産卵のタグまとめ

産卵」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには産卵に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「産卵」タグの記事(49)

  1. オオムラサキの産卵 - 秩父の蝶

    オオムラサキの産卵

    いつもの散歩道、オオムラサキ Sasakia charondaがエノキの幹に止まっているのを見つけた。観察していると、どうも産卵しているようだった。しかし通常の葉への産卵と違い短時間(1~2卵)で止めてしまった。

  2. メダカの嫁入り - いつのまにか…のんち

    メダカの嫁入り

    火曜日 初めての嫁入り…嫁入りと言っても 売ったんじゃなくて欲しいと思う人にプレゼントした昨日 2回目の嫁入り…なんとなく寂しくもあるがまだ150匹前後いるし2ヶ月前に孵化した2代目が少しずつ産卵し始めた!楽しみは増えるが メダカも増えて置き場所が無い…

  3. シリアゲコバチ - ぷんたのかあさん Photo徒然草

    シリアゲコバチ

    寄生蜂って実にフォトジェニック!いや実に精巧な作りと産卵技巧にいつも驚嘆至極殊にこのシリアゲコバチは産卵管(鞘)を背中に背負っているってユニークなスタイルまずしっかりした触覚で寄生相手が潜んでいる位置を探っています検知機能は匂いなのか?感触なのか?ここぞ!というピンポイントを検知すると産卵管を刺す体制に入りますこの時、腹部がパッカリと開いて本物の産卵管が登場!凄い身体能力にびっくりそしてググ...

  4. モリアオガエル。 - 大朝=水のふる里から

    モリアオガエル。

    日本各地で絶滅危惧種や準絶滅危惧種に指定されているモリアオガエル。今年も産卵しているという情報が届いたので早速見に行ってみた。大朝では何カ所も産卵地があるがそのいずれも卵塊が数個の小さな産卵地である。ここも大きな産卵地ではないので卵塊は6~7個で例年程度。この産卵地は昼間でも簡単にモリアオガエルの姿を見つけることが出来るので、卵塊ではなくモリアオガエルそのものの撮影を目当てに行く。今年は3匹...

  5. アサマイチモンジの産卵 - 堺のチョウ

    アサマイチモンジの産卵

    川の対岸にアサマイチモンジを発見!今年の初見だったんで、何とか写真に収めたいと願い、シャッターチャンスを待っていると、どうやら産卵場所を探している個体のようでした。よく見ると対岸には、食草のスイカズラがあったようで、その周りで翅を広げて休んでは、産卵をすることを繰り返していました。残念ながら、産卵シーンは、草の陰になって撮影できませんでした。でも、何とか産卵直後の卵は、撮影できました。▼写真...

  6. ムカシトンボ産卵とオス同士のバトル - オヤヂのご近所仲間日記

    ムカシトンボ産卵とオス同士のバトル

    ■今季遅れていた産卵もようやく開始となり、それに伴いオス同士のバトルも勃発●探メス中にオス同士が出会うとバトル開始今回は同じエリアを回るオスたちは今回は3~4頭程で、時間差で同じ産卵場所を回るわけですが、時にその産卵場所に複数のオスが出会ってしまうと、バトル開始。昨年撮影して初めて知ったのですが、後ろから抱え込む様にして相手を追い出す。写真としてはピントも合っておらず酷いものですが、生態の一...

  7. ムラサキシジミが、まだ、産卵 - 秩父の蝶

    ムラサキシジミが、まだ、産卵

    いつもの散歩道、ムラサキシジミ Arhopala japonicaが、まだ、産卵してました。この時期に展開前の芽があるのかと思ったら、産卵中のシラカシは、まだ、芽が膨らんでいませんでした。シラカシの展開は大きくばらつくようです。

  8. ルリタテハの産卵。 - 堺のチョウ

    ルリタテハの産卵。

    今日、初めてルリタテハの産卵を観察しました。これまで、いろいろなチョウの産卵を観察しましたが、ルリタテハの産卵は、お目にかかることがありませんでした。場所は、里山の山の斜面。見晴らしのいい斜面で木々も伐採されている場所。通りかかったときに、ルリタテハが斜面をなぞるように飛んでいました。何かに止まったかと思うと、すぐに飛び立つ。そのような行動を繰り返していました。もしかすると、産卵か?!予想は...

  9. ギフチョウ産卵行動 - Mag's DiaryⅢ

    ギフチョウ産卵行動

    天気がよくなった、ギフチョウがふわりと降りてきた !(^^)!いきなり目の前で産卵を始めたょ。えぇーん、前の落ち葉が邪魔なんですけど(=_=)卵が5個、並んでいたょ(*^^)v

  10. ヒオドシチョウの産卵 - 秩父の蝶

    ヒオドシチョウの産卵

    いつもの散歩道で、ヒオドシチョウ Nymphalis xanthomelasの産卵が見られました。写真の様にヒオドシチョウはテングチョウと違って大きいので見つけるのは簡単です。

  11. テングチョウ産卵開始 - 秩父の蝶

    テングチョウ産卵開始

    昨日(4/6)の記録ですが、いつもの散歩道で、テングチョウLibythea lepitaの産卵が初めて見られました。昨年は3/27だったので、今年は10日ほど遅れています。写真の様に10mくらいの大木のてっぺん付近にも産卵します。

  12. 産卵 - 土佐錦魚迷考日記別館Ⅱ

    産卵

    3才オス3才メス

  13. ヒオドシチョウ産卵 - 秩父の蝶

    ヒオドシチョウ産卵

    いつもの散歩道で、ヒオドシチョウ Nymphalis xanthomelasの産卵が見られました。昨年の産卵初見は3/31だったので、約1週間遅れですね。

  14. レッドラムズボーンの卵 - ヨガと官足法で素敵生活

    レッドラムズボーンの卵

    ボトルアクアリウムの苔掃除要員の巻貝レッドラムズボーンが産卵しているのを一週間ほど前に見つけました。その時はゼリー状でしたが一週間が経ち、粒々が見えるようになりました。9個くらいありそうです。全体の大きさは直径5ミリくらい。面白いので、しばらく観察したいと思います。5日後↓一つ一つが大きくなって、隙間が狭くなっています。色も赤っぽくなって親に似てきています。6日後↓朝、ボトルをのぞいて見ると...

  15. 2018 交尾態・産卵 - オヤヂのご近所仲間日記

    2018 交尾態・産卵

    ■2018年に出会えた交尾態・産卵過去産卵は積極的に時期・場所を確認して撮影していましたが、交尾態も貴重な生態の一場面。今季から一つの種類について、改めて羽化・交尾態・産卵・飛翔を目標とし活動開始。特にヤンマ系は全て過去撮影したことがなかったので、来季も引き続き追っていきたい。■3月●オツネントンボ産卵(3/31)トンボシーズン開幕。■4月●ホソミイトトンボ産卵(4/26)■5月●アサヒナカ...

  16. クモガタヒョウモンが自分の脚に産卵 - 秩父の蝶

    クモガタヒョウモンが自分の脚に産卵

    実験用に人工採卵させているクモガタヒョウモン(Nephargynnis anadyomene)ですが、驚いたことに自分の左右中脚に産卵してました。こんなことがあるんですね。

  17. オオウラギンスジヒョウモンの産卵 - 秩父の蝶

    オオウラギンスジヒョウモンの産卵

    いつもの散歩道で、オオウラギンスジヒョウモン(Argyronome ruslana)の産卵を初めて観察しました。他の大型ヒョウモンの産卵とは違って、オープンランドの草付きで、比較的高い位置で産卵していました。驚きです。

  18. クモガタヒョウモンの産卵 - 秩父の蝶

    クモガタヒョウモンの産卵

    いつもの散歩道では、やっとクモガタヒョウモン(Nephargynnis anadyomene)のメスが覚醒し、産卵が始まりました。本種の産卵環境は、陽当たりの良い林縁です。ミドリヒョウモンなどと違って林内や樹上では産卵しません。

  19. メスグロヒョウモン、高所での産卵 - 秩父の蝶

    メスグロヒョウモン、高所での産卵

    いつもの散歩道近くで、メスグロヒョウモン(Damora sagana)の産卵を観察しました。前回のミドリヒョウモンに続き樹上5~6m付近で産卵していたのですが、その後も登り詰め8~9mまで到達しました。ただし、最高位での産卵は見え難く観察できませんでしたが、可能性は大と思います。驚きです。

  20. ウラギンヒョウモンの産卵 - 秩父の蝶

    ウラギンヒョウモンの産卵

    いつもの散歩道近くで、今年もウラギンヒョウモン(Fabriciana adippe)の産卵が見られました。ここでの産卵はコケにされる場合が多いようです。また、環境も年二回草刈りが入るので、草丈もちょうどいいようです。

総件数:49 件

似ているタグ