生き方のタグまとめ

生き方」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには生き方に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「生き方」タグの記事(183)

  1. それぞれの生き方 - こうちゃんとやりたいことリスト

    それぞれの生き方

    親戚にこうちゃんを見てもらい、友達と食事に行きました。友達は仕事で海外への派遣が決まったばかり。2回目の海外派遣で今回も日本からはかなり遠く、休みが取れたら会いに行くよ~と簡単に言える距離ではありませんでした。どんどん挑戦していく彼女に対して感じる尊敬、羨望、そして会えなくなる寂しさ。ママは家庭を持ち、人生の優先順位が変わり、家族から離れて生きることは考えにくくなりました。かといって、もし今...

  2. 夢の諦め方 - 上田基のブログ

    夢の諦め方

    夢の諦め方記事はこちら↓↓↓↓↓http://uedamotoi.com/post-1290

  3. ボヘミアンな自分はこれからどうやって生きようか? - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    ボヘミアンな自分はこれからどうやって生きようか?

    晩年のジャコメッティは故郷のスイスに帰った。コルビジェは南仏のカプマルタンで隠居した。破天荒な先輩も金沢の実家に帰った。先輩は事情がちがうが、先の巨匠はいずれも成功者のリタイアパターンだ。う~ん、この書き出しは失敗だった。経済的優位性・母親のマネージメントという時間的拘束から実家への引越しを計画して準備しているが、どうも乗り気がしない。理由は明確で「毎日が退屈な地域」だからだ。今のようにシコ...

  4. 私のブログは、今後とも 世の中に烏合せず、「世の中の何故?を模索して行く」所存です。(190209,10追記) - mohariza12メモ

    私のブログは、今後とも 世の中に烏合せず、「世の中の何...

    私のブログは、毎日更新はこの頃やっておらず、細々とやっていますが、来られる方は20~40人の来訪者でもアクセス数を増やす努力は全くしていません。他のブログにコメントを載せ、提携を組み、呼び込むことは昔はやっていたことはありましたが、今はやっていません。<自分の興味を持ったこと>を追求する気ままなブログです。アクセスレポートの日付別の<記事別アクセス>や最近の<記事別ランキング>でも、断然に<...

  5. ムカッとした感情の持って行き方 - 風のとおり道  『不登校・引きこもり・ニート』こころが軽くなるように

    ムカッとした感情の持って行き方

    【旦那ウイルスが私を動かしている】少し時間が経ってしまいましたが、今年のお正月、初詣での出来事。。。私の人生でここ数年悲しい別れが続き、病人も多発し、これは神頼みだ!という事で東京にある東伏見稲荷神社に行ってきました。ここは、関東地方に住んでいる方も伏見稲荷神社の誤診徳を預かりたいと熱望して京都の伏見稲荷大社から分霊を勧請して創設されたそうです。貪欲な私がここを選んだ理由は。多種に渡り、授か...

  6. ノニーン! フィンランド人はどうして幸せなの? - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    ノニーン! フィンランド人はどうして幸せなの?

    最新の国連による「世界幸福度ランキング」によると、フィンランドが1位らしい。2位はノルウェー、3位はデンマーク、4位はアイスランドと北欧諸国が名を連ねる(スウェーデンは9位)。この他にも、様々な「幸せ」に関する調査を行うと、大体北欧諸国がトップに来る。デンマークの「ヒュッゲ(Hygge)」やスウェーデンの「ラゴム(Lagom)」、最近だとフィンランドの「シス(Sisu)」も「幸せ」に繋がる「...

  7. 成人式を迎えた次男坊 - Mr.こりあんのひとりごと

    成人式を迎えた次男坊

    次男坊が成人式を迎えた。長男が20歳のときは浪人中でそれどころじゃなかったから、俺にとっても初体験となる。次男坊はもともとネアカだから話す奴らがたくさんいるし、かなり楽しんでいた。写真は小学校6年生の時、富山県代表で400mリレーに第一走者として挑んだ時のメンバーと先生が再会して撮った記念の一枚!実にいい顔をしている。次男坊も昨年までは野獣たちのいる大学サッカー部で、生き残れるか心配になる時...

  8. 悩み事は5次元の世界 - 上田基のブログ

    悩み事は5次元の世界

    悩み事は5次元の世界記事はこちら↓↓↓↓↓http://uedamotoi.com/post-1267

  9. 答えはいつも内側に - HCC コミュニティ ひろば

    答えはいつも内側に

    誰もが自分を可愛がる自分の為に言い訳し、自分の為に防衛する自分の為に良かれと思って自分流の考え方の渦に居る自分で考え、自分で迷い、自分の疑問の罠にはまるはまり込んだ疑問の罠から抜け出すために今度は・・・そこから・・・その導きを自分の外に求めだす溢れかえる情報を、これまた良かれと思ってかき集め、ゴミのごとくに山積みされていく情報の中で混乱する答えはいつも内側にあるのに自分を可愛がるくせに自分を...

  10. (遅い)年頭の挨拶 - mohariza12メモ

    (遅い)年頭の挨拶

    遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今日、早朝(6時15分くらい)までに 正月3が日に自宅に届いていた年賀状の相手(70枚ほど)等に、今年の私の年賀状を送った。来た年賀状を宛名を確認し、宛名を書き、年賀内容を一枚一枚読みながら、その年賀内容に沿った簡単なメッセージも添えた。やっと、肩の荷が降りた感じで、まだ、ブログ上の年明けの挨拶をしてなかったのに気が付き、冒頭の年賀あいさつを...

  11. やっと、今年の年賀状の印刷をしだした。 - mohariza12メモ

    やっと、今年の年賀状の印刷をしだした。

    やっと、今年の年賀状の印刷をしだした。画像は何とか昨日早くには、妥協できるところまで行ったが、いざ言葉と画像を組み合わせる段になって、今まで使っていたソフト(:jwwでの画像貼り付け)が使えないことが分かった。昨日の時点で、残された休日は 後2日弱しか無く、かなり焦っていたのだが、何とか、昨年までのやり方で無いやり方で、画像と言葉を入れたものを合体するやり方(:ペイントで作った画像を編集して...

  12. 自分に何が合っているかわからない原因 - 上田基のブログ

    自分に何が合っているかわからない原因

    自分に何が合っているかわからない原因記事はこちら↓↓↓↓↓http://uedamotoi.com/post-1263

  13. 手紙の力 - HCC コミュニティ ひろば

    手紙の力

    冷え込みを加速させる私の暮らす瀬戸内の町にも、今日は雪がチラチラ舞うひと時がありました。「平成」という時代の最後の年の瀬の、こんなに冷たい土曜日に、郵便配達員の方は、心温まる便りを届けてくださいました。東中国カウンセリングセンターを開設して24年。ずっと続けてきたからこそ手にする事の出来た便りです。その方からの一部を抜粋してご紹介します。・・・・・私の平成時代にあった最高の事は、何だったろう...

  14. カウンセリング的考え方を取り入れて 生きる生き方 - HCC コミュニティ ひろば

    カウンセリング的考え方を取り入れて 生きる生き方

    「憂鬱な時には、ものごとを悪い方にばかり考える」―――――自分自身のことを悪く考えるだけでなく、周囲の人をも巻き込んで、さらには世の中全体をも暗く悪い方向にばかり考えがちです。落ち込んでいる時は、現実の事実も歪んで見る事が多く、その為、感情も屈折し、混乱を起こしがちです。絶望感や自暴自棄はうつ病の症状に含まれはしますが、絶対的な事実ではありません。肯定感こそが絶対で、肯定感を持つことが最善だ...

  15. カウンセラーの仕事 - HCC コミュニティ ひろば

    カウンセラーの仕事

    科学技術AIの躍進が止まらない。一方で、「金」や「数字」の実績を自己評価にすりかえ、自己実現の果てに獲得する「自覚なき「権力」」は、見えにくいパワハラとなる。情報の網が張り巡らされ、国民の為の国家は、いつしか国家のための国民に置き換えられ、横暴な一部の権力者に操られることとなる。??????????『人間』って何だ????????????私が心理学の世界に足を踏み入れて優に30年以上の時が経...

  16. ボヘミアン・ラプソディ - Mr.こりあんのひとりごと

    ボヘミアン・ラプソディ

    クイーン、俺が高校時代、ロックバンドをやっていた時期、女子学生達がかなり好んで聞いていた記憶がある。俺達からすると、ロックというよりポップスに近く、コピーもしにくかったからそんなに愛着を感じていなかった。どちらかというとレッドツエッぺリン、ディープパープル、ジミヘン、AC/DC、レインボー、キッスといったバンドのコピーをしていたし、その音楽が好きだった。今回この映画を見て、俺が好きではなかっ...

  17. 持たざる者の強み - ふたり暮らしの生活向上委員会

    持たざる者の強み

    ミカンの美味しい季節になりました。それはさておき夫が「充実した定年後」に関する記事を読んだ後に「ボクはどの程度この生き方に近づけてると思う?」と、聞いてきたので私も読んでみました。責任ある立場で仕事をしてきた夫ですがそれに囚われおごることなく今を楽しんで生きていると思いますが、「どう思う?」と聞いてくるあたりがわずかに執着が残っていると、答えざるを得ないわけで…学歴も大したキャリアもなく生き...

  18. 平松伴子「世界を動かした女性グエン・ティ・ビン」コールサック社 - Mr.こりあんのひとりごと

    平松伴子「世界を動かした女性グエン・ティ・ビン」コール...

    1969年、ベトナム和平拡大パリ会談に、アオザイを来て颯爽と登場したビン女史は、南ベトナム解放戦線(べトコン)が樹立した南ベトナム共和臨時革命政府の外務大臣だった。ジャングルの戦士の代表は実にスマートに世界のリーダー達と渡り合った。かのキッシンジャーをして「彼女はタフすぎる。苦手だ」と言わしめ、ベトナムの惨状を世界に発信し続け、国際社会を味方につけることに成功した凄腕の女性リーダーなのだ。こ...

  19. 日産のゴーン会長逮捕の報に接して・・・ - mohariza12メモ

    日産のゴーン会長逮捕の報に接して・・・

    久しくブログ更新をしてませんでしたが、日々の仕事に追われ、ブログを記す余裕が無く、またたまの休みは疲れて(遅くまでTVを観たりいして、)午後2時近くまで寝ていてダラダラ過ごし、ブログ更新を怠っていました・・・。済みませんでした。・・・・・・・・・・・・・・・・今回の<日産のゴーン会長逮捕>の件は、田中龍作ジャーナルの記事(http://tanakaryusaku.jp/2018/11/000...

  20. いつか、さよならするために。 - 糸のない凧

    いつか、さよならするために。

    いつから。褒められることが、目的になった?いつから。頼りにされることが、重要になった?いつから。尊敬されることが、目標になった?いつから。師と仰がれることが、憧れとなった?いつから。誰かの生き方変えることが、己の使命と思い込んだ?それは支配だろう?お前がいないと、なんて言わせることは。それを、支配と呼ぶのだろう。例えば誰かが。お前を支えに何とか立っていられるのなら。お前はそれを喜ぶのか?例え...

総件数:183 件

似ているタグ