猛禽類のタグまとめ

猛禽類」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには猛禽類に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「猛禽類」タグの記事(835)

  1. コンドルとクマタカの若鳥~真冬のライチョウと日本の鳥たち(上野動物園) - 続々・動物園ありマス。

    コンドルとクマタカの若鳥~真冬のライチョウと日本の鳥た...

    コンドル父ちゃんです2月初旬の上野動物園よりまさに威風堂々2016年生まれの子も、ゆっくりと成長中です↓2016年の記事こちらはクマタカの若鳥現在は2018年生まれの子と2019年生まれの子が同居しています↓生後二か月半。巣立ちして間もない頃の記事こちらは、隣の放飼場にいる親鳥冬毛で真っ白のニホンライチョウこちらはスバールバルライチョウ同じく真っ白ですニホンライチョウがいる日本の鳥エリアにて...

  2. 住宅街を背景に絶滅危惧種が飛ぶ - Olive Drab

    住宅街を背景に絶滅危惧種が飛ぶ

    普通なら没にするんだけどな。住宅街を背景にチュウヒが飛んでいた。実はこのチュウヒはカラスみたいに住宅街で暮らしていて…(嘘)。+++++実際はチュウヒの暮らす葦原のすぐ横に住宅街があってこんな写真が撮れた。これが関東の某遊水地なら絶対にあり得ないだろう。この鳥は冬になると大陸からたくさん渡ってきて、生息地に行けばの話だが嫌と言うほど目にする機会が増える。俺の場合は飛来初期には写真に撮るが、そ...

  3. 猛禽探し - とことんデジカメ

    猛禽探し

    昨日暖かい午前中の猛禽探し幸先良くオオタカ若を発見逆光で暗く、眼を離すとどこかわからなくなる飛び出しを待つ飛ぶ気配なく、まったりと待ち疲れて移動すると...ノスリの飛び出しここにとまるチョウゲンボウがやってきたしつこく攻撃を繰り返す今度はカラスが...まったく もうゆっくりさせてくれないここは一先ず 逃げるが勝ち逆光の中 退散撮影日:2020.11.24300mm F/4G ED + TC-...

  4. ノスリ①カラスのモビング - バードカラー

    ノスリ①カラスのモビング

    ノスリ①川の上を悠々と旋回していましたが、その内カラスが飛んで来て、ノスリにちょっかいを出してきました。ノスリは迷惑そうにカラスを振り切って飛んで行ってしまいました。

  5. 連休は・・・。 - 四季折々に・・・・・

    連休は・・・。

    「国の政策ですから国が責任を」小池さんまた総理にケンカ腰なにかあったのでしょうか?このところ公園も人で溢れ気味です。連休は大人しくしているのが一番です。

  6. ミサゴさん。 - さいたまの野鳥

    ミサゴさん。

    ミサゴさん。20201115T1

  7. トビのハンティング - 日々カメラと共に

    トビのハンティング

    今日はプチ遠征、隣県まで足を伸ばしました。ここは鮎で有名な岐阜県にあります「長良川」、鵜飼で有名なところです。この季節は落ち鮎シーズン。そろそろ終盤を迎える頃かな、産卵を終え、♀の鮎は川底にその身を沈めやがて藻屑となるのです。トビ(トンビともいう)が群れを成し動きの悪くなった鮎を求めて飛来します。上空を飛ぶその数50とも100とも、背筋に冷たいものが走るほどです。ハンティングの様子を収めてき...

  8. 父子鷹 - Olive Drab

    父子鷹

    2020年11月某日。某草原で冬の小鳥を探していたら、大きめの鳥が二羽、こっちに向かって飛んできた。またカラスか?いや、カラスにしては飛ぶのが速い。逆光で真っ黒に見えるが、シルエットがカラスとは違ってるし…オオタカだ!咄嗟にレンズを向けてフレーミングしたらはみ出す。距離が近過ぎる。小鳥撮影のつもりだったからカメラは静音モードで連写速度も遅い。設定なんか直している暇はないから、とにかくシャッタ...

  9. ハイタカ - テトだもん!

    ハイタカ

    テト家地方では冬鳥です。一緒にやって来るオオタカやツミと見分けが難しいですが。これは翼指が6つに分かれているのでツミではありません。ツミはこれが5つです。オオタカは大きさの個体差が激しく小型のオスはハイタカとの識別が難しい場合があります。けれどこの個体はハイタカオスの特徴である顔や胸の褐色部分が見えます。この冬はでっかいオオタカ撮りたいなぁ。

  10. 2020-182 河川敷上空を通過するハイイロチュウヒ♀さん - 近隣の野鳥を探して2

    2020-182 河川敷上空を通過するハイイロチュウヒ♀さん

    暫くお休みしますので、休み前に投稿させていただきます。チュウヒ?いや違うと迷っていて鳥友さんに聞いてから、図鑑で確認したらスッキリしました。ハイイロチュウヒのメスで間違いないと思います。この日は猛禽類がよく飛んだので、小鳥はあまり出てくれませんでした。しばらくの間、皆様のサイトにお邪魔できませんが、戻ってきたら、お邪魔しますので宜しくお願いします。

  11. ハイタカ飛んだ! - とことんデジカメ

    ハイタカ飛んだ!

    寂しい公園あちこち回って10,000歩越え見かけたのはジョウビタキ アトリヤマガラ疲れて休憩中ハイタカ!天の恵み で・し・たきょうのアメリカヒドリ300mm F/4G ED + TC-14EⅢ

  12. 2020-181 旋回するノスリ - 近隣の野鳥を探して2

    2020-181 旋回するノスリ

    河川敷上空を、悠々と旋回するノスリです。強い日差しを浴びて、コントラストが強くなり過ぎました。同じ様な体勢ですが、光の当たり方が少しずつ違っています。

  13. 2020-179 獲物を持って飛び去るミサゴ - 近隣の野鳥を探して2

    2020-179 獲物を持って飛び去るミサゴ

    早朝の河川敷で鳥待ちの時、上空を朝ごはんの魚を持ってミサゴが通過して行きました。ミサゴの体と比較すると小さい魚と思いますが、近くで見れば大きいと思うかも知れません?ひと時、遊んでくれたミサゴに感謝です。

  14. 何で今頃こんなん出してんだよ(笑) - Olive Drab

    何で今頃こんなん出してんだよ(笑)

    いや、故意に遅らせていたんじゃなくて…(汗今年の鷹の渡りの残存写真です。せっかくだから秋がこれ以上深まる前に出してしまおうってことで…+++++今年の成果としては、俺が撮影に行った日は風が吹いてないことが多くて、鷹たちが思うように上昇できずに低空を飛ぶことが多くて、背の写真や背景付きがけっこう写せたことかなぁ。当の鷹たちには気の毒だったが、写真を撮るこっちからすれば都合良かったと言うか、何と...

  15. ノビタキ⑧ - バードカラー

    ノビタキ⑧

    ノビタキ part ⑧セイタカアワダチソウの上には留まってくれませんでした。本日もご訪問頂きありがとうございます。

  16. 2020-177 ミサゴとオオタカのコラボ - 近隣の野鳥を探して2

    2020-177 ミサゴとオオタカのコラボ

    久し振りに河川敷の様子を見に行った時、対岸にミサゴらしき鳥を発見しまた。カメラで覗いて確認したら、同じ枯れ木にオオタカがいました。初めて見る光景で、遠くて解像できないと思いながら記念写真を撮ってきました。ミサゴとオオタカに感謝です。

  17. 仁義なきたたかい!肉を奪い合うコンドル親子~クマタカの若鳥(上野動物園 December 2019) - 続々・動物園ありマス。

    仁義なきたたかい!肉を奪い合うコンドル親子~クマタカの...

    羽を広げて虫干し中のコンドル母ちゃんその大きさ、迫力に圧倒されます昨年12月下旬の上野動物園より岩場からひょこっと顔を出しているのは、お久しぶりのちびっコンドルタイミングよく給餌の場面に会えましたこの時の様子父と子の仁義なき、お肉の奪い合い!!父ちゃんの猛烈なチャージにもかかわらず食べ続けるなんて、成長したなあとしみじみ鶏頭をついばむスズメたちある意味、動物園の風物詩こちらは、同じ猛禽エリア...

  18. 2020-174 近くを飛んだ若いサシバ - 近隣の野鳥を探して2

    2020-174 近くを飛んだ若いサシバ

    今シーズン初めて近くを撮んどくれましたが、近すぎてフレームオーバーしたりピンボケになったり、撮れたサシバの一部です。少し近くピントが甘いかブレか?オーバー気味でした。水平飛行中です。カメラワークが悪く、上が少し切れてしまいました。せっかく近くを飛んでくれたのに、後悔はありますが、若いサシバに感謝です。

  19. 2020-173 ツミVSツミ(モビング) - 近隣の野鳥を探して2

    2020-173 ツミVSツミ(モビング)

    遠くで若いツミが戯れている光景です。相変わらず光線状態は良くないので、露出補正して見ました。相変わらず遠くのツミですが、記念写真が撮れました。

  20. 2020-172 ツミ - 近隣の野鳥を探して2

    2020-172 ツミ

    少し近くを飛んでくれたツミですが、飛んでくれた方は逆光でした。露出補正で何とか見られるかな?我慢して見ていただければ幸いです。近くで良い光線状態で撮りたいな。自然相手ですから、撮れただけでも良かったと思います。撮れる位置で飛んでくれたツミに感謝です。

総件数:835 件

似ているタグ