珠洲のタグまとめ

珠洲」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには珠洲に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「珠洲」タグの記事(5)

  1. うちに来る鳥。 - 古本LOGOS 週1,2回古書店。

    うちに来る鳥。

    6月某日今日から6月!心機一転!!少しずつ、変化の兆しも感じられる。お問い合わせアドレスに問い合わせが入ったり、やっているかいないのか尋ねられたり。公費対応の注文があったり、一応「古本屋」らしいことをやっているのであった(微々たる活動であるが・・)。それで、家にいると鳥の声がよく聞こえる。一番聞こえるのが、納屋に巣をつくって子育てしているツバメ。ツバメの「SOS鳴き」の声はご存じでしょうか?...

  2. 珠洲 見附島2020.09.21 - Fly Me to the Moon

    珠洲 見附島2020.09.21

    Go to トラベルを利用しての家族旅行です。子供の見附島を見たいというリクエストで。1泊2日。宿は珠洲の「のとじ荘」小学生?の頃に一度泊まっているらしいのですが、記憶にございません。当時は国民宿舎でした。近年、経営が変わりリニューアルしたらしいです。露天風呂付きのお部屋でしたが、キレイでした。窓からは見附島が見えます。見附島、ランプの宿、塩田村などを散策しました。珠洲は、なにか縁のある場所...

  3. 第0回「読書カフェ451」 - 古本LOGOS 週1,2回古書店。

    第0回「読書カフェ451」

    先日、読書カフェを行いました。「読書会」というとちょっとかしこまりすぎてしまう。そこまでがっつり本を読んでなくても、おしゃべり感覚で、本と、本と自分の関係や、本にまつわる思い出など、本文そのものの分析や解釈に至らなくても、本をきっかけとしたおしゃべりができればいいな、、と思って、以前からのLOGOS常連メンバーであるMさんとお試し実施。まあ、これは結局いつもLOGOSでやっていることそのまま...

  4. 彼岸の図書館、此岸の古本屋。 - 古本LOGOS 週1,2回古書店。

    彼岸の図書館、此岸の古本屋。

    ご無沙汰してしまった。。表面的には停滞、もしくは態度硬化な9~11月でしたが、内部では激しく(?)せめぎ合っていました。要するに、自分で自分をしばるような、もしくは狭い箱に入っているような。村上春樹的に言えば「井戸を掘って」いたのかもしれません。そういえば、昨年の12月に、思い切って東京上野へ「ムンク展」を見に行ってから意外といろんなとこに出かけていたのでした、さすがに日帰りは無理なんで、実...

  5. 半島のソクラテス、奥能登のホールデン。 - 古本LOGOS 週1,2回古書店。

    半島のソクラテス、奥能登のホールデン。

    友だちに貸してもらって読んでいた本が面白かった。『ありがとうもごめんなさいもいらいない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』。図書館職員泣かせの長いタイトルは、最近の流行なのかしらん。フィールドワークを仕事とする人類学者ならではの題である。(奥野克巳・著/亜紀書房/2018年発行)亜紀書房という出版社のHP(ブログ)「あき地」での連載時タイトルは「熱帯のニーチェ」だっただけあり、各章の冒頭に...

総件数:5 件

似ているタグ