珍鳥のタグまとめ

珍鳥」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには珍鳥に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「珍鳥」タグの記事(81)

  1. ツバメチドリが酒匂川に! - Life with Birds 3

    ツバメチドリが酒匂川に!

    相模川には約3年前に来ましたが私は行けませんでした。自宅前の相模川にも来ないかな?今日のツバメチドリ幼鳥(多分)は2年前の秋に石垣島で撮影しました。画像は右クリックー「背景に設定」で1920x1080の背景に利用できます。人気blogランキングへ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。

  2. 今年はシマアジの当たり年?相模川にもシマアジが! - Life with Birds 3

    今年はシマアジの当たり年?相模川にもシマアジが!

    今年は珍鳥シマアジがいろんなところに出ている様ですね。私も先週連絡を貰っていたのですが都合で行けず。本日は相模川に入ったようなので、自宅前にも来てないか探しに行きましたが駄目でした。代わりに2年前の天文ファン?のシマアジを載せます。この子は昨年も今年も来ていたようです。今年の秋も戻ってくるかな?画像は右クリックー「背景に設定」で1920x1080の背景に利用できます。人気blogランキングへ...

  3. シベリアジュリンは2羽いたのでは? - Bird Healing

    シベリアジュリンは2羽いたのでは?

    現場で写真を撮っている時似ている個体がいて良く分からなくなる時があって家に帰って写真を整理してみました。A個体(シベリアジュリンと思われる個体)B個体(シベリアジュリンかな?個体)写真を拡大比較A個体は小雨覆いの灰色部が広く分かりやすかった個体でしたがB個体もPCで確認したらなんとなく小雨覆の灰色の部分が小さいけど灰色に見えますが?とするとシベリアジュリンは2羽居たのか?2019年3月24日撮影

  4. 人気があるので、シベリアジュリンをもう一度 - Life with Birds 3

    人気があるので、シベリアジュリンをもう一度

    暖かいお彼岸から一転、寒さが戻ってきてお天気も悪いので自宅待機です。暇なのでネット探鳥してたら、シベリアジュリンの識別に異論が出ていることを発見。ポイントは嘴の形のようです。確かにこの個体は上嘴に膨らみがあるので典型的なシベリアジュリンとは違います。でもネットで英文のサイトも含めて色んな画像を見ましたが、これくらいの上嘴の個体もいるようです。見た目だけではなくて、現地に居れば食性の違い、鳴き...

  5. シベリアジュリン背中から - Life with Birds 3

    シベリアジュリン背中から

    小雨覆が灰色に見えるので、この点でもシベリアジュリンで間違い無さそうです。もうひとつのポイントである大きさ(オオジュリンより一回り小さい)ですが、折角オオジュリンも居たのに写真を撮るなどしてしっかり比較するのを忘れてました。でも鳴き声と餌の採り方などはオオジュリンと違っているのを確認しました。喉に少し灰色の部分があるので雄の冬羽かも知れません。もう少し滞在したらもっとはっきりすると思います。...

  6. 久し振りのライファー、シベリアジュリン! - Life with Birds 3

    久し振りのライファー、シベリアジュリン!

    逆光で色が上手く出ていませんが、下嘴が薄いなどの特徴は何とか出ていると思います。季節感を重視し新芽と一緒の時の写真を載せます。画像は右クリックー「背景に設定」で1920x1080の背景に利用できます。人気blogランキングへ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。

  7. 2年前今頃のハチジョウツグミ - Life with Birds 3

    2年前今頃のハチジョウツグミ

    例年何処かに出るんですが、今年はまだ噂を聞きません。画像は右クリックー「背景に設定」で1920x1080の背景に利用できます。人気blogランキングへ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。

  8. ホームページ更新(2年目のメジロガモ) - Life with Birds 3

    ホームページ更新(2年目のメジロガモ)

    雪が積もるとの予報でしたが、朝方少し降って一瞬積もったものの、9時頃にはもう融けていました。でも一日冷たい雨で自宅待機でした。2019年2月のホームページ表紙は、今年も帰ってきたメジロガモ雄です。99年6月10日から始めたホームページ、今年で20年目になりました。月に一度のペースですが今も更新中です。是非ホームページもご覧ください。

  9. メジロガモ、人気があるのでもう一度 - Life with Birds 3

    メジロガモ、人気があるのでもう一度

    子供からパンを貰って羽繕いをしたら眠くなったのか、葦の間に入って見えなくなってしまいました。画像は右クリックー「背景に設定」で1920x1080の背景に利用できます。人気blogランキングへ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。

  10. 2年目のメジロガモはパンが好物? - Life with Birds 3

    2年目のメジロガモはパンが好物?

    白いコンビニ袋を振ると、一目散に泳いで足元まで来ました。子供にも寄って行きます。両親に連れられた男の子がパンをやっているシーンを目撃しました。昨年と同一個体と思います。画像は右クリックー「背景に設定」で1920x1080の背景に利用できます。人気blogランキングへ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。

  11. こちらも2年連続飛来の珍鳥ガモ、アカハシハジロ - Life with Birds 3

    こちらも2年連続飛来の珍鳥ガモ、アカハシハジロ

    こちらは北関東なので昨シーズンと同様、今年もパスの予定です。画像は右クリックー「壁紙に設定」で1280x1024の壁紙に利用できます。人気blogランキングへ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。

  12. 昨年のメジロガモ - Life with Birds 3

    昨年のメジロガモ

    今年も来ているそうですね。行動パターンからして昨年と同一個体だと考えています。定着した様子ですので今年も挨拶に行くかな?画像は右クリックー「背景に設定」で1920x1080の背景に利用できます。人気blogランキングへ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。

  13. 懐かしい画像たちに再び(29)2009~2011年 - 赤いガーベラつれづれの記

    懐かしい画像たちに再び(29)2009~2011年

    ホオアカ:軽井沢初夏、休耕田は花々で彩られ、豊かな自然の中でノビタキ・セッカ・ホオアカさんが子育てをします。初めてホオアカさんに遇ったのは尾瀬ヶ原でした。美しい声で鳴いている鳥さん、まだ野鳥を双眼鏡でみていた頃。八島湿原にて。野の花々に引かれて訪れていた湿原。その時は全く鳥に興味がなく・・・もったいないことをしました。もう夕暮れも近い湿原。誰もいなくなって傾いた光の中、小鳥さんたちが落ち着い...

  14. 横浜市内にオジロビタキ! - Life with Birds 3

    横浜市内にオジロビタキ!

    約2年前のニシオジロビタキです。今来てるのはオジロビタキ?週末逢いに行くかな?画像は右クリックー「背景に設定」で1920x1080の背景に利用できます。人気blogランキングへ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。

  15. 関西にオニアジサシが! - Life with Birds 3

    関西にオニアジサシが!

    最近、秋になると日本でもちらほらと話を聞くようになってきました。私が最初にオニアジサシを見たのは2009年4月9日、フロリダのエバーグレーズ国立公園でした。国内では葛西臨海公園と八丈島で見たことがあるのですが、写真は撮れていません。近い将来国内でもしっかりした写真を撮りたいものです。人気blogランキングへ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。

  16. コウライアイサのポイントで2年ぶりのコウノトリ!! - Life with Birds 3

    コウライアイサのポイントで2年ぶりのコウノトリ!!

    2010年11月27日に自宅そばのコウライアイサを見つけたポイントで、2年ぶりにコウノトリと出逢いました。足環がはっきり見えませんが、昨年4月9日生のヤマト君だと思います。ちょうど二年前は暫く滞在していたひかる君が旅立った日です。ヤマト君の横に写っているのはモビングに来たチョウゲンボウです。大きさが全く違いますね。現在相模川中流域ではまだまだ鮎が豊富にいますので、2年前のひかる君のように暫く...

  17. 日本初の超珍鳥ルビーキクイタダキが飛島に!! - Life with Birds 3

    日本初の超珍鳥ルビーキクイタダキが飛島に!!

    私は2014年1月29日にカリフォルニアで撮りました。英語名はRuby Crowned Kinglet。CrownとかKingとか立派な名前が付いていますが、実物は日本のキクイタダキより一回り大きいだけの可愛い小鳥でした。画像は右クリックー「背景に設定」で1920x1080の背景に利用できます。人気blogランキングへ←一日一回クリックの応援ありがとうございます。

  18. オウゴンチョウ・・・遠くでした! - 赤いガーベラつれづれの記

    オウゴンチョウ・・・遠くでした!

    小さい上にあちこち疲れ知らずに動くので、見つけてピントを合わせているうちにすでに次の場所へと。輸入数も少ないアフリカの鳥さんということです。遠くなので前を向いているのやら背中なのか分かりませんでした。近くで撮られた方のを見せていただき、やっと分かりました。頭は黄色いヘルメット、お腹とお顔は真っ黒、首には濃茶の手ぬぐい巻いて、背中は黄色、羽は黒ベースに灰色も。最初お聞きして行ったときは、たった...

  19. オウゴンチョウ・・・飼われるだけに美しい - 赤いガーベラつれづれの記

    オウゴンチョウ・・・飼われるだけに美しい

    かご脱けして自由に生きる。やはり最初は大変だったろうな。いつ野生を取り戻したのかしら?注意深くそして大胆に生きている。一生自由のないあてがい扶持がいいか、厳しくとも自分でえさをとり自由に飛び回れる。どちらがいいのか・・・。私は後者だなあ。逃げた季節が良かったのか、逃げ出した場所が良かったのかは分かりませんけれど、強いね。近くで見たらきっと美しいのでしょうね、飼われるくらいだもの。直近で見たか...

  20. 長い嘴を海面に突っ込んで魚を捕るオオグンカンドリ - Life with Birds 3

    長い嘴を海面に突っ込んで魚を捕るオオグンカンドリ

    今年は本当にオオグンカンドリの当たり年ですね。台風24号が通過した後にまた三番瀬でオオグンカンドリが出たそうです。台風の当たり年だからでもありますので、素直に喜べない気もしますが。でもこれまでも台風の当たり年と言われる年は何度もありましたが、これほどオオグンカンドリが確認されることは無かった様に思います。鳥屋さんが増えて情報伝達も早く簡単になったのが原因なのか、オオグンカンドリの生息地が北上...

総件数:81 件

似ているタグ