熊野市のタグまとめ

熊野市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには熊野市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「熊野市」タグの記事(548)

  1. やっぱり始まった - LUZの熊野古道案内

    やっぱり始まった

    予想はしていましたが少し早めです。セブンイレブンが手持ちの流通機構のほぼすべてのジャンルの見直し、縮小を打ち出しましたね。急速な人口減少、過剰な売り場面積…年齢構成の変化も消費に大きく影響するはずです。「年寄りは金がある」などと、流通業界が狙ったりしていますが、歳が逝けば食べる漁も減りますしファッション性のある服を買うことも減ります。おまけに「2000万円」が心理的な消費抑圧になっているでし...

  2. 七里御浜と高浪 - LUZの熊野古道案内

    七里御浜と高浪

    台風19号の報道では「高潮」が大きく取り上げられています。家の多い都市部は平野ですから。潮位が上がって波が越えてくるのが被害を招きます。異常潮位の時ではなく、台風のときには高浪も一緒になるので住宅地にまで流れ込むのです。伊勢湾台風では海岸の堤防決壊もあって貯木場や製材工場にあった丸太が潮に乗って暴れまわって被害を大きくしたようです。この辺でも、台風の中心が近づき、海から陸へ風が吹くと潮位が上...

  3. 潜堤は効果跋文 - LUZの熊野古道案内

    潜堤は効果跋文

    木本海岸は七里御浜の一番下流です。熊野川が押し出した土石が波に揺られながら長い年月をかけ、だんだん丸く小さくなりながら流れてきた砂利で出来ています。熊野川河口からの途中で海に出てくる尾呂志川、市木川、井戸川などからは七里御浜の石になるものはほとんどありません花崗岩、石英粗面岩などは硬いですが、波に揉まれると砂になっちゃいますからね。この砂利の元は北山川と十津川から流れてきます。それが戦後の「...

  4. 夜宮が・・・ - LUZの熊野古道案内

    夜宮が・・・

    木本の祭りは12日土曜日が「宵宮・よみや」で、13日が本宮です。19号台風が12日に通るようです。12日の15時頃がこの沖を通る予想です。宵宮は17時頃の出立ですが準備もありますし、出られないかもしれませんね。本宮(ほんみや)は13日の午前7時頃にダダ地ですから、台風は通り過ぎて雨もやんでくるかと思います。まだ、雲の状態がわかりませんが、この前を過ぎた辺りで速度がうんと上がるので雲も連れて行...

  5. 月例広報くまの10月号より1 - LUZの熊野古道案内

    月例広報くまの10月号より1

    今月も「広報くまの」が来ました。もう、10月号です。今月は「保育所入所受付開始」が目玉でしょうか?何しろ「幼保無償化」なんて不思議な制度ができましたしね。預ける人たちは理解できているのでしょうか?それに、木本小学校の校舎を使った「認定こども園・木本保育所」と言うあららしいシステ物も出来ましたしね。元は市営だった「井戸保育所」は民間に委託されていますし、「小規模保育所」なんてのも出来ています。...

  6. この秋の行事 - LUZの熊野古道案内

    この秋の行事

    秋は行事が多いです。1日は木本神社珠洲上げ神事2日には「花の窟神社お綱掛け神事」がありました。12日木本神社宵宮13日木本神社例大祭19日木本地区敬老会他にもいっぱいあるはずですが、私に関係あるのだけでこれだけあります。12・13・19は例年カメラマンです。19日の敬老会はまだ招待客ではありません。長年、スナップ写真を撮って「お休み処・おかもと」に展示して、お持ち帰りいただいているので今年も...

  7. 原発マネー - LUZの熊野古道案内

    原発マネー

    関電の原発に関連する金が表面化しました。どうせあるのだろうと思っていましたが、未だに存在するんですね。昔、この熊野市でも「原発マネー」が飛んでいました。ここの場合は「間再電力」ではなく「中部電力」でした。井内浦(いちうら)に作ろうとしていた「熊野原発」は「中部電力」の発電所でした。熊野市は関西電力と中部電力の境界になり、大泊の宮川が境界だと思います。熊野原発が事実上不能になるまで大泊に中電の...

  8. 無公害エネルギーのはずだけど… - LUZの熊野古道案内

    無公害エネルギーのはずだけど…

    もう随分昔?の話ですが…東京ガスなどが開発し、大型ビルや団地などに個別の発電所を作り、送電コストとかを削減する…燃料は水素と酸素したがって発生する廃棄物は「水」で無公害だし、発生する熱も利用できる…こんな理想的な発電システムを開発し、実験炉を実際に都内のビルに備え付けたことがあります。この頃は国の方は原発建設にひた走っていました。基地と原発は機動隊を動員して座り込みをごぼう抜きにしてでも突き...

  9. ポイント還元対象店舗進んでる店? - LUZの熊野古道案内

    ポイント還元対象店舗進んでる店?

    9月27現在で経産省のHPに載っている熊野市内でQRコードの使える店です。意外と多い?19店舗確認できました。私はまだ「〇〇PAY」には登録していません。クレジットカードとかポケベルとか結構早かったのですけどこれはそんなに使いそうにもないし…QRコード「〇〇PAY」などが使える店かだす亭ひかりローソン熊野木本町下岡精肉店熊野店かたおか書店有限会社嶋勇PetSalonViSHぷちショップワイン...

  10. 熊野の旅木本神社例大祭 - LUZの熊野古道案内

    熊野の旅木本神社例大祭

    本格的な秋に入ると一番最初は「花の窟神社・お綱掛け神事」です。「花の窟神社秋の例大祭」でしょうね。これは春が3月2日。秋が10月2日です。日にちを守っていますから今年は水曜日です。近年は氏神様のお祭りも祝祭日に引っ張られて日にちが動くものが多いです。木本神社の例大祭も動くまつりになっちゃいました。昔の日にち主義から、10月10日が全壊のオリンピックの記念で「体育の日」として祭日になったので、...

  11. 公立・公営病院再編 - LUZの熊野古道案内

    公立・公営病院再編

    厚生労働省が全国の公立・公営病院の現状を分析し、424の病院に「再編に向かって検討しろ」ということで、リストを発表しました。この辺では「紀南病院」と「尾鷲市民病院」が公立病院ですから、どうなったか心配しましたが。三重県で今回リストアップされたのは下の7病院でした。【三重】三重県厚生連三重北医療センター菰野厚生三重県厚生連大台厚生済生会明和町立南伊勢市立伊勢総合桑名南医療センター亀山市立医療セ...

  12. 木本漁港この先は_ - LUZの熊野古道案内

    木本漁港この先は_

    さて、今の木本漁港とこの先についてですが…いまの脇の浜の漁港、岸壁を使う船は釣り人を磯渡しする遊漁船一艘だけのようです。港を整備した頃には志原尻沖の大敷網の船がここを母港にしていました。木本・親地町の漁師さんですからね。でも、網の積み込みなどは脇浜では出来ないほど船も大きくなったので、松崎港や磯崎港を使うようになり、魚も木本の市場が小さいので多く捕れると遊木港や尾鷲へ走って水揚げしていました...

  13. 木本港木本漁港区2時の流れ - LUZの熊野古道案内

    木本港木本漁港区2時の流れ

    前の記事の続きです。木本の脇の浜の船着き場は、昔は重要な港でした。今でも獅子岩から猪の鼻を結んだ内側が「木本港」として港湾になっています。突堤も岸壁もない時代、尾鷲との間を結ぶ「巡航船」がここに着いていました。そして、この脇の浜と紀伊木本駅(現熊野市駅)を結ぶ道路が「木本停車場線」と言う県道であることもこの港が重要だったことを示します。駅から市役所前から本町を通り、一丁目のところで右折して浜...

  14. 諦めたかな?木本漁港区1 - LUZの熊野古道案内

    諦めたかな?木本漁港区1

    以前から時々触れていたのですが、七里御浜北の外れ、脇の浜には昔から船着き場がありました。木本はこの「脇の浜」とそこに流れ込む「西郷川」が基盤となる「親地町・親井戸」から始まったようです。伝説の海賊「多賀丸」もここを拠点としていたのでしょう。「木本」は「鬼の元浦」と言われたこともあるようです。木本神社はこの呼び方を使うこともあります。私が子供の頃の脇の浜は鬼ヶ城の磯と、そのそばの小さな砂利浜の...

  15. RDF やらなくて良かった? - LUZの熊野古道案内

    RDF やらなくて良かった?

    可燃ごみの処理方法には色々あります。日本でもかつては多くやられていたのが「埋め立て」です。東京など江戸時代からやられいて、最後は「夢の島」でしたね。瓦礫の埋め立てでも地盤が悪いのに可燃ごみでは…悪臭は出るし、ハエが湧くし…東京湾周辺では住居なんか出来ない状態でした。そして、次に広がったのが「焼却炉」です。今度は「匂い」が問題になっただけではなく「ダイオキシン」なんて史上最強の毒が巻き散らかさ...

  16. 戦時徴用船こんな記録も残されています。 - LUZの熊野古道案内

    戦時徴用船こんな記録も残されています。

    ネットの検索で下のような記録を見つけました。戦時中には小さな貨物船から漁船まで接収されました。物資の輸送から沖に出て敵艦隊、敵航空機の発見に使われたようです。足の遅い木造船がほとんどですから、敵に見つかればひとたまりもなかったようです。機銃で撃たれるだけで船が割れますからね。ここ木本にも漁船や貨物船がありました。戦前には祖父が材木屋を営んでおり、製品を大阪に出荷しておりました。荷物は木本の浜...

  17. 統計だけど… - LUZの熊野古道案内

    統計だけど…

    新聞の三重版によりますと、「夏休みの観光客3年連続の減少」「天候不順催し中支影響」なんて記事が出ています。統計の数字ですが、三重県では伊勢志摩以外は全域で減っています。熊野市では「道の駅・熊野花の窟」▼55.4%「鬼ヶ城センター」▼22.7%と、二箇所が出ています。尾鷲は「県立く今の鼓動センター」▼21.4%です。熊野市のは「熊野大花火大会の延期」が原因とされているようです。花火大会の来場者...

  18. 隣町尾鷲 - LUZの熊野古道案内

    隣町尾鷲

    熊野の隣で江戸時代は同じ紀州藩だった町に「尾鷲市」があります。隣なのですが、その間には大きな山塊があり、海伝いに行くには熊野灘の荒波と荒磯があります。昭和になり、矢ノ川峠が開かれ、その次に紀勢本線が西線と東線が結ばれました。昭和45年頃には今のルートの国道42号線が完成し、さらに、平成には「熊野尾鷲道路」もできて、随分近い街になりました。紀勢線が全通するまでは、旧国道42号線の矢ノ川峠越えで...

  19. 街の中心 - LUZの熊野古道案内

    街の中心

    「町」というものは「生きている」とか言われることがあります。人が住み「村」が出来、物々交換が嘉永経済になり「いち」なんてのが立つようになると「町」が出来ていったようです。これは農業とは違い場所にあまり縛られません。ものの流れや人の流れが変われば商人などは移ってゆきます。昔はその動きはそんなに早くなかったでしょうけど、近年になり人の動くが激しくなり、商業などの資本の動きも早くなったからか、大き...

  20. 月例広報くまの9月号より - LUZの熊野古道案内

    月例広報くまの9月号より

    今月号の記事は「伊勢湾台風60年特集」がトップです。昭和34年(1959)9月21日に発生し、巨大台風に発達し9月26日に上陸、伊勢湾沿いに北上したのが「15号台風・伊勢湾台風」です。熊野市でも被害が出ましたが、幸いにも人的被害は死者1名で済みました。私は高校2年生で木本でこのお台風を経験しました。今住んでいる隣に本家があり、その離れで高波が堤防を越すのを目撃しました。建物が石垣に守られてい...

総件数:548 件

似ているタグ