産経新聞のタグまとめ

産経新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには産経新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「産経新聞」タグの記事(23)

  1. あっけらかんトランプ大統領の隠れた才能     東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    あっけらかんトランプ大統領の隠れた才能     東京カラス

    ■12日、米朝首脳会談は日米・自由世界にとって散々な結果に終わった、ように見える。朝鮮労働党委員長金正恩(以下キム)は望むものを手に入れ、片やトランプ大統領(以下トランプ)はキムの命と体制の安全を保証しただけで終わり、会談後には米韓合同軍事演習の中止というオマケまでキムにプレゼントしてしまった。でもトランプは会談後には大成功と自画自賛した。このあっけらかんとしたアメリカ的明るさは捨てがたい。...

  2. 明日は米朝首脳会談、トランプはどう出る     東京カラス       - 東京カラスの国会白昼夢

    明日は米朝首脳会談、トランプはどう出る     東京カ...

    ■安倍晋三首相も政府もひとまずは安堵、だったのではないか。前知事は野党派であり、選挙前には自公の間ですき間風も吹いていたらしい。与党が苦戦かと思えたが、そうではなかった。五野党は「新潟のことは新潟で決める」と言いながら、野党幹部やその応援弁士たちが東京からどっと新潟にやって来て政権批判に明け暮れた。新潟のことは東京が決める、というアホラシさ。政府が認定している拉致被害者は17名(このほか多数...

  3. 朝日新聞たちの「安倍殺し」、どこまで続く日本の闇     東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    朝日新聞たちの「安倍殺し」、どこまで続く日本の闇   ...

    ■安倍晋三首相は(日本時間8日未明)にトランプ大統領とホワイトハウスで会談した。会談の主な内容は拉致問題、そして経済問題特にアメリカからの武器の購入。手っ取り早く言えば日本は拉致を、アメリカはカネ儲けを、が会談の内容だったようだ。これは当然のこと。トランプは安倍首相と友人であるとともにアメリカの大統領だ。彼はアメリカのために(あるいは自身のために)働き、決断する。当然であり、誰も反対はできな...

  4. 情報が真偽混じる米朝首脳会談 焦らぬが一番    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    情報が真偽混じる米朝首脳会談 焦らぬが一番    東京カラス

    ■5月28日、[BISINESS INSIDER JAPAN(SMART NEWSより)]に掲載された北朝鮮の国内事情。「あなたが知らないかもしれない、北朝鮮にまつわる7つの真実」-Steven John-より。(一部を抜粋、一部は見出しだけ)1.人口は世界で51番目だが、世界有数の常備軍を誇る。2.平壌を中心に、ローラーブレードが大人気。3.薬物の使用はほとんど規制されておらず、国民の間で...

  5. トランプ大統領をなめた金正恩     東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    トランプ大統領をなめた金正恩     東京カラス

    ■「非核化」は口先だけの金正恩は経済制裁の解除とカネ目的で豊渓里(プンゲリ)核実験場を爆破した。数度による核実験で傷んでいる実験場を見かけだけ破壊したように見せる偽装爆破だった。これでアメリカに段階的な要求ができると勝手に算用していた金正恩。だがアメリカは爆破の正体を見抜いたのか、直後に米朝会談の中止を表明して金正恩の面(つら)を思いっきりしばいた。「この小僧!」だったのかもしれない。絶妙な...

  6. ガンで亡くなる人が多い。土も水も空気も傷んでいる証拠である。    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    ガンで亡くなる人が多い。土も水も空気も傷んでいる証拠で...

    ■北朝鮮は南北閣僚級会談の中止を表明し、16日には北朝鮮外務省高官が非核化をめぐるアメリカの姿勢を非難した上で「首脳会談に応じるか再考せざるを得ない」と述べた。これに対してアメリカ側は「会談をしたければ用意がある。したくないならそれでも構わない」と応じた。独裁専横犯罪国家と、民主主義を標榜する国家の対立である。「首脳会談」はとっくに始まっている。その結果にきわめて大きな影響を受けるのは日本だ...

  7. 出会い系バー通いの次は政府批判に在日朝鮮人へのおもねりか、これが「人格者」か    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    出会い系バー通いの次は政府批判に在日朝鮮人へのおもねり...

    ■北朝鮮が拘束していた朝鮮系米国人3人が9日、解放されて帰国した。経済制裁と空爆への恐怖が金正恩を動かしたことは間違いない。制裁も無く、トランプ大統領の空爆言及も無く、従来通り「対話を御願い中」だったら開放はなかった。しかし、経済制裁がこれほど効果があったとは意外だった。この上、トランプに空爆までほのめかされては金も生きた心地がしなかっただろう。前後の見境もなく、あわてて米朝首脳会談のお膳立...

  8. で、いつ解党?    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    で、いつ解党?    東京カラス

    ■「先代の業績の総体といえる核を完全に放棄することはむつかしい」「北朝鮮の命同然である核を完全に放棄するはずがない」「(一部の北朝鮮高位幹部は)板門店宣言に対して行き過ぎた期待をしないよう露骨に(下級幹部に)警告している」「高位幹部の間からは、金委員長が言う核放棄と国際社会が主張する完全な核放棄は意味が違う」「外勢を追い出して祖国を統一するために核開発をまい進してきたのに、このように困難の中...

  9. 国と国民の安全より「憲法」が優先するおかしな国ニッポン     東京カラス     - 東京カラスの国会白昼夢

    国と国民の安全より「憲法」が優先するおかしな国ニッポン...

     ■連休明けに民進党と希望の党が合流して「国民民主党」(国民党)になる。だが両党合わせた支持率は2%にも及ばず、立党は同時に消滅のカウントダウンの始まりとなる。最初から消滅ありきの政党も珍しい。消滅の理由は簡単、国民党には確たる思想も信念も無く、目指す国家像さえも絶無だからである。つまりは何のために集まっているのか分からない「流浪の党」であり、もっと書けば「永田町の乞食党」である。あげく民進...

  10. 韓朝首脳会談の非核目標?漫才か  東京カラス  - 東京カラスの国会白昼夢

    韓朝首脳会談の非核目標?漫才か  東京カラス 

    ■27日、韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が板門店で会談し、「完全な非核化により、核の無い朝鮮半島を実現するという共通の目標を確認した」との板門店宣言を出した。この世の中「目標」通りにいくなら苦労は無い。息をするようにウソをつく朝鮮人そのまんまの宣言だ。「核の無い朝鮮半島を実現する」で終われば100点満点だが、その後ろに「共通の目標を確認した」と余計な文言がついているのでゼ...

  11. 拉致問題、過去の政治とメディアの無責任のツケを安倍首相が一人で背負っている     東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    拉致問題、過去の政治とメディアの無責任のツケを安倍首相...

  12. 新聞三悪    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    新聞三悪    東京カラス

    ■20日、立憲民主党(以下立憲)や希望の党などは麻生財務相の辞任を求めて衆院の内閣、厚生労働両委員会を欠席した。ただの欠席ではなく、両党など6会派が共同提出した生活保護法案の審議も拒否したのである。自らが提出した法案の説明のための立憲民主党の答弁者も審議直前になって姿を消すという事態となった。憲政史上初めての暴挙だと言う。これに関連して立憲の福山幹事長は党会合で「審議に入れる状況ではない。国...

  13. 集団発狂    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    集団発狂    東京カラス

    ■16日、朝日新聞は世論調査で自民党次期総裁つまり次期首相候補として4氏の名を挙げ、誰が適任かと問うたところトップが石破茂氏28%、次が安倍晋三氏23%という数字が出たと公表した。岸田文雄氏、野田聖子氏ともにひと桁だが、こちらの二人はどうでもいいような雰囲気が記事にあふれていたのは気のせいとも思えない。一方で共同通信も世論調査の結果を公表し、石破氏26.6%、小泉進次郎氏25.2%,安倍首相...

  14. 自分で墓穴を掘り続ける朝日新聞    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    自分で墓穴を掘り続ける朝日新聞    東京カラス

    ■ボロボロと出てくる文書の山、安倍政権の危機、踏ん張りどころである。だがこれは、いずれ出てくるモノが一気に出てきただけではないのか。モノには使い時がある。小さなモノをチビチビと出しても効果はしれているが、一気に出せば効果は二倍三倍四倍と大きくなる。なので今は一気に在庫一掃なのかもしれない。ならばこれを乗り切れば「次はもう無い」ということにもなる。安倍首相と政権には「支持率1%になっても頑張っ...

  15. それにつけても朝日新聞の性質(たち)の悪さよ     東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    それにつけても朝日新聞の性質(たち)の悪さよ     ...

    ■読者の誘導と印象操作むき出しで朝日新聞が報じた10日の記事より。「『加計学園』が愛媛県今治市に計画していた獣医学部新設に関し、当時首相秘書官だった柳瀬経産省審議官らが2015年4月に同県や今治市職員らと面会した際に、愛媛県が作成した記録文書が存在することが分かった・・柳瀬氏が面会で「本件は首相案件」と述べたとされている・・・政府関係者に渡っていた文書を朝日新聞が確認した」この記事のキモは「...

  16. 信頼地に堕ちた検察庁の哀れと悪質     東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    信頼地に堕ちた検察庁の哀れと悪質     東京カラス

    ■元民進党で現無所属の会の江田憲司衆議院議員が財務省の決裁文書改ざんなどに関するリーク元が、大阪地検の女性特捜部長であることをツィッターで暴露した。江田議員は「大阪地検特捜部長のリークがどんどん出てくる」と個人を特定できるツィッターを投稿し、最後にはオマケで財務省と検察庁の力関係に関して「(特捜)頑張れ」と書き込んだ。メディアは様子見だが、ネットメディアは大阪地検特捜部長の”犯行”であること...

  17. 隠れるように一斉に方向転換を始めている6野党議員とメディアのお粗末    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    隠れるように一斉に方向転換を始めている6野党議員とメデ...

    ■1950年6月、北朝鮮軍の38度線越えで朝鮮戦争が始まった。米韓軍が釜山周辺まで追いつめられていたころ、半島正面である山口県ではこんなことが起きていた。   ●以下、破線----内 ・元時事通信・経済誌記者 石井孝明(いしい・たかあき)氏の記事より(産経新聞 夕刊フジ Zakzak 3月28日を参考にしてその一部を勝手に抜き書き)-----------------「 1950年の夏。『韓国...

  18. みんなで墓穴を掘った愚か者ども    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    みんなで墓穴を掘った愚か者ども    東京カラス

    ■27日午前、佐川前国税庁長官の森友学園用地に関する証人喚問が終わった。面白かった。自民党丸川珠代氏の質問に淡々と答えていた佐川氏は、「安倍首相と夫人による不当な働きかけ、関与を完全否定した。 今回の証人喚問で分かったのは6野党(立憲民主党、民進党、希望、共産、自由、社民)の程度の低さと、佐川氏の元役人としての強さだった。長い「役人人生」と「ウソは言ってない」という自信の裏打ちがあるからだろ...

  19. 仮想で飯を食う6野党と朝日新聞      東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    仮想で飯を食う6野党と朝日新聞      東京カラス

    ■6野党と朝日新聞を筆頭にしたメディアが意図的に繰り返す安倍首相批判。その目的は、まず安倍政権を倒し、新首相を登場させ、それも批判して自民党から国民を離反させ、解散総選挙、そして政権を手に入れることである。まさにデジャブ、あのとき見た景色である。09年に民主党(民進党)が国民を騙して政権を手に入れたときと、状況も手口も登場人物もコピーのようにみな同じだ。民進党系議員の無能と無責任、朝日新聞の...

  20. 人の死を喜ぶ悪人たち     東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    人の死を喜ぶ悪人たち     東京カラス

    ■安倍首相とその政権を強く支持している。立憲民主党も共産党も朝日新聞もクソクラエである。安倍首相夫人の昭恵氏(以下、夫人)が経営する都内の飲食店に「『証人喚問』に出なければ危害を及ぼす」という脅迫状が送られてきた。すでに警視庁には届けが出してあるそうだ。彼らは公文書書き換え問題で勢いがついたのか、焦っているようだ。バカではないか。 昭和戦後から平成にかけての旧自民党政権、55年体制から見ると...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ