特急のタグまとめ

特急」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには特急に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「特急」タグの記事(31)

  1. 近鉄特急新塗装色 - HIROのフォトアルバム

    近鉄特急新塗装色

    一気に新塗装色へ移行した近鉄特急。個人的には好みの色合いですが、旧塗装色の特急が減っていくのは寂しいものです。スナックカーは新塗装への塗り替えは無く間もなく引退が始まります。

  2. 鉄分補給2019 夏 - 修業の成果

    鉄分補給2019 夏

    久々の鉄道撮影です。JRグループの大型観光キャンペーン、「熊本デスティネーションキャンペーン(熊本DC)」でサロンカー明星が運行されたので、撮影しました。ついでに、7月に特別運行された「SL 湯けむり」号も由布院で撮影してきました。あいにくの天気で由布岳は見えませんでしたが、田園地帯を駆け抜けるSLに癒されました。以上です。

  3. day of Series 185 - 鉄道撮影メモ用

    day of Series 185

    8月5日は、185系の日らしいので・・・。2018年12月24日8030M 特急踊り子110号@根府川~早川いまどき幕のヘッドマークを掲げる特急は貴重なものです。これを撮らいでか。ヘッドマークの位置を想像しながら構図を調整し、練習電なしのぶっつけ本番!狙い通り、露出の落ちた背景に伊豆の踊り子が浮かび上がりました。

  4. こうや号のトンネル抜きをしにいこうや - 鉄道撮影メモ用

    こうや号のトンネル抜きをしにいこうや

    紀ノ川が作り出した平野に別れを告げ、九度山駅から進路を南に変えた高野線は不動谷川沿いに高度を上げながら終点極楽橋を目指します。深い谷の山肌を切りつけるように作られた線路は、地形に忠実な線形をしているために長大トンネルとは無縁の世界です。そこにあるのは、小さな尾根をショートカットする短いトンネルや鉄道が許容しうる勾配を確保するために穿たれた最小限のトンネルのみ。しかしそれ故に、山深くまでゆっく...

  5. 踊り子114号石橋俯瞰 - 鉄道撮影メモ用

    踊り子114号石橋俯瞰

    前菜の金目鯛を食した後は、メインディッシュの踊り子114号を待つばかり。同業者の半数ほどは金目鯛の通過と同時に下山したのか、みかん畑の隙間に押し込められた狭い道はいつもの静けさを取り戻していました。未明の豪雨のおかげか空気は澄み渡り、青い空に雲は無しという好条件ですが、老い先短い185系よりもオタクを引きつけるキンメ電車恐るべしです。銀色の通勤電車にもシャッターを切りつつ待つこと20分。今週...

  6. 【大人の休日倶楽部パス旅】国鉄特急踊り子号でお弁当【4日目】 - お散歩アルバム・・秋の入り口

    【大人の休日倶楽部パス旅】国鉄特急踊り子号でお弁当【4日目】

    東京駅に着いたと思ったらすぐ帰宅←特急に乗りに来ただけだしお腹が空いたので、車内でお弁当が食べられるように、周りに人のいない席を指定してまったりランチ。大丸地下のほっぺタウンで見つけた大森の惣菜屋さんでした。なかなか美味しくてお値段も手頃で良かったわ。駅弁屋の駅弁は高いものね。デパ地下の方がリーズナブルです。しかし、特急もだんだんあるわね。踊り子はオンボロ国鉄特急のせいかよく揺れます。昨日の...

  7. 特急スーパー北斗。札幌に行ってきます! - 工房アンシャンテルール就労継続支援B型事業所(旧いか型たい焼き)セラピア函館代表ブログ

    特急スーパー北斗。札幌に行ってきます!

    特急スーパー北斗。札幌に行ってきます

  8. ウナギ俯瞰最上段より、しらさぎを添えて - 鉄道撮影メモ用

    ウナギ俯瞰最上段より、しらさぎを添えて

    かつての名撮影地”ウナギ俯瞰”は、藪に覆われていた。確かに昔から、草生している急な斜面に刻まれた先人の足跡を辿り下っていくという場所ではありましたが、トワイライト亡き後はこうも荒廃してしまうとは。線路際がだめなら、より高みを目指すしかありません。俯瞰と言いつつその実ただの見下げアングルであるウナギ俯瞰ですが、同区間を鳩原俯瞰の足場から見下ろすことが出来ます。言うならば、ウナギ俯瞰の俯瞰・・・...

  9. 新緑の九度山俯瞰 - 鉄道撮影メモ用

    新緑の九度山俯瞰

    山岳区間の異名を取る南海高野線の橋本以南と言えど、橋本を出てしばらくは紀ノ川に沿って平野を走ります。九度山駅を出ると丹生川の生み出す渓谷に従い南下を始め、かつての高野山森林鉄道が迂回していた尾根に穿ったトンネルを抜けると高野下駅に到着。人里離れた山岳区間が始まるのはここからです。橋本駅の標高92mに対して、極楽橋駅の標高は実に535m。勾配に弱い鉄道は終点までにじっくりと高度を稼ぐしかなく、...

  10. 桜とこうや号を撮りにいこうや - 鉄道撮影メモ用

    桜とこうや号を撮りにいこうや

    高野線の17m特急車は30000系が2本、31000系が1本それぞれ在籍しています。そのうち”高野線のクイーン”という異名があるとかないとか言うのが30000系。沿線でカメラを構えるオタクの目当てはもちろん30000系ですが、南海の広報としても、一般的な箱型の31000系より特別扱いしたくなるオーラというものがあるのでしょう。CM等での露出の高さから高野線の顔としてつけられた呼び名が”クイー...

  11. 近鉄の桜 - HIROのフォトアルバム

    近鉄の桜

    近所の桜も満開になりました。いつもの定番ポイントに出撃して近鉄特急と桜のコラボを撮影してきました。しまかぜ恐らく最後の編成と思われる旧塗装色のエースカー。桜とのコラボは今年が最後になるのでしょう。。運良くスナックカー8連を捕らえました。

  12. 西武線 - お茶畑の間から ~ Ke-yaki Pottery

    西武線

    Ke-yaki Kitchenからも稀に見えますよー新しい西武線特急の車両「ラビュー」。何せインテリアが豪勢だそうで、乗れる機会があれば嬉しいなっ❣️実は、Ke-yaki Kitchenに来られるお子様には、実は電車大好きっ子が多いんですよ〜この「ラビュー」が頻繁に走るようになったら、もっとお会いできるかな〜?おっと忘れちゃいけないっ、鉄道ファンの皆様〜!📣Ke-ya...

  13. えっちなりんかん - 鉄道撮影メモ用

    えっちなりんかん

    南海高野線の特急”りんかん”は、同線の看板特急”こうや”を補完する列車としてなんば~橋本に設定されています。1985年の登場時は正式な愛称はなく、”H特急”と呼ばれていました(橋本だからHなんでしょうか)。”りんかん”の名称が充てがわれたのは、専用車両の11000系が投入された1992年から。この時に金剛駅が特急停車駅に昇格しています。あれ、”りんかん”の名前ってどこから来たんでしょうか・・...

  14. これからの車両を考える 電車編 【交通技術の記事から】 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    これからの車両を考える 電車編 【交通技術の記事から】

    国鉄時代に計画された気動車の開発等昭和56年の国鉄部内誌、交通技術で、続・これからの車両を考えると言う記事が出ていました。電車編・気動車編と書かれているのですが、今回は電車を取り上げてみたいと思います。今後考えられる在来線電車の姿これからの在来線用電車他の交通機関が発達している中では、接客設備の改善は、今後の電車として不可欠の最重点施策の一つであるとして、冷暖房設備の完備はもとより、冷し過ぎ...

  15. 特急はるかのおまけと、手持ちで月撮影 - 鉄男の部屋

    特急はるかのおまけと、手持ちで月撮影

    皆様こんばんは。そろそろブログの更新をしないとな~と思っていたのですが、現在ネタ切れ中でして…(´;ω;`)以前撮影して載せてないものを今回は載せていきます。ごめんなさいm(__)mではさっそく、サントリーカーブの写真から。180㎜1/1250秒f/5.6ISO800683系+681系未更新の12連サンダーバード400㎜1/640秒f/5.6ISO640色は新快速と同じですが普段は京都線を走...

  16. JR西日本キハ187系 - HIROのフォトアルバム

    JR西日本キハ187系

    山陰本線を特急「スーパーおき」「スーパーまつかぜ」として活躍するキハ187系。制御付き自然振り子装置を搭載し高い加速性能と相まって山陰本線の高速化に貢献しています。ただ、JR東海の特急「ひだ」「南紀」に使用されているキハ85系と比べ、車内の質感、静寂性は劣りますね。長時間乗車していると疲れます。

  17. JR西日本の電車特急 - HIROのフォトアルバム

    JR西日本の電車特急

    出雲大社へ向かう多くの観光客で伯備線を走る特急列車は結構賑わってますね。週末のサンライズは切符を手に入れるのが困難なようです。サンライズ出雲特急「やくも」381系

  18. ワキ10000形貨車のお話 - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    ワキ10000形貨車のお話

    高速貨車が誕生した頃の国鉄を取り巻く環境国鉄が、高速貨車を誕生させたのは、昭和41年でした。名神高速に続き、東名高速も開通した頃で有り、本格的なトラック輸送が幕を開けようとしていました。国鉄の貨物輸送は、旧態依然としたヤード系輸送が中心で有り、近距離を中心に貨物輸送が浸食されている時代でした。そこで、国鉄としても貨物輸送の近代化を図るため、昭和39年2月14日に国鉄本社内に、貨車近代化委員会...

  19. 鉄分補給2018 夏 - 修業の成果

    鉄分補給2018 夏

    花火撮影の県外遠征に疲れてきたので、夏休みを利用して鉄分補給をしてきました。本来は「SLやまぐち」を撮影したかったのですが、西日本豪雨の影響で運休になってます。山口線には直接の影響はないようですが、山陽線が寸断されてしまったので、夏から運行予定のシゴナナ(C57)が回送できないとのこと…残念ですが、仕方ありませんこの日は火曜だったので、「ななつ星」3泊4日コースの出発日博多から門司港で折り返...

  20. 気動車発達史 12特急形気動車の発展 キハ82のお話を中心に - 鉄道ジャーナリスト blackcatの鉄道技術昔話

    気動車発達史 12特急形気動車の発展 キハ82のお話を中心に

    キハ81形誕生当時の話キハ81形は、地方非電化区間の特急列車を走らせる目標を達成させることが出来ましたが、ARC第2回会議の目玉にしようとしたため、結果的に走り込みの期間が短かくなり、初期故障を出し切れなかった事が、原因で有ったといえそうです。当時の鉄道ピクトリアル、12月号を参照しますと、ARC第2回会議の目玉にしようとして、昭和34年末頃から設計が始められて、昭和35年の9月には落成して...

総件数:31 件

似ているタグ