理論のタグまとめ

理論」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには理論に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「理論」タグの記事(5)

  1. 全体を見渡すと景色が必然性に変わる:資本蓄積と相対的過剰人口についてのメモ - さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

    全体を見渡すと景色が必然性に変わる:資本蓄積と相対的過...

    1 地球をおおっている資本主義から個人をとりだしてみよう。この個人は、孤立した個人としては、自由な人間として、自分のことは自分で決め、誰と連結するのも自由で、契約を自由に取り結ぶ。契約相手も自由に変えられる。いやになったら変えればいいだけ。2 しかし、孤立した個人は実態としては、利己的な個人であって、他人を手段にすることで、自分自身の本質を手段に貶めている疎外された存在である。この物象化され...

  2. 『資本論』の時代が始まった - さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

    『資本論』の時代が始まった

    あけましておめでとうございます。年末年始の廃人生活から抜けましたか、皆さん。と書こうと思って変換したら「俳人」と出てきた。今年は俳人になろうかな。全然思ってないですけど。本年もよろしくお願いいたします。新宿区 SIGMA DP2-------------『資本論』の2018年がやってきた:150周年へのメモ第1部初版刊行からの150年は、『資本論』として自己を表出した現代社会システムが、『資...

  3. あくまのささやき - 糸のない凧

    あくまのささやき

    みんながそうしているのだから、あなたもそうするべきなのだ。それが、この社会のお得意の理論。それはとっても楽ちんだけど、従えば従うほどに私は何かを失っていくんだ。

  4. 特別剰余価値獲得を強いる部門内競争と相対的剰余価値の生産 【社会経済学の基礎用語】 - さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

    特別剰余価値獲得を強いる部門内競争と相対的剰余価値の生...

    資本の内的目的である剰余価値生産は、資本が外的に強制される連関として実在します(資本の実在化としての競争)。この連関は、事後的に労働の生産力の上昇をもたらし、これが資本主義時代の歴史的使命を規定することになります。単純な例解です。ある商品を生産する部門が、3つの資本からなりたっていて、それぞれ上中下の生産条件をもつとします。労働の組織のしかたや地理的条件、用いる道具など生産条件が標準的なもと...

  5. 剰余価値と剰余価値率の数値例【社会経済学の基礎用語】 - さっぽろ地下鉄のなかでマルクスを呼吸する、世界を呼吸する

    剰余価値と剰余価値率の数値例【社会経済学の基礎用語】

    数値を穴埋めする練習問題をつくってみました。1つの資本がここでは資本の代表であり、資本主義社会の本質を理解するための場面設定です。労働力という商品の使用価値と価値、労働力と労働の違いを踏まえて、1日の労働時間(1労働日)の労働が剰余価値を生みだすことをつかむことができればOK。---練習問題-------以下では、平均的な1資本を対象とし、価値通りの売買、流通の正常な進行を想定している。  ...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ