物部神社のタグまとめ

物部神社」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには物部神社に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「物部神社」タグの記事(4)

  1. 宇摩志麻遅命(うましまぢのみこと)の墓物部神社 - 蘇える出雲王朝

    宇摩志麻遅命(うましまぢのみこと)の墓物部神社

    物部神社島根県大田市川合町川合1545出雲市多伎町からの仙山峠を越え、大田市の町に入り、三瓶山に向かう途中に、石見国一之宮である物部神社に到達する。石見の国と出雲の国の界に位置するので、有名な小説家のイマジネーションを掻き立てる。司馬遼太郎の小説〝同じ県ながら、石見と出雲は方言はもとより、気性、顔つきまで違っているといわれる。国境いから石見へ入ったとたん、われわれ旅人にさえそれがわかった。石...

  2. 節分 - 清治の花便り

    節分

    2月1日如月の海穏やかに風疾し歩地爺・如月のハクチョウ子・2月2日1月29日が満月四日でここまで欠けた冬の月・ウミウ・冬暁7:16・句友五人と物部神社の追儺へ・節分の焔にゆらゆら遠三瓶歩地爺・追儺の矢きりりと引きて森へ飛ぶ追儺の矢追ひかけ拾ふ夫婦かな歩地爺・今年の豆まき園児と一般で時間差で二回に追儺の豆打はご長寿ばかり今年は人出が少ない・年の豆撒くは長寿の福は内歩地爺・年の豆打つも拾ふも長寿...

  3. 注連飾る - 清治の花便り

    注連飾る

    12月24日石見国一宮物部神社煤払い後注連飾る煤払ふ横屋氏子と分担し煤箒入隅に付く蜘蛛の糸歩地爺注連縄を外す外した注連縄は石の上で一年一年経過すると朽ちて土に還る12月16日に綯った注連縄を飾る一宮四十尺の注連飾る一宮段取通り注連飾る注連飾る船頭多し一宮歩地爺注連作る注連飾るは、冬の季語注連飾りは新年の季語社殿では椅子など並べた後横屋さんが年用意注連縄を貼り終えると下がりを・・・紙垂と下がり...

  4. 注連作り - 清治の花便り

    注連作り

    注連作り手伝わぬかとラインあり歩地爺11月8日に参加させて戴いて1週間が過ぎた焚上の薪積上げ年用意歩地爺境内で横屋落葉を飛ばしをり歩地爺打ち揃ひ柏手打ちて注連作り歩地爺神様が黙して見守る注連作り歩地爺賑やかに気合合わせて注連作り歩地爺前年の注連縄は勝石の上で一年間眠らせる注連綯ひを終えて神陵に詣でけり歩地爺宇摩志麻遅命の御神墓と言われている4月9日の地震で壊れたが新年に間に合うように復興なっ...

総件数:4 件

似ているタグ