生薬のタグまとめ

生薬」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには生薬に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「生薬」タグの記事(10)

  1. 漢方薬は苦い、まずい? 味でわかる漢方薬の特徴とは - 元気堂

    漢方薬は苦い、まずい? 味でわかる漢方薬の特徴とは

    「漢方薬」というと、味が苦手で飲みにくいと思っている方が多いと思います。“良薬口に苦し”という言葉もあるように、じつは漢方薬の味と効能には深い関係があります。例えば、胃炎の時や便秘の時などに漢方薬を飲んだことのある人は、漢方薬のイメージが“苦い”となっているのではな...

  2. 親しみを持てた生薬とツボ(岡) - 柚の森の仲間たち

    親しみを持てた生薬とツボ(岡)

    昨日は北辰会の勉強会でした。昨日も色々勉強になりました。午前中は大黄という漢方薬の材料とそれに相当するツボの講義でした。まぁ鍼灸の学びでもアップアップしているので、もう漢方薬のことはもっと後まわしでいいかなぁ…なんて思ってしまうところですが、こうやって一つの生薬とそれに対応するのではと思われるツボなどをクローズアップして講義していただくと、不思議とその生薬とツボに俄然興味が湧き、親しみを覚え...

  3. 台北に遊びに行ってまいりました。〜植物検疫で証明書を貰い薬草を持ち込む〜 - 英国メディカルハーバリスト&アロマセラピストのブログ“Herbal Healing 別館”

    台北に遊びに行ってまいりました。〜植物検疫で証明書を貰...

    皆さまこんにちは〜タイトルにある通りに内容なのですが、先週念願であった台北に遊びに行ってまいりました。ロンドンからは直行便で13〜14時間かかっちゃうんです汗今回は香港経由(一泊して香港も楽しみました)をチョイス。中学生の頃からず〜〜〜っと行きたかった場所の一つですが、やっと念願が叶いました。が遠かった〜〜笑今回は薬草が沢山売られている青草巷&迪化街も訪れましたよ〜今回は時間が無かったので行...

  4. 枇杷の葉茶作りに挑戦 - いととはり

    枇杷の葉茶作りに挑戦

    今日は曇り。気温は10℃〜4℃と低めですがさほど寒くはないです。昨日プランターの中で育っている枇杷の葉を虫喰いじゃない綺麗めの葉を摘み取っていました。よ〜く洗いネットに吊るし陰干した葉っぱ↓それをハサミで1cm幅くらにザクザク切り…ただいま乾煎りしてますだぁ〜(^◇^;)出来上がり&味見は、明日になるかなぁ〜♪( ´θ`)ノちょい楽しみ作り方をネットで調べたところ、皆さんそれぞれ違うのでオリ...

  5. 薬用バター作り(岡) - 柚の森の仲間たち

    薬用バター作り(岡)

    先日、薬剤師であり、チベット医でもある小川康さんのワークショップ、三果薬用バター作りに参加してきました。チベットの古典書物「四部医典」に記載されているものを再現した三果薬用バターはチベット医学において最高の滋養薬の一つであり、これを作るのは冬季限定とのこと。テーブルには数種類の生薬が並べられていて、少しずつ味見させて頂きました。ナツメグ、ナガコショウ…等々、それぞれスパイシーな味覚が口のなか...

  6. 2018年 ネズミモチの丸薬作り…その3 - いととはり

    2018年 ネズミモチの丸薬作り…その3

    あいやぁ〜〜まるめ作業がやっと終わったっ!!丸っと3日がかりだったわ。去年以上に今年の粒はでかいっ‼︎ いいのいいの、気にしなぁ〜い気にしなぁ〜い(^◇^;)やりはじめはこんなふう…はじめは丁寧に小粒でした。それが次第に大粒に、そして大豆よりも大きな粒に…飲み込めるか?ちょっと心配(^◇^;)トレイ2枚分となりましたこのまるめ作業は何日もかけてするものでは無い‼︎と改めて思った。ましてや年末...

  7. 2018年 ネズミモチの丸薬作り…その2 - いととはり

    2018年 ネズミモチの丸薬作り…その2

    今日は曇り雨と大変暗くそして寒い‼︎気温は11℃〜7℃、現在の湿度は56%。午前中猫2匹は大人しく寝てくれましたので、丸薬作りの続きが出来ました。一昨日と昨日とで鍋でちょいちょい火に掛け柔らかくしていたネズミモチをミキサーに掛けペースト状に。去年はそれをザルで漉したのですが今年はそれを省いてみた。どのみち丸呑みするんだし良いかな⁈と思い(^^;;(ハイ!手抜きです)ペースト状のものを又鍋に戻...

  8. 草の花も綺麗 - 冬青窯八ヶ岳便り

    草の花も綺麗

    イネ科の雑草の緑の中に赤が目立つ背の高い花が咲いています。(あるいは、花が終わって種ができかけているのかも)ギシギシです。滋賀にいるとき、その黄色い根を掘り出して皮膚にできた水泡に塗りつけたことがあります。生薬としては下剤効果があるそうですが、民間には皮膚の病にすりつぶして塗る利用法があるとか。昔は(今も?)薬として利用していた(いる)わけで、「雑草」なんて呼ぶと失礼かもしれません。

  9. スカタンや - nande

    スカタンや

    yahuokuの生薬屋に、ヨモギ末を注文した。飲んでもつけてもいい油状の家伝薬を飲みやすくするために、3種類の生薬を混ぜる。私の代になってから40年も造っている。最近、合成薬品の効力がイマイチのため、生薬が毎年値上がりしている。日本で栽培せず、中国やフランスから輸入しているのもある。自分で採集して来て、手間ひまかけてつくってもよかったけど、忙しい。送られてきたのは、乾燥したハッパ「ヨモギ茶」...

  10. 5日の薬用植物園にて - いととはり

    5日の薬用植物園にて

    東京都東大和市にある薬用植物園に行った時の写真。。。1番の目玉と思われるケシ…鉄格子の中で栽培されているもよう…そりゃ〜そうよね!☆栽培禁止指定ケシ(あへん法)…と、ここまでが駄目なケシで実際園でも鉄格子の中でした。そして昨日も書きましたが独特の悪臭を放っていました(ー ー;)ここから下は↓園芸観賞用のケシこのハナビシソウのオレンジ色がとても眩しかった!☆アザミケシすごく小さくひっそりと咲い...

総件数:10 件

似ているタグ