煎茶

    みなさんおはようございます。茶論Salon du JAPON MAEDA のスタッフの高辻です。毎年人気の 「極上蔵出し煎茶」 が今年もできあがりました!早春に摘み取られた八女産の優良品種「やぶきた」の煎茶をじっくりねかせて焙煎しました。煎茶好きの方にはたまらない香りと味わい💗飲んだ後に香りと甘みが口の中に広がり、すっと消えるためまたもう一杯飲みたくなるお茶です。通常...

  3. 年末年始のお知らせ - 茶論 Salon du JAPON MAEDA

    年末年始のお知らせ

    みなさんおはようございます。茶論Salon du JAPON MAEDA スタッフの高辻です。年末年始の営業時間のご案内です。12月29日(火) 30日(水)31日(木)1月 1日(金) 2日(土) 3日(日) 4日(月) 5日(火)上記8日間、茶論はお休みとさせていただきます年始は、1月6日から通常営業いたします。今年も一年お世話になりました。皆様との出会いに感謝いたしております。来...

  4. 12月12日 「漢字の日」・水仙 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    12月12日 「漢字の日」・水仙

    今日は、1995年(平成7年)に、日本漢字能力検定協会(漢検)が制定した「漢字の日」。毎年、清水寺「奥の院」舞台にて、森清範貫主により、「今年の漢字」が発表され、巨大な和紙に、漢字一字が揮毫されます。その後、年末まで本堂で一般公開されたのち、本尊の千手観音菩薩に奉納されるそうです。今年は、どんな字になるのか、楽しみです。写真は、社中の方が、生まれて初めて、特大筆に挑戦して書かれたという煎茶の...

  5. 2021干支茶「かのとうし」 - 茶論 Salon du JAPON MAEDA

    2021干支茶「かのとうし」

    みなさんおはようございます。茶論Salon du JAPON MAEDA スタッフの山縣です。毎年ご好評をいただいている干支茶が登場致しました。今年度はかのとうしです80g¥1,000(税抜)八女産のやぶきたを中心にブレンドされていてとても飲みやすいお茶です。寒くなってきた今からの季節にピッタリです。とってもカワイイうし柄のパッケージなので贈答品としてもオススメの商品となっております。干支茶...

  6. 2020 「おめでたい」販売開始 - 茶論 Salon du JAPON MAEDA

    2020 「おめでたい」販売開始

    みなさんおはようございます。茶論Salon du JAPON MAEDA スタッフの高辻です。毎年11月からお正月に向けて登場いたします、金粉入煎茶「めでたい」🐟✨が今年も本日より販売開始です!金粉入煎茶「めでたい」50g¥1,000(税抜)茶名もお祝い事などにピッタリのお茶です!コク・香り・水色と3拍子揃った美味しい煎茶です金粉がキラキラ✨✨と輝いてリッチな気分が味...

  7. 間違いが故事に。「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」【一茶庵 稽古追想】 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    間違いが故事に。「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」【一...

    お軸(写真)に、このような詩が書かれていた。 幾日霜風木葉乾,湖山深處水雲寬閒情每向無人得,落日孤亭枕石寒 風や霜がおり木の葉は乾き、深い山、湖に雲が広がる。この広いところに人の気配はない、日が暮れひっそりとした小屋で石の枕が寒々しい。 この詩から想像すると、旅人が野宿に立ち寄ったのか、あるいは誰か寂しく隠棲しているか。どちらにしてもその情景が浮かんでくる。 中国の故事に、「漱石枕流(そうせ...

  8. 2020ランチ変更のお知らせ - 茶論 Salon du JAPON MAEDA

    2020ランチ変更のお知らせ

    みなさんおはようございます。茶論Salon du JAPON MAEDA スタッフの高辻です。今週水曜日より茶論ランチメニューが現在ご提供中の茶そばセットから、昨年度人気だった秋冬限定メニューへ変更いたします茶論そばセットとだし茶漬けセットの二種類です!茶蕎麦セットご飯 + 茶蕎麦 + 小鉢(4種) + デザート + お茶※小鉢・デザートは季節によって変わります。だし茶漬けセット炊き込みご飯...

  9. この軸の「裏ワザ」。カニに喩えた自分の横行自在!? 【一茶庵 稽古追想】 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    この軸の「裏ワザ」。カニに喩えた自分の横行自在!? 【...

    江戸時代は、“シャレ文化” が横行し生活の中に溶け込み楽しまれていたようである 。言葉あそびが盛んに行われていた。とくに関心が高かったのが、妖艶で淫靡な世界を想像させてくれる俳句や川柳。作者は、俳句を詠む際に、「裏ワザ」で妖艶な意味をもたせ、楽しんだといわれている。この掛け軸(写真)に描かれているのはカニの絵。なんの変哲もないが、違和感を持つとすれば、大きく書かれた、絵にはそぐわない書体の文...

  10. 2020本格派ドリップ登場! - 茶論 Salon du JAPON MAEDA

    2020本格派ドリップ登場!

    みなさんおはようございます。茶論Salon du JAPON MAEDA スタッフの高辻です。今週より販売開始の新商品!ティーバッグの飲食屋さんの美味しいお茶シリーズに加えて、本格派のドリップのお茶が新登場しました🎉本格ドリップ!!!煎茶・ほうじ茶・玄米茶の三種類です。ドリップ煎茶(5g×2個)¥380(税抜)・熱湯で淹れても苦味や渋みが出ないようにブレンドした特別な...

  11. 日本茶と和菓子のセット - 茶論 Salon du JAPON MAEDA

    日本茶と和菓子のセット

    みなさんおはようございます。茶論Salon du JAPON MAEDA スタッフの高辻です。今月より通年人気の日本茶とのセットが秋冬使用にかわりました!夏場は冷たいクリームぜんざいとのセットを提供しておりますが、毎年秋冬は冷たいぜんざいにかわり和菓子とのセットになります💗見た目も美しく可愛らしい和菓子…💓毎日数量限定でのご提供です。こちらの和...

  12. オランダで買った宇治田原の煎茶 - 毎日テニス(旧 Rudern macht Spass.)

    オランダで買った宇治田原の煎茶

    先週オランダに買い物に行ってきました。たまたまお昼を食べるために寄ったカフェで煎茶が売っていたので、迷わず買ってしまいました。ドイツで売っている緑茶は日本産とは限らなくて、中国産などもたくさんあるのですが、買うならやっぱり日本のお茶がいい。パッケージにはアルファベットで煎茶京都と書いてあるのでこれは日本のお茶で間違いないかなと思ったのです。裏側には産地が書かれていました。産地は宇治田原。関西...

  13. 2020 敬老の日ギフト - 茶論 Salon du JAPON MAEDA

    2020 敬老の日ギフト

    みなさんおはようございます。茶論Salon du JAPON MAEDA スタッフの高辻です。9月21日は、敬老の日✨日頃の感謝を込めて、贈り物をされてみてはいかがでしょうか…?今回は毎年人気の敬老の日ギフトのご案内をさせていただきます。季節限定茶のもみじと丹波産高級黒豆を使用した丹波しぼり豆のセット定番で人気のセットです!御箱代込¥1,800(税抜)お茶とお菓子以外にも、ふきんなどと組み合...

  14. 8月3日   「蜂蜜の日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    8月3日 「蜂蜜の日」

    今日8月3日は、「8」と「3」の語呂合せから、日本養蜂はちみつ協会が1985年(昭和60年)に提唱した「はちみつの日」蜂蜜の歴史は大変古く、古代エジプト時代の浮き彫り細工には、養蜂が描かれており、蜂蜜を食べていたと考えられるそうです。つまり、かなり古くから、蜂蜜は人々の生活の中に根づいていたのです。そして中世に、欧米に広まったと言われています。日本には、、、今から1300年も前の日本書記に、...

  15. 8月1日   「八朔」と「水の日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    8月1日 「八朔」と「水の日」

    東京は梅雨明けしないまま、8月に入りましたが、いよいよ今日、梅雨明け宣言が出るようです8月1日は、八月朔日を略して、「八朔」と呼びます。元々は、旧暦8月の行事で、早稲の穂が実る頃で、農民の間で新しい穀物を贈答したりして祝う風習がありました。この事から、「田の実の節句」とも言われています。「田の実」を「頼み」にかけ、武家や公家の間でも、日頃、頼りにしている方々に、その恩を感謝する意味で、贈り物...

  16. 7月31日  「富士山噴火の最古の記録の日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    7月31日 「富士山噴火の最古の記録の日」

    奈良時代末期の、781年7月31日(天応元年7月6日)に、朝廷編纂の「続日本記」に、富士山の噴火に伴う降灰の記録が残っており、噴火の規模などの詳細は不明ですが、これが富士山における日本最古の噴火の記録となっているそうです富士山は、高さと山林の大きさに於いて、日本最大の活火山です。富士山は最近10万年で、急速に大きくなったと考えられており、その意味では「若い火山」に分類されます。現在見えている...

  17. 7月29日  「福神漬けの日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    7月29日 「福神漬けの日」

    今日は、「7」「29」の語呂合わせから、「福神漬けの日」福神漬けとは、大根、茄子、鉈豆(なたまめ)蓮根、生姜、紫蘇の実、椎茸などの野菜を細かく刻み、味醂醤油に漬け込んだ漬物のこと東京・上野の漬物店「酒悦」の主人 野田清右衛門が江戸末期から明治の始めにかけて考案したもので、「福神漬け」と言う名前の由来は、明治始め頃、店のそばにある不忍池・辯財堂にお祀りされている弁財天様にちなみ、種々の野菜を七...

  18. 7月24日  「芥川龍之介」忌日 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    7月24日 「芥川龍之介」忌日

    今日7月24日は、芥川龍之介(1892年・明治25年~1927年・昭和2年)の忌日。東京・京橋に生まれ、東京帝国大学英文科卒業後、享年 35歳までに、150編にも及ぶ短編小説を残しました。代表作は、「羅生門」「鼻」「戯作三昧」「地獄変」「芋粥」「藪の中」「河童」児童向け作品「蜘蛛の糸」など。2023年には、東京・北区田端の旧居跡地に、芥川龍之介記念館が開館する予定だそうです亡くなった年に書か...

  19. 6月3日  「測量の日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    6月3日 「測量の日」

    今日は、「測量の日」測量とは、距離、角度、高さを用いて、地球上の位置関係を測り、その結果を数値や地図に表す事、またその作業や技術の事江戸時代後期、17年もの年月をかけて、日本全国を実測し、正確な日本地図を完成させた伊能忠敬ですが、その忠敬の目的は、子午線一度の長さを求め、地球の大きさを測ることであったそうです忠敬の言葉「この一歩から」は、記念碑となり、千葉県の自宅跡に残されているそうです「こ...

  20. 6月1日  「気象記念日」 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    6月1日 「気象記念日」

    今日6月1日は、1875年に、東京 赤坂の葵町に、日本で最初の気象台(東京気象台)が設立された日天気や地震を観測する目的で作られ、1942年には、気象記念日として制定されたそうです後の1887年に、東京気象台は中央気象台に、1956年には気象庁に名称が変わりました日本で初めて、天気予報が公開されたのは、1884年で、、、「全国一般風の向きは定まりなし、天気は変わり易し、但し雨天勝ち」と言う文...

総件数:89 件

似ているタグ