現像のタグまとめ

現像」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには現像に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「現像」タグの記事(39)

  1. Lightroomプリセット「赤いクルマをグッとする」リリース(DLできます) - 部屋と458と私

    Lightroomプリセット「赤いクルマをグッとする」...

    赤い車の撮影は難しい。言うまでもなく赤色は、黄色と並んで人間に強い印象を与える。しかしセンサやディスプレイの機械的な限界や、また写真は現実に比べ知覚の補正がされづらい事から、写真を見たときに「実際に見たときよりも赤い色が鮮やかに見えない」という事が起こりえる。現像をされる方は、ここで、彩度を上げて対応する、ということが多いのではないかと思うが、赤色は容易に色飽和し、すぐに写真の立体感が失われ...

  2. 流し撮りのゴミを一気に消す裏ワザ - 部屋と458と私

    流し撮りのゴミを一気に消す裏ワザ

    流し撮りは絞り込んで撮影しますのでセンサーが汚れているとてきめんにそれが写りこむわけです。そしてまた流れている背景のなかにある点がこれまた目立ちまくります。lightroomのスポット修正やphotoshopのスポット修復ツールを使ってもいいのですが、量が多いとそういうわけにもいきませんし、そういう気分にもなれませんね。今日はそんなやつをパっと修正する裏ワザを書きます。これをこうします1.フ...

  3. モノクロフィルム自家現像(その1) - 幕張寫眞実験室

    モノクロフィルム自家現像(その1)

    モノクロフィルムを自家現像した。撮影場所は千葉県にある「房総の村」・・・・・江戸時代を模した街並みの景色にはモノクロ写真がピッタリだ。カメラはこちらもクラシカルな「ニコンF」と50年以上前のレンズで撮影。「ニコンF」は内蔵露出計が無いから「ペンタックスデジタルスポットメーター」を使って念入りに測りながらシャッターを切った。

  4. 今日は北海道の写真の現像について - 旅行や写真など感じるままに

    今日は北海道の写真の現像について

    見てみて!寒いのでめっちゃモフモフ!!今回の北海道旅行の目的はこの寒い!と月食の二つだったからモフモフしてくれないと困るわけであ、月食の写真、まだ明合成もしてない.....あしたこそアップする予定のDAY3日記は二回に分けようかな...それではみなさん、おやすみなさい

  5. あなたの写真は現像でもっと良くなる。part7 東京オートサロンで撮影した美女の写真で影と戦う - 部屋と458と私

    あなたの写真は現像でもっと良くなる。part7 東京オ...

    東京オートサロンに行ってきました。美女撮影ガチ勢のかたはみなさんストロボを装備していますが、当然あれは伊達ではなく、モーターショーのようなところで美女を撮影しようとすると絶対にあったほうがいいです。絶対的な光量が不足していることも当然要因としてありますが、それよりも、ストロボを使わずに撮影すると、顔に影が落ちてしまうためです。ここでは、ストロボを使わずに撮影された、顔に影が落ちているような写...

  6. RAW現像読本 - レンズの記憶

    RAW現像読本

    写真は好き。けど どこか淡白傾向なのか 自分でもよく理解できていない部分があって ググ グウゥーッて強烈に学習するというわけでもない どこか中途半端な状態が続いているのがなにか気に入らなくて 現像の本を購入してみました。すると いきなりのキャッチが鋭い!購買心理を真っ先に見抜いた "業" が光ってました。流石だな~

  7. あなたの写真は現像でもっと良くなる。part6 想像力で作る超現実的な写真 - 部屋と458と私

    あなたの写真は現像でもっと良くなる。part6 想像力...

    ドギツイ現像をすることに対する悪いイメージ?バッシング?みたいなのがあります。加工しすぎだとかあんなのは写真じゃないとか言われるわけです。しかし写真というのは撮った人のものですからその人が煮て食おうと焼いて食おうとその人の自由なわけです。あんなのは写真じゃない、と言い張る人の論拠は「見たままを写すのが写真であり、ドギツイ写真は現実の改変だ」みたいなものですが見たままを四角く切り取っている時点...

  8. テーブルフォトの練習現像の覚書 - 部屋と458と私

    テーブルフォトの練習現像の覚書

    美味しいものを美味しそうに撮るのは難しい。自分なりに工夫して現像してみたので記録しておく▽rawそのまままあなんというか寒い絵だ。▽密度感がないのでざっくり切り抜く。▽シャドウとコントラストを上げる。肉眼でモノをみているときには超複雑・高度に脳が補正しまくっているが、一番わかりやすいのは何といっても暗部の補完だと思う。だいたいのものは写真にすると思ったより暗部が黒く落ちてしまうものだ。なので...

  9. あなたの写真は現像でもっと良くなる。part5 流し撮りの現像 - 部屋と458と私

    あなたの写真は現像でもっと良くなる。part5 流し撮...

    この写真は2017年スーパーGT鈴鹿1000kmラウンド決勝で撮影したものだ。夕暮れが始まった時間、スプーンカーブで西向きに太陽に向かって撮影。印象的なシーンだったが、夕暮れ時の撮影ではカメラ内でWB補正されて思ったような色に仕上がらないことが多い。また、逆光の眩しい感じも表現したい。それらの点を中心に現像していく。▽RAWを開いた状態。やはり、WBが補正をされているのか寒々しい写りになって...

  10. あなたの写真は現像でもっと良くなる。part4 反射や映り込みのコントロール - 部屋と458と私

    あなたの写真は現像でもっと良くなる。part4 反射や...

    タイトルの通り、目で見たときにはもっとパキパキに写りこみしてて綺麗だったのにな~という経験が誰しもあると思います色々やり方があるとは思いますが出来るだけ簡単にコントロールできるようなやり方を紹介します。▽こんな絵があったとしますも~ちょっと映り込みをバチっとしたいな~って思った時にははい、映り込みのところを段階フィルタや円形フィルタでザっと選んで「かすみの除去」と「露光量」を上げます。オワリ...

  11. あなたの写真は現像でもっと良くなる。part3「夜間、街中での流し撮りを現像」 - 部屋と458と私

    あなたの写真は現像でもっと良くなる。part3「夜間、...

    フェラーリ70周年イベントを撮影しに行った時の写真である。流し撮りは必然的にシャッタースピードが遅くなるので、夜間でも撮れそうな気がするが、実際にはそれほど簡単ではない。写真の撮影データはISO1000 SS1/25 F6.3である。シャッター優先なので絞りが中途半端だが、このシャッタースピードでも、夜間の暗さからするとまったく十分な露光量にはならず、ISOは高めの1000となっている。因み...

  12. あなたの写真は現像でもっと良くなる。part2 - 部屋と458と私

    あなたの写真は現像でもっと良くなる。part2

    インターネットで多くのフォトを見ていた私は「もっともっとフォトグラファー同士で現像の技術を共有したらクールなフォトが増えてみんな幸せなんじゃないか」と思い立ち先鋒を切って自分の技術を共有しようと決めたのだった。あらすじ終わり。part2と書いてあるが、1話読み切り漫画なのでpart1を読む必要はない。一応、part1はコチラモーターショーでの撮影は、光量が十分でなかったりアングルに自由度がな...

  13. あなたの写真は現像でもっと良くなる。 - 部屋と458と私

    あなたの写真は現像でもっと良くなる。

    昔、お洋服屋さんに勤めていた友人がこんな事を言っていた。「オシャレな服、もっとめちゃくちゃ安く売っちゃえばいいのに、だって、そうしたらみんなオシャレな服着るでしょ、そしたらオシャレな人が増えるじゃん。絶対その方がいいよね」インターネットで、いろんな人がいろんな写真をアップしていて、もちろんみんなそれぞれに思いのある写真を撮っていて、いろんな良さがある。ある場面、ある人が、わざわざカメラやiP...

  14. 新たな挑戦 - Life is Soooooo Good!

    新たな挑戦

    久しぶりに写真の話でもいたしましょう。写真に興味のない方には、申し訳ございません。このところ、私はデジタルカメラを全く使っていません。私が中判で使っているのは、ダイアナとその派生カメラやホルガなどと言ったトイカメラに、自作ピンホールカメラです。全てフィルム使用です。35mmカメラは、Argus C35やRobot Starと言ったクラシックカメラです。Robot Starは35mmフィルムを...

  15. 珈琲と写真の日々-32 - 珈琲と写真の日々

    珈琲と写真の日々-32

    目的、意義写真を撮ろうとする人の多くは、その主題選びに頭を悩ますようだ。わたしも若いころはそのコンセプトなるものが無いと先に進めなかった。生まれつき、やってることへの目的意識が強すぎたのではないかと思うことがある。勤め人になってからはさらにその傾向が強くなり、結果を求める癖がついてくるようで、これが勤め人の悲しい性なのである。さて、写真は科学技術の所産であることを忘れてはならない。画像を記録...

  16. 珈琲と写真の日々-24 - 珈琲と写真の日々

    珈琲と写真の日々-24

    ローライRETORO 80sを初めて使ってみた。100feet巻きを購入したのでパトローネ詰めせねばならないが、その時ちょっと手こずった。前報にも書いたが、ローディング器と長巻きサイズが合わないので蓋をしても少し隙間が出来てしまった。なので光線引きに注意しながらのローディングとなった。フィルムの厚みが富士ACROSに比べて薄いような気がする。なんだか以前に使っていたコニパンSに似ている。この...

  17. 珈琲と写真の日々-23 - 珈琲と写真の日々

    珈琲と写真の日々-23

    写真用感光材料がどれくらい生産されているかわからないが、富士フィルムが一般向けをほぼ中止しているので市場には在庫分しか出回っていない。それに対して欧州ではかってのIG三社のうちの一つアグファ・ゲバルトのいくつかの工場で生産されているようだ。わたしが現在使っている富士フィルムのACROS100も、そろそろ切り替えなければならず、カタログを見て試しにローライのスーパーパンクロマチックを購入してみ...

  18. 珈琲と写真の日々-12 - 珈琲と写真の日々

    珈琲と写真の日々-12

    昨日はフィルム現像をしました。最近の三か月間で撮ったのはたったの二本です。めっきり撮らなくなりましたが、コンパクトデジカメでは便利さ故に毎日のようにして撮っています。ただ一枚のカットを撮るときの気合の入り方は全くの別物ですが。さて今回用いた現像薬はすでに販売中止になっている試薬キットで、わずかにキープしていた最後のものです。ながらくの間お世話になった「ナニワカラーキットN」です。これの良い所...

  19. 現像をこねくり回すのを良しとしたい話 - 部屋と458と私

    現像をこねくり回すのを良しとしたい話

    ツイッター見ていたらとってもクールな現像している方がいたのでとりあえず勉強のために真似っこやっぱその人のように自分のものにはできないけど、試行錯誤して現像の引き出し増やすのは大事だな~と思います。過去の絵をひっぱってきてその時々の気分で現像するのも楽しい。わざとらしい(ナチュラルでない)現像をすることの是非みたいな議論がよくありますが私は是非については何ともわからないところですが、すくなくと...

総件数:39 件

似ているタグ