狛犬のタグまとめ

狛犬」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには狛犬に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「狛犬」タグの記事(139)

  1. 狛犬・元気印 - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    狛犬・元気印

    元気印という勲章今夜は狛犬をタオル筆で描いてみました。絵手紙仲間との南紀白浜での忘年会から帰ってきました。皆さんはホテルで卓球に興じたりバイキングで料理もいっぱい食べてお元気です。元気がなによりですね。ホテルシーモアはリニューアルされてとてもおしゃれになっていました。窓の外には太平洋が広がっています。明日予定していた障がい者施設での絵手紙ボランティアが、風邪が施設内で流行しているとかで中止に...

  2. 狛犬さんたち - [BLOG] ときどきの記 from 小樽

    狛犬さんたち

    最近、市立図書館で出会った本がこれ、『ほっかいどうの狛犬』(著・丸浦正弘、刊・中西出版、2007年)。特に信心深いわけではないのですが、鳥居、灯籠などとともに、狛犬の姿形にもときどき目を留めるので、おもしろそうな本だと思いました。狛犬の由来、作りなどとともに、道内各地の神社の狛犬の由緒が、詳しく書かれています。筆者は相当に詳しい取材をしてきたようで、その労力には感服します。狛犬が道内に運ばれ...

  3. 古殿八幡神社/前編@福島県古殿町 - 963-7837

    古殿八幡神社/前編@福島県古殿町

    小雨が降っていたので、予定を変更して古殿八幡神社へ行きました。現地では、全く気にならない程度の小雨でしたので、古殿八幡神社を見学させて頂きました。

  4. 最福寺の狛犬 - 東金、折々の風景

    最福寺の狛犬

    日課のウォーキングの途中、最福寺拝殿前の狛犬をパチリ。お得意の般若心経を唱えていたら、境内を清掃中のお坊さんが驚いた顔をしてました。最福寺の拝殿前の狛犬11月12日午後

  5. 狛犬 - 空の色

    狛犬

    とても勇ましい狛犬でした。カメラ女子ランキング

  6. 挑戦状 - 写心食堂

    挑戦状

    凛とした表情で神社の石段に鎮座するコロ姫。石台の上に鎮座する狛犬に挑戦状をたたきつけました。どちらが守護神として相応しいか?皆さん、どちらかを選んでください。コロ姫が笑顔になるような投票行動をお願いします。お抱え写真師は有権者に袖の下を握らせる越後屋になります。(笑)なんか選挙戦の様相になってきましたなぁ。ハハハ!人気ブログランキング

  7. 狛犬さま - ecocoro日和

    狛犬さま

    ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ以前フォロワーさんが紹介されててずっと気になっていた作手の白鳥神社の狛犬さま。湿原へ行ったついでに立ち寄ってみました。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤほっこり穏やかな表情で癒し系の吽形ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ安永四年(1775年)とあり、ずい...

  8. 神社シリーズⅡ - 協伸マテック

    神社シリーズⅡ

    永らくぶりの投稿です。今回は、神社シリーズⅡと題して、信濃国一之宮、諏訪大社を紹介します。全国に約25,000社ある諏訪神社の総本社であり、大きく上社(本宮、前宮)、下社(春宮、秋宮)の四宮で構成されています。6年に一度勇壮な御柱祭りが行われ、八ケ岳から檜の大木を切り出される神事で有名です。今回は、各宮に建てられている柱の写真を掲載します。宮の建て替えように建てられているとも伝えられています...

  9. 熊野神社@福島県鮫川村 - 963-7837

    熊野神社@福島県鮫川村

    今回のシリーズのラストです。八箇所目の神の鑿は、熊野神社です。場所は鮫川村です。ここの狛犬も小松寅吉(小松布孝)で、先日ご紹介させて頂いた川田神社、鹿島神社と同じ「飛翔獅子」でした。ちなみに、この神社に向かう途中に、「熊野神社東北のミケランジェロ・神の鑿小松寅吉(浅川町)作(当時54歳)狛犬(飛翔獅子)明治31(1898)年11月建立」の看板がありました。吽の狛犬の足元の隙間から引っ切り無し...

  10. 鹿島神社@福島県白河市 - 963-7837

    鹿島神社@福島県白河市

    七箇所目の神の鑿は、鹿島神社です。白河市には、他にも同じ名前の鹿島神社が在るので、住所を明記しておきます。福島県白河市東下野出島坂口ここの狛犬は小松寅吉(小松布孝)で、先日ご紹介させて頂いた川田神社と同じ「飛翔獅子」でした。鹿島神社の狛犬明治36年 (1903) 小松寅吉布孝作小松寅吉(実名 布孝1844~1915)は石川町出身で、浅川町の石工小松家で修業し、腕を見込まれ養子に入った、地域を...

  11. 新地山羽黒神社@福島県白河市 - 963-7837

    新地山羽黒神社@福島県白河市

    六箇所目神の鑿は、新地山羽黒神社です。ここの狛犬、燈籠は小松寅吉(小松布孝)です。この神社の最大の特徴は、明日ご紹介するとして、今回は鳥居をくぐって本殿までをご紹介させて頂きます。と言ってもかなり急な階段を何段あるんだ!?って感じで登って、尾根の端の獣道的な場所を歩いて移動しました。って、今回の主役は狛犬と灯籠ですが、これまた見事な作品です。ちなみに、この神社、とても分かり難いです。もし、行...

  12. 川田神社@福島県中島村 - 963-7837

    川田神社@福島県中島村

    五箇所目神の鑿は、川田神社です。ここの狛犬は小松寅吉(小松布孝)です。ここの狛犬の特徴は、中島村が設置した看板にも書いてあるとおり、獅子が空を駆け巡る姿を見て、どうやってこんな彫刻を彫ることが出来たのでしょうか?不思議です。川田神社の狛犬明治25年 小松寅吉作この狛犬は、寅吉自身が奉納レたと考えられている狛犬である。台座には「浅川町福責作石工 小松布孝作之」と刻まれていて、「我こそは石工·小...

  13. 赤羽八幡神社@福島県石川町 - 963-7837

    赤羽八幡神社@福島県石川町

    四箇所目神の鑿は、赤羽八幡神社です。ここも小林和平が作製した狛犬です。少し目がパッチリとはっきりした感じです。

  14. 鼻の大きな狛犬下関市 - wawon3

    鼻の大きな狛犬下関市

    鼻の大きな狛犬下関市

  15. 王子八幡神社@福島県石川町 - 963-7837

    王子八幡神社@福島県石川町

    二箇所目の神の鑿は、王子八幡神社です。ここには、この近隣の開拓に功績があった方の石像が在ります。狛犬とこの石像が小林和平の作品です。正直に言って、狛犬の作成には気合いが入っていますが、狛犬以外は・・・。ちなみに、本殿は階段を登った先にあって、その境内には「落ちない神様」がいらっしゃいます。

  16. 神の鑿@福島県石川町 - 963-7837

    神の鑿@福島県石川町

    先日ご紹介した神社の狛犬を作製した石工は誰なのかを調べていて、出てきた名前が小林和平でした。ウィキペディア「小林和平」https://ja.wikipedia.org/wiki/小林和平ウィキペディアに書かれている内容の参考文献は下記の書籍らしいのですが、Amazonさんにはありませんでした。たくきよしみつ『神の鑿(のみ)』改訂第四版(2004年、狛犬ネット)もしかしたら自費出版等で、作者か...

  17. 八幡神社@福島県矢吹町 - 963-7837

    八幡神社@福島県矢吹町

    ATRYさんの次に行ったのが福島県矢吹町根宿に在る八幡神社です。ここの狛犬もカッコ良かったです。そして、昔々は城跡だったらしく、大きな掘の跡と思われる溝があって、かつての威光が少しだけ感じることができました。矢吹町文化財史跡·観音山館跡建造物·八幡神社と観音堂跡所在地·矢吹町根宿■観音山館跡(隈井館)中畑地区は古代から東山道の要地であった。付近にある森廓遺跡は、古代「タテ」と考えられる。しか...

  18. 白山比咩神社@福島県浅川町 - 963-7837

    白山比咩神社@福島県浅川町

    カッコいい狛犬を求めて福島県浅川町にある白山比咩神社へ行きました。何と表現すれば良いのか、石でここまで細かい表現ができるのか!?と思いました。狛犬の髪の毛が何だか凄い事になっています。白山比咩神社場所浅川町浅川字城山地内久安2年(1146)加賀一の宮の白山比咩神社を勧請し、鎮座したといわれている。御祭神は天神七代菊理媛命、伊弉諾尊、伊弉冉尊の三神で、万世に至るまで夫婦妹背の愛敬を守り、子孫長...

  19. キツネの集会? - 気ままに☆ひ撮り旅

    キツネの集会?

    笠間稲荷の神社の本殿(写真右手)の門を通って裏庭へ抜けてみました何やら、大きな岩のような固まりがあってその周りに、神さまのお使いの狐さんたちが集まっていましたよ置き方が、なんとなく「人為的」ですよね・・・・(笑)真面目に前を向いて座っている狐さんもいればお隣りさんとおしゃべりしている狐さんもいますこれをレイアウトした、神社の係の方ってけっこうお茶目な方なのかもしれませんね(*´艸`*)

  20. 復興の花(厚真神社) - 北海道photo一撮り旅

    復興の花(厚真神社)

    昨年の「北海道胆振東部地震」で最大震度7を記録した厚真町の「厚真神社」を訪ねてみました。当ブログで紹介した「狛犬」が、壊れていないかと以前から気にしていました。本殿にいたる法面が崩れたのでしょうか、盛り土で補修されていました、鳥居、石灯篭なども崩れていました。最も古い「狛犬」が、台座から転落したようで地面に置かれていましたが、大きな損傷は無いようでした。帰り際、参道石段から見上げれば、崩れて...

総件数:139 件

似ているタグ