獣医師のタグまとめ

獣医師」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには獣医師に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「獣医師」タグの記事(39)

  1. 〜 一卵性双子牛の生産 〜 広報『とうほく』に掲載いただきました - 小比類巻家畜診療サービス スタッフの牧場日誌

    〜 一卵性双子牛の生産 〜 広報『とうほく』に掲載いた...

    弊社の地元である青森県東北町の広報『とうほく』2021年3月号に、「一卵性双子牛農家の収益向上に期待」と題して、記事を掲載いただきました。表紙を飾るのは、弊社代表の小比類巻と2細胞割球分離法で生まれた一卵性双子。表紙裏の見開きページでは、OPU-IVF技術と細胞割球分離法について、わかりやすく説明していただきました。広報誌は役場のホームページからもPDFでご覧いただけます。興味のある方はこち...

  2. 〜 「一卵性双子牛の生産」について講演 〜 デーリー東北に掲載いただきました - 小比類巻家畜診療サービス スタッフの牧場日誌

    〜 「一卵性双子牛の生産」について講演 〜 デーリー東...

    2021年2月26日付 青森県の地方紙『デーリー東北』朝刊に、小比類巻家畜診療サービスの記事を掲載いただきました。先日、青森テクノロジーセンターで畜産農家を対象に行われた研修会で、弊社代表の小比類巻が一卵性双子牛の生産をテーマに講演した模様を掲載いただきました。

  3. 〜 一卵性双子の受精卵を作出 〜 全国農業新聞に掲載いただきました - 小比類巻家畜診療サービス スタッフの牧場日誌

    〜 一卵性双子の受精卵を作出 〜 全国農業新聞に掲載い...

    2021年2月26日付全国農業新聞(東日本版)に、小比類巻家畜診療サービスの記事を掲載いただきました。弊社事業のひとつの柱であるOPU-IVF(経膣採卵・体外受精)と、「2細胞割球分離法」による一卵性双子の生産についてのメリットなどをご紹介いただきました。

  4.  【Falconry (鷹匠技術)を用いて行った傷病ハヤブサのケアおよび野生復帰トレーニング】 - 新米ファルコナー(鷹匠)の随想録

    【Falconry (鷹匠技術)を用いて行った傷病ハ...

    -Medical care and rehabilitation of injured wild peregrine using falconry techniques in Japan -We tried to rehabilitate of injured wild peregrine using Falconry and the article about that was contr...

  5. <あおぎん>チャレンジプログラム ー 安福久の一卵性双子の商用展開の実現 ー - 小比類巻家畜診療サービス スタッフの牧場日誌

    <あおぎん>チャレンジプログラム ー 安福久の一卵性双...

    (有)小比類巻家畜診療サービスは、青森銀行の「<あおぎん>チャレンジプログラム」の事業者に採択され、この度その成果がニュースリリースとして青森銀行Webサイトに掲載されました。<あおぎん>チャレンジプログラムは、先進的な技術や斬新なアイディアを活用して新たな「ものづくり」に挑戦する企業を支援する事業で、弊社の「OPU-IVF(経膣採卵ー体外受精)由来胚の2細胞性割球分離法」により生産した安福...

  6. ツイッターをはじめました - 小比類巻家畜診療サービス スタッフの牧場日誌

    ツイッターをはじめました

    突然ですが、小比類巻家畜診療サービスは先ごろツイッターをはじめましたー。え、今さら?と思う方もいるかもしれません。が、ブログにするほどではないけれど誰かに知らせたいオモシロ小ネタが、ウチの職場は日々起こるので、それらを発信したいとずーっと思っていました。大動物臨床獣医師や牛に関わる仕事の魅力、和牛受精卵や精液のセール情報なども、牛でつながる全国の皆さんに気軽にお届けしていきたいと思います。ま...

  7. 『肉牛ジャーナル』2020年9月号「新生子牛に対する新しい免疫活性療法」 - 小比類巻家畜診療サービス スタッフの牧場日誌

    『肉牛ジャーナル』2020年9月号「新生子牛に対する新...

    肉用牛専門の月間情報紙『肉牛ジャーナル 2020年9月号』(肉牛新報社)に当(有)小比類巻家畜診療サービス小比類巻正幸の論文が掲載されました。見た瞬間「ウッ」ってなってしまった今月号の表紙。攻めてるなぁ・・・。「子牛の免疫機能アップをめざす!〜新生子牛に対する新しい免疫活性療法〜」と題して、黒毛和牛の新生児に他家由来活性化リンパ球を投与した場合の拒絶反応の有無、ワクチン接種後の反応、疾病の発...

  8. 辞令交付式 - 北海道中央NOSAI 宗谷支所 非公式 ブログ 

    辞令交付式

    既卒者の採用が決まり8月3日に辞令交付式が行われました。赴任地は豊富町兜沼の宗谷北部診療所です。8月1日にK獣医師は宗谷北部診療所のすぐ横の公宅(一戸建て3LDK)に引っ越してきました。簡単に仕事の説明をし辞令交付しました。農家に信頼される獣医師を目指し頑張って下さい。末永くよろしくお願いします。

  9. Review of Dubai Falcon Hospital ドバイファルコンホスピタルでの研修の復習 - 新米ファルコナー(鷹匠)の随想録

    Review of Dubai Falcon Hosp...

    I review what I learned at Dubai Falcon Hospital.Blood sampling, medication, etcIt is very helpful to treat not only raptors but also zoo animals (penguin etc…)ドバイファルコンホスピタルで学んだ採血や投薬などについて復習。バンブルフッ...

  10. 新人獣医師特訓中第1弾 - 北海道中央NOSAI 宗谷支所 非公式 ブログ 

    新人獣医師特訓中第1弾

    宗谷中部診療所のG獣医師、牛の補液(点滴)の練習をしています。補液剤の空き容器に色付きの水を入れ、インジェクター(補液する針付きの管)を刺しています。空気が入らないように注意します。洗濯ばさみでインジェクターが抜けないように止めます。超ベテランのS獣医にテクニックを聞きながら、手順を覚えていきます。何度も刺すと牛も堪りません。練習あるのみです。

  11. 会社案内動画「50年の歩み」を公開しました - 小比類巻家畜診療サービス スタッフの牧場日誌

    会社案内動画「50年の歩み」を公開しました

    いつもと違う静かなゴールデンウィークまっただ中ですが、おそらく牛にかかわるお仕事をされている方は「そんなのカンケーねぇ」な毎日をおすごしのことと思います。えぇ、ワタシたち小比類巻家畜診療サービスもそのとおり。いつもと何ら変わらない日常です。ですがワタクシ事務員サワヤマは、大人の事情によりここ3ヶ月ほどはお仕事もスローペース。ならば今までやりたくてもやれなかった仕事を片づけてやろーじゃねーかか...

  12. 新人獣医師着任 - 北海道中央NOSAI 宗谷支所 非公式 ブログ 

    新人獣医師着任

    新人獣医師が本州よりやってきました。診療車の前で笑顔いっぱいです。引越しも終わり、生活の準備が大変です。初めての土地で一人暮らし、ちょっと緊張ですが、先輩獣医師、業務職員がフォローしてくれます。やさしい農家さんからいろいろアドバイスももらえると思います。

  13. Dubai Falcon Hospital 獣医研修4日目 -falcon souk- - 新米ファルコナー(鷹匠)の随想録

    Dubai Falcon Hospital 獣医研修4...

    すでに1か月前の出来事になった Dubai Falcon Hospital での獣医研修。1か月後の今、海外へ行くことがこんなに難しくなるとは想像していなかったけど、1か月前に行けていて良かった。研修4日目には、Dr. Antonio がfalcon souk に連れて行ってくれた。ハヤブサやシクラ、チョウゲンボウなどの生体や、道具を売る店が集まっているマーケット。falcon raceの訓...

  14. Dubai Falcon Hospital 獣医研修2日目 -ドバイのハヤブサ専門病院 - 新米ファルコナー(鷹匠)の随想録

    Dubai Falcon Hospital 獣医研修2...

    朝からたくさんのハヤブサが来ます。今の時期は、Pre-moulting health check、つまりトヤ(換羽)に入れる前の健康診断がメインです。UAEのハヤブサは大抵、換羽前と、hunting season前の、年2回健康診断をするそうです。モンゴルから来たという野生のセイカー。内視鏡検査で見つかったたくさんの寄生虫を取り除いているところです。アントニオ院長の内視鏡でたくさんの寄生虫を...

  15. Dubai Falcon Hospital 獣医研修  1日目 (ドバイ ハヤブサ専門病院研修) - 新米ファルコナー(鷹匠)の随想録

    Dubai Falcon Hospital 獣医研修 ...

    ドバイのハヤブサ専門病院で猛禽類の医療を学んできました。いつもの旅行とは違う、海外での研修。1人だし、海外出張とも違って全部自分で手配したのははじめてで、すごく緊張してるけど、falconryの本場、UAEのなかでも最も歴史あるハヤブサ専門病院で研修できること自体光栄です。朝、ドキドキしながら病院に到着すると、院長のDr. Antonio が笑顔で迎えてくれて、私に制服を渡してくれました。ス...

  16. 【(延期) 野生動物救護獣医師協会・講習会開催のご案内】 - 新米ファルコナー(鷹匠)の随想録

    【(延期) 野生動物救護獣医師協会・講習会開催のご案内】

    (2月25日追記)今日連絡があり、3月7日の本講習会は新型コロナウイルス感染症の影響でやはり中止と決まったそうです。今回の講習会、沖縄からも申込があり、今日も申込が来たそうなのに…残念!Dubai falcon hospital の話もしようと思っていたので延期でまた開催の機会があると良いな。2020年3月7日に野生動物救護獣医師協会講習会にて「野生猛禽類の救護とリハビリテーション」について...

  17. バレンタインデー2020 - 小比類巻家畜診療サービス スタッフの牧場日誌

    バレンタインデー2020

    うーん、なんだかとっても忙しい今日この頃。入社したての頃は、仕事がわからなすぎて暇をもてあまし、ほぼ毎週のように更新していたこのブログも、最近では山盛りのカルテ処理に追われ、気がつくと2ヶ月も更新が滞り・・・。こりゃいかん!重たい腰をヨッコラセとあげて、久々のブログ更新レッツらゴー。さてその2ヶ月の空白期間、ここ小比類巻家畜診療サービスではブログにして全宇宙に発信したい爆笑小ネタが色々ありま...

  18. ドバイ ファルコン ホスピタルに獣医研修にいってきます。Dubai Falcon Hospital - 新米ファルコナー(鷹匠)の随想録

    ドバイ ファルコン ホスピタルに獣医研修にいってきます...

    来週からドバイに行きます。世界で最も歴史あるハヤブサ専門病院であるDubai falcon hospital で猛禽類の獣医療を学ぶためです。2年前、Festival of falconry の際にDubai falcon hospital を見学させていただいて以来、falconlyのメッカで学びたい…とずっと思っていました。日本では、猛禽の獣医療はまだ発展途上で、ファルコナーも動物園も、...

  19. 牛の帝王切開手術その2 - 小比類巻家畜診療サービス スタッフの牧場日誌

    牛の帝王切開手術その2

    牛舎の片隅でココア色の柔肌を矩形にさらけだす和牛さん。獣医師のクロサワ先生が手にする貝印のカミソリ、その名も『ビューティーMSM』が、柔肌を上から下へ、何度も何度も滑りおりていきます。目を潤ませながら恍惚の表情を浮かべるのは齡(よわい)12、熟女盛りの妊婦さん。時おり、身をくねらせてもだえさせるあたり、さすがは『ビューティーM SM』であります。と、若干文章が暴走気味ですが深い意味はありませ...

  20. トレーニングシーズン(冬季)の脱水、体重管理について(update) - 新米ファルコナー(鷹匠)の随想録

    トレーニングシーズン(冬季)の脱水、体重管理について(...

    2016.12.1狩猟シーズンに入って4〜8週目には、体調不良が多く発生します。気温の低下により急激に体調悪化につながる場合があるので、特に注意が必要です。また猛禽類のうち特に若鳥、病鳥、投薬中の鳥には毎日水を与える必要があります。水を飲むことが少なくても常時手の届く場所に新鮮な水をおいておきます。体調不良(猛禽類、ハト、水鳥マニュアルより)「飛行体重」を維持している猛禽類のほとんどは食事制...

総件数:39 件

似ているタグ