生まれ変わりのタグまとめ

生まれ変わり」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには生まれ変わりに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「生まれ変わり」タグの記事(8)

  1. 愛犬の生まれ変わりに会う。 - パラモーターおたくのタイ放浪記

    愛犬の生まれ変わりに会う。

    今から20数年前の話になるが、実家にはビスケットという名前の雑種犬がいた。父が仕事の関係で台湾に何年か住むことになりおいらもアメリカに行くことになっていたので、実家は祖母一人だけになることになった。それで用心のためアニマルシェルターから雑種の子犬をもらってきたのだった。シェルターでは兄弟と思われるそっくりの子犬と同じケージに入っていてどちらも同じくらい可愛いのでずいぶん迷ったのだがビスケット...

  2. あいの思い出 - ちいさなチカラ

    あいの思い出

    時々、猫って生まれ変わりがあるのかなあと思うことがあります。あいが亡くなって、しばらくが経った頃、交通事故ではねられていたウンと出会いました。出会った時のウンは意識がなくて、半開きの口からは、ピンクの舌がのぞいていました。あいも、かつて何かがあったのか、口が閉じ切らず、いつもピンクの舌を出していた・・・それだけでも、なんだか感じるものがあったのですが、元気になったウンの鳴き声は、なぜか、あい...

  3. 佐藤正午『月の満ち欠け』 - ねこの生活と意見

    佐藤正午『月の満ち欠け』

    ヴォイスブック(聴く本)は骨伝導のヘッドフォンで聴いている。音漏れの心配をしていたが、わたしのはほとんど漏れないようだ。ちなみに機種はAfter Shokuz TREKZ TITANIUM。口コミによると国産はダメで中国かアメリカがこの手の品は良いとのことだったのでデザインで選んだ。ほぼ満足。ランニングや山登りで小説を聴いていると、エピソードが道の記憶、風景と結びつく。その小説のくだりは風景...

  4. 生まれ変わり(?)のスターたち (3) - 運命的な映画たち

    生まれ変わり(?)のスターたち (3)

    トム・ハーディ~七変化俳優はアイルランド古来の妖精?~決して多くはないと思いますが、このブログを楽しみにしてくださる方々に とりわけ、一番の読者であるmさんに ありがとうございます!!(そしてごめんなさいm(_ _)m)ものすごーーく更新の間が空いてしまい、本当に申し訳ありません。ただただ自分の能力不足でして…ごめんなさいm(_ _)m 先日、夫のプレゼントで、フィギュアスケートのアイスショ...

  5. 生まれ変わり(?)のスターたち (2) - 運命的な映画たち

    生まれ変わり(?)のスターたち (2)

    マーティン・フリーマン~シャーロックと相棒の、不思議な友情~やっぱり更新の間が空いてしまいました…すみません…。前回に続き、ドリーン・バーチューさんの『アース・エンジェル』から、生まれ変わりの英国人俳優について見てみたいと思います 。前回、賢者(魔法使い)の生まれ変わりとして取り上げたベネディクト・カンバーバッチ。彼がブレイクするきっかけになったのは英国BBCのドラマ『シャーロック』。この...

  6. 生まれ変わり(?)のスターたち(1) - 運命的な映画たち

    生まれ変わり(?)のスターたち(1)

    ベネディクト・カンバーバッチ~知性派俳優は魔法使い?~Embed from Getty Images/Getty Images Entertainment David M. Benett今回の話題は、俳優さんについて。それも、知ってる人は"沼"といわれる深みにハマるほど入れ込んでいる、でも興味のない方はまったく御存知ない、英国人俳優について語ります!興味のない方、ほんとに...

  7. ベルリン・天使の詩 - 運命的な映画たち

    ベルリン・天使の詩

    恋に落ちた天使の話1987年フランス・西ドイツ監督:ヴィム・ヴェンダース脚本:ヴィム・ヴェンダース、ペーター・ハントケ出演:ブルーノ・ガンツ、ソルヴェイグ・ドマルタン、オットー・ザンダー、ピーター・フォーク他東西統一前のドイツ。ベルリンの街では、今日も天使たちが働いている。人々の心の声や、街で起こった出来事をすべて記録しているのだ。そしてまた、辛い瞬間を迎えている人にはやさしく手を添えて苦し...

  8. 生まれ変わりとやら - Diamond Gold Body by Smiling, Laughing 笑って金剛身

    生まれ変わりとやら

    「生まれ変わりの村①」、モリケンさんの本です、なお私のところにも黄色の不思議の友の会報がやってきますが、モリケンさんの動向はなかなかユニークです。さて、①というくらいですから、実際の中国取材旅行などの情報はどんどん増えているようですから(モリケンさんのHP)、今後も続くんでしょうが、続ではさらに新たな以外な視点を加味していく必要があるのかもしれません。まあ書籍も「商売」という側面もありますか...

総件数:8 件

似ているタグ