独り言・・・のタグまとめ

独り言・・・」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには独り言・・・に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「独り言・・・」タグの記事(25)

  1. ひと針の願い - 日々安閑として

    ひと針の願い

    雛のつるし飾りうさぎ:赤い目のウサギは神様の使いで病気を退治する力を持つ、病がすぐ治るようにと願いを込めて。イノシシと這い子人形:イノシシは多産で子孫繁栄につながる縁起物這い子人形は「這えば立て、立てば歩めの親心」子供の健やかな成長に願いを込めて。三番叟人形:伝統芸能でめでたい出し物、五穀豊穣 食べ物に困らないようにと願いを込めて。それぞれ、人を思い ひと針ひと針 願う事柄を具体的な形にして...

  2. 歳を重ねる - 日々安閑として

    歳を重ねる

    はや春の訪れ、今年も早咲きの梅の花が満開今月またひとつ歳を重ねるこの年になるとストレスはないとは言えないが子供を独り立ちさせ、親の介護もなんとか乗り越え、ひとつひとつ歳を重ねる毎にひとつひとつストレスから解放されるのは確かなこと。介護の必要のない生活ができる「健康寿命」男性が72歳、女性が74歳と出ていました。なんと十年を切ってしまいました。いつまで生きられるかは定かではありませんが、残され...

  3. 新しい年を迎え - 日々安閑として

    新しい年を迎え

    Felice anno nuovo !今年も、毎年恒例の箱根駅伝をTVで観戦往路、小雪の舞う中、必死に走る若者たち、勝敗の有無にかかわらず、いつも魅せられるのは、つまずいて、転んだままの人を見ると見ているほうまで脱力感に苛まれる、これに対して、転んでも転んでも起き上がっていく人を見ると、こちらまで勇気づけられる。オードリー・ヘプバーン が最も愛したという、サム・レヴェンソンの詩が思い起こされ...

  4. 振り返る - 日々安閑として

    振り返る

    New Year's Eveあっという間の一年、妻はこの一年の医療費が一人で10万を超えたと嘆いていました。特に大怪我や入院したわけでもないのに・・・・とぼやいていましたが、同世代の年間医療費の自己負担額は、ある保険会社の統計で9.1万円と出ていました。平均並みに納得するというより、保険や雇用、社会制度に納得がゆかないのでは?この一年を振り返り・・・・かつて海軍兵学校で復唱された「...

  5. 好きな色・かたち - 日々安閑として

    好きな色・かたち

    瑠緋色、特に意識しているわけでもないが惹かれるんでしょうか。これも同じくブルー針の時計、ただ、こちらは針の先端がダイヤルに沿って曲げ加工がされているクラッシックモデルjippoは、色、かたちと言うより、開けるときの音に惹かれるんでしょうか。めっきり寒くなり、なかなか体がついていきません。インフルエンザの予防注射はしましたが、外出する気にもならないのは歳のせいでしょうか。

  6. 髪置祝い晩秋 - 日々安閑として

    髪置祝い晩秋

    昨日、孫の七五三の宮参り。あいにくの天気でしたが無事参拝することが出来ました。還暦を過ぎた頃から、晩秋をむかえる頃、いつも思うことがあります。「花を咲かせた草も、実を結んだ木々も枯れて、一年の営みを終えた幹や枝は裸になり、ひっそりと長い冬の眠りにはいろうとしている、自然の移り変わりの中で、晩秋という季節の静かな美しさは格別。」むかし読んだ小説の一節。自分の生涯で、花を咲かせることができたか、...

  7. 塗り壁 - 日々安閑として

    塗り壁

    先日、玄関壁の模様替えに挑戦。白の漆喰壁を塗り、その後に水性塗料で色付け、二日間かけて完成。ティファニーブルー(?)に色合わせし、かなり満足の仕上がりでしたが、妻や娘からは不評の言葉、品が無い、ティファニーブルーはもう少し落ち着いた色、・・・・・妻や娘の不評は無視していましたが、3歳になった孫からダメだし。子どもの感性を尊重し、皆さんの意見を拝聴し、再度塗り直し。所々、わずかながら薄いブルー...

  8. 自然の作用 - 日々安閑として

    自然の作用

    久しぶりの投稿になりました。平成最後の夏、連日の猛暑に、家の中にこもりっぱなし。やっと過ごしやすくなったと思ったら相次ぐ大型台風の上陸で・・・・今日も台風の影響で時折強風や雨模様。昨日、雨間を見て公園散歩、深みと艶を感じる 秋薔薇が咲いていました。いろはもみじも色付きだしました。自然そのものはいいようもなく荘厳で美しいが、その作用に、我々は翻弄されてきた。恵まれ与えられると同時に、しばしば、...

  9. 手 - 日々安閑として

    最近また手指の関節が痛む。リハビリでもないが、極力ペンを執るようにしている。A5版の日記に気になる記事をスクラップし、感想など書き込むようにしている。以前、新聞で、三陸地方で昔から伝わる言葉で「目は臆病、手は鬼。」という記事がありました。「目で見て不可能に思えること、頭でいろいろ考えてこれは無理かなと思うことでも、まずは、それに取り掛かる、まずは、やってみる。ひとたび作業を始めてしまえば、そ...

  10. minä perhonen - 日々安閑として

    minä perhonen

    今日は朝一から妻のお付き合いで多治見へ 27日から開催の企画展 minä perhonen+百草駐車台数も少ないし、過去5回開催 人気の企画展のため 11時オープンなのに9時30分に現地到着入場制限もあり、整理券ナンバー37番 それでも今日はまだ空いてる方とのこと。テキスタイルのことはよくわかりませんがどの作品も生活に根ざしたデザイン。飾らないところがいいんでしょうか。どちらかと言うとper...

  11. 栞 - 日々安閑として

    認知症の進行で口からの食事もままならず、胃ろうも高齢のため手術に耐えられず、CVポートにして10か月、95歳の父が 安らかに眠りにつきました。大往生でした。心優しい父の生き方がこれからの私の生き方の栞となります。

  12. 春先のマニュキュア - 日々安閑として

    春先のマニュキュア

    一年前のちょうど今日 同じタイトルで投稿今年は 寒さも一段と厳しく 庭の花々もまだまだと思っていたら・・・・・自然は正直ですね。今年も庭の鈴蘭水仙が可憐に咲き始めました。それにくらべてあの方たちはなんで正直になれないんでしょう。組織を守るため?自分たちの保身のため?政治的プレッシャーは 否めないと思いますが。また、今回の改ざん問題で 与党の自浄能力が試されているのに。

  13. 今年の桜 - 日々安閑として

    今年の桜

    桜美しさに憧れそして未練を惜しむ名古屋の開花宣言は21日ごろとか?特に何もしていないのにヒザが痛む歩く事さえままならぬこんなのは初めて整形外科にて診察の結果加齢によるヒザの軟骨がすり減り動きが悪くなっているとのことヒアルロン酸注射をしてもらったのが2日前今日はなんかいい感じ。歳には勝てない・・・・5歳先輩のこの方は歳を重ねてもスマートな 羨ましい存在Sting豪華メンバーによるFragile

  14. 心待ちの一枝 - 日々安閑として

    心待ちの一枝

    凍える冬を越えて 心待ちの一枝今月 また一つ 歳 を重ねる過去が増えて 未来が少なくなるひとりの人間が誕生して、成長し、やがて老いて フェードアウトしていく残された自分の人生をどう生きるか可能性が確実に減っていく今、せめて これ以上 悔恨を増やさぬよう過ごしたいものです。私が生まれた年 Helen Merrillの代表的なレパートリー

  15. 矩をこえず - 日々安閑として

    矩をこえず

    錦繍の煌びやかさに散りさま を いとほしむ散もみじ が見ごろかと近くの公園へ某国会議員の人が横綱の発言に対して「矩をこえる言動」と発言それ以来 TVのコメンテーターもよくこの「矩(のり)」を使う、最近は使わないですね、論語の一節にでてくることば「子曰く、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心欲する所に従いて矩を踰えず。」...

  16. 艶めかしさ - 日々安閑として

    艶めかしさ

    真っ赤な寒椿のつぼみ甘い こぼれるかのような艶めかしさを握りしめ・・・・最近 一日中 手指の関節が痛む寒さのせい?握り拳をすると何か違和感がある。ひょっとしてこれって リュウマチ ?整形外科でレントゲンとリュウマチの血液検査を受ける。血液検査の結果は一週間後やれやれ 歳とともに診察券ばかり増える.

  17. 凋落 - 日々安閑として

    凋落

    もみいづるいつもの緑地公園の いろはもみじ燃え立つばかりの紅葉凋落のときまで あと幾日か

  18. 人は忘却の生きもの - 日々安閑として

    人は忘却の生きもの

    来年の手帳が届きました。メモを取らないとすぐに記憶が曖昧になってしまう。大事な情報を忘れないよう書き留める。ほぼ日とSteiff の Collabo versionほぼ日手帳のARTS&SCIENCEの鍵のマークがSteiffのクマに。裏表紙に Steiff ロゴの箔押し文庫本サイズで「1日1ページ」「180°開けて書きやすい」この歳で 大切な情報と言っても大したことでもないラジオのFM局で...

  19. つつましく - 日々安閑として

    つつましく

    秋雨のなか 色淡きことが淋しい 四季桜神戸製鋼のデータ改ざんのニュース実態を反映しない数字の操作が常態化、不正を隠蔽する体質、厳しい意見かもしれないが経営トップの退陣は否めないと思う。それくらいしないと 企業の目は 濁ったまま 誤りを繰り返す。この様な事は 小説の世界だけにしてほしい。

  20. 秋色 - 日々安閑として

    秋色

    昨日 今日とけっこうな冷え込み日中の暖寒差に どうもからだがついていけない様子。久しぶりに公園散歩 イロハモミジの色付きが始まっていました。先日注文した Steiff のティディベアが入荷一体一体 顔つきが微妙に違うので妻と現物確認孫の五月人形というわけでもないがLLADRO の若武者もいいけど朱の伊予札鎧を身にまとったベアもなかなかのモノ。

総件数:25 件

似ているタグ