生きもののタグまとめ

生きもの」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには生きものに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「生きもの」タグの記事(277)

  1. 雀の時 - 一瞬をみつめて

    雀の時

    撮ろうとしたらぱっと飛び立ってしまった雀目で追うとちょっと離れた木立へお仲間がいたのね雀の学校を覗いたみたい柔らかな時がながれる梅雨のある日いつも見てくださってありがとうございます

  2. Wow ワオキツネザル - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    Wow ワオキツネザル

    お食事タイム眺めてると…後ろのが飛んで前に出たガラスの際に並んで食べてたんですよこの時に後ろにいたのが前にいるのを飛び越えました

  3. 夏 恋の季節よ - @lapie.fr

    夏 恋の季節よ

    ━蝶々かな? あらまっカメムシ だったのね 恋の季節か 彼等にとって━夏至も過ぎ 恋の季節か カメムシの___________________________________________________________________________

  4. 虻出よせうじの破の五月晴         一茶 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    虻出よせうじの破の五月晴 一茶

    「五月晴」というのは、今日のような梅雨の合間の晴れの日をいうらしい。五月なのは、季語は云うまで無く、陰暦仕様だからだ。一茶の句では、「蚊」は必ずしも嫌われもの扱いされてはいない。というより、親しい生きものとして、詠まれている。たとえば、こんな。庵の蚊にあはれ今年も喰れけり夕空や蚊が鳴出してうつくしき百敷や夜の都も蚊の騒ぐそれがしの宿は藪蚊の名所かなあばれ蚊に数珠をふりふり回向かな

  5. 好きな色 - 一瞬をみつめて

    好きな色

    ちょっとくすんだ青に惹かれた日本の伝統色を調べてみたら「薄花色」(うすはないろ)が近そう明るくうすい青紫色平安時代からの色名です「薄花色」の「花色」は、藍の単一染めの「縹色(はなだいろ)」の別名とかその「花色」の由来は、かつて、月草の花の青い汁で摺染めをしたことに因んでいるらしい和名って味わいがありますね薄花色良い響きです^^いつも見てくださってありがとうございます

  6. 庭の生きものたち - つくらし つくる×くらし

    庭の生きものたち

    今朝もつくらしの庭で虫の眼レンズ。可愛い!

  7. 鳴き声は ひよこ です - @lapie.fr

    鳴き声は ひよこ です

    ━ひよこたち 大きくなった 六週目 でも鳴き声は ピヨピヨピヨよ━夏の日々 ひよこ育って ニワトリへ5月12日にUPしたニワトリたちこんなに大きくなってますでも、まあ、ウルサイ、ピヨピヨピーピー__________________________________________________________________________

  8. バスはるかゆらめいてみゆ薄暑かな 白石冬美 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    バスはるかゆらめいてみゆ薄暑かな 白石冬美

    少し動くと、汗ばむ。そうとはいえ、気分をさっぱりさせたい。白石冬美さん、亡くなられて一年以上経つ。この句は、好きな句だ。※国営武蔵丘陵森林公園へ。年間フリーパスの有効期限を閉園期間分、延長してくれた。コロナによる閉園期間は、ほぼ二ヶ月に。※今日、どくだみに八重咲きがあると、初めて知った。※これまでの通常の平日に比べると、明らかに来園者が多かった。開園を待ちかねたという森林公園ファンのみならず...

  9. 背中 - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    背中

    パパゴリラの背中、ごっついですー

  10. 摂生日記:ドクダミ - 春巻雑記帳

    摂生日記:ドクダミ

    うちの庭のドクダミのいきおいがすごくて、年々勢力圏を拡大しています。よく、庭にミントを植えないほうがいいと言いますが、ミントを植えたら多少はドクダミを抑えてくれるのではなかろうかと期待して何度か地植えしたんですけどね、消えた。ミントは消失。どこに消えたんだろう。跡形もないですね。チェリーセージは徐々に株を大きくしてがんばっています。年始やGWにがんばってたくさん抜いたはずなのですが、今年もま...

  11. Smile on me ! - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    Smile on me !

    この時こちらのレッサーパンダは、機敏に行ったり来たりを繰り返し止まらないレンズを執拗に向けたり、撮れないヮ…と場所を変えてみたりそんな中、偶然に目線をもらえた一枚です

  12. アゲハようちえん2020 - 春巻雑記帳

    アゲハようちえん2020

    今年もナミアゲハがナツミカンの鉢植えに元気に産卵。先週は鳥フン状態の幼虫が何匹かいるなーという状態だったのですが、本日植木鉢を見てみると、ほぼ葉っぱを食い尽くして「食べるものないんですけど?」と言いたげなガチャピンが何匹も枝にいたので新たな鉢植えを差し入れたところです。ミカンの鉢はアゲハの餌として育ていているに等しい。山椒の木もあるんだけども、どちらかというとナツミカンのほうが好きみたい(山...

  13. 驚き 蜜蜂の引っ越し - @lapie.fr

    驚き 蜜蜂の引っ越し

    ━蜜蜂の 引っ越し騒ぎ 勃発よ ブンブン飛ぶは 蜜蜂の群れ━夏浅し 蜂の引っ越し シーズンよびっくりしましたすっごいブンブンと飛び回る蜂たちの音何千何万の蜜蜂がウチの畑の横の樹(オーク)の枝に集結追っかけてきた養蜂家は完全防備で枝に梯子をかけて…なんでも、女王蜂が2匹が飛び出してココのへ来たそう(ミツバチを枝から収集する写真は 右の外部リンク「本、ときどき…」に)______________...

  14. 二ホンリス - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    二ホンリス

    リス舎があるのは存じていましたが、姿を見たのはこの時が初めてです!夏毛は茶褐色になるようですね。(冬は灰褐色に)MFで撮れるカメラを持参してなくて、柵の向こうにピント合わず、この日は少し苦戦(笑)この日持っていたのはRX-100とGX7MK2。半々で撮ってました。人が多かったのもあり、あまり撮りませんでした。

  15. ライオン舎のジャガー - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    ライオン舎のジャガー

    ライオン舎だったところにいるジャガー(みわ)。ガラス面にはライオンの爪跡の名残りがあり、ガラス越しに撮るとソフトフォーカスになります。かつていたライオン(ナイル)は今年1月末に逝ったようです。25歳と10ヶ月美本国内で歴代もっとも長く生きた、とあります。京都市動物園では今後ライオンの飼育を行わないそうです。ライオンの生態を考えてのこと、でした。野生のライオンは群れを作る動物で、群れで飼育する...

  16. ジャガー - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    ジャガー

    京都市動物園へ行った。年パスの期限が切れてから久しぶりだったので一年は間が空いていると思う。前回もジャガーは2頭いたが、いるのが見えるジャガー舎に出てるのはどちらか一頭でもう一頭は見えないところにいたようだったのが、今回それぞれ来園者から見える場所にいた。この日黒ジャガーがいたのは「ライオン舎」だったところ。そうなんだ…。(写真は別。本来のジャガー舎)ライオンは亡くなってしまっていた。老いて...

  17. 糧をもとめて - 一瞬をみつめて

    糧をもとめて

    お腹空いたけど見つからないわねぇ。。。ん?なにか、いる?そっと、近づいてわっ?!なに???!やだ、お魚じゃ無かったの(・_・;)あ~あ。。。どこかに魚、いないかしらねー鳥の世界も人の世界も生きていくってたいへんいつも見てくださってありがとうございます^^

  18. ブンちゃん 11羽の母に - @lapie.fr

    ブンちゃん 11羽の母に

    ━孵ったよ 十一羽です 多いなあ ブンちゃんエライ これから育児━雛孵り ほっと一息 母の顔11羽のうち、自分の子は何羽なのかな明らかに黒ちゃんの子が一番元気(首に羽がない種類)翌日までに孵らない卵は放置、、運命、、____________________________________________________________________________

  19. 水あそび - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    水あそび

    この時すごーく元気に水に飛び込んでました。その後何度か王子動物園へ行っているけれど、近年ははしゃいでるような場面は見てないな…。これは10年程以前のもので、もしかすると2頭いた頃だったかもしれません。春の桜の頃に訪れたかったですが今年はダメでした。元気でいてね。

  20. 平常心2 - 蛙声雑記 (From August 1, 2020)

    平常心2

    荒川大麻生公園野鳥の森を歩いた。蝶の姿が目立ってきた。夏が来ている。スジグロシロチョウアオスジアゲハヒメジャノメか、ヒメウラナミジャノメか、どっちだろう。森の小さな池の傍のベンチで、かみさんの手によるおにぎりを食べて、森の気配に包まれていると、もう、身体から力みがぬけてゆくようだ。誰も彼もが寄る辺ないのだと、目には見えないコロナが教えてくれている。それが緊張の元だ。出がけにかみさんが、今日は...

総件数:277 件

似ているタグ